セキュリテニュース ふるさとたまご村 京たまごファンド

ふるさとたまご村 京たまごファンド2014年7月22日 13:35

そうめん流し大会開催!(7/26・7/27)

みなさま
こんにちは。

毎月恒例のふるさとたまご村直売所イベントをご案内申し上げます。
今回の目玉はなんといっても「そうめん流し」。

地元京都の成分無調整の豆乳麺だけでなく、
トマトなど地元の野菜も流れて来ます!

是非ご家族でご参加ください! 



この記事だけを表示

ふるさとたまご村 京たまごファンド2014年6月3日 13:04

子どもの遊び場をお探しの方必見!ふるさとたまご村イベント報告

みなさんこんにちは。
「ふるさとたまご村 京たまごファンド」を担当している大塩です。

本日は、524日に行いました「ふるさとたまご村 ファンド説明会」の様子をご報告させて頂きます。出資者とそのお連れ様の約20名の方にご参加頂き、非常に大盛況となりました。参加者は、地元の京都の方が大半でしたが、中には関東から2時に家を出て車で来られた方もおられました。当日は天候にも恵まれ、心配しておりましたBBQやひよこレースも無事開催でき、大盛り上がりとなりました。


 


10
30

まずは鶏舎の見学。(写真)全ての鶏舎がベルトコンベアーで繋がっており、1日に約6万個のたまごがGPセンターへ集約されます。写真)



 

GPセンターは最新の設備を導入しており、1時間に約33,000個のたまごを自動洗卵・選別・包装します。その速さにお子さまも釘付けです。

 

 

工場内は、ふるさとたまご村の村長(西田社長)が案内してくれました。たまごの基本的なことから、「LサイズのたまごとSサイズのたまごのどっちがお得!?」といったような日常生活で役に立つ話題まで、ためになる話がたくさん。思わず全員が「へ~」とうなりました。
 

 
 

1100

会議室に戻り、ファンド説明会の実施。ファンドの資金によって規模拡大を図る「京たまご穀産」の開発秘話をお話して頂きました。
 

 (画像をクリックすると動画が始まります。)

 

そしてみなさんしっかりたまごのことを勉強したところで、卵ものしりクイズ。しかし、これが意外と難しく、大人も本気に。



(画像をクリックすると動画が始まります。)

 

1200

場所を移して、いよいよこの日のメインイベント。ひよこレースの開始です。事前に予想投票を行い、見事1位を当てた方には直売所で使える割引券がもらえるとあって大人も真剣(右写真)1番人気は2番のしろこちゃん。さあ結果は?
 




 

(画像をクリックすると動画が始まります。)

 



続いてひよことの触れ合いタイム。お子様は普段なかなか触れ合う機会がなく、とても楽しんで頂けたようで、家に帰って布団に入ってからもひよこのことを思い出されていたようです。
 

 

 

そしてお腹がペコペコになったところで、本日朝引きされた新鮮な鶏肉、「京かしわ」のBBQタイム。「もも、むね、砂肝、せせり」等々、様々な部位を楽しむことができました。さすが新鮮なだけあって、身が引き締まっており、軽く塩コショウを振りかけて、さっぱり美味しく頂きました。「京かしわ」はたまごを産んでいる親鳥の肉なので、味は地鶏に近く、しっかりとした歯ごたえがあります。

 
 

 

実は、私たちが普段食べている鶏肉は、食肉用に育てられたものです。鶏は成鶏となるのに通常56ヶ月ほどかかりますが、食肉用の鶏は肉質を柔らかくするために品種改良され、生後約4050日の子どものような状態で出荷されます。それが現在では一般的となっていますが、3040年前までは歯ごたえがしっかりとし、旨みがつまった「親鳥」を食べる方が一般的だったそうです。

私がお話した方は「このお肉はとても懐かしい味がします。昔家で鶏を飼っていて、毎日そのたまごを食べ、正月には父が鶏を絞め、その鶏肉を頂くのがごちそうでした。」と仰っておりました。
 

 

さらに、ファンド説明会ということで、特別に「京たまご穀産」づくしのスペシャルメニュー。みなさん白い「だし巻きたまご」をご覧になったことはありますか?みんなの驚く顔に村長もこの笑顔。
 

 

 そして白いたまごかけご飯。見た目は衝撃ですが、味は一級品。まろやかで弾力のある黄身と、たまごかけご飯専用の醤油の愛称は抜群。お肉そっちのけで、おかわりをする方も。

 

 

デザートは「京たまご穀産」を使用して作られた「おしろいぷりん」。その名の通り、まっしろで、なめらかな舌触りと、濃厚な味が特徴です。

 

 

最後にみんなで記念写真

 

 

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

頂戴しました感想の一部を掲載させて頂きます。

 

 

・「食育」の機会を子どもに与えてあげるのは親の役割。本日は、自分たちが普段何気なく食べている食べ物の裏側を知ることができ、子どもたちに「食育」の機会が与えることができて良かったです。

 

・一番インパクトがあったのは琵琶湖のブラックバスを鶏の飼料にしているところ。みんなが悪者扱いしているものを発想の転換で有効活用しているところが素晴らしいと感激しました。

 

TPPや円安などなんらかの理由により、輸入している飼料価格が高騰したときに本当に国内でたまごを作ることができるのか心配でした。いきなりすべてを国産にするのは難しいですが、休耕田を活用して資料米を作るなど、未来に向けて、非常に建設的な取組をしておられると感じました。

 

・以前から車で養鶏場の前を通っており、「ふるさとたまご」のことを知っていましたが、今回説明会に参加し、西田社長の巧みな話術でたまごについて楽しく学ぶことが出来ました。 また、買い物に立ち寄らせて頂きます。

 

 

現在ファンドの出資者さま向けのイベントは予定しておりませんが、今回大好評につき、次回も検討したいと思います。イベントの企画希望や、イベントに関するお問い合わせは下記までご連絡下さい。

furusatotamago@securite.jp

担当:大塩

 

また、通常のふるさとたまご村の直売所イベントは来月628日に予定しております。こちらにつきましては下記HPから詳細をご覧下さい。楽しいイベントが目白押しとなっていますので、是非ご家族で一度行かれてはいかがでしょうか?

http://tamagomura.net/news/detail.html?id=117

 

 

それでは今後ともよろしくお願い致します。
 

この記事だけを表示

ふるさとたまご村 京たまごファンド2014年5月8日 16:54

ファンド説明会のお知らせ

「ふるさとたまご村 ファンド説明会」



清々しい五月晴れが快い季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしですか。
この度は現在絶賛募集中の「ふるさとたまご村 京たまごファンド」の説明会を
ご案内をさせて頂きます。
ふるさとたまご村はファンドを通じて多くの出資者の方とつながり、
共に「食」の問題について考えていきたいと考えています。
つきましてはその第1弾となるファンド説明会を開催させて頂きます。
説明会の後にはファンドで規模拡大を図る1個200円の高級たまご
「京たまご穀産」のたまごかけご飯が食べられるだけでなく、
「京かしわ」のBBQや「ひよこレース」など楽しいイベントが盛りだくさんなので、
出資を考えている方やそうでない方もお気軽にご参加ください。
 


詳細
 
日時:2014年5月24日(土)10:30~15:00
場所:京都府城陽市寺田奥山1-62
集合:9:50にJR宇治駅京阪バス停1番乗り場
(10時発の京阪バスにてふるさとたまご村に向かいます)
費用:BBQに参加する方は大人2,000円、子ども1,400円(3歳未満は無料)
※交通費は実費でお願い致します。 
定員:50名
締切:5月21日(水)


申込方法

下記を記載の上、メールにてご連絡願います。
・お名前
・参加人数
・当日連絡がとれる連絡先(携帯電話)
・BBQ参加の有無(参加の場合、上記の費用がかかります)
※当日お車で直接ふるさとたまご村まで
向かわれる方はその旨ご記載下さい。
メール:info_kinki@securite.jp
担当:大塩

 
当日の予定
 
10:30 たまごに関するクイズをしながらの工場見学会
11:00 ファンドの仕組みや申込み方法などについての説明
12:00 大人気「ひよこレースイベント」(防疫対策の関係上中止になる場合があります)
12:30 特設会場にてBBQ開催
 「京たまご穀産」を味わって頂くスペシャルメニューです。
 ・炭火焼「京かしわ」のBBQ
 ・「京たまご穀産」の釜焚きTKG(たまごかけご飯)
 ・「京たまご穀産」を使った「おしろいぷりん」
 ・手作りドラム缶たまごピザ
15:00 解散

 

広大な養鶏場 


地元の食材が手に入る直場所
 
 
「京かしわ」のBBQの様子
 

手作りドラム缶で焼くたまごピザ
 
    

「京たまご穀産」を使用した「おしろいぷりん」
 




ファンドの詳細はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/595
 
 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス