ファンド詳細

受付中 デザインで輝く美しいものづくりファンド

デザインを通じて社会での相互理解や共生を推進する力の発信を行う

一口金額21,000円 募集総額4,000,000円
事業者名株式会社チャレンジドジャパン 参加人数 81人
地域宮城県 仙台市 分野ファッション・工芸
募集期間2019年3月15日~
2020年3月31日
シリーズ杜の都仙台応援ファンド
特典
1口あたり、RATTA RATTARR直営店舗やオンラインストア(予定)で利用できる商品券4,000円相当をお送り致します。
・発送時期は2019年内を予定しております。
・利用可能店舗は軽井沢のショップ NATUR HOME またはRATTA RATTARRとなり、その他での店舗やイベント等でのご利用は頂けませんのでご留意下さい。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 デザインで輝く美しいものづくりファンド
営業者 株式会社チャレンジドジャパン
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 4,000,000円 (200口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 21,000円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,000円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2019年3月15日〜2020年3月31日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
※募集期間終了前であっても、営業者又は取扱者の判断により、
 本匿名組合契約の募集を終了する場合があります。
会計期間 デザイン事業(RATTA RATTARR事業)製品の増産を開始した日の翌月1日より2年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
11,428,572円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

デザインで輝く美しいものづくりファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は募集開始日の直前期における決算書上、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2019年9月末までに本匿名組合事業の対象となる製品の増産を開始できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. 生産に関するリスク
本匿名組合事業の商品の生産については、原料の調達状況、設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21.店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者が、本匿名組合事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者が、本匿名組合事業の業態のままでは事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

22. 新商品に関するリスク
本匿名組合事業には新商品の生産及び販売が含まれます。当該新商品については、商品の研究開発スケジュールの進捗状況や研究過程における不慮の事故等により、開発が失敗に終わり、商品化できないリスクがあります。また、新商品の生産及び販売の体制構築、販路の拡大等に予想外のコストや時間を要する可能性があります。これらの結果、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者及び取扱者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです 。
/data/fund/5028/売上計画.jpg.png

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立11年目の会社です。創業以来、障がい者就労支援及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. RATTA RATTARRブランド製品の生産
営業者は従前より製品の生産を行っており、既に生産に必要な原材料の仕入先、生産設備、生産技術を有しております。また、クリエイターやデザイナーなど必要な人員も確保しております。
b. RATTA RATTARRブランド製品の販売
営業者は従前よりデザイン製品の販売を行っており、既に販路を有しております。また、今後は常設販売店の拡大や過去に出店した百貨店での催事、自社ECサイトなどを通じて売上の拡大を図ります。
c. 新商品の生産販売
本匿名組合契約の対象事業には、新商品の生産販売が含まれます。この点営業者は、既に商品開発を進めており、新たなデザインの開発、新アイテムへの商品展開に向けて取り組んでいます。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×35.0%÷200口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×35.0%÷200口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×1.6%÷200口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)
/data/fund/5028/分配シミュレーション.jpg.png

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2019年3月15日~2020年3月31日
2 会計期間 デザイン事業(RATTA RATTARR事業)製品の増産を開始した日の翌月1日より2年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
5 報告日 決算日から60日以内
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2019年2月28日現在)
/data/fund/5028/営業者概要.png


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2019年2月28日現在)
/data/fund/5028/弊社概要.png
 
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • デザインで輝く美しいものづくりファンド
宮城県仙台市に本社を構える株式会社チャレンジドジャパンは、全国に26箇所の拠点「ひゅーまにあ」を持ち、障がいのある方の就労支援や、就職サポートを行っています。「ひゅーまにあ」における丁寧なサポートと実績が全国各地で評価され、設立以来毎期売上が増加しており、積極的に拠点を増やして参りました。

拠点の1つである『ひゅーまにあ軽井沢』には、他の地域と同じ就労支援を行うほか、アトリエがあり、ここでデザインブランド『RATTA RATTARR』のデザイン・クラフト制作を行っています。
今後は各拠点の収益率を高めるべく、各事業所の人材配置を見直し、デザインブランド「RATTA RATTARR」の売上増加を図ります。今回募集する資金は、RATTA RATTARR事業を拡大するための商品開発費や原材料費用として使用いたします。

/data/fund/5028/クリエイター2.jpg

本ファンド対象事業の魅力

アート+就労支援+デザイン=「RATTA RATTARR」持続可能な雇用環境の提供を目指す
株式会社チャレンジドジャパンの事業拠点の一つである『ひゅーまにあ軽井沢』では、デザインブランド『RATTA RATTARR』(以降、ラッタラッタルと記載します。)の事業を中心に、障がい者雇用・就労支援を行っており、アトリエでは日々創作が行われています。
アトリエの周囲には四季の移ろいを身近に感じることができる雄大な自然が広がり、創作の着想素材が豊富にそろった環境ともいえます。そのため、身近な季節の感覚をフレッシュに表現した作品も多く、人々の心に響く不思議な魅力を持っています。

/data/fund/5028/アトリエ風景.jpg

アトリエには、『クリエイター』である障がい者と、障がい者を支援する『アトリエリスタ』が勤務しており、クリエイティブディレクターには家具デザイナーとして活躍している須長壇氏を招聘しています。

ラッタラッタル事業は障がい者雇用・就労支援の新たな柱として成長させるため、各地で営業活動を行っています。その結果、インテリアブランドのデザインとして採用されたり、国際的舞踏団の舞台衣裳ペイントを担当するなど、着実に実績を残しています。こうした活動と実績、デザインの魅力に加え、社会貢献度の高いプロジェクトであると評価を受け、ELLE DECOインターナショナルデザインアワードにおける日本独自の部門賞の「ソーシャルデザインプロジェクト」に選出されました。

/data/fund/5028/エルデコ.jpg
 
商品として価値のあるものだけを提供し、持続可能なデザインブランドへ
チャレンジドジャパンがラッタラッタル事業で目指すのは、安定的な収益の獲得による創作活動の持続です。障がいのある方が作成したものをそのままアート作品として販売するのではなく、経験豊かなアトリエリスタが協力することでプロダクトに落とし込み、高い品質の商品化を繰り返すことで実現を目指します。そして、「自身が描いた作品が商品となり販売され、売上に応じたインセンティブが発生することはクリエイターの自信に繋がり、社会的な自立へも直結しています。」とアトリエスタは言います。

クリエイターが描いた作品は、お客様に商品として「欲しい」と思ってもらえる完成度のもののみが商品化されます。クリエイターの社会的な意味での自立と、デザインブランド確立のためには、商品そのものに魅力を感じて頂けるものでないといけない、というチャレンジドジャパンは考えているためです。
個人や個性の集合体である社会でひときわ「個」の要素が強く求められるアートの分野は、障がいのある方が個の強みを十分に生かせる土壌であり、この分野で、障がい者と支援を行うチャレンジドジャパンの双方が収益を得られるモデルを確立することは、一つのモデルケースになるといえます。
 
就労支援を行ってきたからこそできる個人の能力を伸ばし二人三脚で行う製作スタイル
「障がい者が作った物だから」ではなく「良いもの」として選ばれる商品を
ラッタラッタルが高品質でお客様に商品として訴求できるデザインを生み出すことができるのは、障がい者(クリエイター)と専門知識を有した支援員(アトリエリスタ)が二人三脚で行う製作体制が構築されているからです。経験豊かなアトリエリスタが個人の能力を引き出す作品の方向性や素材を示すことで、クリエイターが気持ちよく製作できる環境づくりに注力しています。また、突出した才能だけではなくサポートによって輝く才能や感性の発掘にも丁寧に取り組むことで、クリエイターのデザインの質を高めています。

/data/fund/5028/ワークショップ.jpg
ワークショップを開催してクリエイターの発掘なども行っています。

「障がいのある方はアート方面の才能に秀でている方が多いと思われがちですが、あくまで個人によるところが強いのです。『自由に描いて下さい』と白紙を渡しただけで描き始めることができる方は少数で、アトリエリスタが一人ひとりと向き合い、コミュニケーションを取りながらポテンシャルを引き出せる題材や画材を探り、提案することで感性や才能を引き出すお手伝いをしています。」とアトリエリスタは言います。
 
個人の特性に合わせたサポートが可能となる2つの製作部門
ラッタラッタルには、クリエイターが描いたパターンを使用して様々なプロダクトを製作するデザイン部門と、スウェーデン式の織物等を行うクラフト部門があります。2つの部門が存在することにより、障がいのタイプや個人の性格により異なる適性に対応することができる上に、『RATTA RATTARR』ブランドの商品ラインナップの幅にも直結しています。
織物のようにはっきりとした終着点が見える作業で能力を発揮する方はクラフト部門で、創作環境を整えることで想像もつかないような作品を作り上げたたり、自由に創造することが好きな方はデザイン部門で活躍しています。

/data/fund/5028/クラフト.jpg
スウェーデン式の伝統的な織物を作るクリエイター

/data/fund/5028/試作風景.jpg
新商品のパターン思案風景

このような個人の特性に合わせた就労環境を整えられるのは、長年就労支援を行ってきたチャレンジドジャパンだからこそ行える強みです。
 
本ファンド資金を用いて行う「RATTA RATTARR」の今後の事業展開について
/data/fund/5028/成長するチェック.jpg
デザインを全面に使用したテーブルクロス 『作品名:成長するチェック』

本ファンド資金は、前回ファンドに引き続きブランドの商品づくりに必要な原材料仕入れ費用や新商品の商品開発全般にかかる費用に使用させて頂きます。
 
1.販路の拡大施策について
今年から自社のオンラインストアの運営が始まります。今までは、自社商品については軽井沢の店舗など限られた場所での販売のみでしたが、今後はお住まいの地域に関わらずラッタラッタル商品をお手に取って頂ける体制となります。また、セレクトショップでの取り扱い提案も検討中です。
ELLE DÉCORや雑貨を扱うファッション雑誌などのメディアでラッタラッタルの取り組みが取り上げられ認知度が高まってきている今、販売や営業活動に注力することで販路の拡大を図り、売上と収益の増加を目指します。
 
2.新商品ラインナップの開発
今回のファンドで特に力を入れていくのは、新たな商品ラインナップとなるアパレル部門です。前回のファンド資金で、子供服の開発を行っておりました。長年セレクトショップのバイヤーを経験されてきた方からも好評を頂いており、今年からは親子で楽しめるアパレル商品展開を計画しています。ラッタラッタルのぬくもり溢れるデザインと鮮やかな色彩は差別化が可能であると考えています。また、近年大手ブランドも取り入れている「エシカル・ファッション」としての展開も視野に入れています。もちろんファッションとしての高完成度を目指し、ファッションそのものに感度の高い方へ訴求出来るよう、洋服の型もこだわった商品開発に取り組みます。

/data/fund/5028/R2img.jpg
新商品の子供服
 
3.多岐にわたる商品・企業とコラボレーションの実施
自社商品の展開だけではなく、多岐にわたる分野の事業者とのコラボレーション、デザイン供給も積極的に行っています。例えば、日本酒のラベルやクッキーのパッケージ、ポスターやパンフレット、スーツの裏地、工事現場の仮囲いのような屋外製品など、ラッタラッタルのデザインが生かされる商材には積極的にアプローチを仕掛けています。

/data/fund/5028/バレンタインメッセージ.jpg
バレンタイン限定のギフトパッケージ

街中や、皆様のお気に入りのお店でも弊社のデザインを見つけられるよう、様々な商品とのコラボレーションを実施していきます。人々の生活の中の幅広い場面で優しさやぬくもりを感じて頂けるデザインを提供してゆきたいと思います。
3つの施策で着実に成果に繋げ、ラッタラッタルの事業規模を拡大し、持続可能な就労支援事業としてクリエイターの人生をサポートする事業展開に挑戦するチャレンジドジャパン。その足掛かりとなる本ファンドへ、皆様の応援を賜れますと幸いです。

営業者紹介

株式会社チャレンジドジャパン
/data/fund/5028/会社ロゴ.JPG
2008年設立。仙台市に本社を有し、全国26拠点(2019年2月末現在)の就労支援事業所にて障がい者の雇用に係る事業を中心とした事業を行っています。
チャレンジドとは「Be challenged by god(神から挑戦することを与えられた人)」という障がいがあることを前向きに捉えた言葉であり、チャレンジドの「働きたい」という思いを叶えたい、それを全国のチャレンジドにお届けしたいといった思いを込め、社名をチャレンジドジャパンと命名しました。

株式会社チャレンジドジャパン:https://ch-j.co.jp/
RATTA RATTARR:http://rattarattarr.com/
 
RATTA RATTARR 発足の由来
/data/fund/5028/RATTA RATTARR.JPG
世の中は、様々な個性や特性を持つ人の集合体です。人と違うからこそコミュニケーションを取り理解を深め、その中で他者を許容し自分の個性を主張していく力を磨く。アートはその要素をもっとも多く含んでいるものだと考えました。
「様々な人間がいかに相互理解を高め共生していくか」という私たちの掲げるテーマに、アートの力を取り入れる事業として始めました。

私たちはこのプロジェクトから生まれたデザインのブランドを「RATTA RATTARR(ラッタラッタル)」と命名し、アートという個性の表現・就労支援での機能的価値の向上、そこにデザインという意味的価値を加えることで、その人の可能性を広げ、ひいては社会における相互理解や共生を推進する力の発信地となるべく活動していきます。
※ ブランド名称のRATTA RATTARR とは、ART ART ART ART の綴りを入れ替えた造語です 

(株式会社チャレンジドジャパン社 HPより抜粋)

代表者紹介

代表取締役 白石 圭太郎(しらいし けいたろう)
/data/fund/5028/代表.jpg
東北大学経済学部を卒業後、メガバンクで法人融資業務を担当。
2008年12月に大学時代の同級生らと「株式会社チャレンジドジャパン」を創業。
2009年9月からは障がい者の就労支援事業所を運営開始。
障がい者支援や福祉施設経営の充実に加え、福祉の中核で働く人材の育成にも力を入れる。
東北大学大学院経済学研究科修士課程修了、社会福祉法人チャレンジドらいふ理事長も兼任する。

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う、デザイン事業「 RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)」事業であり、当該事業の売上金額に基づいて、損益の分配を行います

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「ファンド情報 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/5028/資金使途.jpg

投資家特典

1口あたり、RATTA RATTARR直営店舗やオンラインストア(予定)で利用できる商品券4,000円相当をお送り致します。
・発送時期は2019年内を予定しております。  
・利用可能店舗は軽井沢のショップ NATUR HOME またはRATTA RATTARRとなり、その他での店舗やイベント等でのご利用は頂けませんのでご留意下さい。

 

(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2019年7月30日 12:008月のイベント情報

 催事情報

こんにちは
現在募集中の「デザインで輝く美しいものづくりファンド」のRATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)です。
避暑地で有名な軽井沢ですが、クーラーを備えていないお宅もあるほど、朝晩は涼しい風が吹いています。

8月に予定している2つのイベントをお知らせをします。

ACTUS青山店
8/1(木)-25(日)
期間限定のポップアップ店です
/data/blog/archive/original/46054.JPG /data/blog/archive/original/46057.JPG

/data/blog/archive/original/46055.JPG /data/blog/archive/original/46056.JPG
写真はACTUS吉祥寺店にて5月・6月に行われた催事の風景
アクタスさんの1号店でもある青山店にてRATTA RATTARR商品をお取り扱いいただきます。
東京でRATTA RATTARRの商品をご覧いただける貴重な機会となっております。
instagran

trädgåtden
8/2(金)-4(日) 11:00-17:00
軽井沢のアトリエのお隣にある素敵な美術館、「ルヴァン美術館 アトリエ館」と
弊社が運営するショップ「NATUR home & RATTA RATTARR」にて
スウェーデン、デンマーク、フィンランドの生活用品やヴィンテージ品を扱う選りすぐりのセレクトショップが全国から集まり、パンやお菓子、ワークショップも開催されます。
/data/blog/archive/original/46059.jpg /data/blog/archive/original/46058.jpg
trädgåtdenとは庭という意味のスウェーデン語 
陽に焦がれる北欧の人々がmid summer 夏至祭を催すような、庭という名前の真夏を祝うお祭りが軽井沢で始まります。
今週末軽井沢へお越しの方はぜひ足をお運びくださいませ。

HP→こちら
instagram→こちら

2019年7月28日 12:00雑誌掲載のお知らせ

 お知らせ

こんにちは
現在募集中の「デザインで輝く美しいものづくりファンド」のRATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)です。

軽井沢も梅雨明けとなり、アトリエではますます創作活動に精が出そうです。

さて、今回は掲載された雑誌のご紹介です。
まだまだ認知度を高めなくてはならない小さなブランドですが、RATTA RATTARRの取り組みに共感・賛同いただけることが多く、紹介していただく運びとなりました。

Casa BRUTUS 6月号 マガジンハウス
/data/blog/archive/original/46018.jpg /data/blog/archive/original/46024.jpg
スウェーデン人デザイナー ステファンホルムとのコラボによるお皿が掲載されました p127
 
I’home 99号  商店建築社
/data/blog/archive/original/46017.jpg /data/blog/archive/original/46027.jpg
「個性を磨く子供部屋 p118」にカーテンやテーブルクロスが掲載されました

ELLE DECO 4月号 ハースト婦人画報社
/data/blog/archive/original/46028.jpg /data/blog/archive/original/46025.jpg
「Order Custom-Made Fabric p179」 にファブリックが掲載されました

リンネル 5月号 宝島社
/data/blog/archive/original/46021.jpg /data/blog/archive/original/46023.jpg
「今、地球のためにできるもの選び p156-」 に取り組みや子供服と雨傘が掲載されました

天然生活 3月号 地球丸
/data/blog/archive/original/46020.jpg /data/blog/archive/original/46029.jpg
「ラッタラッタルの美しいものづくり p76-」に取り組みやアトリエの様子が掲載されました

軽井沢free 19~20年 毎日ムック
/data/blog/archive/original/46019.jpg /data/blog/archive/original/46026.jpg
「やさしい気持ちが生まれる場所へ」にアトリエやショップ、カフェが掲載されました
 
特集で記事を組んでいただいたり、編集の方々が軽井沢まで足を運んでいただき取材してくださったりと、皆様に支えていただけることに感謝です。
これからも全国の方々にRATTA RATTARRのブランドを注目していただけるよう頑張ります。

他情報も随時更新中です
HP→こちら
instagram→こちら

2019年7月26日 12:00RATTA RATTARRイベント出店しました

 催事情報

こんにちは
現在募集中の「デザインで輝く美しいものづくりファンド」のRATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)です。
軽井沢は観光客や別荘族でにぎやかになってまいりました。

さて、先日行われた2つの催事の様子をお伝えします。

インテリアライフスタイル2019
7/17(水)~7/19(金)
東京ビッグサイト
東京から世界へ向けてライフスタイルを提案するインテリア・デザイン市場のための見本市です

日頃お世話になっている取引先の方ともお会いできるだけでなく、
そこから、ご紹介いただきつながりが広がりました。
また多くの方々にブースに足を運んでいただき、RATTA RATTARRの活動に賛同いただける方々との新たな出会いがありました。
今後一緒にお仕事させていただけることでRATTA RATTARRの活動に広がりが生まれることでしょう。

展示では軽井沢のアトリエの雰囲気も伝わるよう、日頃使っているキャンバスや筆もディスプレイしました

新作のミトンや靴下も並びました

次代を担うデザインプロダクト、事務局が厳選した10ブランドとしても紹介されました

私たちはRATTA RATTARRのクリエイターと軽井沢からバスでかけつけました。
クリエイターにとっても自分たちの商品が並ぶ様子をみることができ、刺激になったことと思います。

紙博2019
7/13(土)-14(日)
東京都立産業貿易センター台東館

手紙舎主催の「紙という名のときめきに魅せられた、最上の作り手が集う場所」のコンセプトのもと紙にまつわる様々なアイテムが集結するイベントです

RATTA RATTARRは、アトリエガングさんのブースにてレターセットを出店しました

会場では消費者の方々の声を聞くことができる貴重な機会となりました。
来場いたいただいた皆さまありがとうございました。

他情報も随時更新中です
HP→こちら
instagram→こちら

2019年4月9日 14:18デザインで輝く美しいものづくりファンド 募集開始のお知らせ

 お知らせ

はじめまして
当社のページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
『RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)』とはデザインとクラフトのブランドならびに軽井沢(長野県)にあるアトリエの総称です。ここではクリエイター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)の相互補助関係によって制作が行われています。クリエイターは日々作品を描いたり、スウェーデン式の織機で織物を作っています。私たちは軽井沢から、デザインやクラフトをツールに障がい者の働くあらたな仕組みを実践・発信しています。
/data/blog/archive/original/43402.jpg
RATTA RATTARRを運営する株式会社チャレンジドジャパンは、これまで様々な障がいのある方の就労支援を行って参りました。今回募集する資金は、RATTA RATTARR事業を拡大するための商品開発費や原材料費用として使用します。

昨年の募集にて出資いただいた投資家の皆様には厚くお礼申し上げます。
昨年分の投資家特典は準備中ですのでお待ちくださいませ。
好評だった前回に引き続き今年も募集のはこびとなりました。
/data/blog/archive/original/43403.jpg
今回の投資家特典は軽井沢にあるショップ「NATUR Home&RATTA RATTARR」もしくは「RATTA RATTARRオンラインストア(予定)」にてお使いいただける商品券を発送予定です。
ショップでは前回の特典のライトやストール、クッションカバー、ハンカチを取り揃えております。
オンラインストアではRATTA RATTARRの全アイテムを販売予定です。
ご希望の商品をお求めいただけますので大変魅力的な投資家特典となっております。
/data/blog/archive/original/44519.jpg
今春は新アイテムとして子供服がラインナップに加わりました。
日々進化しているRATTA RATTARRを皆さまと一緒に育てていきたいと願っています。
私たちのプロジェクトに賛同いただける皆さまの応援をお待ちしています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

HP→こちら
instagram→こちら


このファンドを申込む