セキュリテニュース 「Noresore」あなごバルファンド

「Noresore」あなごバルファンド2015年4月2日 20:45

食べログ評価3.5獲得!/担当者によるリポート

みなさんこんにちは。
本ファンドを担当している大塩です。
 
お店がオープンしてから約2ヶ月が経過しました。
オープン特需も過ぎ去り、お店の本当の実力が試されるところですが、
連日賑わい、食べログの評価もついに3.5以上を獲得しました!

ご支援を賜っている皆様、誠にありがとうございます。
大阪の食通の間では話題となり、一般の方もブログでご紹介頂くようになりました。
http://tushio.blog86.fc2.com/blog-entry-3193.html

そんな大人気の「穴子家 Noresore」ですが、私も先日視察に伺って参りましたので、その様子を紹介致します。


まずは乾杯。
店長のゆうちゃんおススメの日本酒スパークリング。



爽やかでのどごしが良く、1杯目にピッタリでした!


1品目は2月末から解禁になった「あなごの稚魚ののれそれ」。580円





私も人生で初めて頂きました。いかそうめんの食感に近いですが、それともまた違う新しい食感です。
期間限定ですので、気になる方はお早めにどうぞ!


ここからは今まであまり頼んだことのない、焼き物系を頂きました。
まずは白焼き。炭火でこんがり炙ると身がプリプリになります。




「あなごの白焼き 980円」



わさびと辛子味噌で召し上がれます。



続いてあなごの蒲焼き。
魚増鮮魚店から分けて頂いた秘伝のタレをアレンジした自家製タレをつけてこんがり焼いてきます。



美味しそうですね~


「穴子の蒲焼き 980円」



タレがコーディングの役割をしていて、穴子の旨みが中に凝縮しています。
自家製なタレが染み込んだ蒲焼きは絶品です。



そして最後は「あなごの塩こうじ焼き 980円」



外はパリッとしていて、塩こうじと穴子の愛称が抜群です。
私は個人的にこれが1番好きでした。
日替わりのおススメメニューでしたが、是非グランドメニューに昇格して欲しい逸品です。


このように一つ一つの料理のクオリティーが高く、食べログの評価もついに3.5以上を獲得しました!
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27083398/

この口コミを見て来店する方も非常に多いそうです。

今月から投資家特典の穴子やお食事券等の送付を開始する予定ですので、出資者の方でまだ来られていない方は是非お越し下さい。
また、出資をご検討されている方も是非一度お店に来て頂いて確かめて頂ければと思います。

今勢いに乗っている「穴子家Noresore」!
毎年穴子の送付等、非常にお得な特典があります!

ファンドの詳細はこちらから

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2015年2月24日 19:28

遂にグランドメニュー完成!淡路島の脂の乗った伝助穴子がとことん味わえます!

みなさんこんにちは

本ファンドを担当している大塩です。 

本日は今月グランドオープンを迎え、好調の穴子家Noresore(のれそれ)のメニューをご紹介致します。


まずはメニュー表から。











穴子のお造り盛り合わせ



手前から、焼き霜造り、湯引き、昆布〆、薄造り。
穴子の刺身は新鮮でないと食べられないため、市場を通して仕入れているお見せでは提供が困難です。しかし、Noresoreでは魚増鮮魚店などから直接仕入れることができるため、産地直送の鮮度抜群まま提供することができます。
その美味しさは言わずもがな。本場静岡産のわさび添えて頂くと、日本酒が進みます。


穴子ときゅうりの酢の物(穴ざく)



穴子料理が続くなかで、良い箸休め役を担ってくれています。
寿司職人歴40年以上の料理長の三杯酢は絶品で、そのまま飲んでも美味しいです。



淡路産野菜のサラダ~バーニャカウダソース仕立て~



こちらも淡路島の提携農家から直送の新鮮な野菜です。それに穴子の骨せんべいがトッピングされており、食感がシンプルになりがちなサラダに穴子の骨せんべいが良いアクセントになってくれています。


煮穴子の棒寿司



とろとろに煮た穴子は口の中でとろけ、シャリに含まれた「しそ」が後味を引き締めてくれています。
締めの一品にぴったりです。



さて、グランドオープンを迎えてからはや2週間が経過しました。各種メディアにも取り上げらえ、現在注目が集まっています。

2月25日(水)には朝日放送系列の夕方のニュース番組、「キャスト」、3月3日(火)には同じく朝日放送系列の「おはよう朝日」にも出演が決定しました。

ご都合の会う方は是非ご覧下さい。
ファンドの方もまだまだ募集中です。伝助穴子と秘伝のタレが毎年もらえるという豪華な特典となっておりますので、こちらも是非ご検討下さい。

ファンドの詳細はこちら


この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2015年2月15日 20:20

Yahoo! ニュースにも掲載!2/11 祝グランドオープン!

みなさんこんにちは

本ファンドを担当している大塩です。

9月末よりファンドを募集開始し、これまで試食会の様子を紹介したり、お店のロゴのアンケート投票などを本ブログで行って参りましたが、先日の2/11に無事グランドオープンを迎えることとなりました。





応援して頂いた皆様、本当にありがとうございます。



そんな感謝の気持ちを伝えるため、先週グランドオープンに先駆けて出資者の方をお招きし、レセプションパーティーを開催致しました。

本日はその様子をご紹介致します。

まずは浜口社長より開会の挨拶。



(社長の挨拶をそのまま掲載致します)

「今回、穴子専門店をやろうと思った理由は、祖父が岩屋というところで漁師をしていまして、その縁もあって昔からタコや鯛、穴子と身近に接していました。

そんな中、『魚増鮮魚店』という淡路島で炭焼き穴子を30年やっているところの2代目社長と「もっと淡路島の穴子を都会の人へ広げたい」と話していました。

そこでこの度、この大阪の福島という地で、「穴子家 Noresore」を開店することができました。

これからも淡路島の穴子と野菜を広げていけたらと思います。皆様これからもどうぞひとつよろしくお願い致します。」




続いて中村店長よりメニュー説明。



今回はなんと総額7,000円の穴子フルコースが提供されました。

1.淡路島の穴子と野菜のバーニャカウダソース仕立て
2.穴子の4種盛り
3.穴子豆腐
4.天ぷら
5.白焼き
6.穴子棒寿司
7.デザート



写真は4種盛り(手前から、焼き霜造り、湯引き、昆布〆、薄造り)


そしてここから約2時間に渡って浜口社長と出資者の交流が図られました。




その様子はヤフーニュースでも取り上げられております。
是非ご覧下さい。

大阪・福島のアナゴ料理専門店「クラウド・ファンディング方式」でオープン


出資者の皆様は「穴子好き」や淡路島にゆかりがあったりという共通の話題が多く、会話が弾みました。

アンケートもこの通り、ほぼ全員の方に満足頂けました。



一部コメントを抜粋して紹介させて頂きます。

・今までの「薄くてパサパサしている」という穴子のイメージが変わった(40代・男性)
・穴子を生で食べたことがなかったのでとても感激しました(40代・女性)
・野菜がフレッシュ、彩りも良い(30代・女性)
・穴子棒寿司にしそが入っていて、さっぱりして美味しい(20代・女性)
・白焼きと日本酒の相性が良い(60代・男性)

最後に記念撮影。




他の出資者の方と交流ができて楽しかったという声も多数頂き、早くも半年後の事業報告会を開催して欲しいというご要望も頂きました。

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。


出資者同士の交流も楽しめる「Noresore(のれそれ)あなごバルファンド」。
出資者も穴子好きの方が多いので、穴子好きの方は是非出資をご検討下さい。

ファンド詳細はこちらから

【出資理由】





【穴子家Noresore 関連ニュース】
ヤフーニュース
大阪・福島のアナゴ料理専門店「クラウド・ファンディング方式」でオープン

エルマガジン社
淡路島の名店が、また福島に登場

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2015年1月29日 16:31

2/11グランドオープン決定!!開店間近の店舗の様子/店舗ロゴの決定他

みなさんこんにちは
本ファンドを担当している大塩です。

先日のセキュリテニュースでもお伝えさせて頂きました通り、「穴子家 NORESORE(のれそれ)」のグランドオープンが2/11に正式に決定いたしました!

