お知らせ

概 要


目標

 現在、日本では非常に優れた研究や開発が行われており、ノーベル賞受賞学者が次々と誕生しています。その研究や開発の成果を実用化し、社会に対する大きなインパクトへと変容させることが最終的には大きな価値となります。そのためには、研究機関や大学での成果を活用して価値を創出する事業を生み出し、発展させていくことが必要不可欠です。

 しかしながら、基礎研究や開発の事業化までに相当な期間と資金が必要である一方で、従来の資金調達方法である政府からの補助金、ベンチャーキャピタルからの出資、金融機関からの融資等では十分な資金を供給できない現状があります。

 私たちはこの「資金不足」という課題解決に貢献することが社会的価値の創出に繋がると考えています。そこで、研究機関や大学発ベンチャー企業等に対して、資金供給が実現できる仕組みを構築したいと考え、セキュリテACADEMIAは立ち上がりました。

セキュリテACADEMIA仕組み図

京都大学を起点とした
基礎研究・開発に対する資金供給プラットフォーム


 国立大学法人京都大学大学院医学研究科、京都大学発のベンチャー企業である株式会社産学連携研究所、そして当社は、京都大学を起点とした全国の研究機関における基礎研究・開発の事業化、及び、事業発展に向けた資金供給を行うことを目的として、相互連携についての覚書を締結しました。

 京都大学発の研究・開発、べンチャー企業等に対して、これまでベンチャーキャピタルや銀行融資等では難しかった基礎研究・開発の事業化と、事業を営むベンチャー企業の事業発展に対して、個人を中心とする投資家からの応援資金の供給を実施していきます。

 また、本プラットフォームにより募集した資金の一部を大学に寄付し、今後の基礎研究・開発の発展についても貢献していきます。

京都大学との連携体制

京都大学との連携体制

3者連携協定
京都大学発の研究・開発、ベンチャー企業等に対して、投資家からの応援資金の供給を実現します

お申込み・お問い合わせ

お申込み・お問い合わせはこちら
securite【at】aird.jp (担当:若松) ※【at】を@に変えてご送付ください。