ファンド詳細受付中

かのやオーストリッチのダチョウファンド1

低脂肪、低カロリー、低コレステロールで、鉄分が多い注目のお肉

一口金額32,400円 申込状況受付中
地域鹿児島県 参加人数 76人
分野農業・畜産・林業 募集総額6,060,000円
募集期間2017年3月31日~
2018年3月29日
シリーズ
特典
1口につき、ダチョウ卵プリン等、4,500円相当(送料・税込)を会計期間中に1回送付。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 かのやオーストリッチのダチョウファンド1
営業者 かのやオーストリッチ(安藤勝利)
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 12,120,000円(404口)
各募集の出資募集最大総額6,060,000円 (202口)、第2次募集まで
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 32,400円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料2,400円)
(上限口数:66口 各募集33口)
募集受付期間 2017年3月31日〜2018年3月29日
※匿名組合契約説明書の記載に基づき、募集受付期間を2017年9月29日から2018年3月29日まで延長しております。
※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2017年10月1日~2019年9月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2018年9月30日
第2回 2019年9月30日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
93,230,770円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行
イオン銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

かのやオーストリッチのダチョウファンド1の締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 製造リスク
本匿名組合事業の製品の製造については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、法人ではなく安藤勝利氏による個人事業であるという点からも、事業の経営者である安藤勝利氏およびその従業員への依存度が高く、同人らに不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11.出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 開発リスク
本匿名組合事業に含まれる加工品の開発については、研究スケジュールの進捗状況、研究設備の稼働状況、研究過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、開発が失敗に終わり、製品化できない可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。
 

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
 

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/3267/事業計画.jpg




(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は開業6年目の個人事業主の畜産農家です。創業以来ダチョウの飼育販売及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. ダチョウの繁殖、肥育
営業者は従前よりダチョウの繁殖、肥育を行っており、既に製造に必要な原材料の仕入先、生産設備、生産技術を有しております。
b. ダチョウ肉の販売
営業者は従前よりダチョウ肉の販売を行っており、既に販路を有しております。また、今後は屠畜場の設立により、ダチョウ肉の生産能力が向上、既存の取引先の商社、飲食店への販売増、オーストリッチ事業協同組合と連携して営業活動を行うことで、売上の拡大を図ります。
c. 新商品の企画開発
ダチョウ肉の更なる用途拡大のために、既に商品開発を進めており、今後量産体制を整備し、販売を進めていく予定です。販路の開拓については、既存の取引先の商社や飲食店において営業活動を行い、売上の拡大を図ります。
 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×13.0%÷404口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×13.0%÷404口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×10.4%÷404口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)

/data/fund/3267/分配シミュレーション.jpg
(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2017年3月31日~2018年3月29日
2 会計期間 2017年10月1日~2019年9月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 2018年9月30日
第2回 2019年9月30日
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年2月28日現在)
/data/fund/3267/営業者概要.jpg


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年2月28日現在)
ミュージックセキュリティーズ会社概要
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • かのやオーストリッチのダチョウファンド1
/data/fund/3267/ステーキシス=ル2.jpg
鶏・豚・牛よりもヘルシーで美味しいダチョウ肉。今、飲食業界で注目を浴びていますが、その魅力は食だけにあらず。畜産としての魅力満載、ダチョウファンドのご紹介です。 本ファンドでは、パドック・ひな育成施設費用及び飼育費用を募集します。

ファンド対象事業の魅力

お肉、卵、皮、羽根、油、骨までも…ダチョウの可能性を余すことなくカタチに!
◆低脂肪、低カロリー、低コレステロールで、鉄分が多いヘルシーなダチョウ肉
消費者の「食の安全」に対する意識が高まっている現代、 「少し値段が高くても良いものを選びたい」と考える消費者はたくさんいます。
そんな中、「鹿児島県オーストリッチ事業協同組合」ならびに ダチョウ農場「かのやオーストリッチ」の代表でもある安藤勝利氏が 目を付けたのは、ダチョウでした。
ダチョウのお肉は値段こそ少々お高めですが、 低脂肪、低カロリー、低コレステロールで、鉄分が多い優れたお肉。 一般的な鶏肉は白身肉なのに対し、ダチョウ肉は100%赤身肉で、 食感はとても柔らかく、クセのない味わいとダチョウは鳥で鳥肉ですが鹿や馬、牛肉と似た食感を楽しめ栄養価は鳥肉そのものでヘルシーで高タンパク質が特長です。 さらに、脂肪燃焼を助ける「カルニチン」や、 筋肉維持に不可欠な「クレアチン」、 疲労回復成分の「アンセリン」 他、ビタミン、ミネラルなどを 豊富に含むため、非常にヘルシーなお肉と言われています。

/data/fund/3267/table1.jpg
*平成13年度新家畜資源利用開発研究報告より
*牛豚鶏は日本食品栄養成分表5訂より 上記表では脂の無い同部位(モモ)で比較してあります。
脂の多いロースやカルビ、バラと言った脂の多い部分では当然数値は高くなってきます。しかしダチョウ肉は全てが赤身ですので数値は大きく変化する事はありません。
/data/fund/3267/皿盛り2.jpg
↑「オススメは、たたきやステーキ、カルパッチョなどシンプルな調理。 クセがないので、お肉そのものの味を楽しんでほしいです」と安藤氏

◆畜産王国・鹿児島県だからこそできるこだわりの飼料
「かのやオーストリッチ」がある鹿児島県は 温暖な気候と豊かな自然を持つ「畜産王国」とも呼ばれており、 牛、豚の飼養頭数、鶏の飼養羽数がすべて全国第1位。 飼料販売業者も数多く、飼料の種類はもちろん、 各々に適した選定のノウハウを持ち合わせています。 「牛、豚、鶏の飼料に長けた飼料販売業者さんに教えてもらいながら、 その知識をダチョウの飼料づくりに活かしています」。 「かのやオーストリッチ」では、 食肉に臭みが出ないと言われる乾物を飼料に採用しており、 更には乳酸菌や桑のお茶を混ぜ、与えています。 「最初はダチョウの健康のためにしていたんですが、 結果的には肉質がかなり向上しています。 人間の身体にも良いと思われるものを与え、 ホルモン剤や抗生剤を使用せず、健康的に育てています」。
/data/fund/3267/飼料.jpg
↑安藤氏が独自に編み出したダチョウ用飼料。

◆無添加にこだわった加工品をブランディング『アピキウスの美食帖』
「かのやオーストリッチ」が販売しているのは、食肉だけではありません。 まず、卵。 ダチョウ卵は現存する生物の卵としては世界最大の大きさと言われており、 その重さは平均1.5~1.6kg近くもあります。 産まれた卵は孵卵機に入れ、孵化させますが、 平均よりも大きすぎたり小さすぎるものに関しては孵卵機に入れずに 『アピキウスの美食帖』というブランド名で プリン、シフォンケーキなどの加工品として販売しています。
/data/fund/3267/ダチョウ卵.jpg
↑左から鶏卵L玉、ダチョウ卵(平均サイズ1,500g)、ダチョウ卵(当組合最大サイズ2,100g)

『アピキウスの美食帖』のコンセプトは、無添加。 「せっかくダチョウを無添加の飼料で育てているのに、 加工の段階で添加物を加えてしまうのはもったいない! 健康のための食選びをされている方々に提供できたらと思っています」。 1個3,000円程するダチョウ卵の卵黄のみを使用した 『ダチョウの卵プリン』(1瓶100g/税抜500円)は トロリとなめらかな食感で贅沢な味わいです。 「お子様から高齢者の方まで、多くの方に召し上がっていただくために “シンプルな材料でプレミアムな美味しさ”をめざして作りました。」他にも、食肉加工品として生ハムを販売しており、 今後は開発試験中のハム・ソーセージも展開していく予定です。 「現在は加工業者に委託していますが、 将来的には自分たちで作り上げていきたいです」。
/data/fund/3267/アピキュウスポスター2.jpg
↑『アピキウスの美食帖』商品ラインナップ。『ダチョウの卵プリン』『肉用ドレッシング』『ダチョウのパテ』。

“アピキウス”とは古代ローマ・ローマ帝国時代の調理法・料理のレシピを集めた書籍で、中にはダチョウ料理が含まれています。昔の高貴な人が食べていたものとして、高級感のある製品をめざし、名付けられました。

◆芸術品や革製品まで、食品だけじゃないダチョウの活用法
孵卵機に入れた後に無精卵だと分かった卵に関しては エッグアートをたしなむ方への販売も行っています。 「殻の厚さは約2mmと厚く丈夫なため、良い素材になるそうです」。

また、ご存知の方も多いでしょうが、ダチョウ革は牛革にも勝る高級品。 羽根を引き抜いた跡である「クィルマーク」と呼ばれる突起が特徴の皮革です。 丈夫で柔軟性も高いので、財布やバッグ、レザーウェアなどによく利用されています。 「かのやオーストリッチ」でもダチョウ革製品を展開しており、 鹿児島県鹿屋市のふるさと納税の返礼品としても扱われています。

「羽根はウェディングペンなどにもできます。こういった製品は加工食品と同様、 『アピキウスのコレクション』と名付けてブランド化していく予定です」。 現在は東京農業大学の教授と連携し、 ダチョウの油を使用した製品展開を目論んでいます。 「不飽和脂肪酸であるダチョウの油は、食用としてはもちろんですが、 手の平に乗せるとたらサラッとした触感、保湿や鎮痛にも効果が期待できる といった特長を活かした商品開発も考えられる、非常に面白い素材ですね」 と気合十分の安藤氏。

/data/fund/3267/table2.jpg

また、ダチョウの骨はラーメン屋に卸すことも。 「まだ試験段階ですが、味は豚骨に近いのにさっぱりしています。美味しい出汁がとれますよ」。
お肉に卵、皮、羽根、油、骨と…余すことないダチョウの商品展開に期待が高まります。

良い製品をつくるのは当たり前。安定供給と安全なダチョウ製品づくりをめざす
◆ダチョウブームの歴史に学ぶ
まずは安定供給の基盤を整える さまざまな可能性を秘めているダチョウですが、 16年前にも日本で一度ブームはありました。 BSE(牛海綿状脳症)と呼ばれる病気にかかった牛が 国内で発見されたことから、その代替肉として注目が集まったのです。 「全国的にダチョウは広まりましたが、 卵から孵化した雛の育成技術が確立されず、 安定供給が叶わないままブームが去り、 ダチョウを飼養する人も減ってしまいました」。 その教訓から、食肉処理場、加工処理場といった設備は「必須」と話します。

「今までは組合の加盟農家さんに設備を借りていたんですが、 副業で農家をされている方なので、中々量産することができませんでした。 でも、昨年ようやく念願の食肉処理場・加工処理場を設置することができました!」 現在は350羽のダチョウを飼養していますが、 「かのやオーストリッチ」の所有地は約3ヘクタール。 「最大で約1,000羽のダチョウの飼養が可能です。 今後は400羽、500羽…と徐々に増やしていき、 将来的には第二農場も作りたいですね」。

◆地域の再活性化にも期待大!?
ダチョウの育てやすさ ダチョウの畜産業としての魅力のひとつとして 「育てやすさ」は外せません。 もともと1日の気温差が激しい南アフリカに生息していたダチョウは その厳しい環境下から 国内だと北海道から沖縄まで広い範囲で育てることができます。 また、腸が長く、時間をかけて食べものを消化するため 栄養の吸収率が高く、糞の臭いも「気にならない」「ダチョウの糞にはハエもつきません」とのことです。また、「泣かない為、鳴き声で周囲に迷惑をかける事ありません」。
/data/fund/3267/IMG_0349.JPG

しかも、現在日本で飼養されているダチョウは「アフリカンブラック」という 畜産のために改良された品種で、原種と違って気性はおとなしく、静かなため 飼養場所も選びません。 「初期投資額も、他の畜産と比べてかなり少ないので 高齢になっても従事できますし、耕作放棄地、遊休地の再利用もできます。 うちで羽数が増えたら、飼養委託も考えています」。

◆安全・安心、品質にこだわったダチョウを鹿児島から発信
前述の通り、鹿児島県は全国有数の畜産地帯ではありますが、 農業従事者の減少や高齢化に加え、 BSE、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザなどの問題を背景に 生産基盤が弱体化しています。 「地域の活性化のために、地域特性を生かし、 低コストで高品質な農畜産物を生産する産地づくりが不可欠です」。 昨年、安藤氏はダチョウの本場、南アフリカで研修に赴きました。 「現地では日本とは比べられないほどの多くの羽数が飼養され、値段も安い。 でも、鹿児島のダチョウには、“安心・安全・美味しい”といった 本場にも引けを取らない魅力があります」。

地域の再活性化を視野に入れながら安定供給をめざす安藤氏は、 並行してやりたいことがもう一つあります。 「完全オーガニックのダチョウを生産し、なおかつ循環型の畜産を叶えたいです」。 これは、ダチョウを屠畜(とちく)した際に出る腸や骨などの残渣を堆肥にし、 乳酸菌を混ぜて発酵させ、畑にまく、そこでできた飼料をダチョウに与えるという 一切の廃棄物を出さない飼養ということです。
/data/fund/3267/屠畜・加工処理場外観_(640x480).jpg
(加工処理場外観)

/data/fund/3267/前室1_(480x640).jpg/data/fund/3267/屠畜場内臓処理室.jpg
(加工処理場内)

「ISO22000(※)の取得にも取り組んでおり、 なおかつオーガニックでダチョウを育てることで、 消費者の安全への信頼度が高まると思っています。 東京オリンピックが開催される2020年までには オーガニックの認証を取得し、 “安心・安全・美味しい”鹿児島のダチョウをアピールできればと考えています」。 もはや安藤氏の中で“美味しいもの”“質が高いもの”を作るのは大前提。 「安定供給、安全性の向上をめざし、みなさんに良いものをお届けしたいです」。 安藤氏の挑戦は続きます。

※HACCPの食品衛生管理手法をもとに、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格です。

営業者紹介

かのやオーストリッチ
/data/fund/3267/カノヤオーストリッチ農場4.jpg
/data/fund/3267/かのやオーストリッチのダチョウ-2.jpg
自社農場「かのやオーストリッチ」代表ならびに「鹿児島県オーストリッチ事業協同組合」の代表もである安藤勝利氏は、当組合を設立する前に試験的にダチョウを飼養するため農場を自作。
その延長で「かのやオーストリッチ」を創業。

【業務内容】 雛鳥の飼養・育成・親鳥の飼養・採卵

代表者紹介

安藤勝利
/data/fund/3267/ダチョウボス-1.jpg
社会人1年目は福祉関係に、それ以降はうなぎの組合にて勤め、「自分で事業を起ち上げよう」と今のダチョウの畜産事業に至ります。昨年にはダチョウの本場である南アフリカに研修に行き、飼育から加工まで、お肉から卵、皮、骨までをトータル的に勉強してきたとのこと。ダチョウの畜産としての可能性を常に追い求めています。「南アフリカでは連日ダチョウ肉ステーキを食べてきました。美味しかったけど…うちの肉の方が断然美味しいですよ!」

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/3267/資金使途.jpg

投資家特典

・1口につき、ダチョウ卵プリン等、4,500円相当(送料・税込)を会計期間中に1回送付。
 
 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2017年9月13日 20:07東京の展示商談会に行って来ました!

9月7日~8日は東京池袋シャンシャインシティにて金融機関協賛の”食の大商談会”に出展して来ました。
何社か取引に繋がりそうな出会いもありダチョウ肉の試食も行いましたが全ての方が美味しいと言って
くれて今後期待が持てそうな予感です(^^♪
/data/blog/archive/original/38411.jpg


このファンドを申込む