それに伴い、マリブ食堂の常連の方やマスコミ関係者向けのDMも完成しましたのでご紹介致します。



お店のロゴも、セキュリテ会員の皆様の声を受け、1番人気だった案が採用されました。
投票頂いた皆様ありがとうございました。





本日は2/11オープンに向け、急ピッチで進められている穴子家 NORESORE(のれそれ)の店舗工事の様子をお伝え致します。


古かった外装もこの通り、きれいに様変わりしました。


【BEFORE】



【AFTER】


実はまだこれから再度色塗りがされる予定で、白を基調とした外装になる予定です。

ポイントは左上のダクトで、ここからこぼれる炭焼き穴子の香ばしい香りが、最高の広告塔となる予定です。

実はこのアイデアは魚増鮮魚店から頂いたもので、食べログのサイトでも匂いにつられて魚増鮮魚店へ立ち寄ったという方が多くいらっしゃります。
 



調理器具もこの通り、導入が済みました。




この窓際に炭台が置かれ、窓の外からも焼いている様子が見える様な設計となっています。

そしてこちらがキッチン。カウンターでは、調理の様子も楽しめそうです。





最後に内装の壁。

【BEFORE】



【AFTER】




「和」をモチーフにしたモダンな雰囲気が出そうな感じがします。


また、店舗が完成した暁には、応援して頂いた出資者の皆様にいち早くお店をみて頂きたく、レセプションパーティーの開催を予定してます。

1つのお店のオープンに立ち会えるのは一生に一度きり。

これは飲食店ファンドの醍醐味だと思いますので、出資をご検討の方はこの機会に是非お申し込み下さい。


ファンド詳細はこちらから

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2015年1月19日 17:33

水野真紀の魔法のレストランに出演決定! 2/2(月)19:00~

みなさんこんにちは
本ファンドを担当している大塩です。

この度なんとマリブ食堂※の「魔法のレストラン」出演が決定しました!

魔法のレストランは関西地区の人気グルメ情報で、
毎週月曜日19:00から毎日放送にて放送されており、
今回「淡路島の新鮮な食材にこだわっている」ということで、取り上げられます。

※マリブ食堂とは本ファンド営業者である株式会社マリブが運営する
淡路島の食材を活かしたバル風の居酒屋です。


先日その収録が行われましたので、
その様子の一部をご紹介致します。


まずは打ち合わせの様子。

 

淡路島出身の浜口社長。昔の思い出の写真と共に、マリブ食堂を出店するに至った想いを番組で紹介されます。

そうしていよいよ収録開始。
今回のロケメンバーはTKOの木下さん、木本さん、杉浦太陽さんです。



打ち合わせのときは非常にリラックスしていらっしゃいましたが、出番が近づくにつれ、徐々に顔がひきつっていかれました(笑)

今回はあなごを含む3品が紹介されることに。
淡路島の食材を活かした創作料理に「美味い」というコメントが連発し、カメラが回っていないところでも「ほんまに美味いわぁ」と本音のコメントも。



32歳という若さで3店舗を運営しているということで、「若いのにやるな~」とイジられ、笑いありの楽しい収録となりました。

今回ファンドの資金によって出店する「穴子家 Noresore」の情報や、そこで提供予定の新商品も番組では紹介される予定ですので、是非ご覧ください。2月2日(月)19:00放送予定です。





お店の方も2月11日プレオープン(予定)と、ついに1ヶ月を切って参りました。
徐々に準備も整ってきており、来週には厨房機器も導入される予定です。

特典も、遠方の方でも恩恵が受けられるように、1度にお食事券を一気に使えるようにしたり、炭焼き穴子や淡路島の野菜セットを選べるように変更致しました。
まだご確認頂いていない方は是非この機会にご確認下さい!

ファンド詳細はこちらから

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2014年12月26日 15:29

店舗の改装工事が始まりました/あなご尽くしの創作料理約20種一覧

みなさまこんにちは。

本ファンドを担当している大塩です。

大阪・福島の店舗の改装工事が始まりましたので報告致します。






現在は何も状態ですが、来月中旬には厨房機器が入ります。
非常に古いこの物件がリノベーションによって蘇るのが楽しみです。


また、「穴子家 Noresore」のメニューが一通り完成しましたのでまとめます。


刺身



左から薄造り、片面炙り、炙り、湯引き


寿司



一本穴子(煮穴子)




焼き穴子(白焼きとタレ付き)


逸品



穴ざく(きゅうりと穴子を三杯酢で和えたもの)




穴巻き(穴子入りだし巻き卵)




八幡巻き(ごぼうに穴子を巻いて白焼きにし、再度白みそを和えて焼いたもの)


焼き物



白焼き(静岡の本わさびと共に召し上がって頂きます。)

魚増の秘伝のタレを使った「炭焼き穴子」も提供予定です。


揚げ物



磯部揚げと湯葉揚げ




串揚げ




天ぷら



サラダ



穴子とパプリカの洋風サラダ




穴子とごぼうチップスの和風サラダ





 
穴子のしゃぶしゃぶと柳川鍋


その他〆にひつまぶしを提供予定です。


ファンドにご出資頂くと、これらのメニューが3,000分食べられるお食事券がなんと毎年届いてきます!
さらに、3口ご出資頂いた方は1口につき3,000円分のお食事券が毎年1万円にパワーアップ。

大変お得になりますので、是非ご検討下さい。

ファンドの詳細はこちら

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2014年11月25日 18:13

まるでふぐ刺し!1番人気は「穴子の薄造り」~あなご料理の試食会の様子~

みなさんこんにちは。
本ファンドを担当しております大塩です。

本日は第二回目の試食会を行いましたので、その様子をご報告致します。
今回は出資者の方も招いての試食会で、課題はいくつかございましたが、味につきましては合格点を頂けたのではないかと思います。


中でも人気だったのはこちらの「穴子の薄造り」。



新鮮でないといけないため、本場淡路島でも滅多に提供されておらず、みなさま初体験のようでした。
一見すると「ふぐ刺し」のようで、味は淡白かと思いきやそうではなく、しっかり脂がのっていて歯応えがあり、ポン酢なしでも美味しく頂けました。



続いて、和風サラダ。



こちら穴子の白焼きと、ごぼうの素揚げをオニオンドレッシングであえたもの。魚増秘伝のタレと山椒がアクセントに使用されています。
ごぼうの食感がたまりませんでした。


そして「う巻き」ならぬ「あな巻き」。



うなぎではなく「煮あなご」を巻いた出汁巻きたまごです。
あなごの煮汁がたまごにしみ渡った逸品。
日本酒がすすみそうです。



最後に煮あなごと、白焼きの握り寿司。



柔らかく煮たあなごと、素材の良さをそのまま楽しむ白焼き。
こちらは文句なしの美味しさでした。
早くみなさまにも味わって頂きたいです。

次回は12月中旬を予定しており、あなごづくしのコース料理を提供予定で、近日中に本ブログにてご案内させて頂きます。



また、現在あなごロゴ選挙を行っています。
三つ巴の接戦となっており、あなたの一票が結果を変えるかもしれませんので、みなさま是非ご参加下さい。
あなごロゴ選挙の詳細はこちら




ファンドの詳細はこちら

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2014年11月20日 17:48

第1回あなごロゴ選挙/限定3名!あなご料理試食会のお知らせ 11/25(火)

みなさまこんにちは。
本ファンドを担当している大塩です。

本日は「穴子家 Noresore」(のれそれ)のロゴ案が出来ましたので、応援して頂いているみなさまのご意見を是非聞かせて頂きたく、アンケート調査を実施致します。
是非ご協力お願い申し上げます。

アンケートはこちらから
(別画面でフォームが開きます)


ロゴマークA案





デザイナーさんより、ロゴマーク解説

NORESOREという書体に動きをつけ、楽しげな遊び心を演出しました。
また、穴子をモチーフにした飾りで彩りました。
地酒のイラストをそえてお店のスタイルを親しみやすく伝えます。
ロゴタイプは、上品な書体にすることで老若男女に向けた雰囲気にしております。





ロゴマークB案





デザイナーさんより、ロゴマーク解説

お店の名前を和モダンの雰囲気でデザインしました。
遠目からでも見る人の心を惹きつけるものにしています。
飛び出しているのは、穴子が巣から顔をのぞかせている様にも見えます。
「穴子家 NORESORE」からお客様へ美味しい穴子を食べて頂きたい想いを表現しております。
赤と青の「O」は、老若男女が美味しい食事を楽しむひとときの姿、穴子の新鮮さと調理した温かいイメージも表現しました。





ロゴマークC案





■デザイナーさんより、ロゴマーク解説

穴子でのれんをかまえた姿をモチーフにデザインしました。
穴子をモチーフにしたイラストでお客様をお出迎えしております。
イラストと店名どちらを見ても、すぐに穴子のお店だと覚えてもらえるようなデザインにしました。
穴子のすみかをイメージした判子で末永く愛されるお店になるよう願いを込めました。
お酒のイラストも合わせることで、あなご料理に舌鼓を打ちながらお酒を楽しむということをさり気なく表現しております。


みなさまいかがでしょうか?
最も良いと思われるもの、最も適していないと思うものを下記フォームよりご回答頂ければ幸いです。

アンケートはこちらから
(別画面でフォームが開きます)





あなご料理試食会について



この度「穴子家Noresore」で提供するあなご料理の試食会を実施致します。
前回実施した際の改善点をふまえ、よりクオリティーが高いものや、新たなメニューを開発予定ですので、ご関心のある方はこの機会に是非ご参加下さい。
前回の料理はこちら

先着3名様をご招待させて頂きますので、ご関心の方は下記連絡先まで、必要情報を記載してご連絡下さい。

【詳細】
日程:11月25日(火)
時間:12時~13時
参加費:無料 
場所:マリブ食堂難波店
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目4−17


マリブ食堂難波店のホームページはこちら


【お申込み方法】
下記を記載の上、件名を「あなご料理試食会参加」にし、メールにてご連絡願います。
・お名前 
・当日連絡がとれる連絡先(携帯電話)
 
メール:info_kinki@securite.jp
担当:大塩



ファンドの詳細はこちら

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2014年11月12日 11:37

あなご尽くしの創作料理12種開発!メニュー紹介第一弾

みなさまこんにちは。

本日は中村新店長と料理長の大将、そして浜口社長で新メニューの試食会が行われました。
その様子をご紹介致します。


まずは大将があなごを捌いている様子から。



その道40年。細かい骨を丁寧に取り除いていかれます。慣れた手つきは圧巻の一言。
「生きているのでまだビクビクしている」と、まるで穴子と会話するように料理されているようでした。

それではまず白焼きから。



新鮮な穴子をタレや調味料をつけずにそのまま焼き上げています。
浜口社長が本場淡路島に視察に行かれた際、「最も美味しかった」と期待のメニュー。
炭火焼きしたものをわさびで頂きます。
本場静岡のわさびと一緒に提供してはどうかと盛り上がりました。

続きまして、前回ブログでも少し紹介しました「穴子のにこごり」です。



あなごの煮汁に枝豆、にんじん、あなごの切り身を入れ、冷やして固めました。
ぷるぷるした食感にほんのりあなごのタレを思わせる甘い味で非常に美味しかったです。


続いて「うざく」ならぬ「あなござく」。



「うざく」とはかば焼きにしたうなぎを細かく切り、薄く刻んでもんだきゅうりと三杯酢であえた料理のことで、うなぎの代わりに「あなご」をあえられました。

大将の秘伝の三杯酢は浜口社長も大絶賛で、あなごときゅうりの愛称が抜群でした。


最後に煮あなご。



これはもう「とろっとろ」でした。
私も当ファンド募集に際し、いくつか穴子専門店に視察に参りましたが、どこのお店よりも柔らかく、大変美味しかったです。


浜口社長も第一回目の試食会で正直そこまで期待されていないようでしたが、
予想以上に完成度の高い料理もあり、ひとまず「安心」といったようでした。

次回また紹介しきれなかったメニューを紹介致しますので、乞うご期待を。


ファンドの詳細はこちら

この記事だけを表示

「Noresore」あなごバルファンド2014年10月30日 19:25

淡路島一日密着取材/魚増水産からの応援メッセージ

みなさんこんにちは。
本ファンドを担当しております大塩です。
本日は浜口社長の密着取材ということで淡路島へ行って参りました。


 
(大鳴門橋)

 
いや~絶景ですね。つい仕事を忘れて観光気分になってしまいました。

 


さて、今回の淡路島出張は、あなごと秘伝のタレを提供して頂ける、
魚増水産との商談がメイン。
毎日の仕入れ量や値段についての具体的な打ち合わせが行われました。

 
(写真左 マリブ食堂 浜口社長、写真右 魚増水産 宗和社長


あなごは250gを超えると「大」、通称「伝助あなご」に認定されますが、
今回、「伝助あなご」を中心に提供して頂けることに。
 
あなごは大きいものほど脂がのっており美味しいそうです。
 
特に、伝助あなごは刺身にすると絶品。
刺身にするためには揚がったばかりの新鮮なものでないとだめで、
市場を通すとどうしても日数がかかるため、
魚増水産から毎日新鮮なものを直送して頂けることになりました。
 
あまり小さいあなごは味ものっておらず刺身には向かないため、
あなごの本場淡路島でも刺身を食べられるところはめったになく、
穴子家「Noresore」(のれそれ)の人気料理のひとつとなりそうです。

 



ちなみに3月中旬から4月にかけてはイカナゴ漁があり、
そのときに一緒にあなごの稚魚であり、店名でもある
のれそれ」が獲れ、お店でも食べられるとのことでした。
 
こちらは販売しているところ自体がほとんどないため、
「Noresore」だけの季節限定メニューとなりそうです。
 
その他にあなごの骨や肝についても交渉。
骨からとった出汁をタレにまぜることでコクと深みが出ます。
また骨を天日干しにした骨せんべいなどのメニューも登場する予定です。
 
最後に、魚増水産の宗和社長から応援メッセージを頂きましたので、
ご紹介させて頂きます。




--------------------------------------------------------------------------
浜口社長にはいつも当社の鮮魚を使って頂いており、
お世話になっています。
 
私は今年度に入って先代から続く魚増水産を継ぎましたが、
「淡路島」の美味しい魚をより多くの方に食べて
頂きたいという思いを持っております。

今回は「あなご専門店」を新規に開業されるということで、
25年間の「あなご屋」としての経験と共に
伝助あなごと秘伝のタレの供給を通じて全面的に応援させて頂きます。

穴子家「Noresore」の繁盛により、淡路島の産業発展に
浜口社長と共に貢献出来れば幸いです。

魚増水産株式会社
代表取締役 宗和 文弘
--------------------------------------------------------------------------

 


-------------------------------------------------------------------------
出資をご検討の皆様

こんにちは。マリブの浜口です。

現在、1月末オープンに向け準備を進めており、工事も開始致しました。
またこのブログで工事の様子を随時報告させて頂きます。

来月中にはお店のロゴも決定し、メニューも現在いくつか考案中です。
12月には投資家の方向けへの試食会等も検討しております。

みなさまに喜んで頂けますよう、全力を尽くしたいと思いますので、
何卒よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


何かご不明な点がございましたら、
ミニ説明会でもご質問承りますので、
どうぞご活用下さい。
皆様の応援を心よりお待ちしております。

ファンドの詳細はこちら
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス