ご挨拶


小浜市長

小浜市長 松崎晃治

この度、福井県小浜市は、セキュリテのふるさと投資の仕組みを活用し、小浜市の資源を活用した商品開発や小浜市の魅力を発信する事業者の新たなプロジェクトを選定・支援し、小浜市の活性化や地方創生の推進を目指します。
これらのプロジェクトは、小浜市、地域金融機関、小浜商工会議所が連携して支援を行います。
平成28年12月には、現在金沢まで開業している北陸新幹線が、今後、小浜市を通って京都・大阪へとつながることになりました。これからますます夢が広がる小浜市の新たな取組みへのご投資をぜひご検討ください。

御食国若狭と鯖街道


小浜市は、京都の真北、若狭地方のほぼ中央に位置しています。
日本海にのぞみ、豊かな自然に恵まれた若狭は、古代、「御食国(みけつくに)」として、海産物や塩など豊富な食材を都に送り、朝廷の食を支えてきました。
昭和の美食家・北大路魯山人も激賞した若狭の鯖や、若狭ぐじ(甘鯛)、若狭がれいなどの「若狭もん」と呼ばれる海の幸が運ばれた道は、今では「鯖街道」と呼ばれ、親しまれています。
その往来の歴史は1500年前から続くと言われており、今でも、小浜では、伝統を守り伝える人々の営みを肌で感じることができます。

鯖街道起点プレート 鯖街道起点プレート
鯖お造り 鯖お造り

箸のふるさと~若狭塗箸~


小浜市は、全国に誇る箸の一大産地であり、「若狭塗箸(わかさぬりばし)」と呼ばれます。
その歴史は古く、約400年前小浜藩の御用塗師「松浦三十郎」の作った箸が始まりとされ、長い歴史の中で、金銀箔や貝殻、卵殻を使い若狭湾の海底の美しさを表現するなど、様々な研ぎ澄まされた装飾技法を培ってきました。美しさと機能性を持つ若狭塗箸は、国内生産のトップシェアを誇るまでに発展しました。
古代より受け継がれてきた職人達の技が、現在の若狭塗箸独特の豪華絢爛模様を作り上げ、自分専用の箸として大切に使われています。

若狭塗箸
若狭塗箸

ファンド一覧


鯖街道の起点「若狭小浜」へのふるさと投資

小浜の伝統若狭塗箸フナイワークスファンド  受付中

ユネスコ無形文化遺産に登録され、益々注目を浴びている和食。そんな和食に欠かせない『お箸』のふるさと・福井県小浜市より、伝統工芸『若狭の塗箸』ファンドのご紹介です。

一口金額 ¥32,400
総額 ¥3,150,000
鯖街道の起点「若狭小浜」へのふるさと投資

SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド1  受付中

サバ料理だけで勝負し、革命を起こしたSABAR。江戸時代に京都へサバを献上し続けた福井県小浜市。そんなサバを愛する2者が「小浜鯖復活プロジェクト」を立ち上げました。

一口金額 ¥26,250
総額 ¥53,300,000
鯖街道の起点「若狭小浜」へのふるさと投資

SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド2  受付中

サバ料理だけで勝負し、革命を起こしたSABAR。江戸時代に京都へサバを献上し続けた福井県小浜市。そんなサバを愛する2者が「小浜鯖復活プロジェクト」を立ち上げました。

一口金額 ¥26,250
総額 ¥60,500,000
鯖街道の起点「若狭小浜」へのふるさと投資

若狭塗箸海外販路プロジェクトファンド  受付中

今、日本の「若狭塗箸」が世界から注目されています。特に中国では高級な塗箸が“飛ぶように”売れることも。小さな箸に日本文化を詰め込んで、世界へ発信します!

一口金額 ¥32,400
総額 ¥7,350,000