• プロジェクト概要
  • ニュース
2020.08.05 第1次期間のご寄付と使途決定のご報告
皆様

東京大学新型コロナウイルス感染症緊急対策基金への多大なるご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。第1次募集期間(2020年4⽉20⽇〜2020年6⽉30⽇)におけるご寄附は、わずか約70日間で、個人、法人、団体から総計1,821件、総額179,891,313円となりました。併せて、本学に対する新型コロナウイルス感染症対策への期待の声や激励、応援のお言葉を多数いただき、本学関係者や研究者をはじめ、多くの医療従事者の励みとなっております。心より厚く御礼申し上げます。
 
7月初旬に新型コロナウイルス感染症緊急対策基金運営委員会を開催し、第1次募集期間の寄付金の活用について、集まった寄付金のうち1億円を、新型コロナウイルス感染症の医療対策へ活用する(東京大学医学部附属病院、東京大学医科学研究所附属病院)ことが、決定されましたことをご報告いたします。
残りについては、現在募集中の第2次(2020年7⽉1⽇〜2020年12⽉31⽇)期間のご寄付と合わせて、新型コロナウイルス感染症の医療対策のほか、Post-Coronaの社会における新しい日常「ニューノーマル」の追求に資する教育や研究にも拡大し活用していく所存です。
 
今後も皆様方のご期待に応えながら、東京大学一丸となり邁進してまいります。引き続きのお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
 
東京大学理事・副学長(社会連携担当)
藤井輝夫

新型コロナウイルス感染症緊急対策基金とは

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が、世界規模で猛威を振るい、これまでに例をみない被害が生じています。国内においても都市部を中心に患者が急増し、終息の見込みは立っておりません。

東京大学では、大学として最も重要な学生の学びの機会を確保するため、オンライン授業への全面的な移行を進めました。それに伴い、学生それぞれの接続環境によって不公平が生じないよう対策を講じています。

また、本学の研究力を活かして、様々な分野で新型コロナウイルスに関連する研究・開発を進めています。これまでにも感染阻止の効果が期待できる国内既存薬剤を同定したことを発表いたしました。また医療の現場では、最新鋭の検査機器の導入をはじめ、医療体制の一層の充実を図っております。

一方、現時点で速やかに実行すべき取り組みは、これら教育研究や医療体制の充実にとどまらず広範囲にわたります。それらにしっかりと対応するためには充実した財政的下支えが必要不可欠です。

いま、この未曾有の難局にあたり、東京大学は、世界最高水準の学問の叡智を結集させ、この人類の新たな脅威に全力で立ち向かう所存です。

再び、安心して暮らせる日常を共に、一日も早く取り戻すべく、皆さまのご支援をお寄せいただきますよう、お願い申し上げます。

五神 真

東京大学総長 五神真

総長メッセージ(全文)へ

募集期間と使途

【募集期間】
第1次:2020年4⽉20⽇〜2020年6⽉30⽇
第2次:2020年7⽉1⽇〜2020年9⽉30⽇

【基金の使途】
第1次期間のご寄付と使途決定のご報告

<第2次募集の基金の使途>
第2次期間中に集まった寄付金は、第1次と同様に、新型コロナウイルス感染症の医療対策(治療薬・ワクチンの開発、感染防止対策、医療体制の充実等)などのほか、 Post-Coronaの社会における新しい日常「ニューノーマル」の追求 に資する教育や研究にも拡大し、即時性を追求し、新型コロナウイルス感染症緊急対策基金運営委員会の提案のもと総長が決定し活用いたします。

お問い合わせ先

【お願い】
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京大学基金事務局では職員の在宅勤務を進めております。
そのため、当面の間は、お電話でのお問い合わせをいただきましても、応答することが困難な状況となっております。
つきましては、お問い合わせは下記URLのお問い合わせフォームをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。
お問い合わせフォーム https://payment.utf.u-tokyo.ac.jp/tokyo/askEntry.php

集まっている金額
¥4,503,000 参加
132人
  • プロジェクトオーナー
  • 国立大学法人東京大学社会連携本部
東京大学基金

東京大学基金から寄付をする
東京大学基金へ移動します

税法上の優遇措置が適用されます

本プロジェクトは、セキュリテと東京大学基金との連携プロジェクトです。東京大学へのご寄付として扱われます。

本プロジェクトへの寄付後、東京大学基金より送られてくる領収書を控除証明書として確定申告書に添付し、所轄税務署へご提出ください。 詳細はこちら

  • 領収書の日付は、寄付申込日ではなく、寄付をされた翌月末の日付となります。

法人様の寄付方法

・紙媒体による申込(書面でのお手続き)
・WEBからの申込
「氏名」欄の姓・名の入力枠に、御社名を入力してください。「ご意見」欄に領収書送付先のご担当者名をご記入ください。振込依頼書(請求書)が必要な場合はその旨もご記入ください。
・50万円以上のご寄付(法人様)
「新型コロナウイルス感染症緊急対策基金WEBサイト」にて貴社名(テキスト)を掲載いたします。(ご希望の場合のみ)

このプロジェクトの特典

【期間限定1】
2020年4⽉20⽇〜2020年6⽉30⽇

【期間限定2】
2020年7⽉1⽇〜2020年9⽉30⽇

※期間内の寄付累計額に応じて進呈いたします。
※加えて「東京大学基金」の特典が適用されます。

お礼状

お礼状


¥1,000

1,000円単位でのご寄付は、こちらからお申し込みください。

寄付を申し込む
お礼状

お礼状


¥10,000

10,000円単位でのご寄付は、こちらからお申し込みください。

寄付を申し込む
UTokyo FSIキーホルダー

UTokyo FSIキーホルダー


¥50,000

一括で5万円以上のご寄付をくださった方には、お礼状と「UTokyo FSI」キーホルダーをお贈りします。

寄付を申し込む
総長からのお礼状&FSIキーホルダー

総長からのお礼状&FSIキーホルダー


¥100,000

10万円単位のご寄付は、こちらからお申し込みください。

寄付を申し込む
安田講堂への銘板設置(1/2プレート)

安田講堂への銘板設置(1/2プレート)


¥300,000

安田講堂への銘板設置:ブロンズ(1/2プレート)
上記の特典に加え、総長からのお礼状&FSIキーホルダーもお贈りします。

寄付を申し込む
安田講堂への銘板設置(1プレート)

安田講堂への銘板設置(1プレート)


¥1,000,000

安田講堂への銘板設置:ブロンズ(1プレート)
上記の特典に加え、総長からのお礼状&FSIキーホルダーもお贈りします。

寄付を申し込む

銘板についての詳細はこちら

  • 特典の内容は、研究の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
  • 連絡先に変更がある場合は、東京大学基金にて住所変更手続きをお願いします。
    東京大学基金(住所変更等のお手続き):https://utf.u-tokyo.ac.jp/faq/address


ミュージックセキュリティーズ株式会社
産学官連携推進室

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.