ファンド詳細償還済

砥部焼 愛媛県産みかんの灰の器ファンド

地元の素材を使った器

一口金額15,825円 申込状況償還済
地域愛媛県 砥部 参加人数 74人
分野ファッション・工芸 募集総額1,500,000円
募集期間2014年3月31日~
2014年9月30日
シリーズ
特典
2,000相当(送料込)の長戸裕夢氏の作品を契約期間中に1回送付


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 砥部焼 愛媛県産みかんの灰の器ファンド
営業者 長戸 哲也(個人事業主)
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 1,500,000円 (100口)
申込単位(1口あたり) 15,825円/口 (内訳:出資金15,000円 取扱手数料825円)
(上限口数:2口)
募集受付期間 2014年3月31日~2014年9月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2014年5月1日~2017年4月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 2017年4月30日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
4,000,000円
予想リクープ
月額売上金額(税抜)
111,112円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

砥部焼 愛媛県産みかんの灰の器ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は、今後、債務超過に陥る恐れがあり、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性などがあり、これらに該当することとなったような場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(匿名組合出資金返還請求権および匿名組合利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産などの法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については配当がなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については、一切支払いがなされないリスクがあります。なお、リクープが実現できない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行なわれないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6.新製品開発及び販路拡大に伴うリスク
営業者は、本匿名組合事業において新製品開発及び新規販売先への販路拡大も予定していますが、これらの製品開発及び販路拡大に予想外の時間又は費用を要したり、差別化が十分にできない可能性があります。これらの結果、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

7.生産リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.販売リスク
本匿名組合事業で生産する製品については、営業者の判断の下、個人の消費者を中心に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

9.販売先の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に保留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。

10.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

11.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、法人ではなく長戸哲也氏による個人事業であるという点からも、事業の経営者である長戸哲也氏およびその従業員への依存度が高く、同人らに不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。また、本匿名組合契約は、同契約第4条第1項の定めにより、営業者の死亡によっても即座に終了はしないものの、以下のようなリスクがあります。
(1) 本匿名組合契約第4条第1項(5)より、営業者が死亡し、かつ、本匿名組合契約に係る営業者の地位が相続されなかった場合には事業の状況の如何を問わず、契約が終了するところ、本匿名組合契約においては、契約期間が長期にわたることから、契約期間の満了前に営業者の死亡により本匿名組合契約が終了し、出資金の返還が十分になされないリスクがあります。
(2) 営業者が死亡し、その地位が相続される場合において、誰が営業者の地位を承継するのかが相続の時点まで未確定であるため、本匿名組合事業を経営する十分な能力を有しない者が営業者の地位を承継する可能性があり、その場合には本匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。また、複数の者が営業者の地位を承継した場合には、契約関係や権利関係が複雑となり本匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。
(3) 営業者が死亡し、その地位が相続される場合において、相続財産に含まれる(本匿名組合契約上の地位以外の)他の事業資産等がどのように承継されるかが未確定であるため、本匿名組合事業の遂行にとって好ましくない事業資産の承継方法が選択される可能性があり、その場合には、営業経費の増加その他本匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。
(4) 営業者が死亡し、その地位を承継する者が一旦確定した後に、新たな相続人が発覚する可能性があり、その場合には、営業者の地位に関する権利関係が複雑化し、本件匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。
(5) 本匿名組合契約第4条第1項(5)の規定内容により、営業者の死亡後、新たな営業者が死亡した営業者の地位を承継し、又は本件匿名組合契約が終了することが確定するまでに一定の期間を要する可能性があり、当該期間中、本件匿名組合事業の遂行が停滞し、悪影響が生じるリスクがあります。
(6) 営業者が死亡した場合において、本匿名組合契約の営業者の地位が承継されず、かつ、民法第952条第1項に基づく相続財産管理の手続が請求されないままとなる可能性があり、その場合には、匿名組合員が営業者に対して有する債権の引き当てとなるべき財産の価値が毀損されるリスクがあります。

12.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

13.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

14.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

15.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

16.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

17.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続悪影響を及ぼすリスクがあります。

18.訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、または訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上の売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(3年間)の累計売上金額(税抜)は7,142,857円(月平均198,413円)であり、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は4,000,000円(月平均111,112円)です。なお、営業者の前期(2013年9月~2013年12月、4ヶ月間)の売上金額(税抜)は682,371円(月平均170,593円)です。



(2)事業計画上の実現施策について
今回ファンドの対象となる長戸裕夢氏が制作する陶器は、昨年2013年9月より販売を開始しております。また以下の施策を実施することで生産量、売上金額を増加させる計画です。

a. 機材の購入
ファンド資金を用いて、焼却炉、土練機、コンプレッサーを購入します。これらを購入することで安定的に生産量を増やすことができます。

b. 種類の増加
2013年9月にみかん灰の釉薬を使用した陶器・粉引の陶器を販売、2014年3月より古砥部紋を販売しております。今後も様々な釉薬を使用した陶器を製造する予定です。種類が増えることで既存販路での取扱量が増えるほか、新規の取引先を増やすことが見込まれます。

c. 販路の拡大
現在陶彩窯の自社店舗を含め、愛媛県内に7店舗の取引があります。また、生産量を拡大することで新規の取引先を愛媛県内外に増やせる見込みです。


分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×37.5%÷100口×1口

・リクープ後(累計売上金額(税抜)がリクープ売上金額(税抜)超7,142,857円以下の場合):
リクープ売上金額(税抜)×37.5%÷100口×1口+(累計売上金額(税抜)-7,142,857円)×6.3%÷100口×1口

・リクープ後(累計売上金額(税抜)が7,142,857円超の場合):
リクープ売上金額(税抜)×37.5%÷100口×1口+(7,142,857円-リクープ売上金額(税抜))×6.3%÷100口×1口+(累計売上金額(税抜)-7,142,857円)×1.0%÷100口×1口



金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口15,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口15,000円の出資金に対し、1口分配金額が15,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/15,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行315円315円
みずほ銀行315円315円
三井住友銀行210円315円
楽天銀行50円50円
ジャパンネット銀行52円52円
その他銀行315円315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2014年3月31日~2014年9月30日
2 会計期間 2014年5月1日~2017年4月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 2017年4月30日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2014年2月28日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2014年2月28日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 砥部焼 愛媛県産みかんの灰の器ファンド
陶芸とみかんの町、愛媛県砥部。その地で曾祖父の代から続く窯元で生まれ育った長戸裕夢。
2013年9月より、地元色を意識した作品を展開。陶彩窯ギャラリーを含む愛媛県内7店舗で作品が取り扱われており、日々使いやすく料理が映える器に評価いただいています。
今回生産量を安定的に増やすための機材購入資金ファンドを通じて集めます。
特典として1口15000円につき、2000円相当のみかんの灰のお皿をお送りします。

本ファンド対象事業の魅力

陶彩窯の長戸裕夢が制作する陶器の販売事業がファンド対象となります。

作家紹介
長戸 裕夢(ながと ひろむ)

1989年生まれ
2008年 京都府立陶工高等技術専門校 成形科卒業
2009年 京都府立陶工高等技術専門校 研究科卒業
2010年 京都市産業技術研究所 陶磁器コース本科修了
2011年 京都市産業技術研究所 陶磁器コース専科修了
      陶彩窯にて作陶
2014年 田部美術館大賞「茶の湯の造形展」 入選

食卓になじむ食器の中に込められたメッセージ
長戸裕夢が目指すのは、毎日の食事の中で使えるシンプルな食器。落ち着いた中にもこだわりとメッセージが込められています。

-みかんの木や実の灰を使用した釉薬の陶器-
愛媛県の地元の農家さんにいただいたみかんの木の灰の釉薬を使用します。
何十年も美味しいみかんを実らせてきたみかんの木がその一生を終えた後も形を変えて、自然なやさしい緑色の器になります。


-染付 古砥部文-
砥部焼の代表的な技法の「染付」で江戸時代の頃の古砥部の文様を参考に
描いた器です。文様は伝統を生かし、土と釉薬をオリジナルに作ったものを
使用する事で貫入の入った、使い込む程に染みが生じ表情になる「育てる」磁器
の器を提案しています。

その他、粉引きなどの商品を展開しています。

ファンドではじまる挑戦
現在、陶彩窯のギャラリーを初め愛媛県内7店舗の陶器を扱うお店と取引があります。たとえば、そばちょこの場合、そばちょことして、湯呑みとして、そして簡単なお惣菜を盛る器として使用ができます。
1つの形で様々な用途にぴったりと使え取扱店からも評価をいただいています。
ただ、一方で生産量が安定しないため、時には納期を待ってもらっていることもあります。

今回ファンド資金で、機材を購入し生産体制を整えます。焼却炉を購入することでみかんの枝を自身で灰にすることができ安定的に生産できるようになります。また、土練機は土を練る手間が省け効率を高めることができます。
機材の購入により、きちんと納品ができるようになること、さらに新しい取引先を見つけたり、新しい作品づくりの挑戦を行っていくことが可能になります。


代表者紹介


代表 長戸 哲也(ながと てつや)
1962年生まれ、砥部町出身、陶磁器一級技能士(ロクロ部門)、日本工芸会正会員
・高校卒業後、大西陶芸で修行
・実家健山窯 作陶
・1948年健山窯から2003年陶彩窯に改名
・賞暦
愛媛県美術展 入選 五回
 平成二年 文部大臣奨励賞 受賞
一水会陶芸展 入選 十四回
 平成十二年 一水会賞 受賞
日本陶芸展 入選 一回
日本伝統工芸展 入選 四回
愛媛陶芸展
 平成十八年 優秀賞 受賞
 奨励賞 受賞 六回
日清食品現代陶芸大賞 入選 三回
愛媛伝統的特産品展
 昭和六十年 特賞 受賞
 平成二十年 サーパスシティ城山公園 エントランスホール壁面、館名板制作
平成二十二年 道後夢蔵 浴槽タイル、客室装飾陶板制作

ファンド対象事業内容

・商品・サービス内容について
長戸裕夢氏が製造する陶器が対象となります。

・販売方法・プロモーション方法について
現在陶彩窯の自社店舗、砥部エリアの店舗他、愛媛県内に7店舗の取引があり、既存取引先を中心に営業を行って参ります。また、生産量を拡大することで新規の取引先を愛媛県内外に増やす見込みです。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

(注1) 上記、合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、下回った場合には最終分配時に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用につきましては、営業者が負担いたします。
(注2) 出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注3) 状況により、上記資金使途内容について営業者が先に立て替えて支払い、その後、匿名組合出資金を充当することがあります。
(注4) 本匿名組合事業遂行のため、会計期間開始前であっても匿名組合出資金は必要に応じて営業者が資金使途内容に従い使用することがあります。

投資家特典

2,000相当(送料込)の長戸裕夢氏の作品を契約期間中に1回送付

(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2017年5月30日 23:33御礼

皆様、こんばんは。

砥部も暑い日が続き蛍の舞う季節になりました。
みかんの器を作り始めて4年、ファンドを始めて皆様に応援をいただいて3年、あっという間でした。
始めたばかりは釉薬にみかんの灰を使っているだけの状態でしたが、砥部で土から探し、それを使い始めたり、
庭に炭窯を作ったりと、新たな発見や刺激を受けた3年間でした。
またご縁をいただき唐津に何度か行かせてもらいました。
多くの先生方とお会いし、お話をきかせていただき、ご指導いただいた事はとても大きな出来事でした。
この3年の間に初個展を開催する事ができ、作品発表の場も年々増えていき、とても充実した3年間でもありました。
個展や公募展に挑戦することで試行錯誤し、これからの課題や勉強になる事が見つかり、たくさんの経験ができました。
今年は田部美術館の「茶の湯の造形展」で平成生まれで初となる賞ををいただくことができました。
そして、ファンドも皆様の応援があり、無事、目標を達成する事ができました。
誠にありがとうございました。
ファンドの期間は終わってしまいますが皆様が応援してくださった事を大切に「いいもの」を作れるよう励みます。

長戸裕夢

2016年8月24日 18:48日本橋三越本店 個展のお知らせ

皆様、こんばんは。

展示のお知らせです。

砥部の地の素材に感謝し、
砥部の地で陶道に縁あったことに感謝し、
作陶しております。
ご高覧頂ければ幸いです。

長戸裕夢 陶展
日本橋三越本店 本館 6階 美術サロン

9月7(水)→13日(火)
全日在廊しております。

午前10時30分ー午後7時30分
最終日は午後5時閉場
TEL 03-3241-3311

/data/blog/archive/original/28900.jpg

お時間ございましたら、是非お立ち寄りください。

長戸裕夢

2016年5月29日 21:38東京での打ち合わせ

皆様、こんばんは。

今週末は東京での打ち合わせに行って参りました。
何の打ち合わせかというと日本橋三越さんでの個展が決定し、
その詳細の打ち合わせを行っておりました。
大舞台での個展が決まりドキドキしておりますが、頑張ります!!
会期は2016年9月7日水〜9月13日火です。
また詳しい事が決まり次第、お知らせさせていただきます。

長戸裕夢
/data/blog/archive/original/27391.jpg

2016年5月16日 23:20第9回現代茶陶展 入選

皆様、こんばんは。
暖かくなり、土づくりや灰づくりに適した季節になってきました。

この度、第9回現代茶陶展に入選いたしました。
これを励みにさらに頑張ります!

/data/blog/archive/original/26980.jpg

長戸裕夢

2016年3月24日 22:10上尾峠 陶石山見学!

皆様、こんばんは。

先日、砥部焼の磁器の原料である陶石の採掘場を見学に行って参りました。

山一つがまさに陶石で、できています。




手作業で選別する作業は職人業でした。




昔、手作業で掘っていた時の穴です。

今回、初めて採掘場を見学して原料の有難さに改めて気づきました。日々の制作にもさらに気合を入れて臨もうと思います!

長戸裕夢

2015年12月21日 16:00【インタビュー】初めての個展を終えて



長戸裕夢インタビュー ~初の個展を終えて~

2015年11月25日~12月1日に伊勢丹新宿本館にて初の個展を開催した長戸裕夢さん。個展を終えた感想と今後の活動などについてインタビューしましたので是非ご覧ください。

【長戸裕夢 略歴】
1989年 愛媛県砥部に生まれる
2009年 京都府立陶工技術専門校研究科卒業
2011年 京都産業技術研究所陶磁器コース専攻科修了
2014年 田部美術館大賞「茶の湯の造形展」入選
2015年 現代茶陶展入選




- 初の個展、おめでとうございます。
ありがとうございます。

- やはり、はじめての個展で緊張されましたか?
作品に対してどのような反応か、非常にどきどきでした。




- 沢山の作品を出展されましたが、今回製作した作品の数は何点ほどになりますか?

100点以上製作しました。

- いつ頃から制作の準備をされたのでしょうか?
2月から半年以上かけて準備しました。




-  個展に向け、どんなことを考えながら制作に臨まれましたか?
作りたいものを作ろう、やってみたいことをやってみようと考えました。
食器は料理をのせたときを考え、形と釉薬のバランスに試行錯誤しました。




-  実際に会場でのお客様の反応はいかがでしたか?
蜜柑の釉薬に皆さん驚かれていました。きれいですね、という反応が多かったです。

- 個展を通じて、一番うれしかったことはどんなことですか?
応援してくださる方々にご尽力いただき、こうして初の個展が開催できたことです。

- 今後の課題などはございますか?
高台の削りなど、もう少し試行錯誤しなければと思いました。
また、新作で試したいことがまだいくつかあったのですが、今回は実現できませんでした。




- 今後はどんな作品を作ろうとお考えですか?
地元の素材を生かし、その時その時の作りたいものを、作りたいと思います。

- 投資家の皆様へメッセージをお願いいたします。
この度、皆様の応援があって、初個展を開催する事が出来ました。
今回の個展で勉強になった事を糧に、さらに精進する所存です。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。




若手作家として注目を集める長戸裕夢。2016年はどんな作品を見せてくれるのでしょうか?投資家の皆様をはじめ多くの人に支えられながら、これからも挑戦は続きます。ますますの活躍にご期待ください。

これからも応援どうぞ宜しくお願い申し上げます。


セキュリテスタッフ



【セキュリテセットからのお知らせ】
長戸裕夢の器はこちらからご購入いただけます 





2015年11月27日 18:00【個展のお知らせ】長戸裕夢 陶展



伊勢丹新宿本店にて開催中の【長戸裕夢 陶展】のお知らせです。

長戸裕夢にとって初の個展が11月25日より伊勢丹新宿本店において開催となりました。多くの作品が展示されております会場の様子をご紹介いたします。会期は12月1日(火)までとなっておりますので、どうぞこの機会に会場へ足をお運びいただけましたら幸いでございます。












作品は会場でお買い上げいただけます。どうぞ実際にお手にとって作品の質感、たたずまいを感じていただき、じっくりとお選びいただけましたら幸いでございます。

なお下記の日程にて長戸裕夢が会場にて皆様をお待ち申し上げます。

11月28日(土)
11月29日(日)
※時間帯によっては不在の場合もございますのでご了承ください。


「長戸裕夢 陶展」
伊勢丹新宿店本館五階 和食器
2015年11月25日(水)ー12月1日(火)
在廊日25日(水)、28日(土)、29日(日)
営業時間10時30分ー8時 TEL03(3352)1111



2015年11月15日 22:25初個展のお知らせです。

皆様、こんばんは。
展示のお知らせです。
この度、新宿伊勢丹さんにて初個展をさせていただきます。
素晴らしい方々にご尽力いただき初個展ができることをとても嬉しく思っております。
この1年の成果を是非ご高覧いただけましたら幸いです。

長戸裕夢

清々しい炻器
田部美術館茶の湯の造形展で、林屋晴三先生に見出され、最年少で、しかも茶碗で入選した作家がいると聞き半信半疑の思いで砥部の仕事場を訪問した。

そこで何よりも大らかで、屈託無い柄杓がけの白土がすがすがしい、これまでにない存在感の炻器碗を前にして唸った。なにより、その茶碗でのむ薄茶は美味しいものだった。

また、現代の「砥部焼」とはまったく異なる、斑唐津や高取を思わせる江戸中期の砥部の陶片を見せていただいた。それがご縁となり、その源流である唐津にご案内する機会があった。その折、唐津の岸岳の土と斑唐津の釉薬を用いて、初めて轆轤でひいた茶碗を手がけられ、その出来映えに驚いた。

抜群の行動力で、様々な美しいものを観て、それを咀嚼し、あっという間に吸収して、自身の作品に昇華してしまう長戸さんの力には、天性の才を感じる。「茶碗不毛の時代」といわれる中で、20代の新鋭 長戸裕夢さんの活躍に大いに期待している。

赤井厚雄 (現代陶磁コレクター、小田原文化財団理事)

「長戸裕夢 陶展」
伊勢丹新宿店本館五階 和食器
2015年11月25日(水)ー12月1日(火)
在廊日25日(水)、28日(土)、29日(日)
営業時間10時30分ー8時 TEL03(3352)1111



2015年8月17日 17:00【ギャラリーレポート】現代作家茶碗特集

ギャラリーレポート 2015年8月15日
現代作家茶碗特集@日本橋三越本店 アートスクエア
by S.Daido 証券化事業部



期待の若手作家の作品を集めた注目の展示会
東京・日本橋三越本店で開催中の「現代作家茶碗特集」に【砥部焼 愛媛県産みかんの灰の器ファンド】の長戸裕夢さんが出展しています。31名の若手作家を対象とした本展示会では、従来の用途や形式にとらわれず、現代の生活に潤いを与える個性豊かな茶碗が多数集められています。8月15日にはギャラリートークも開催、集まった多くの人たちが熱心に作家さんの言葉に耳を傾けていました。



若手作家同士の交流
普段は一人で工房にこもり、黙々と作品を作ることが多いという長戸さん。実は初対面の人たちと話すのがちょっぴり苦手のようです。しかし、今回は若手作家の集まりということもり、作品作りの話になると楽しくて止まらなくなり、多くの刺激を受けたとのこと。



緊張と充実
このような展示会に参加するのはとても緊張します、と語る長戸さん。でも、自分の作品を見てもらう機会が増えるのはとても嬉しく、多くの方からのフィードバックが大きな励みになり、今はとても充実した緊張感の中で作品作りを続けているようです。







ファンドを通じた出会いと変化
トークセッションを終えた長戸さんに、作品作りやファンドについて、いろいろとお話を伺うことができました。実は、ファンドを募集開始したころには、自分の作品や方向性について思い悩んでいたこともあったそうです。しかし、ファンドがきっかけで沢山の人に出会えたことにより、これまで自分一人で抱えていたものに変化が生まれてきたそうです。作品が賞をもらったことも大きな自信につながりました。こうして作品にも広がりが生まれ、改めて自身の作品について深く考えることができるようになりました。今は良い作品を制作する意欲がどんどんふくらみ、充実した日々を送っていると長戸さんは話してくれました。



トークセッションの翌日には地元へ戻り、さっそく工房で作品作りに取り組んでいるようです。今年の秋には初めての個展が東京で開催される予定で、その作品作りに大忙しとのこと。今回の展示会を経てさらに成長した長戸さんの作品が今から楽しみですね。どうぞこれからも応援を宜しくお願い致します。


【ご案内】


現代作家茶碗特集
会期:平成27年8月12日(水)~24日(月)
会場:日本橋三越本店 本館6階 アートスクエア/美術工芸サロン
※19日(水)~24日(月)は美術工芸サロンにて開催

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/info01.html








2015年8月11日 18:45「現代作家茶碗特集」出品

皆様、こんばんは。

本日は、展示のお知らせです。
 
明日から始まる日本橋三越本店「現代作家茶碗特集」に出品しております。
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_6f/art/info01.html

お近くにお越しの際は是非ご高覧下さい。

開催期間:平成27年8月12日~24日(18日休業)

長戸裕夢




2015年6月1日 16:41TOBEオーベルジュに作品を納品。

皆様、こんばんは。 先日、愛媛県砥部町にある「TOBEオーベルジュ」のレストランに花器を 納品させていただきました。
  初めての大きな作品に四苦八苦しましたがなんとか納得のいくものが出来、 納めることができました。
下の什器も錆を纏った金属の箱の上に展示していただき、とても雰囲気のある ものになっております。
ちなみにランチには母の器を使っていただいております。 砥部にお越しの際は是非お立ち寄りください。



 

長戸裕夢

※過去のエントリーにつきましては、下記よりご覧いただけます。
http://www.musicsecurities.com/blog/general/cal/65/72