セキュリテニュース まかないテーブル レストランファンド

まかないテーブル レストランファンド2014年8月21日 17:59

高級料亭のまかない丼だけじゃない!幻のトンカツ定食とは!?

こんにちは。

「まかないテーブル レストランファンド」 を担当している大塩です。

今週2度目ですが、本日もピーク時は満席。



今回みなさまにご紹介したいのはこちら!



大山黒豚のトンカツ定食。
以前一度頂いたのですが、、まだ食べていないメニューがあるにも関わらず、
またリピートしてしまいました。



黄金色をした衣は、サクサクなのに口のなかでふんわりする、絶妙な揚げ具合。



10日以上熟成した肉には旨みが凝縮しており、甘辛い特製のソースとの相性は抜群。
ご飯が進みます。

他の店なら間違いなく看板メニューとなっているのではないかと思うのですが、それもそのはず。
年間100頭しか飼育されない幻の大山黒豚を使用しているのですから。

【大山黒豚とは?】
大自然が広がる鳥取県の霊峰大山の麓で、国内で唯一どんぐり飼料によって育つ黒豚のことです。
どんぐりを飼料として与えることによって、植物性の油に近いなめらかで口どけのよい肉質となります。



大山黒豚を飼育しているのは、養豚歴35年の金平文雄さん。
毎日、一頭一頭の体調を見ながらそれぞれの豚に合った給餌を行います。
「幻の黒豚」と言われるのは、豚の餌の分量を細かく管理する「制限給仕」の所以です。
手間ひまかけて育てるため、年間100頭しか飼育できません。

しかし、この「制限給仕」により、豚は健康に育ち、投薬することはほとんどありません。
投薬が無ければ、肉質の劣化がない、良質な豚肉を生み出す事ができます。


ディナー時に一品として登場するこちらのトンカツ。ローズ色の絶妙な火入れの
肉は非常にジューシーです。

先週は「佐々木さん考案のカツカレー丼」、今週は「村田さん考案の親子丼」を
頂きましたが、この「大山黒豚のトンカツ」は、そのどちらにも劣らない、
まかないテーブルの人気メニューになるのではないかと思っています。
是非一度ご賞味下さい。

そしてファンドの方もいよいよ残り90万円となってきました。
豪華特典を受けとることができる3口以上の出資者の方も最大で残り10名です。



約9万円で3万6,000円相当の特典が受けられるこの機会をお見逃しなく!

【ファンドの詳細・お申し込みはこちらから】
https://www.securite.jp/fund/detail/569

この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年8月19日 10:00

和食を世界遺産へと導いた男がかける親子丼への思いとは!?

こんにちは。

「まかないテーブル レストランファンド」 を担当している大塩です。

先週に引き続き、まかないテーブルにお邪魔して来ました。
お目当てはもちろん…



こちらの「大山鶏の京風親子丼」。
先週のカツカレー丼とは週替わりのため、今週頂くことができました。

ふわふわのたまごにプリプリの大山鶏、その上に濃厚な黄身が贅沢に乗っており、大変美味しかったです。

こちらのメニューを考案されたのは京都の老舗料亭「菊乃井」のご主人・村田吉弘さん。




日本人のコメ離れが進む現状で、「もっとお米を食べて欲しい」という思いで本プロジェクトに参加されました。

【村田吉弘さんについて】
昨年の2013年に「和食」がユネスコ無形文化財に登録されましたが、それに最も貢献したのは実は村田さんだと言われています。
村田さんはまず、京都府にはたらきかけ「京料理は京都の文化」ということを認めてもらい、後に政府を動かし、和食を世界遺産登録へと導きました。

「和食は国の観光事業にとても重要で、文化遺産登録は日本料理界の整備につながる。世界に対して、日本料理を発信していくことが重要。そうすることで、日本の第一次生産者の人たちを守ることにもつながる。」と村田さんは語ります。


