被災地からのレポート

イベント・セミナー・ツアー2011年5月16日 21:30

【受付終了】【被災地応援ファンド説明会】 アンカーコーヒー、石渡商店、斉吉商店、丸光食品が参加

多数のお申込をいただき、誠にありがとうございました。本説明会の受付は終了させていただきました。


2011年5月20日(金)に、セキュリテ被災地応援ファンド説明会を開催いたします。

当社は、三陸沿岸部で事業を展開し、東日本大震災で大きな被害を受けた6事業者と連携し、
事業の早期復興を実現するため、2011年4月25日よりセキュリテ被災地応援ファンドの募集を
開始しております。

気仙沼から東京に駆けつけ、事業者から直接復興にかける思いや計画をお話いただくほか、
当社からは、各ファンドについてご説明いたします。

事業者の方の信念やこだわり、人柄を、少しでもお伝えできれば幸いです。
(開催概要およびお申込は、下記をご覧ください。)

【参加予定事業者(※五十音順)】

・株式会社石渡商店 専務取締役 石渡久師氏(5月16日追加)

石渡商店は、高級中華料理店などプロ向けの業務用ふかひれをメインに製造し、
自社サイトや物産展などで小売向けのフカヒレ商品の販売も行っています。
独自の製法とレシピによる商品には、多くのリピーターがいます。


・株式会社オノデラコーポレーション 専務取締役 小野寺靖忠氏(5月16日追加)

(左より小野寺専務、スタッフの方)

オノデラコーポレーションは、港町・気仙沼から、より幸福で豊かなライフスタイルを
提供したい!と出港したシアトルスタイルのコーヒーショップ「アンカーコーヒー」と

「フルセイルコーヒー」を展開しています。
クリアに焙煎 されたコーヒー、自社工房で手焼きした焼ドーナツなど世界最高品質のサービスを
次々と生みだしています。

・株式会社斉吉商店 専務取締役 斉藤和枝氏

斉吉さん


斉吉商店は気仙沼随一の廻船問屋として、60有余年の歴史を持つ老舗です。
気仙沼水揚げの新鮮な魚介類を使った加工品は無添加で、素材の味を活かした優しい味付けは、
首都圏でも大人気となっています。さんま笹寿司など、気仙沼伝統の食を全国に送り出しています。



・丸光食品株式会社 専務取締役 熊谷茂氏、取締役 熊谷敬子氏



丸光食品の
製麺工場は、気仙沼で唯一の製麺工場です。昔ながらのそば・うどん・焼そばは
地元の人が慣れしたんだ味で、海鮮ふかひれ生ラーメンは、贈答用などで全国的に人気の
商品となっています。また、機械製法だけに頼らず、職人の技で麺を作っています。



(※ 引き続き、登壇者が確定次第、本ブログでお知らせいたします。
なお、参加事業者が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。)

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【開催概要】
日時:2011年5月20日(金) 19:30~21:30 (19:00開場予定)
会費:無料
定員:80名程度(
お申し込み多数の場合は、先着順にてお席を用意させていただきます。立ち見となる場合がございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。)

場所:21cクラブ 新丸の内ビルディング10階(最寄駅:東京駅)
http://www.tokyo21c-club.com/open/info/access.html )
お申込:お申込受付は終了させていただきました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 

この記事だけを表示

酔仙酒造2011年5月14日 11:15

【ヤマウチ】お待たせしました!山内鮮魚店ファンド募集開始です。

ミュージックセキュリティーズの猪尾です。

大変お待たせいたしました、「株式会社ヤマウチ」による
「山内鮮魚店ファンド」、募集開始となりました。

被災地応援ファンド、5本目となります。

山内鮮魚店さんの山内社長からは、こんな力強い言葉、
いただいています。

「うちの一番の特徴は、新鮮な地元の魚を、無添加で加工した上で、
人数が少ない家族でも色々な種類を食べられるように、
2切れずつの小分けパックにして、複数の種類の魚を取り揃えていること。

鮮度、無添加の味とこのような売り方をしている会社はほとんどない。
だから、魚さえしっかり地元に上がるようになれば、
時間はかかるかもしれないけれど、また売り場なども確保できるように
なると思っています。

秋には、鮭が水揚げされます。それまでには、工場を再開できるように
がんばります。」


ぜひ、みなさま、山内さんが手がけた南三陸のおいしい魚がまた
食べられることを楽しみに、応援お願いします!
https://www.securite.jp/fund/detail/172










この記事だけを表示

酔仙酒造2011年5月13日 18:12

【アンカーコーヒー】アンカーコーヒーとフルセイルコーヒー

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
ミュージックセキュリティーズの渡部です。

 

先日アップ致しました記事に、アンカーコーヒーの名前の違いに
ちょっと触れましたが、、、本日はそちらをご紹介致します。

 

アンカーコーヒーの「アンカー」とは英語で船の錨(イカリ)を意味します。
フルセイルコーヒーの「フルセイル」は船の帆を全開にして全速力で進んでいることを意味します。

 

錨は母港におろすもので、気仙沼発で展開しているので、母港である気仙沼にある店舗が

アンカーコーヒーということになります。
そして、母港の気仙沼から船出し、気仙沼以外の場所で開店した店舗がフルセイルコーヒーです。

 

ウェブサイトのURL:www.anchor2fullsail.co.jpはAnchor To Fullsailの意味で
「錨を揚げて、満帆で大海原へ」という気持ちが含まれているそうです。

 

ロゴマークも向かって左側に「ANCHOR」右側に「FULLSAIL」、
並々ならぬこだわりが店名からも伝わってきます!

 

アンカーコーヒーロゴ

 

またいろいろな情報をアップして参りますので、引き続き、宜しくお願い致します!

この記事だけを表示

酔仙酒造2011年5月13日 16:00

【石渡商店】 大盛況の気仙沼物産展

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

震災後、初の県外での気仙沼物産展にうかがって来ました。



11時の開始直後にうかがったところ、既に長蛇の列でした。

今回の物産展を3月後半から企画され、また近日中にファンドを募集する開始予定でもある石渡さんによると、
昨日も11時スタートの予定でしたが、朝8時から列ができ始めたため、開始時間を繰り上げたそうです。
最大時には、雨のなか350人もの方が並ばれ、2時間半待ちだったとのことです。



ですから、用意していた商品は昨日の午前中で完売してしまい、急遽、気仙沼で在庫をかき集めてもらい、
会場の協力もいただいてる郵便局のサポートも得て、本日の朝、再入荷したとのことです。



もちろん、復興をがんばっていきたいけど、まだまだ復旧中の方も多い状況で、気仙沼に明るい話題を届けたかったと石渡さんは仰っていました。



引き続き、各地で行うことも検討されているそうですので、お近くで開催された際は、どうぞお立ち寄りください。

この記事だけを表示

相馬双葉漁協2011年5月12日 22:07

【丸光食品】 こだわりの「気仙沼麺セット」を投資家特典に

この応援ファンドの応援団の1人、山田さんのブログにも紹介されていましたが、
先日、丸光食品さんと、今後のファンドの展開について作戦会議をしてきました。

ファンドの募集開始時には、事業計画を考えるだけで精一杯でしたが、
多少時間が経ち、ようやく投資家特典のことなども考える余裕が出てきました。

どうすれば投資してくださる方に喜んでもらえるか、多くの方にご参加いただけるかという視点に加えて、
今回、ファンドを通じて、これまで丸光食品の麺を食べたことのない方と、
新たな関係づくりを始める丸光食品さんにとって、
どうすれば丸光の麺のファンになっていただけるか、皆で真剣に考えました。
marumitsu0512

その結果、素敵な案がまとまりました!

丸光食品こだわりの「気仙沼麺セット」を、3口以上お申込の方にもれなくご送付させていただくことに致しました!
これまで一度も丸光の麺を食べたことがない方に、復興の証としてまずは食べていきたい4品を厳選しました。

気になる「気仙沼麺セット」の内容はこちら。

-気仙沼 海鮮ふかひれ生ラーメン
-気仙沼 焼きそば
-気仙沼 ラーメン
-天ぷらうどん

今回、それぞれの麺に込められた熱い思いについて、じっくりお話を聞いて、どれもすごく食べたくなりました。
その辺についてはまた次回以降、動画も交えてご紹介しますね。

そうそう。今日はもう1人、応援してくださってるかたのブログをご紹介します。
以前、食べたことがある人の応援メッセージ、本当に嬉しいです。

これからも気仙沼の麺の丸光さん、
どうぞ宜しくお願いします!


(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

この記事だけを表示

八木澤商店2011年5月12日 21:06

【八木澤商店】 河野社長からのメッセージ

ミュージックセキュリティーズの猪尾です。


今日は、八木澤商店の河野社長よりメッセージを預かってきましたので、
みなさんにお届けします!

========================================

八木澤商店の河野です。

八木澤商店では、5月2日より、秋田県、岩手県内陸の醤油・みそメーカー様
に委託製造させていただいた、震災後初の商品を出荷させて頂きました。

しかし、まだ電話・FAX等の通信インフラが整っていないため、
商品の出荷作業が混乱しており、お客様には欠品のご迷惑をおかけ
しておりますこと、申し訳なく思っております。

現状はできることから、ご近所の御用聞きから
始めさせていただいております。

個人の方への販売はもう少しお待ちください。

来週からは、インターネットも開通する予定です。
また状況をご報告させていただきます。

========================================







この記事だけを表示

丸光製麺2011年5月12日 18:34

【斉吉商店】 工場の及川マネージャーと梶原君が事務所に来ました

久しぶりに工場の及川マネージャーと梶原君が 事務所に来ました。
工場再開までのおおよそのスケジュールについて 打ち合わせをし、カレーを(山形のお客様からいただきました)食べました。(5月10日)
再吉商店2

さんま船の船頭さんと斉吉の常務、それから船主さんです。
倉庫に残った漁具を確認しました。
船は全壊で、さらに火災ですべて無くなりましたが、今日また新しく船を造り再開する話が聞けていい日でした。
斉吉のトタン屋根の豪邸(笑)(漁具倉庫2階)でご飯を食べました。(5月12日)
斉吉商店1

震災後だからこんなんでもいいよねって、つい、以前よりさらにてきとーなものを出してます。

(斉吉商店・専務)

この記事だけを表示

アンカーコーヒー2011年5月10日 21:19

【アンカーコーヒー】岩手川崎店に行って参りました!

※先日アップ致しました以下記事で、題名と本文の店名に誤りがございました。

 訂正しお詫び申し上げます。

 

いつもご覧頂きまして誠にありがとうございます。
ミュージックセキュリティーズの渡部です。

 

5月2日にアンカーコーヒーファンドが募集開始となりました。
震災・津波で全壊してしまった、焙煎工房と製菓工房を併設したコーヒーショップを
建て直すためのファンドです。

 

ぜひぜひご参加下さい。宜しくお願い致します!
https://www.securite.jp/fund/detail/171


そして、フルセイルコーヒー岩手川崎店に行って参りました!
※アンカーコーヒーは気仙沼以外のお店をフルセイルコーヒーと言います。
 (なぜか?・・・は、また後日次回ご紹介致します。)

 

アンカーコーヒー北古川

 

ここ岩手川崎店では、気仙沼で被災したスタッフの方々が、
最高の笑顔で迎えて下さいました。

 

アンカー北古川_スタッフ

 

そして注文したのは大好きなカフェラテ。
もちろん最高の香りは言うまでもなく、
いろいろな思いが詰まった味を感じました。

 

アンカー北古川_カフェラテ

 

もし各店舗にいらっしゃる機会がございましたら、
ぜひこちら(ページ少し下)の小野寺専務の動画を見て頂き、
コーヒーを飲んで下さい。
https://www.securite.jp/fund/detail/171

 

今回のファンドの特典にもなっておりますが、
製菓工房でつくられる焼きドーナツと合わないわけがありません。

 

次にお伺いしたときも、必ず伺います!

 

【現在営業中の店舗はこちらです】
フルセイルコーヒー 北古川店
フルセイルコーヒー ロックシティ佐沼
フルセイルコーヒー 岩手川崎店

この記事だけを表示

石渡商店2011年5月10日 14:00

【石渡商店】 5月12日~13日 気仙沼物産(横浜)に参加

ミュージックセキュリティーズの神谷です。

現在、「セキュリテ被災地応援ファンド」で、事業復興のためのファンドの準備を
させていただいている石渡商店さまが、5月12日~13日に横浜中央郵便局前特設ブースで
開催される気仙沼物産展に参加される予定ですので、ご案内いたします。



下記に、イベントの概要を掲載いたしますので、お近くの方は、ご参加いただければ幸いです。

========================企画概要========================

【企画背景】
本年3月11日、東日本を未曾有の大震災が襲い、弊社が立地する気仙沼では地震による
影響で10m以上の大津波が襲いかかりました。

多くの事業者は商品、店舗、そして工場までも跡形もなく流されてしまい、今もなお、
多くの経営者が営業存続の判断に心を悩ませております。また、多くの人命も奪われ、
企業としての運営にも大きな影響を及ぼしております。

そのような中、私は有志を募り、希望を信じともに営業を再開する同志とともに物産展
を企画・提案をさせていただきます。奇跡的に被害を免れた商品で宮城県・気仙沼の今の
実情を勇気と希望を持って激震地域外の方々へ伝えるとともに、『ふるさと気仙沼』の一
日も早い復興をご支援いただくために、物産展を開催させていただきたいと願っておりま
す。

【日時】
・時期:5月12日~13日 時間:11時から7時まで 【状況により予定変更有】
・開催場所:横浜駅東口 横浜中央郵便局前特設ブース
http://www.post.japanpost.jp/cgi-shiten_search/shiten.php?id=7072

【活動内容】
気仙沼ならではの産品販売を通じて、お客様と直接触れあうとともに、気仙沼の実情
そして震災前の状況を皆様へお伝えします。

皆様に気仙沼物産のすばらしさを知っていただくため、ご試食をしてもらえるような
産品を検討しております。(震災後商品の新規生産を行えていない状況から、
在庫には限りがあるものばかりではあります。)

また、三陸新報社様よりお借り頂く写真にてパネル展を開催いたします。

当日は気仙沼市の物産振興活動の為の募金活動を行わせていただきたいと考えております。
* 募金活動に関しましては気仙沼物産振興会にご協力をいただき、
    支援募金箱を設置させていただく予定です。

【予定販売品目】
家庭用ふかひれスープ、海苔、地酒、名産しそ巻、気仙沼応援グッズ(Tシャツ等)等

主催
気仙沼市物産振興協会

後援
気仙沼商工会議所青年部
三陸新報社

この記事だけを表示

斉吉商店2011年5月10日 00:55

【斉吉商店】 金の「吉」を発見しました!

ミュージックセキュリティーズの杉山です。
気仙沼に出張中で、斉吉さんの所にもお邪魔しました。

事業の進捗を伺ったところ、
当初工場を建てたいと思っていた土地は、
すぐには工場を立てられない土地であることがはっきりしたそうで、
現在、検討している別の候補地を見せていただきました。

saikichi1
(テレビの取材も受けました。12日のワールドビジネスサテライトに紹介される見込みです!)

また、噂には聞いていましたが、
最近発見された斉吉商店の「吉」の本物を見ることができました。

saikichi

「最近どうですか」の問いに対して、専務が銀行に融資の相談行った時のお話を聞きました。

「(持っていった)決算書や資産表には何の価値もなくなってしまった」
「今こうしてファンドを通じて個人の方とつながっていることが、何よりの後ろ盾に感じた」

すごく嬉しかったです。
ファンドはまだまだ動き出したばかりですが、もっともっと力になれればいいな、と思いました。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス