ファンド詳細

償還済 田代珈琲 サステイナブルコーヒーファンド

生産者の生活・豆の質・消費者の満足の向上を実現する仕組みを継続

一口金額22,000円 募集総額12,600,000円
事業者名田代珈琲株式会社 参加人数 277人
地域大阪府 分野小売
募集期間2016年4月27日~
2017年4月30日
シリーズセキュリテ大阪ファンズ
特典
1口につき4,000円相当の田代珈琲厳選珈琲豆を会計期間中に1回お届け
3口以上で12,000円相当の田代珈琲厳選珈琲豆とリキッドアイスコーヒー(100%アラビカ最高級豆使用)
また田代珈琲で毎月開催のセミナーのうち2つまで無料でご参加頂けます(最大5,500円相当)。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 田代珈琲 サステイナブルコーヒーファンド
営業者 田代珈琲株式会社
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 12,600,000円 (630口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 22,000円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料2,000円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2016年4月27日~2017年4月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2017年2月1日~2018年1月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 2018年1月31日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
168,000,000円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

田代珈琲 サステイナブルコーヒーファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 製造リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10. 資金繰りが悪化するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化するリスクがあります。

11. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

17. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

19. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に払い込まれた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(1年間)の累計売上金額(税抜)は200,000千円であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は168,000千円です。なお、営業者の前期(2014年10月~2015年9月)の売上金額(税抜)は166,282千円です。
/data/fund/2126/事業計画2.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は創業83年の老舗の会社です。10年以上前より海外の農園との直接取引を開始して、サステイナブルコーヒー事業についての実績を積み上げてきました。その実績とノウハウを活かして当期より以下の施策を実施することで、売上高及び利益を増加させる計画です。
a. 高品質な珈琲豆の確保 
営業者は、海外の農場に直接赴いて、品質の高い珈琲豆を生産者に適切な価格を払って購入する「ダイレクトトレーディング」を10年以上続けてきました。
今後も、ダイレクトトレーディングを継続し、新たな仕入れ先も開拓していくことで、品質の高い珈琲豆を確保していきます。
b. 珈琲豆の焙煎加工・発送
美味しい珈琲を顧客に提供するために、営業者は焙煎加工を顧客の注文があった直後に行い発送するという「焙煎発送システム」を構築しており、顧客に対して常に鮮度の高い珈琲豆を提供しております。
また、営業者は従業員教育を積極的に行っており、従業員は高い焙煎技術を保持しており、常に知識・技術の向上を図っております。さらに発送業務の効率化もあわせておこなうことにより顧客満足の向上を図り、通信販売等においては高いリピート率を誇っております。
c. 珈琲の販売
営業者は、インターネットでの通信販売が売り上げの大部分を占めておりますが、今後はダイレクトトレーディングにて仕入れた高品質のコーヒー豆の認知度を高めることにより、より高付加価値の商品を販売していきます。百貨店等への催事出展を行うことにより、営業者の認知度を向上させることで新規顧客を増やしていき、売り上げを伸ばしていきます。
また、高品質な豆を購入してくれる業者向けの卸売事業も伸ばしていく予定です。

 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×7.5%÷630口×1口

・リクープ後(累計売上金額(税抜)が200,000,000円(税抜)以下の場合):リクープ売上金額(税抜)×7.5%÷630口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×3.2%÷630口×1口

・リクープ後(累計売上金額(税抜)が200,000,000円(税抜)を超える場合):リクープ売上金額(税抜)×7.5%÷630口×1口+(200,000,000円(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×3.2%÷630口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-200,000,000円(税抜))×1.6%÷630口×1口


 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)
/data/fund/2126/シミュレーション表.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)
お振込手数料
(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 324円 324円
みずほ銀行 324円 324円
三井住友銀行 216円 324円
楽天銀行 51円 51円
ジャパンネット銀行 54円 54円
その他銀行 324円 324円
  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
/data/fund/2126/shikumi_20160226.gif
1 募集受付期間 2016年4月27日~2017年4月30日
2 会計期間 2017年2月1日~2018年1月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 2018年1月31日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2016年3月31日現在)
/data/fund/2126/事業者概要.jpg
【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2016年3月31日現在)
/data/fund/2126/取扱者の概要.jpg
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 田代珈琲サステイナブルコーヒーファンド
田代珈琲株式会社(以下、田代珈琲)は大阪府東大阪市で珈琲豆の販売を行っています。創業は1933年、現在は様々な国のコーヒー豆生産者とダイレクトトレード(直接取引)も手掛けています。提供するコーヒーの品質、消費者の満足度、生産者の充実などをすべて向上させることを起業理念とする企業です。本ファンドでは、ホンジュラス・インドネシアなどからダイレクトトレードにてコーヒー豆を仕入れるための費用を募集します。

本ファンド対象事業の魅力

本ファンドを通じて実現したい田代珈琲の定義する「サステイナブル(=持続可能)」とは。「サステイナブル」という言葉はあらゆる場所・分野で用いられています。一般的に、「サステイナブル」は「持続可能」を意味します。しかし、「サステイナブル」の定義は用いる人によって様々です。まず、田代珈琲のいう「サステイナブル」の意味を明らかにしたいと思います。

田代珈琲で定義する「サステイナブル」とは、
1.働く仲間を大切にすること
2.コーヒー生産者が安定した生産ができる環境を支えること
3.消費者に継続して満足していただけるコーヒーを届けること
「1.働く仲間を大切にすること」=会社としての持続可能性
/data/fund/2126/jump.jpg
田代珈琲のバリスタの役割は、農園自慢のコーヒー豆を通じてお客様に感動を提供することです。しかし、バリスタが「幸せ」を追求できていなければ、真にお客様に感動を届けることはできません。

スペシャルティコーヒーを取り扱い、そのコーヒーの素晴らしさを伝えることができて初めて仕事に対して喜びが生まれます。その喜びが「幸せ」に繋がる。スペシャルティコーヒーの本質を理解し、知識と技術を高めていくには時間がかかります。社員が「幸せ」を感じ、働き続けることこそ、「会社として持続可能」になります。田代さんはわが子のように社員と接し、「やる気」、「幸せ」につながる人材育成に熱心に取り組まれています。

社員同士で認め、称えあう ― 「ありがとうカード」の導入
働いている中で、喜びを感じるのは同僚から認められた瞬間ではないでしょうか。田代珈琲では日常の業務において社員同士がいいところを称えあう「ありがとうカード」があります。

「催事準備ありがとうございます。レイアウト良いと思います!」

/data/fund/2126/ありがとうカード.jpg
社員同士で実際に交換された「ありがとうカード」

人の悪いところはすぐ目につきます。皮肉なことに人の良いところは意識しないとなかなか気づかないものです。社員同士が直すべき点だけでなく、むしろ良いところを発見し合う。「ありがとうカード」には社員同士の信頼関係を確かなものにし、よいチームワークを生み出します。

社員と社長の壁を取り払う ― 「全ての持続可能性を追求するための日報」
社長とはどうしても距離を感じてしまい、正直に考えを伝えられないという経験がおありではないでしょうか。田代珈琲では、社員と社長の壁を取り払い、率直に意見が伝えられる「全ての持続可能性を追求するための日報」シートがあります。社長との意思疎通をしっかり図ることで社内全体の雰囲気を良くします。さらに、合宿では社員のみなさまが田代珈琲で解決すべき課題を洗い出すセッションを設けるなど、社員と社長、社員同士のコミュニケーションを活発にさせる取り組みを行っています。

/data/fund/2126/合宿写真(2).jpg

田代さんは過去の経験から、社員を大切にすることを経営理念の最も大切な柱としました。この柱があってはじめて、お客様、取引先様、協力会社様、地域等、全ての持続可能性が実現すると考えます。

/data/fund/2126/田代さん.jpg
田代珈琲代表の田代さん

全ての人間は成長する。田代珈琲の社員教育の考え方です。
田代珈琲は、経営戦略の柱として「人間力による差別化」を大切にしています。
コーヒーには豆ごと、産地ごとの個性があるため、それを扱う個人のスキルの充実が品質に影響するからです。

/data/fund/2126/社員.jpg

<社員の方のインタビュー>
田代珈琲で働く社員のみなさんがどのような「やりがい」を感じているか、インタビューをしました。

天見奈央さん(2011年入社)
/data/fund/2126/天見さん(2).jpg
Q:この先5年の田代珈琲での目標は何でしょう?
A:「バリスタとしてコーヒーの魅力を“技術”で伝えたいです。一杯のコーヒーを淹れる際、指先まで神経を集中させています。」
/data/fund/2126/天見さん.jpg
Q:田代珈琲では「人材育成」がキーワードですが、指導する立場として、コーチングで気を付けていることはありますか?
A:「本人に気づいてもらって、自発的に行動してもらうよう促しています。ダメだとは言わず、いいところを発見し、直すべきところは私だったらどうするか、自分の目線を伝えるようにしています。」


加藤晃子さん(2012年入社)
/data/fund/2126/加藤さん.jpg
Q:田代珈琲の魅力は何ですか?
A:「新卒でも直ちに仲間の一人として扱ってもらえることです。私の場合、入社後間もなくコスタリカに行くチャンスをいただきました。会社の方向性を大局的に捉えて、大胆にチャレンジさせてもらえる環境があります。」
/data/fund/2126/加藤さん(2).jpg
Q:ダイレクトトレードをご担当されていますが、心がけていることはありますか?
A:「インボイス※が入った時点でできるだけ早くお金を振り込むようにしています。早く振り込むことによって生産者は資金を融通し、事業・生活に余裕を生み出せます。ダイレクトトレードにおいて送金作業が最も私たちの気を使うところです。」

※インボイスとは、船荷の場合、出荷案内と請求書に相当するもの。


伊中梓さん(2012年入社)
/data/fund/2126/伊中2.jpg
Q:田代珈琲の社員のみなさんを良いところは?
A:「聞いたらなんでもすぐに答えてくれるところです。基本的にみんな他人想いで面倒見がいい人が多いです。」

Q:仕事の上で力を入れていることは?
A:「私たち田代珈琲の役割の一つが生産者と消費者をつなげることです。私はネットを通じてコーヒーの魅力が少しでも伝わるよう写真や文言を工夫しています。」


合宿をはじめ社員教育に力を入れ、社員がその潜在能力を最大限に高め、自主性を発揮できる環境づくりに努めています。
/data/fund/2126/合宿写真.jpg

田代さん:「社員は子どもみたいなものです。」

田代さんが社員の一人ひとりと愛を持って接する姿勢が最も表現された言葉です。
 
「2.コーヒー生産者が安定した生産ができる環境を支えること」=生産者の持続可能性

「知りたい」という気持ちからお客様へ「伝えたい」

/data/fund/2126/農園.jpg

「こんなおいしいコーヒーがあるのか」

口の中を彩るようなコーヒーをニカラグアのカップオブエクセレンス(コーヒーの品評会)で口にし、感動を経験しました。

素晴らしいコーヒーをお客様にも届けたい!との想いから産地とのダイレクトトレード(直接取引)は始まりました。

田代珈琲のダイレクトトレードでのこだわりは、
1.田代珈琲専用のコンテナでコーヒー豆を輸入すること
2.生産者へ適正な報酬を早期に支払うこと

1.によって生産者との対等なコミュニケーションにより信頼関係を構築し、2.によって生産者の生活の質、生産環境の向上につながり、ひいては良質な豆を入手できます。
2.の適正価格を早期に支払うためには資金が必要です。本ファンドは2.のために資金を用います。

/data/fund/2126/生産者日本訪問.jpg
コーヒー生産者の日本訪問の際の記念写真(田代珈琲本社前)

農家が収穫したコーヒーに適正な報酬を支払い、良質なコーヒーを作るインセンティブ(誘因)を与え、農家の方が生活の質を向上させるというサイクルによって、生産者の持続可能性を実現することができます。

ダイレクトトレードとフェアトレードとの決定的な違いはコストを全て開示する点です。 生産者にコストを開示することで、不当な価格付けによる農園経営者への圧迫リスクが低くなります。つまり「農園と相談して、より良い豆を作る取り組み」ということができます。

「ホンジュラス・オコティージョス農園」は田代珈琲とのダイレクトトレードによって生活の質が向上し、サステイナビリティを実現した農園の一つです。

「ホンジュラス ラ・コルメナ農園」ともダイレクトトレードを行い、高い品質のコーヒーを田代珈琲に提供してもらっています。

Direct trade の<詳細はこちら>
「3.消費者に継続して満足していただけるコーヒーを届けること」=消費者との持続可能な関係
コーヒー業界のタブーともいえる焙煎にまつわる鮮度

コーヒー豆は、「なまもの」「生鮮食品」ということをご存知でしょうか。
コーヒー豆も肉や魚、野菜と同じように、劣化していきます。しかし、コーヒーは腐らない。腐らないことが鮮度に関する意識を低下させるのかもしれません。どんなに良い豆を仕入れても、またどんなに高い技術で焙煎したとしても、この豆の「鮮度」が味を大きく左右するのは言うまでもありません。このコーヒー豆の酸化(劣化)現象は、焙煎直後から始まります。焙煎後いかに早くお客様にお届けするかが、美味しいコーヒーを味わうために重要となってくるのです。

-不透明な焙煎鮮度表示方法をよりわかりやすく-
焙煎日を製造年月日とするのか、あるいは充填日とするのか。つまりパッキングした日と焙煎した日が必ず一致するとは限らず、「本当の鮮度」が不透明な状況で市場に出回っているのが現在の流通の状態です。田代珈琲では、焙煎日を焙煎製造年月日とし、焙煎後その日に即日出荷を徹底しています。

--鍛えたカッピング(テイスティング)力でバラエティ溢れるロースト(焙煎)--
コーヒーは日々の季節、気候が変化するように様々な表情があり、表現をします。栽培された土地がどこなのか、収穫されたコーヒーの標高が高いのか低いのか、それにより豆の硬さ・密度が変わります。収穫されてからの精選処理(プロセス)工程の違いに対しても同様のことが言えます。豆の品種や栽培地域、栽培方法により、出来上がるフレーバーやテイストが異なるのです。これらを見極めるのも「カッピング力」であり、カッピングを軸にその豆に合わせたローストプロセスを決めています。
/data/fund/2126/カッピング.jpg
ニカラグアの審査会にて

田代珈琲では、大量生産で製造される一貫した工程とは違い、それぞれの個性を活かしたバラエティ溢れるスペシャルティコーヒーに仕上げるロースト技術も持っています。

また田代珈琲では「フレーバー」「甘味」「酸の質」「後味」などの好みを指定すると
最適なコーヒー豆を提案するシステム【CHART SELECT】を採用しています。
WEB販売でも消費者に提案できる独特の仕組みです。

/data/fund/2126/無題.png

このように、田代珈琲では消費者のみなさまに感動を提供する工夫を重ね、田代珈琲の豆を継続してお買い求めいただけるような、「お客様想い」なサービスに力を入れています。

注文ごとにローストするサービス Roasted On システム<詳細はこちら>

本ファンドでホンジュラス・インドネシアなどの限定された農家からのコーヒー豆購入資金を募集します。
持続可能な市場の構築にぜひご支援下さい。

営業者紹介

田代珈琲株式会社

田代珈琲株式会社は創業82年の珈琲豆販売業者です。
何より珈琲豆の鮮度にこだわりを持ち、現在の珈琲業界で存在する不明確な消費期限ではなく、焙煎日にさかのぼった賞味期限を定義し「鮮度・香り共に高い」品質の豆を提供する事業者です。
長きにわたる経営から培った豆に対する知識はもちろんのこと、商社との取引、またダイレクトトレーディングなど経営ノウハウも充分な事業者です。



受賞歴2006年 大阪府中小企業家同友会経営品質特別賞
2007年 東大阪商工会議所 特長ある店賞
2012年 厚生労働大臣賞 「キャリア支援企業表彰」受賞
2014年 経済産業大臣賞「ダイバーシティ企業100選」受賞

資格
カップオブエクセレンス国際審査員(1名)
コーヒーインストラクター1級(5名)
Qグレーダー(2名)
コーヒーインストラクター2級(9名)
コーヒーマイスター(2名)
ジャパンバリスタチャンピオンシップ認定審査員(1名)

競技大会成績
ジャパンロースティングチャンピオンシップ準優勝
ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ8位

【会社沿革】
昭和 8年 初代田代 辰(たしろ のぼる)が田代兄弟商会としてシロップの製造業を創業
     その後、株式会社 房屋商店として改組し、コーヒーの製造も手掛ける
昭和28年 田代珈琲株式会社設立
昭和41年 2代目田代好埈(よしたか)が代表取締役に就任
昭和60年 本社を現在の東大阪市に移転
平成 6年 3代目代表取締役に長男、田代和弘が就任
平成11年 ネット事業を開始
平成20年 代表取締役田代和弘がカップオブエクセレンスの国際審査員に招聘される
平成24年 本社にTASHIRO LAB・TASHIRO CAFÉをオープン
     厚生労働大臣賞 キャリア支援企業表彰
平成26年 経済産業大臣賞 ダイバーシティ経営100選に選ばれる
平成28年 田代珈琲直営店 TASHIRO COFFEE STATION2 オープン
【参考ウェブサイト】
田代珈琲株式会社
田代珈琲オンラインストア

代表者紹介


代表取締役 田代和弘
学業終了後、日本食研株式会社に入社。30歳の時に家業である田代珈琲株式会社を継ぎ現在に至る。3代目として既存の得意先・販売先をマネージメントしながらも、珈琲業界のめまぐるしい変化に対応すべく新たな販路、販売方法を構築する。平成15年からは直接生産者の元へ赴き買い付けをするダイレクトトレーディングを重ね実績を積み、また国際品評会の審査員としての活動も含めフェアトレード、サステイナブルな観点での事業に取り組む。

代表者メッセージ
約22年前、父である先代社長の急逝により経営を承継いたしました。

創業は先々代の祖父がコーヒー牛乳の素を製造することをきっかけにコーヒーの焙煎をはじめ、
田代珈琲株式会社として昭和29年に設立いたしました。

その後は日本人がコーヒーの飲用を増やすにつれて業績は順調に成長していきましたが
1981年頃の喫茶店の件数がピークになったところから業績が落ちはじめ、
先代の父が亡くなる頃には経営の危機の状態でした。

何故、危機に陥ったのか。

それは数あるコーヒー会社の中から選ばれなかったということであり、
何故選ばれなかったのかということは価格競争力と品質力がそれぞれに劣っていたことが理由です。

当時、私はコーヒーを美味しい飲み物という捉え方はしていませんでした。
ブルーマウンテンコーヒーなどの銘柄コーヒーについても美味しいという雰囲気は持っていても
美味しいとは感じず不味くないコーヒーという印象でした。

2002年、ニカラグアでカップオブエクセレンスのコーヒーを口にした時にすべてが変わりました。
あの感動は今でも忘れられない感覚です。
その感覚から覚醒しはじめ、このような素晴らしいコーヒーをお客様に薦めたいと思いました。
約14年前の話です。

そこから産地へ出向き、カップオブエクセレンスの国際審査員としての参画、
社員の育成と年々変革してきました。
そして私の最終目標であった生産者の声を聞き、そこで生み出されたコーヒーをダイレクトに販売する。
この橋渡しの役割が私たちの使命であり、お客様の感動の声を生産者に伝えることも私たちの重要な仕事である、
とダイレクトトレードを通じて気づいた大きな事柄です。

素晴らしいコーヒーを生産して農業として継続してもらうには沢山のお客様に飲んで頂かないといけません。
これらの素晴らしいコーヒーの価値を伝える難しさはありますが、伝わった時のお客様の喜びは何物にも代えがたく、
私たちにとっては大きな感動です。

ダイレクトトレードの難しさは中小企業にとって輸入資金の確保です。
販売する前に決済をする困難があり、生産者の生活向上も持続可能なコーヒー生産の条件の一つです。
是非この仕組みもご理解頂き、ファンドへのご協力を願いたいと思います。


田代珈琲株式会社
代表取締役 田代和弘

ファンド対象事業内容

営業者が行うすべて(WEB販売事業、卸売事業、店舗販売事業等)の事業です。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/2126/資金使途.png

投資家特典

1口につき4,000円相当(送料・税込)の田代珈琲厳選珈琲豆を会計期間中に1回お届けします。
今回の資金で買い付ける予定の豆も一部含みます。

3口以上で12,000円相当(送料・税込)の田代珈琲厳選珈琲豆と
リキッドアイスコーヒー1000ml(100%アラビカ最高級豆使用)
また田代珈琲で毎月開催の以下のセミナーのうち2つまで無料でご参加頂けます(有効期間は1年間)。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ワークショップ Tashiroカッピング  参考:セミナー参加費 1,500円
  世界のシングルオリジンを本格的にカッピング、お気に入りのフレーバーがわかるはずです。
コーヒー抽出セミナー  参考:セミナー参加費2,000円
  ハンドドリップとフレンチプレスを使って、抽出方法による味の違いなどスタッフがプロの抽出をレクチャーします。
エスプレッソ・カプチーノセミナー  参考:3,500円
  田代珈琲のバリスタがエスプレッソ抽出を伝授します。本格的なエスプレッソマシンに触れて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
4口以上 口数にあわせて該当の特典を組合せてお選びいただけます。

■発送する豆は今回の資金で買い付ける予定の豆も一部含みます。
■また、特典のコーヒー豆は当日焙煎したものを発送します。
■豆は基本ミル加工でお届けしますが、豆のままでの発送もお受けいたします。

 
(注1) お申込口数の状況を確認の上、複数口数お申込の場合に、複数回に分けてお届けする場合もございます。
(注2) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注3) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注4) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
 
2018年6月4日 17:52【新規出店のご報告】阪神百貨店本店/大阪

 お知らせ

 みなさんこんにちは。田代珈琲株式会社です。

2018年6月1日、阪神百貨店本店サウステラス1Fにて、「TASHIRO COFFEE ROASTERS」がOPENいたしました。
/data/blog/archive/original/42219.JPG
フロアガイドにもドンと

/data/blog/archive/original/42223.JPG
ショップの看板です

/data/blog/archive/original/42224.JPG
サウステラスに入ってすぐにあります
/data/blog/archive/original/42227.JPG
/data/blog/archive/original/42226.JPG
これまでにない「香りの体験を」feel the aroma of coffee がコンセプトです

/data/blog/archive/original/42225.JPG
コーヒーの提供とコーヒー豆も販売しています

/data/blog/archive/original/42230.JPG
オリジナルバッジも!第3弾「旅するコーヒーファンド」で起用したイラストのものもあります

/data/blog/archive/original/42231.JPG
「TASHIRO COFFEE ROASTERS」という新たなブランドで、大阪の真ん中から私たちにしか提供できないコーヒーをお出しします。
思考錯誤を繰り返したどり着いた田代珈琲のスペシャルティコーヒーは、独特の鮮度管理と焙煎力で皆様に猛アプローチいたします!!

皆様のお越しをお待ちしております。

田代珈琲社員一同

2016年11月11日 12:21ホンジュラスからJICA生産国研修のプログラムの受け入れを行いました。

 お知らせ

こんにちは、田代珈琲です。

今日は、ホンジュラスからJICA生産国研修のプログラムで一日私たち田代珈琲が引き受けさせて頂きました。

零細生産者が高品質コーヒーに対して興味を持ち、勉強し生産を開始する。でも生産されたコーヒーをどこに売るの??今回はセールスに来られたわけではありません。
目的は自分たちのコーヒーをどのようにプロモーションし理解し共感してくれる人との出会いの仕方を勉強するということです。

今回、私たち田代珈琲も小さなコーヒー屋さんです。私たちも素晴らしいコーヒーを沢山の方に知って頂きたいと日夜努力しています。想いは一緒です。日本のマーケットを説明させて頂きました。

是非、日本のお客様に喜んで頂くコーヒーを沢山作って頂きたいです。

/data/blog/archive/original/29869.jpg
田代珈琲本店前でホンジュラスからの生産者と記念撮影
 

2016年11月7日 13:27髙島屋大阪店に出店中です。【田代珈琲 サスティナブルコーヒーファンド 】

 お知らせ

こんにちは。サスティナブルコーヒーファンドの田代珈琲です。

「生産国」や「産地の標高」、「収穫した後のコーヒーチェリーの乾燥方法」などが異なる4種の
コーヒーをテイスティングして、あなたのお好みのコーヒーと出合いませんか?

11月15日(火)まで髙島屋大阪店にて期間限定出店させていただいております。

/data/blog/archive/original/29780.jpg

この「大阪ええモン2016WINTER」では各階にて新しいデザインや新素材の組み合わせなど
大阪のものづくりの面白い“ヒラメキ”がたくさんご紹介されます。大阪の企業やクリエーターと
髙島屋のバイヤーが手掛ける“ええモン”を通じて、様々なモノ・ヒトの魅力を再発見できるフェア
です。

田代珈琲は地階食料品特設コーナーにて世界各国のコーヒーから厳選した12種を販売させていただきます。
毎日午後から田代珈琲のバリスタがテイスティングを開催。祝日と(金)(土)(日)の午後は家庭で
簡単に美味しいコーヒーを淹れていただける「ハンドドリップ抽出セミナー」も開催いたします。

/data/blog/archive/original/29779.jpg

今回、特別にこちらの会場でしかお求めいただけない限定商品もご用意いたしました。
髙島屋大阪店限定のスペシャルティ・コーヒー・ブレンド「オリジナル ブレンド」が会期中登場いたします。
生産国に出向いて取り寄せた、なめらかな飲み口のコーヒーをベースに配合しました。香りが華やかで余韻が長くブレンドをぜひ地階食料品特設コーナーにてお買い求めくださいませ。

/data/blog/archive/original/29778.jpg

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。



サスティナビリティコーヒーファンド
田代珈琲株式会社

http://www.tashirocoffee.co.jp/
ホームページ

https://www.facebook.com/supecialtycoffee/
フェイスブック
 

2016年10月3日 11:30特典をご用意させていただきました【田代珈琲 焙煎挽きたて芳醇ファンド】

 お知らせ

こんにちは。サスティナブルコーヒーファンドの田代コーヒーです。
「田代珈琲焙煎挽きたて芳醇ファンド」の投資家のみなさまへ特典の発送のご用意が整いました。
 
今回も①~5の5種類のコーヒー(豆もしくは粉)各100gとオフィスやプレゼントに最適の
カフェドリップ5袋入りを「大阪産パッケージ」にてお届けいたします。
 
①コロンビア「ラ・フロリダ農園」
年に一度生産国で行われるコーヒーの国際品評会で準優勝を修めた農園。
スイス製のチョコレートや白桃、ジャスミンを思わせる風味特性を持ちます。

/data/blog/archive/original/29395.jpg
↑コロンビア「ラ・フロリダ農園」の生産者ジルベルトさんと家族

②ホンジュラス「ピノ・デ・オロ農園」
皆さまに投資していただきました資金によりダイレクトトレードを行い
取り寄せました。キャラメルやトロピカルフルーツを思わせる風味特性です。

/data/blog/archive/original/29394.jpg
↑2015年3月にホンジュラス「ピノ・デ・オロ農園」を訪問しました。

③コスタリカ「エルスール農園」
収穫した真っ赤なコーヒーチェリーをそのままドライフルーツのように乾燥させるナチュラル
プロセスをオーダーメードし取り寄せました。ベリーのような明るい風味特性が特長です。

/data/blog/archive/original/29396.jpg
↑エルスール農園のコーヒー精選場「プエンテタラスミル」にて

④田代珈琲オリジナル「ブレンド エクセレンス」
 毎年産地を訪れて取り寄せたコーヒーだけを厳選して配合するブレンド。どんなシーンにも合うスタンダードブレンドです。

/data/blog/archive/original/29392.jpg

⑤田代珈琲オリジナルブレンド「濃紅葉」
 日本の景色を堪能する秋。コーヒー片手にどこへでかけましょう。秋のおでかけや読書のお供にぴったりのブレンド。
ブラックでも折り重なる甘く優しい、時間をかけてゆっくりと召し上がっていただきたいブレンドに仕上げました。

/data/blog/archive/original/29393.jpg

カフェドリップ「大阪産パッケージ」(5袋入り)
1杯だけ抽出したいときやオフィスにぴったりのカフェドリップ。たっぷり使用していますのでマグカップでもお楽しみいただけます。
 
  投資家の皆様にメールでご連絡させていただき、順次焙煎し即日発送でお届けいたします。
 (内容は製造・在庫状況により個々の詰め合わせ内容パターンが異なる場合があります)

田代珈琲株式会社
http://www.tashirocoffee.co.jp/

2016年9月12日 15:089月もコーヒーのセミナーを開催します。【サスティナブルコーヒーファンド田代珈琲】

 お知らせ

こんにちは。サスティナブルコーヒーファンドの田代珈琲です。
田代珈琲ではお客様に向けたコーヒーセミナーを開催しています。
第3土曜日は人気の「エスプレッソ」のセミナーです。
 
■ エスプレッソ抽出セミナー ■
 
「本格的なマシーンを使用し、エスプレッソを抽出。バリスタが丁寧にアドバイスします」

 
 
 

/data/blog/archive/original/29118.JPG



「美味しいエスプレッソを味わいたい」
「本格的なエスプレッソマシンで抽出してみたい」
そんなあなたにおすすめのセミナーです。
ご家族やお友達と一緒に参加しませんか?
お気軽にお問い合わせください。
講師バリスタの抽出するエスプレッソも召し上がっていただけます。
またセミナーの最後にはカプチーノにもチャレンジできます。
 
■日程 2016年9月17日(土)
■時間 10:00~12:00
■場所 田代珈琲株式会社本社 2階ラボ
■参加費 ¥3500+税
■定員 4名(完全予約制)
■お申込み TEL 06-6723-3702
 
 
同日午後13時~15時は人気の「ラテアートセミナー」
こちらもご予約受付中です。
 
/data/blog/archive/original/29117.JPG

■日程 2016年9月17日(土)
■時間 13:00~15:00
■場所 田代珈琲株式会社本社 2階ラボ
■参加費 ¥3800+税
■定員 4名(完全予約制)
■お申込み TEL 06-6723-3702

2016年9月5日 14:409月限定のブレンドが人気です。【サスティナブルコーヒーファンド 田代珈琲】

 商品紹介

こんにちは。

サスティナブルコーヒーファンドの田代珈琲です。
蒸し暑い夜が減り、過ごしやすい日が多くなってまいりましたね。

月明かりの縁側でゆったりと秋風を感じ、風によってすすきの
ゆれる音がより涼しさを感じさせます。
ゆったりとくつろいで 頂きたいという想いでブレンドを配合しました。

/data/blog/archive/original/29031.jpg

美しい月の光の下、コーヒーを片手にゆったりと過ごしませんか。

キャラメルのようなフレーバー、アプリコットのような優しい甘さが あり、
後味はすっきりとした印象で消えていきます。

9月末まで実店舗・オンラインショップで販売中です。
https://www.tashirocoffee.com/products/detail.php?product_id=327

サスティナブルコーヒーファンド 田代珈琲株式会社
https://www.facebook.com/supecialtycoffee/
↑本店:フェイスブック

https://www.facebook.com/tashirocoffeestation2/
↑TASHIRO COFFEE STATION:フェイスブック
 

2016年8月24日 13:30日本から12000km離れたコーヒーの生産国をご紹介します。【サスティナビリティコーヒーファンド 田代珈琲】

 コラム

こんにちは。サスティナブルコーヒーファンドの田代珈琲です。

12000km離れたコーヒーの生産国、中央アメリカのエルサルバドルは
はっきりとした乾季と雨季があり年間2000mlの降雨があります。

/data/blog/archive/original/28879.jpg

日本の四国より少し大きな国土に火山が20以上あり、その火山灰土壌で
コーヒーや綿の花が栽培されています。

/data/blog/archive/original/28880.jpg

マウリシオさんが育てたコーヒーは大きな美しさが特長の品種でパッション
フルーツやチェリーを思わせる甘い香りを持ちます。

/data/blog/archive/original/28881.jpg

新涼の朝に楽しみたい、爽やかなコーヒーです。
 

/data/blog/archive/original/28878.jpg

2016年8月10日 13:44コーヒー生産者のメッセージをご紹介しています。【サスティナビリティコーヒーファンド 田代珈琲】

 お知らせ

こんにちは。サスティナビリティコーヒーファンドの田代珈琲です。
この度、私たちの取り組みをお知らせのページをリニューアルいたしました。

/data/blog/archive/original/28769.jpg

中米の産地を訪れた際に生産者からいただいたメッセージも紹介しております。
是非ご覧くださいませ。
https://www.securite.jp/fund/detail/2126

/data/blog/archive/original/28770.jpg

サスティナビリティコーヒーファンド
田代珈琲株式会社
http://www.tashirocoffee.co.jp/

2016年8月8日 12:25お盆も休まずコーヒーを焙煎・発送いたします。【サスティナブルコーヒーファンド・田代珈琲】

 お知らせ

こんにちは。サスティナブルコーヒーファンドの田代珈琲です。
8月は夏休みや帰省のシーズンですね。
 
田代珈琲はお盆も休まずに営業いたします。
本店・新店舗とも8月11日(木・山の日)と
お盆期間も休まず営業いたします。
(本店は14日(日)の定休日・新店TASHIRO COFFEE STATIONは
 15日(月)の定休日に休ませていただきます。)
 
本店では帰省の手土産に最適なギフトを、
新店TASHIRO COFFEE STATIONでは
かき氷の新メニューをご用意してお待ちしております。

/data/blog/archive/original/28611.jpg

インターネット販売・お電話でのご注文も通常通り
焙煎仕立てのコーヒーを発送いたします。
 
サスティナブルコーヒーファンド
田代珈琲株式会社
 http://www.tashirocoffee.co.jp/
オンラインストア
http://www.tashirocoffee.com/
 
 
 
 

2016年8月3日 13:308月限定のブレンドコーヒーが登場しました【サスティナブルコーヒーファンド 田代珈琲】

 商品紹介

こんにちは。サスティナブルコーヒーファンドの田代珈琲です。

「あなたは素敵」「愛慕」「情熱」など素敵な花言葉をたくさん持つ夏の花、向日葵。

/data/blog/archive/original/28665.jpg

「私はあなただけ見つめる」という花言葉も持つので夏のプロポーズにも
おすすめかもしれませんね (^^)/
 
8月限定の「Shine Blend 向日葵」は伊中バリスタが配合しました。
ホットにもアイスでも楽しめるブレンドに仕上がっています。
 
ホットではとろっとした質感とマンゴーやチョコレートのような
フレーバーを。
/data/blog/archive/original/28667.jpg

アイスではすきっとしていてはちみつレモンのような甘さを
感じていただけます。

/data/blog/archive/original/28666.jpg

向日葵の花束の代わりに誰かに花言葉と一緒に贈ってみませんか。

8月末まで実店舗・オンラインショップにて販売しております。

/data/blog/archive/original/28668.jpg

サスティナブルコーヒーファンド 田代珈琲株式会社
オンラインストア
http://www.tashirocoffee.com/
 
 

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 斉吉商店ファンド償還イベント
  • 実際に足を運べるファンド
  • 未来を照らすエネルギーファンド特集
  • 【期間限定】旬!ほや醤油漬2018(冷凍便)