〈プロフィール〉
京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」の長男として生まれる。
跡を継ぐことに反発し、料理修業にやって来たフランスにて、世界の和食の立ち位置を知り、奮起。
大学卒業後、名古屋の料亭「加茂免」で修行を積む。
1976年実家に戻り、「菊乃井木屋町店」を開店。
1993年株式会社菊の井代表取締役に就任。
自身のライフワークとして、「日本料理を正しく世界に発信する」「公利のために料理を作る」。
2012年「現代の名工」「京都府産業功労者」、2013年「京都府文化功労賞」を受賞
 

【親子丼にかける思い】
ご飯と何かを一緒に炊いたり、混ぜたりするという食文化は世界中様々な国でありますが、純粋にご飯の上におかずを乗せて一緒に食べるという「どんぶり」の食文化があるのは日本だけです。

また、「世界中の料理が油脂を中心とするが、日本料理だけが旨味成分を中心に構成されている。そこに世界文化遺産としての価値がある」とも語ります。

そんな和食に対する哲学を持ちながら、村田さん自身、大の「親子丼」マニアだそうで、タクシーの運転手さんの目撃情報によると、よく自転車で美味しい親子丼の店を探して回ってらっしゃるそうです。


まかないテーブルでは、村田さんの哲学と情熱が詰まった究極の親子丼が950円と非常にお手頃に食べられ、しかもお店に入ってすぐ横においてあるこちらのフリーペーパーを提示するとなんと850円で頂けます。




さらに、ファンドに3口ご出資頂いた方には、毎年1万円分のお食事券をプレゼント。
お財布を気にすることなく 「まかない丼」が頂けます。

また、遠方でなかなかお店に行くことができない方には、
年末に紅ズワイガニなど旬の食材を盛り込んだ「まかないセット」をお届けします。

約9万円で3万6,000円相当という非常に豪華な特典となっておりますので、
この機会にぜひご出資をご検討下さい。

【特典の詳細はこちら】 
https://www.securite.jp/news/securite?a=723

【ファンドの詳細・お申し込みはこちらから】
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=569

この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年8月12日 21:19

カレー界に革命が起こる!祇園さゝ木のカツカレー丼

こんにちは。

「まかないテーブル レストランファンド」 を担当している大塩です。

いつも大人気で売り切れの「まかない丼」。
今日こそは「必ず食べるぞ!」と意気込んで乗り込んでいきました。




オープンから1ヶ月以上経過してもなおこの人気です。



「まかない丼」が売り切れていないか恐る恐る店員さんに尋ねると、
なんと奇跡的にラスト1品残っていました。

というわけで本日は祇園さゝ木ご主人 佐々木さん考案の
「鳥取県産和牛の京風カツカレー丼」を頂きました。(大盛り)




「祇園さゝ木」と言えば京都一予約が難しいお店として有名ですが、
2年連続ミシュランガイド二つ星を獲得するなどその実力は折り紙付き。

 

店主の佐々木浩さんは18歳から料理の道に入り、
各店で修業した後37歳のときに独立して祇園に出店されました。

以来16年間、京都の名店として輝き続けてこられました。
中でも人気なのは「締めのご飯」。

1月は「鯛ご飯」、3月は「蟹味噌たっぷりのチャーハン」などの
月替わりのご飯はお客さんの中で大きな楽しみとなっています。
http://gionsasaki.com/gohan.html

そんな「ご飯」への強い思いがあっても、
強いスパイスが他の料理の味を消してしまうため、
自店では提供できない「カレー」が
今回、祇園さゝ木の「締めのご飯」ならぬ、
祇園さゝ木の「まかない丼」としてメニュー化されました。


「ご飯」を純粋に楽しんで欲しいとの思いから、
カレールーの中にはあえて固形の具材を残さず、
秘伝のだしと、すりつぶした野菜が煮詰めてあり、
ルーには旨みが凝縮しています。


そして佐々木さん自身大好物の一口牛カツと、 



目玉焼きが、それぞれ別々にご飯と共に食べられるような配慮がなされています。

 

これも長年独創的なアイデアでお客さまを楽しませてこられた
佐々木さんならではの工夫だと思います。

しかし、その工夫のベースになっているのは鳥取の農家たちが生んだ最高級の食材たち。



佐々木さんは毎朝中央市場へ出かけ材料を吟味され、
生産者とのコミュニケーションも大切にされています。
お客さんの中には「祇園さゝ木」の真にすごいところは「仕入力」だという人もいる程です。

そんな食材を大切にする佐々木さんが、鳥取の食材の良さを最大限に引き出して作ったのが、
このカツカレー丼なのです。

非常に柔らかくて甘みのあるお米に合うように少し辛めのカレー、
そしてそれをまろやかに閉じ込める大山たまごの目玉焼き。

福神漬け代わりの小皿も抜群の役割を果たしています。


そんな京都の名店のメニューが950円と非常にお手頃に食べられ、
しかもお店に入ってすぐ横においてあるこちらのフリーペーパーを提示すると
850円で頂けます。




さらに、ファンドに3口ご出資頂いた方には、毎年1万円分のお食事券をプレゼント。
お財布を気にすることなく 「まかない丼」が頂けます。

また、遠方でなかなかお店に行くことができない方には、
年末に紅ズワイガニなど旬の食材を盛り込んだ「まかないセット」をお届けします。

約9万円で3万6,000円相当という非常に豪華な特典となっておりますので、
この機会にぜひご出資をご検討下さい。

【特典の詳細はこちら】 
https://www.securite.jp/news/securite?a=723

【ファンドの詳細・お申し込みはこちらから】
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=569

この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年8月7日 19:20

3口以上ご出資頂くと約3万円相当の豪華特典をプレゼント


「まかないテーブル」では生産者こだわりの素材を厳選し、
日本を代表する名店の「まかないめし」がお手軽に楽しめます。
 
この度、もっともっとご出資頂いた皆様に「まかないテーブル」自慢のお料理を召し上がって頂きたいと考え、
出資者特典の内容をさらにグレードアップ致しました。
3口ご出資頂くと合計で3万6,000円に相当する豪華な特典内容となっております。


【特典の詳細】

 


(注1) お申込口数の状況を確認の上、複数口数お申込の場合に、複数回に分けてお届けする場合もございます。
(注2) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注3) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注4) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
(注5) 投資家優待お食事券はディナー時にご利用頂け、ご飲食1回につき、お一人様1枚で人数分ご使用頂けます。
(3名でご来店の場合は3枚使用することができます。)
(注6) 投資家優待お食事券の有効期限はファンド会計期間終了日の1年後までとなります。
 


※写真は特典イメージとなります

お店も大人気なうえに、たいへんお得な特典となっていますので、
みなさまこの機会に是非ご出資を考えてみてはいかがでしょうか?
 
【ファンドの詳細はこちらから】

この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年6月27日 18:15

本日開店!看板メニューは「菊乃井」の親子丼と「祇園さヽ木」のカツカレー

みなさん、こんにちは。

「まかないテーブル レストランファンド」を担当している大塩です。 

この度は「まかないテーブル」大阪・肥後橋店のグランドオープンに先立ちまして、先日記者の方を呼んでのプレスレセプションが行われましたので、そのご報告をさせて頂きます!


 

すごい人の数です。

その注目の先は…



全日本・食学会の理事のこの3人。

左から理事長の門上武司さん、団長の村田吉弘さん(菊乃井)、理事の佐々木浩さん(祇園さゝ木)。

今まで公表できませんでしたが、まかないテーブルの看板商品である、「まかない丼」のレシピを考案しているのは、村田さんと佐々木さんだったのです。

日本の「お米と米農家を守りたい」というまかないテーブルの信念に共感し、このプロジェクトに参加されました。まずは門上理事長のご挨拶をご覧下さい。



(画像をクリックすると別画面で動画が始まります)

続いて、1912年(大正元年)の創業以来、100年もの歴史と伝統を受け継いできた老舗料亭「菊乃井」の三代目社長村田吉弘さんが、「大山鶏の京風親子丼」の開発秘話を話されました。

【京都の懐石料理 菊乃井】
http://kikunoi.jp/

 
(画像をクリックすると別画面で動画が始まります)


そして、2年連続ミシュランガイド2つ星を獲得し、毎月変わる〆ご飯で話題の「祇園 さゝ木」の店主佐々木浩さんが「鳥取県産和牛の京風カツカレー丼」の開発秘話を話されました。


(画像をクリックすると別画面で動画が始まります)

【京都、八坂通の京料理、割烹 祇園 さゝ木】
http://gionsasaki.com/

【GION SASAKI SHIME NO GOHAN】
https://www.youtube.com/watch?v=rBdnac3uXKE




その後、お待ちかねの「まかない丼」の試食会。



関西の人気グルメ情報誌「あまから手帖」編集顧問でもある門上さんの舌がうなります。






大山鶏の京風親子丼
柔らかい大山鶏の上に、贅沢に黄身が乗り、「菊乃井」直伝のお出汁がなんとも言えない絶妙の味わいでした。




鳥取県産和牛の京風カツカレー丼
ルーにはお出汁やすりつぶした野菜が入っており、何も具が入っていません。これは「”ご飯”を楽しんで頂きたい」という思いから、「カレーとご飯」、「カツとご飯」そして「目玉焼きとご飯」というように独立して食べられる新しい「カツカレー丼」を開発されたそうです。是非一度みなさんも召し上がって下さい。


また、本日は撮影用に「鳥取県産和牛のまかないすき焼き」もありました。





これらの内容を盛り込み、近日中に募集ページをリニューアルする予定です。

日本最高の料理人による「まかない丼」を食べて、日本の農家を応援する「まかないテーブル レストランファンド」にみなさんも是非ご参加下さい。

【ファンドの詳細・お申し込みはこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/569

この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年6月20日 10:35

驚きのコストパフォーマンス!大阪に来ると必ず行きたい名店

みなさんこんにちは。

「まかないテーブル レストランファンド」を担当している大塩です。

先日プレオープンを迎えました「まかないテーブル大阪肥後橋店」にお邪魔してきました。 






今回はまかないテーブルおすすめの「まかないおまかせコース」を予約しました。
まず1品目は小皿の盛合せ。



左上から順に、「鶏もも肉の和え物」、「大山卵のだし巻き」、「イサキの卵」
「ほうれん草のおひたし」、「めかぶのジュレ」、「豆腐とあおさの和え物」。

一品一品、非常に手が込んでおり、素材の美味しさを堪能しました。
特に、「めかぶのジュレ」は「めかぶ」の歯ごたえとお酢の相性が素晴らしく、
是非食べて頂きたい逸品です。


続いて「こんもり大山野菜のサラダ」。





「えんどう豆」や「赤ほうれん草」など、大山の地野菜を「肉みそ」と「レバーペースト」で頂きました。採れたての新鮮野菜はシャキシャキで、それだけで頂いても美味しいのですが、濃厚の「レバーペースト」で頂くと、なお美味しく、野菜でお酒が進みました。


続いてメインディッシュ。



鶏の照り焼き



ブリの塩焼き



高級米「米風土」のご飯

投資家特典でも送らせて頂く「まかないテーブル」自慢のお米であり、コメ自体の甘みがすごく、あっという間に完食。


そこで、今回は「まかないおまかせコース」の他に「大山黒豚のトンカツ」と、「大山鶏のから揚げ」も頂きました。



大山黒豚のトンカツ

素材の美味しさを活かすために、ミディアムレア。
年間100頭しか生産されない幻の大山黒豚はイベリコ豚と同じ「どんぐり」を食べて育ちます。肉の臭みが少なくジューシーで、サクサクの衣は一度食べると忘れられません。




大山鶏のから揚げ

とにかく柔らかいことが特徴。その特徴を最大限生かすため衣が薄く、こちらも人気メニューとなりそうな予感がします。


最後にあおさの味噌汁。



大山の伏流水と海水が混じったところで育つあおさはミネラル豊富で、漁師の三好さんおすすめの一品です。



これすべてでなんと2,980円。(「大山黒豚のトンカツ」と、「大山鶏のから揚げ」は除く)
この驚きのコストパフォーマンスを支えているのは言う間でもなく、大自然に恵まれた鳥取の農家や漁師たちです。
新鮮な食材を毎日産地直送で味わえ、それでいてこの価格。
みなさん、大阪にお越しの際は是非お寄り下さい。


気になるグランドオープンは6/28であり、一般の方はそれまでご来店頂けませんが、
出資者の方はプレオープン期間中、特別招待しております。

レストランの立ち上げに参加できるまたとない機会ですので、出資を考えていらっしゃる方はこの機会に是非お申し込み下さい。



※プレオープン特別招待のご案内は、出資後ご覧頂ける、投資家限定ブログにて詳細を記載しております。
【投資家限定ブログはこちら】
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

※期間が差し迫っていますので、ご関心のある方は下記の連絡先までメールにてご連絡下さい。プレオープン特別招待のご案内メールを送らせて頂きます。
担当:大塩
staff@oosec.jp

【ファンドの詳細・お申込みはこちらから】

この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年6月13日 11:58

グランドオープンまであと2週間!店舗やメニュー情報など

みなさんこんにちは。

現在募集中の「まかないテーブル レストランファンド」ですが、大阪肥後橋店のグランドオープンまで残り2週間を控え、着々と準備が整って参りました。

本日は店舗の写真、メニュー写真をたっぷり掲載させて頂きます。


◆外装



真っ白な壁に木の格子が特徴的です。





◆内装







木の温もりを感じる「ジャパニーズ・モダン」な内装です。



◆ランチメニュー



大山黒豚のトンカツ定食。徹底した制限給仕のもと、年間100頭しか飼育されない幻の黒豚は上品な味わいが特徴です。




漁師一家の採れたて魚定食




◆ディナーメニュー



紅ずわい蟹のクリームコロッケ



大山鶏のから揚げ




まかないおまかせディナー
惣菜の盛合せに、大山の大自然で育った野菜のサラダ、採れたての鮮魚と肉料理がついて2,980円です。


看板メニューである「まかない丼」の方はグランドオープンしてからのお楽しみとなっていますので、ご期待下さい。


【出資者限定告知!プレオープンのご案内について(6/18~6/25)】
「まかないテーブル」では6/18から内輪だけを招いたプレオープンを開始致します。

出資者の方も特別にお招きしておりますので、ファンドのお申し込みをご検討中の方は是非この機会にお申し込み下さい。

※プレオープン特別招待のご案内は、出資後ご覧頂ける、投資家限定ブログにて詳細を記載しております。

【投資家限定ブログはこちら】
https://www.securite.jp/blog?blog_id=245&a=1
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)
※期間が差し迫っていますので、ご関心のある方は下記の連絡先までメールにてご連絡下さい。プレオープン特別招待のご案内メールを送らせて頂きます。

担当:大塩
staff@oosec.jp


【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/569


この記事だけを表示

まかないテーブル レストランファンド2014年5月16日 12:00

田植えのシーズンとなりました!

みなさん、こんにちは。

【まかないテーブル レストランファンド】担当の大塩です。

本ファンドは、農家の6次産業化を支援することを目的に設立されました。

農家の中でも特にコメ農家にスポットを当てています。




まかないテーブル第1号店では国際コンクールで高評価を得た
その道35年のベテラン農家、藤原さん(農業生産法人米風土鳥取)の
ブランド米である「米風土」が食べられます。



産地の鳥取県日南町は、中国地方最高峰を誇る大山の更に奥の標高500mの
山間部に位置し、「昼夜の寒暖の差・肥えた土壌・ミネラル豊富な山水」と
三拍子そろった米どころです。



藤原さんが田植えを始められました!






本ファンドではまかないテーブルのレストランで提供される、
「米風土」が投資家特典としてつい
てきます!


また、メニューや店舗の方はただいま6月末のオープンに向けて
着々と準備が進んでいます。
完成次第報告させて頂きますので、ご期待下さい。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/569

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス