ファンド詳細

運用中 夜間救急動物医療ネットワーク構築ファンド

日本が遅れている夜間救急診療体制を充実させたい

一口金額21,000円 募集総額14,000,000円
事業者名株式会社hana 参加人数 121人
地域大阪府 岸和田市 分野教育、医療、福祉
募集期間2018年1月31日~
2019年1月31日
シリーズセキュリテ大阪ファンズ
特典
1口につき、オリジナルペットフードセット(送料税込2,000円相当)を会計期間中に1回お送りいたします。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 夜間救急動物医療ネットワーク構築ファンド
営業者 株式会社hana
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 14,000,000円 (700口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 21,000円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,000円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2018年1月31日〜2019年1月31日

※匿名組合契約説明書の記載に基づき、募集受付期間を2018年7月31日から2019年1月31日まで延長しております。

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2018年8月1日~2020年7月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2019年7月31日 報告日: 2019年9月29日
第2回 2020年7月31日 報告日: 2020年9月29日 分配日: 2020年10月29日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 第2回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
402,298,851円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

夜間救急動物医療ネットワーク構築ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。


1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過であり、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. サービス等の提供に関するリスク
本匿名組合事業については、原材料の調達状況、人員及び設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、事業計画達成に必要なサービス等の質及び量を確保できない可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21. 店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者が、本匿名組合事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者が、本匿名組合事業の業態のままでは事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

22. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業において食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/4179/hana 売上明細.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立9年目の会社です。創業以来に南大阪地区での小動物の診療事業及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. 通常の動物診療事業の拡大
営業者は従前より犬猫に特化した動物診療を行っており、既に地域での動物病院としての知名度と顧客である患者を有しております。
b. 夜間の救急動物診療事業の拡大
営業者は従前より夜間の救急動物病院として24時までの診療受け入れを行っており、既に南大阪地区で唯一の救急動物病院としての知名度を有しております。今後、獣医師及び獣看護師の人員体制を強化することで、より一層の売上の拡大を図ります。
c. CT検査機を活用した高度動物診療事業の展開
営業者は、CT検査機を新たに導入し、より高度な動物診療が出来るよう既に準備を進めており、今後は診察体制を整備し、高度医療の提供を進めていく予定です。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×3.48%÷700口×1口
・リクープ後(累計売上金額(税抜)が560,718,017円(税抜)以下の場合:
リクープ売上金額(税抜)×3.48%÷700口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×1.10%÷700口×1口
・リクープ後(累計売上金額(税抜)が560,718,017円(税抜)を超える場合):
リクープ売上金額(税抜)×3.48%÷700口×1口+(560,718,017円(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×1.10%÷700口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-560,718,017円(税抜))×0.20%÷700口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)
/data/fund/4179/hana 分配シミュレーション.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2018年1月31日~2019年1月31日
2 会計期間 2018年8月1日~2020年7月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 決算日 第1回 2019年7月31日 報告日: 2019年9月29日
第2回 2020年7月31日 報告日: 2020年9月29日 分配日: 2020年10月29日
5 報告日 決算日から60日以内
6 分配日 第2回 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年12月31日現在)
/data/fund/4179/hana 営業者情報.jpg
【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年12月31日現在)
/data/fund/4179/hana 取扱者概要.jpg
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 夜間救急動物医療ネットワーク構築ファンド
農林水産省が発表した「飼育動物診療施設の開設届出状況(診療施設数)」によれば、全国の飼育動物診療施設数(産業動物用施設を除く動物病院数)は11,675施設(平成28年12月31日時点)、その中で夜間救急診療に対応している動物病院の割合はほんの数%に満たないともいわれています。
本ファンドの営業者である株式会社hanaは、犬・猫の診療を行う「ガーデン動物病院」を大阪府岸和田市にて開業しています。ガーデン動物病院は、南大阪地域ー和歌山北部地域で唯一、「年中無休・夜間救急診療」対応が可能であり、近隣の岸和田市の他に、大阪府全域、近畿他府県、関東地方などからも患者が訪れています。

最重要ポリシーは「いつでも診る」。そのポリシーを実現するために今、ガーデン動物病院では「夜間救急動物診療ネットワークの構築」に奔走しています。今現在、ガーデン動物病院では「夜間救急診療」を実施していますが、ネットワークを構築する理由は、一つの病院のみで提供できるサービスに限りがあるためです。本ファンドでは、そのための人材育成費を募集致します。是非、「夜間救急動物診療ネットワーク」の構築に奮闘するガーデン動物病院へのご支援の程、宜しくお願いいたします。

本ファンド対象事業の魅力

「夜間救急診療」が可能な動物病院は全国11,675施設の中でわずか数%。ネットワークを強化して「いつでも診る」を実現したい。喫緊の課題は人材育成。ガーデン動物病院の取り組み
/data/fund/4179/20180130_180130_0006.jpg

ガーデン動物病院の最重要ポリシーは「いつでも診る」。それは、院長の水越 健之(みずこし たけし)さんの個人的な体験から生まれた、ガーデン動物病院が核に据えるポリシーです。2009年の開院当初、「他の動物病院にはない強み」として水越さんが考えついたのが「夜間救急診療」です。南大阪地域には、夜間12時までいつでも対応を受け付ける夜間救急診療を行っている病院が一院もなかったからです(今もありません)。当時、獣医師は水越さん1名限り。1人で一心不乱に診療を続けた日々を「当時は若かったので(笑)」と振り返ります。

開院から約8年を経て現在、スタッフ数は獣医師7名、動物看護師10名、受付9名、トリマー5名の総勢31名までになり、CT等の最新機器を導入するなど、夜間救急対応が可能な診療体制とマニュアルに頼らない手厚いホスピタリティ、併設するトリミング施設・ペットホテル・ドッグカフェの併用による複合サービスの提供、料金の明確な事前開示など、地道な取り組みが実を結び地域の信頼を集める動物病院になりました。

/data/fund/4179/20180130_180130_0002.jpg

水越さんには今後のビジョンがあります。それは「夜間救急動物診療ネットワークの構築」です。あらゆるペットを「いつでも診れる」ようにするためには、ガーデン動物病院一院で提供できるサービスには限りがあり、ネットワークの構築が必要なためです。

例えば、「一般社団法人 ペットフード協会」が平成29年12月22日に発表した「平成29年(2017年)全国犬猫飼育実態調査 結果※1」によれば、平成29年度の犬飼育数は全国で892万頭、猫は952万6千頭となっています。一方、農林水産省が発表した「飼育動物診療施設の開設届出状況(診療施設数)※2」によれば、全国の飼育動物診療施設数(動物病院数)は11,675施設(平成28年12月31日時点)、その中で夜間救急診療に対応している動物病院の割合はほんの数%に満たないとの推測もあります。

※1 詳細につきましてはこちらを参照。
※2 産業動物用施設は除く。詳細につきましてはこちらを参照。


ガーデン動物病院が目指すのは、ネットワークの構築強化による「診療アクセスと質の充実」です。いつでもつながりコールセンター、他の救急動物病院との横の連携、空白地域への分院設立etc…。

そのためにいくつかの取り組みを既に実施しています。例えば、「協力病院制度※3」を用いて65の動物病院と連携し、夜間救急診療対応を行なった診療内容を「登録動物病院」に共有することで、かかりつけ動物病院で継続治療を行うための橋渡し的な役割も担っています。

※3 充実した診療体制確立のための地域連携を目指し、ガーデン動物病院が設計した制度。「登録動物病院」の一般患者には診療費のディスカウント、登録先病院との診療内容共有による診療のスムーズ化などの特典がある。詳細につきましてはこちらを参照。

抱える課題は明確です。兎にも角にも「人材」です。例えば、「いつでもつながりコールセンター」でつながったとしても、そこに十分な獣医師や看護師がいなければ充実した診療を受けられないことになります。また、空白地域への分院設立の際には、十分な経験を有した獣医師が1人だけではなく複数いなければなりません。

このように、ネットワークの構築強化による「診療アクセスと質の充実」のためには、人材育成が不可欠であるといえます。しかし、一般に「人材育成費」は先行投資になるため、目に見える結果が出るには時間が掛かると言われます。殊に獣医師育成には最低でも3年の期間を要すると言われており、人材への投資が後回しにされる傾向にあります。

/data/fund/4179/20180130_180130_0005.jpg

本ファンドで集める資金は、獣医師3名、看護師2名の1年分の人材育成費として大切に利用されます。是非、「夜間救急動物診療ネットワーク」を構築し「診療アクセスと質の充実」の奮闘するガーデン動物病院へのご支援の程、宜しくお願いいたします。
院長の水越 健之氏から皆様へ。「夜間救急動物診療ネットワーク」の構築に向けてはじめまして、ガーデン動物病院の院長の水越 健之と申します。

本ファンドに興味を持ってくださり誠に有難うございます。
この度、なぜファンドの募集を行おうと考えたのか、水越家のパーソナルな経験から、少しお話しさせて頂ければと思います。

ーーー
水越家には、救急診療に関して次のような経験があります。私の開業前に妻を連れて夜間救急を受診した経験。開業後、熱咳痙攣で長女を救急病院に連れて行った経験。同じく熱性痙攣で長女や次女のために119番で救急車を呼んだ経験。

このように、水越家は何度か救急病院にお世話になっています。 夜間に開いているだけで、診てくれるだけで本当に安心できます。 電話をしたら5分で家まで救急車が来てくれた時は感激でした。本当に、ありがたい、安心できる、ホッとできる存在だということを実感しました。それが、本格的に当院でも救急をやっていこうという気持ちを後押ししました。

開業時から、携帯電話を使って当院の患者様だけに対しできる範囲で救急をやってきました。大阪市内まで行かないと救急が受けられなかった状況(岸和田市から大阪市内の病院までは車で 1時間くらいかかります)なので、なんとかしたかったのです。

開業時の僕には、何か特別な専門分野があるわけでもなく、強力な資金力で設備に優れた病院を作れる訳でもなく、見知らぬ土地での開業のための人脈も強みもありませんでした。体力には少し自信がありまだ若かったので、「救急をやろう!」という発想で始めました。 それは他の動物病院にはない強みとなり患者様には安心してもらえる。 そう思って始めました。

開業当初はそんなに救急診療の依頼が多くなかったため、なんとかやっていけました。しかし、獣医師は私一人だったので、体調がいい時は頑張れますが、いつもそうとは限りません。あるいは、診療の約束をしたのに連絡なく受診しない患者さんがいたり、そうかと思えば、救急診察中に別の患者様の飛び込み来院があったり、色々な意味で本当に大変でした。

開業3年目。
そんな日々がやっと終わります。 一人目の勤務獣医師が入り、週2日は彼に夜間を受け持ってもらうようになりました。それを機に、年中無休にし夜間救急を本格的に始めることにしました。その頃には、当院の患者様以外も引き受けられるようになっていました。そのあとも毎年獣医師が増え、少しずつ僕の負担は減り夜間救急をきちんと対応できる体制になりました。皆様のおかげで、受け入れ件数は年々増えています。

獣医師の採用面接では、必ず、、、
・夜間救急をやりたいか?
・年中無休の病院で勤務するという自覚があるか?
・体力に自信はあるか? 多少生活のリズムが崩れても大丈夫か?

ということを聞くようにしています。

一つでも欠けたら、こちらからお断りしています。現在では、それをクリアして入社するスタッフが増え、人手不足気味ではありますが頼もしいチームに成長しつつあります。当院が最も大切にしているポリシー それは、「いつでも診る」です。

現状は「年中無休 ・深夜12時までの夜間診療 ・昼休みの救急対応」という段階ですが、

将来的なビジョンとしましては、、、
・「日本全国に救急のネットワークを作り、動物病院の「119番」コールセンターを作る」
・他の救急動物病院とも協力する
・救急病院がない地域には救急分院を作る
・当院のコールセンターに電話をかけてもらえば、最寄りの受け入れ可能な救急病院を紹介する 

これらを実現していきたいと考えています。それを実現するための最重要ポイント、 それが「人」です。 特に「獣医師の確保と教育」が最大の制約となります。新卒の獣医学生を一人前に育てるのには、3年くらいかかります。 将来の夢を実現するため、「人」への先行投資がどうしても必要になります。

皆様に出資頂きました資金は、獣医師育成のために大切に利用させて頂きます。
是非、ご支援の程何卒宜しくお願い申し上げます。
株式会社hana 代表取締役
ガーデン動物病院 院長
水越 健之

/data/fund/4179/院長.jpg

営業者紹介

/data/fund/4179/外観.jpg
ガーデン動物病院(株式会社hana)平成21年7月 設立
平成25年 現所在地に移転
平成29年 改装及びCT検査機導入

/data/fund/4179/_ガーデン動物病院.png
(アクセス:JR阪和線 久米田駅から徒歩10分)

【関連URL】
ガーデン動物病院ホームページTOP:http://garden-ah.com/​
ガーデン動物病院リクルートサイト「1分で分かるガーデン動物病院」:http://garden-ah-recruit.com/​
ガーデン動物病院 夜間救急動物医療センター特設サイト:http://garden-ah-er.com/​
ガーデン動物病院公式Facebook:https://www.facebook.com/garden.ah/

【3つの経営理念と20のビジョンについて】
ガーデン動物病院には3つの経営理念と、20のビジョンがあります。院長の水越さんの想い(理念)を3つの形におこし、スタッフの皆さんと意見をぶつけ合いブレークダウンしたのが20のビジョンです。ガーデン動物病院が目指すべき方向性について、分かりやすく表現されていますので、是非下記のページをご覧下さい。

〈医院長の想い〉
http://garden-ah.com/vision

【岸和田にあるガーデン動物病院はペットのことをとことん考えた寛ぎの病院です】

岸和田にあるガーデン動物病院は、ペットや飼い主様にとって居心地がいい庭(ガーデン)を目指し、桜やミモザ、アカシアなど季節の花に囲まれた空間です。院内に入ると、お洒落なカフェのような待合室が用意されています。動物病院に抵抗感を持たず、飼い主様とペットが心地よく過ごせる空間を目指した、院長の想いが詰まった場所です。外にも待合室とドッグランも用意されています。怖がりで中に入れないといったわんちゃんは、こちらでお待ちいただくこともできます。

〈施設紹介はこちらをご覧下さい〉

【獣医師・動物看護師・受付スタッフ・トリマー・清掃スタッフ等…岸和田のガーデン動物病院の充実で安心のスタッフ陣】

ガーデン動物病院では、院長の水越 健之(ミズコシ タケシ)さんを筆頭に5名の獣医師が在籍しております。一般的に動物病院といえば、個人経営で獣医師1人体制が多い中、充実のスタッフによる安心の診療が提供できると自負しております。動物看護師は認定動物看護師やペット栄養管理士、ドックトレーナーなどの資格を併せ持つ精鋭部隊です。入院設備を整え、24時間看護を行うため、看護師の人数も充実した安心の動物病院です。受付と併設するカフェスタッフは、誰も動物好きの優しく、頼もしい人材を揃えました。飼い主様とペットの想いに寄り添い、診察前後のサポートをさせていただきます。

〈スタッフ紹介はこちらをご覧下さい〉

/data/fund/4179/集合写真.jpg

代表者紹介

代表取締役 水越 健之(みずこし たけし)平成13年 山口大学農学部獣医学科卒業
平成13年-平成14 年 藤井寺動物病院(大阪)で勤務獣医師として働く
平成14年-平成16年 らく動物病院(大阪)で勤務獣医師として働く
平成16年-平成18年 山陽動物医療センター(岡山)勤務獣医師として働く
平成18年 東京大学大学院農学生命科学研究科に入学
平成18年-平成21年 西麻布ペットクリニック(東京)で院長・獣医師として働く
平成21年 ガーデン動物病院を開院

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う、診療事業及びその他事業(トリミング・カフェ等)を含む全ての事業です。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/4179/hana 資金使途.jpg

投資家特典

1口につき、オリジナルペットフードセット(送料税込2,000円相当)を会計期間中に1回お送りいたします。
 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。

2018年 05月

2018年5月31日 09:45リンゴが一つ増えました

院長の水越です。

季節外れですが、リンゴが一つ届きました。
 
これで何個めでしょうか?
 
僕はリンゴが大好きです。
 
今回は黒いリンゴです。
 
今まで買った中で一番高価なリンゴです。
 
なんのことだか分かりますか?
 
 
 
正解は、、、
 
IMG_2388
 
Mac です。
 
それも iMac Pro !!
 
個人的には、iPhone X、iPad Pro、MacBook Proを愛用しています。
 
妻はiPhone 8
 
病院にもたくさんリンゴがあります。
 
 
 
iMac Pro は、去年発売されたのですが、置く場所もないし、高いし、、、
 
一度諦めました。
 
どうしても欲しかったんです。
 
 
 
IMG_2386
 
新しくできた院長室のデスクに、 iMac Pro が置いてある映像が何度も頭に浮かんでいました。
 
子供みたいです(笑)
 
 
 
院長室の整理が終わり、今期の会社の財務面の見通しも立ったので、思い切って買いました。
 
ガーデン動物病院の電子カルテは、Windows専用なので、Macの中にWindowsを入れて、その中に電子カルテを入れています。
 
電子カルテを開きながら、ブログを書いたり、ミーティングの資料を作ったりするので、ハイスペックで、モニターも大きい iMac Pro は理想的です。
 
もちろん、デザインも最高です!
 
 
 
院長室にこもって、パソコンばっかりにならないように気をつけます。
 
今日はこれだけです。
 
 
 
13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
 
院長
水越健之

2018年5月29日 06:30動物看護師の熊野李咲(くまのりさ)です

動物看護師の熊野李咲(くまのりさ)です。
 
ガーデン動物病院に務め始めて早、今年で6年目になります。
 
今日はそんな私のお話を少しさせて頂きます。
 
 
 
わたしは、実は・・・ガーデン動物病院スタッフみんなが認めるくらいの人見知りです。(笑)
 
人と話すことがすごく緊張してしまい、上がり症の性格です・・・。(笑)
 
 
 
今も、人見知りではありますが(笑)入社当時の自分では考えられないくらいに、飼い主さまとお話することが楽しいです。
 
イベントなどで飼い主様と直接お話する機会が別にあったり、その時間を経て今の私が居るのかな〜?と自分自身感じています。
 
 
 
そんなわたしが仕事中、特に力を入れていることがあります。
 
それは、ワンちゃん、猫ちゃんの保定です。
 
保定(ほてい)とは、どれだけ動物にストレス無くお互いに安全に処置などをすることです。
 
 
 
もっと砕けば、お薬を上げたりする時に逃げないように抱っこしたりしますよね?
 
そういう意味合いもあります。
 
 
 
動物も人と同じで、大人しい子、怖がりの子、緊張しいの子、(私と同じですね(笑))それぞれ居ます。
 
人もそうですが、初めての場所や、嫌な思い出のところ、あとは雰囲気や匂いなどで緊張したりしますよね?
 
わんちゃん、ねこちゃんもそうで、お家から出ると余計にそういう感情になってしまいます。
 
 
 
怖がりの子や、緊張しいの子は、その感情がピークになると怒ってみたり、吠えてみたり、鳴いてみたり、逃げてみたりなどの「嫌ですアピール」を精一杯しています。
 
その感情を読み取り、そうならないようにするために大切になってくるのが保定になります。
 
image-18
 
 
 
ガーデン動物病院では、何か処置をする際に動物をお預かりしています。
 
その理由としては、飼い主様を見ると甘えてしまったり、感情のコントロールがうまく行かなくなってしまう為です。
 
余計にコントロールが上手くいかない子もいれば、1人になれば頑張れる子も居ます。
 
そういう病院が苦手な子は、病院に来るだけでストレスを感じてしまうので、それ以上にストレスを感じないようにこれからも日々お手伝いを頑張っていきます。
 
 
 
IMG_9247 2
 
動物看護師
熊野

2018年5月27日 06:30獣医師の勝呂公一です。

初めて投稿させていただきます。
 
4月からガーデン動物病院で勤務させていただいております、獣医師の勝呂公一です。
 
青森という遠い地で6年間獣医学を勉強し、今年無事、故郷である大阪に帰ってくることができました。
 
幼い頃からの夢であった獣医師にようやくなることができ、動物病院での仕事を通して毎日勉強の日々を送っております。
 
 
 
大学のゼミでは獣医公衆衛生学研究室に所属し、人の食べ物に含まれる物質の有害性や毒性について研究していました。
 
チョコレートやキシリトールなどのように、人にとっては害がない食べ物であっても、動物にとっては死につながりかねない食べ物は数多くあります。
 
私自身は、たばこやポテトチップスなどに共通して含まれる「アクリルアミド」という物質について研究していました。
 
この物質を長期間摂取すると、過去に報告されていた精巣への悪影響だけでなく、肺や肝臓といった様々な臓器に対しても害を及ぼすという研究成果を得ることができました。
 
 
 
学生生活の後半は、こうした研究成果を得るために、同じ作業を繰り返すものの、なかなか良い結果を得ることができず、辛いことも数多くありました。
 
しかし、研究生活を通して、最後まで諦めずに頑張り続けることの大切さを改めて実感することができました。
 
自身の研究から、人にとっては安全とされ、日常的に食べている食べ物であっても、動物にとっては、ほんの少量で悪影響を及ぼし得る食べ物がまだまだ数多くあるということを確認することができました。
 
 
 
15209566899092673288848337935229
 
 
 
これから臨床の現場で働くにあたっては、まず動物の目線に立って、自分がもしその立場ならどう感じるか、どうして欲しいかなどといった事をしっかりと頭に思い描きながら働いていきたいと思っています。
 
人にとっては当たり前のことが、動物にとっては当たり前ではないことが多々あります。
 
このことを頭の中に入れ、動物たちにとって何がベストであるかを常に考え、精一杯勤めていきたいです。
 
 
 
新しい環境で、慣れないことも数多くありますが、尊敬する先輩たちを見習って、日々精進していきたいと思います。
 
 
 
1日でも早く皆様のお役に立てるよう、一生懸命頑張ります。
 
どうぞよろしくお願いします。
 
 
 
katuro
 
獣医師
勝呂公一

2018年5月25日 06:30動物看護師の谷口です。

動物看護師の谷口です。
 
ものすごく人見知りの私なのですが、そうは見えないとよく言われます。
 
小さいころは母から離れられない、初対面の人とは緊張して話せないような人間でした。
 
でも、高校生の時にしたアルバイトで、少しだけ変身しました( ̄+ー ̄)!
 
 
 
幼い頃は、ずーっと母から離れられませんでした。
 
小学校の入学式では、後ろを向いたらすぐに母が見える位置で座っていました。
 
そして、たくさんの子が足ぷらぷらしてましたが、私はカチンコチンに固まっていたそうです。
 
少し話は逸れますが、小学校のとき、給食参観(?)があったのですが、たくさんの人に、自分が食べているところを見られることに緊張して、パン→小おかず→大おかず→牛乳→パン→小おかず・・・、を、一口ずつものすごくきれいにローテーションさせてたのが、鮮明に記憶にあります(笑)
 
自分で自分をコントロールできなくなってました(笑)
 
 
 
そして、高校生になり「アルバイトをしてみたい」と思いました。
 
スーパーでアルバイトをすることにしました。
 
人と関わるのが少ない中の仕事をするつもりでしたが、レジが人手不足とのことでレジに立つことになりました。
 
 
 
初日、誰が見てもわかるように「研修中」をレジ台に貼り付けてもらって、後ろに先輩についてもらいながら、ものすごく緊張しながら立っていたことを覚えています。
 
サービスコーナーの仕事を覚えたときも、書類の説明や簡単なラッピングも手と声が震えていました。
 
 
 
でも、そういう毎日を繰り返し、顔見知りのお客さんができたり、レジの打つスピードがめちゃくちゃ早くなってきたり(私、本当に早かったんです!(笑))、バイト仲間とも楽しく仕事をしているうちに、仕事モードのときは人見知りから解放されるようになりました。
 
そして、いつの間にかおせっかいな人になっていました。
 
 
 
仕事中だから、仕事の服を着てるから、「大丈夫ですか?」「お手伝いしましょうか?」と、人のお手伝いができたり、困っている人がいたら声をかけられるのが、楽しくて嬉しくて仕方ありませんでした。
 
直接的に人に関わっていなくても、次の人が気持ちよく利用できるように汚れていたら片付けたり、誰かのために何かを考える、というのがワクワクしました。
 
 
 
人見知りがなくなったわけではなく、今でも、初対面の方とのお話は緊張しますし、何気無い日常会話というのは苦手で、自分のことを話すのもすごく苦手です。
 
テーマがないと話は続きません_| ̄|○
 
また、仕事モードに入っていないときは、困っている人を見つけても、一歩を踏み出すのにちょっとした勇気が必要です。
 
「なにあの人・・・」と思われてしまうんじゃないかという、ネガティブが発動します・・・。
 
 
 
だから、制服を着ているからできる、仕事だからできる、おせっかいがすごく楽しいです。
 
気持ちが良いです。
 
IMG_6080 2
 
 
 
これからも、この自分が好きで得意な「仕事中のおせっかい」を大切に、先にいる「人」「動物」を想いながら、「どうしたら喜んでもらえるだろう?」「どうしたら相手は作業がしやすいだろう?」「自分には何ができるだろう?」とたくさん考える仕事をしていきたいと思います。
 
 
 
taniguchi
 
動物看護師
谷口
 
 
 
PS
 
また、犬や猫の食事や栄養に興味があり、動物看護師として飼い主様のお役に立ちたいと思っています。
 
愛犬愛猫、持病がある子、怪我をした子、シニアの子に何かしてあげたいと思っている飼い主様へのお手伝いができればと思っています。
 
得意分野と言えるよう、確実に進むよう・・・怠けないよう・・・宣言しておきます!(笑)
 

2018年5月23日 06:30圭くん 1歳の誕生日

院長の水越です。
 
先日、長男の圭が1歳の誕生日を迎えました。
 
姉2人の1歳の誕生日も嬉しかったですが、今回はそれ以上の大きな意味のある誕生日でした。
 
 
 
圭は出産予定日より2ヶ月早く生まれました。
 
早産です。
 
妊婦である妻は、小児救急設備の整った病院に入院が必要でした。
 
 
 
早産とは思えない大きな体で生まれてきてくれ、ホッとしていました。
 
でも、障害を持って生まれてくる可能性は高く、ドキドキしながら過ごしていました。
 
そんなある日、脳に問題があるときに出るような症状が出ました。
 
その後も何度も続きました。
 
 
 
母子医療センターで何度か精密検査を受けました。
 
はっきり異常なしと言い切れない結果だったので、不安な日々が続きました。
 
 
 
生後半年ごろから症状が出なくなり、今は健康な1歳児です。
 
何もなくてよかったです。
 
本当に大変な1年でした。
 
S__3768338
 
 
 
僕が去年の夏頃から、外来診察をやめるという方向転換をした理由は、このことも関係があります。
 
もちろん、以前にも書いた通り、社長業をこなす時間がないというのも大きな理由です。
 
 
 
僕も妻も、育児を頼むには両親の家は遠すぎます。
 
3人の小さな子供を育てるのは並大抵のことではありません。
 
仕事に追われて、家族と大切な時間を過ごせない、育児に全く関わらないという人生にはしたくないと思うようになりました。
 
去年、僕の価値観は大きく変わりました。
 
 
 
そして、外来診察から抜けることを決意しました。
 
 
 
僕が外来診察から抜けることについて、反対意見をいただいております。
 
それはもっともなことだと思います。
 
僕の診察を希望してくださる方には、申し訳なく思っています。
 
 
 
ブログでは、医療のことや病院のこと意外に、僕のプライベートについても書いています。
 
家族のことも書いています。
 
休日に出かけたことも書いています。
 
 
 
ブログを読んでいただくことはありがたいことです。
 
読んでくださった飼い主様から、たくさんの嬉しいお声をいただきました。
 
ありがとうございます。
 
 
 
休日に家族と出かけたことをブログに書くことに対しても否定的な意見をいただいたことがあります。
 
もう、プライベートなことは書くのをやめようかとも悩みました。
 
でも、それを楽しみにしてくださっている多くの飼い主様がいてくれるので、やめたくありません。
 
休日のことも、プライベートなことも書き続けたいと思います。
 
 
 
ありきたりの、当たり障りのないことばかり書くよりも、僕の考えをしっかり伝えるようなブログにしていきたいと思っています。
 
これからもご愛読をお願いします。
 
 
 
13321693_995178940577322_3992588692799021816_n
 
院長
水越健之

2018年5月21日 06:30受付の岸本です

受付の岸本彩です。
 
今日は仕事の中で、今特に頑張っていることについて、お話しさせていただきたいと思います。
 
 
 
ガーデン動物病院の受付スタッフの仕事は、大きく分けると主に病院に来られた方の受付をすることとお会計をする事ですが、それともうひとつ大事な仕事があります。
 
先生が処方したお薬を、分割・分包することです。
 
錠剤を1/4錠や1/6錠、1/8錠など均等の大きさに分割することや、錠剤のお薬を潰して粉薬にし、同じ量に分包することはとても難しいです。
 
働きはじめてすぐは、まずは受付の仕事を必死に覚えるため受付カウンターにいましたが、受付を覚え、慣れてくると次は裏でお薬を作る仕事を教えてもらいました。
 
 
 
薬を作りだしてすぐはとても悩みました(;д;)
 
先輩たちのようにすぐに用意できず、毎日仕事が終わってから、「向いてない〜(;д;)」と悩んでいました。
 
 
 
お薬を割るのを失敗したり、粉薬の分包を失敗して今までたくさんのお薬を無駄にしてしまいました。
 
 
 
でも、繰り返し練習し、何度も何度も作成し、最近やっと、少しですが慣れてきました。
 
 
 
分包も前までは先輩に修正してもらわないとできなかったのですが、やっとコツを掴んできました!
 
 
 
私のことを覚えてくださり、お話をしてくださる飼い主様に、
 
「最近あんまり見ないな〜と思ってた!」
 
と、たまにお会いすると言っていただくのですが、裏でこのようにお薬と戦っているためです(^^)笑
 
 
 
本当のことを言うと・・・
 
受付に座り、飼い主様とお話をしたり、可愛いわんちゃん、猫ちゃんとおはなしをしたいのが本音です(*^^*) ←秘密です(笑)
 
 
 
でも、お薬の作成もとってもとっても大事なお仕事なので、日々努力しています。
 
 
 
そして間違いがあってはいけないので、ダブルチェックがルールです。
 
1人が準備、作成し、もう1人のスタッフにしっかりと確認してもらいます。
 
 
 
「会計までの待ち時間が長い」
 
というお声をたくさんいただきます。
 
 
 
薬の作成に時間がかかってしまったり、薬が準備できても来院された方の受付をしたり、電話が鳴ったりし、お会計をスムーズにできていないためだと、とても反省しました。
 
 
 
「待ち時間が長い」
 
この問題を少しずつでも改善できるようスタッフ間でも何度も話し合い、対策を考え、実行→修正を繰り返しています。
 
スタッフみんなで力を合わせて改善していきたいです。
 
 
 
最近あまり前に出ることが少ない私ですが、受付にいる時には気軽に話しかけていただけると嬉しいです!
 
わんちゃん、ねこちゃんと触れ合ったり、おしゃべりをしたり、飼い主様とお話をさせていただく時間がいちばん好きです(^^)♡
 
kishimoto
 
 
 
これからもどうぞよろしくお願い致します(^_^)
 
 
 
kishimotosan
 
受付スタッフ
岸本

2018年5月19日 06:30熱中症について

院長の水越です。
 
まだ5月ですが、日中の暑い時間だと、熱中症にならないとは言えません。
 
今日は、熱中症について、知っておいてほしいことをお伝えします。
 
 
 
まず、熱中症になりやすい犬種や、状況は?
 
 
 
①なりやすい犬種
 
換気が下手な犬(短頭種:ブルドック、フレンチブルドック、パグなど)、太っている犬、毛が密な犬は体温が下がりにくい。

 
 
 
②なりやすい状況
 
気温が高い環境、運動、興奮、けいれん発作など。
 
 
 
次に、なぜ体温が上がるだけで、危険な状態に陥ってしまうか?
 
 
 

 
高い体温が続くと、体を作るタンパク質が壊れます。
 
そうすると、様々な臓器がうまく働くことができなくなります。
 
さらに悪化すると臓器が死んでしまい、全く働くことができなくなります。
 
例えば、脳の働きが悪化すると、最初は、眠そうにしたり、元気がなくなります。
 
さらに悪化すると、意識がなくなったり、けいれん発作を起こしてしまいます。
 
 
 

 
高い体温が続くと、過剰なパンティングが起こります。(運動後のようにハアハアと激しい呼吸をします)
 
パンティングによって、体温を冷まそうとしているのですが、吐く息には水蒸気が含まれているので、長時間続くと脱水症状に陥ります。
 
脱水症状が悪化すると、血液がドロドロになり、全身にうまく血液を送り届けることができなくなってしまいます。(ショックという状態です)
 
血液がうまく届かないということは、酸素や栄養の運搬ができないということです。
 
①と同様に、様々な臓器がうまく働くことができなくなります。
 
 
 

 
高い体温が続き、過剰なパンティングが起こると、喉や気管を痛め、腫れることもあります。
 
そうすると、呼吸による空気の出入りがうまくいかなくなります。
 
酸素の取り込み、二酸化炭素の吐き出しがうまくいかないということです。
 
この場合も、酸素不足などで、様々な臓器がうまく働くことができなくなります。
 
 
 
最後に、対策についてです。
 
一番重要なのは、熱中症にならないこと。
 
そのためには、
 
・熱中症のリスクが高い犬種、状況を理解する
 
・下記の期間は散歩を早朝にする
リスクが高い犬種 5月〜10月
その他の犬種 梅雨明け〜9月ごろ
 
・留守番をさせるときは、温度管理に気をつける
 
・車内や暑いところに放置しない
 
・万が一の時に備え、体温計を常備しておく
 
 
 
もしもの場合は、体を冷やしながら病院に直行です。
 
それが必要な体温は41度です。
 
ただし、40度を超えるようなら、その後こまめに(5分間隔)体温測定をしましょう。
 
39.5度まで下がれば安心です。
 
40度から上昇傾向であれば、「冷却」+「受診」が必要です。
 
 
 
<冷やし方>
・水で体を濡らしながら、風を送る
・脇の下、内股などは保冷剤で冷やす
 
 
 
shinsatushitu
 
 
 
短頭種気道症候群をご存知でしょうか?
 
フレンチブルドック、パグ、シーズーなどの短頭種(鼻ペチャ犬)に特有の問題です。
 
ちょっと動いただけで、喉をガーガー鳴らす息遣いになります。
 
短頭種は熱中症のリスクが高いですが、短頭種気道症候群を持つ犬は特に注意が必要です。
 
4歳までに矯正手術を受けることで、改善します。
 
短頭種気道症候群については、別に機会に詳しく説明します。
 
 
 
以上です。
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之

2018年5月17日 22:21獣医師の市田です

獣医師の市田です。
 
ガーデン動物病院に勤めて早2年、3度目の春を迎え新しいスタッフと挨拶を交わし、なんだか初々しい気持ちに戻っている今日このごろです。
 
さて今日は、私の「興味のあること、得意なこと」についてお話しします。
 
 
 
今、興味があって勉強中の分野は歯科と呼吸器科です。
 
歯科に興味を持ったきっかけは、この仕事に就き、意外と歯のトラブルを抱えている子が多いと感じたことです。
 
わんちゃん、猫ちゃんは自分で歯磨きをしません。
 
年を重ねるにつれ、歯は汚れ口臭も強くなるけれど、どうしたらいいかわからない、そんな飼い主様がたくさんおられ、少しでもその力になればと感じ勉強しています。
 
 
 
呼吸器科に興味を持ったきっかけは、救急診療でよく出会うのが「息が荒い」という症状だからです。
 
シンプルでわかりやすい症状ですが、緊急性が高く早急に処置が必要です。
 
限られた時間の中で、いかにして呼吸を楽にしてあげられるか、それを追求することに今はやりがいを感じています。
 
 
 
いずれの分野も、縁あって指導して下さる先生の元でまだまだ勉強中です。
 
 
 
余談ですが、ガーデン動物病院には私以外にもたくさんの先生がおられますが、みんな興味のある分野が上手い具合に分かれています。
 
 
 
忙しい日々の中で、他の先生方とディスカッションをしお互いの知識を共有し合う時間が、今の自分にとって、とても大切な時間になっています。
 
他の先生方も、興味のあること、勉強中の分野について書かれておられますので、どうぞご覧ください。
 
 
 
ichida
 
これからも精進し続けます。
 
よろしくお願い致します。
 
 
 
ichida
 
獣医師
市田

2018年5月13日 06:50受付の川上です

こんにちは。
 
受付の川上です。
 
今年は桜の開花も早く汗ばむ陽気だと思っていたら、急に冬に逆戻りなど気温の差が大きいですね。
 
皆様体調など崩しておられないでしょうか。
 
image-49
 
私はガーデン動物病院が開院する時から受付スタッフとして勤務しています。(産休などでお休みさせて頂いた期間もあります。)
 
それまではずっと人間の病院で受付事務をしていました。
 
 
 
色々な方と話す機会が多い職種というのもありますが、元々お喋り好きです。
 
動物病院も人間の病院も共通して言えるのは来院された方は皆さん不安な気持ちで来られると言う事です。
 
私もいつもそうです。
 
そんな時受付にこの人がいたら安心、何でも聞ける、何でも話せる、そういう受付(人)を目指し日々飼い主様と接していきたいと思います。
 
来院された際は是非色々なお話聞かせて下さい。
 
 
 
kawakami
 
受付スタッフ
川上
 

2018年5月11日 06:10獣医師の池田です

獣医師の池田です。
 
暖かい季節になってきて、レジャーやスポーツなどに勤しもうと画策する方も多いのではないでしょうか?
 
僕は走るのが好きなので、そろそろ身体を動かして体力つけて、忙しい生活を元気に乗り切ってやろうと思っています!
 
今日は自分の強み、頑張っていることについて書いていきます。
 
 
 
僕は動物全般大好きで、よく動物園や水族館にも行っています。
 
犬も猫も、爬虫類や両生類だって可愛らしくて好きですが、一番好きなのは猫です。
 
猫の勉強はとても好きで、これからもどんどん力を入れて取り組んでいきたいと思っています。
 
「猫の病気ならこの先生」と、任せて貰えるように努力を続けます。
 
 
 
獣医界では、猫は小さな犬ではない、という言葉がよく使われています。
 
猫に特有の病気も数多く存在します。
 
かかりやすい病気も違いますし、もちろん扱い方も違います。
 
 
 
猫の病気は診断が難しいこともありますが、犬の勉強と合わせて1つ1つの病気にしっかりと向き合っていきたいです。
 
image-47
 
 
 
また、僕はそんな猫や犬を大切にする人が大好きです。
 
飼い主さんの「小さな家族を大切にしたい」という強い気持ちに寄り添って、より懇切丁寧な診察を行うことは僕にとって何よりも大事にしたい部分です。
 
そしてそれは他の人には負けない自分の個性であり本当の強みだと考えています。
 
 
 
ワンちゃん猫ちゃんについて心配なことはありませんか?
 
些細な事でも気になることがあるなら是非相談下さい。
 
大切に想う気持ちは彼らの健康に繋がります。
 
 
 
ikeda
 
獣医師
池田航

2018年5月9日 06:30受付の清水です

こんにちは!
 
ガーデン動物病院へは自転車で通勤しています、受付の清水です。
 
これからどんどん暑くなるのでとても憂鬱です( .. )
 
 
 
簡単ですが、自己紹介をさせていただきます。
 
清水 希
21歳
1匹の猫と家族と暮らしています。
 
ご縁があって、猫と一緒に生活することになりました。
 
image-38
 
 
 
体重が増えてきているので、どんどん身体が大きくなってきています(´;︵;`)
 
でも、可愛いのでおやつをあげてしまいます(´;︵;`)
 
 
 
私は、受付として働き始めてから1年が経ちました。
 
「もう1年か!早いな~」と思います。
 
 
 
気づいたら、3年、5年と経っていそうで・・・。
 
そんな風にならない様に2年目はしっかりと意味のある1年にしたいです。
 
たくさん頑張ります。
 
 
 
「得意な事」をお伝えしたかったのですが、今はまだ、自信を持って言えることが無いのでこれから見つけていきたいです!
 
 
 
ただ、入社した頃に比べるとタイピングが早くなったと思います( ¨̮ )
 
 
 
私の理想は、ワンちゃんネコちゃんの体調にもしっかり気づけたり、飼い主様との意思疎通ができれば、素敵な受付になれると思っています。
 
お話をしていただいた時はとっても嬉しいです。
 
「話しやすい受付だな~」と思ってくださったら本当に嬉しくおもいます( ¨̮ )
 
 
 
新しい自分を見つけて、得意なこともたくさん増やしていきたいです。
 
 
 
まだまだこれからな私ですが、よろしくお願いします。
 
 
 
shimizu
 
受付
清水希

2018年5月7日 06:25防災対策

院長の水越です。
 
ペットと飼い主のための防災対策について、良い記事をみつけましたので引用します。
 
 
 
<急な災害に備えて>
 
まず自分の安全が第一で、落ち着いて自分とペットの安全を確保しましょう。
 
ペットも突然の災害にいつもとは違う行動をとってしまうことがあります。
 
リードやケージなどペットに配慮した対策を取りましょう。
 
 
 
1、ペットと同行避難
 
避難する時にはペットと同行非難することが原則です。
 
万が一、ペットと離れた場所にいた場合には、自分の被害状況、避難所との距離、避難指示などをしっかり考慮し、避難させるかどうかの判断が必要です。
 
もし、ペットとはぐれてしまった場合には、ペットの情報を、自治体の動物担当部署や警察等に届け出る事が大切です。
 
 
 
2、同行避難の方法
 
同行避難する際には、普段よりしっかりリードの確認や首輪がしまっているかの確認を行いましょう。
 
猫ちゃんの場合でも移動しやすいようにコンパクトなキャリーバッグやケージに入れ、逃走しないようにガムテープで固定することが必要です。
 
 
 
3、避難後の生活
 
様々な人が共同生活をする場において、ペットの存在は心の支えになるという方がいる一方で、アレルギーを持った方や、咬傷事故や鳴き声への苦情、体毛や糞尿処理など 衛生面でトラブルになることもあります。
 
ペットの飼育管理は飼い主の責任で衛生的な管理を行うとともに、飼い主同士で周りの人に配慮したルールを作ることも重要な仕事なのです。
 
 
 
4、ペットもストレスが溜まります
 
ペットは、ストレスから体調を崩したり、病気が発生しやすくなるため、飼い主はペットの体調に慎重に気を配り、不安を取り除くように努めなければなりません。
 
 
 
2017-10-24 12 24 32
 
 
 
<準備してほしいものリスト>
 
●いつもと同じものを
 
ただでさえ、いつもと違う環境になってしまいます。
 
普段と同じものを食べたり使ったりできるように日頃から準備しておきましょう。
 
お散歩時に使うようなコンパクトなものを用意してくと良いでしょう。
 
そして、お薬など命に関わるものは抜け漏れのないように準備してください。
 
 
 
●情報がわかるように
 
東日本大震災の時には名札もマイフロチップもないワンちゃんや猫ちゃんが沢山いました。
 
離れ離れになってしまった場合でも、できるだけ早く飼い主様の情報が分かるようにしておきましょう。
 
また、過去の病歴やワクチン歴、生年月日など、万が一の治療の際に必要な情報はメモしておきましょう。
 
 
 
<災害時に備えて準備しておきたいもの>
 
・お水(最低でも3日分)
・フード
・食事用の器(折りたためるものがオススメ)
・療法食
・お薬(最低でも1週間分)
・名札
・マイクロチップ
・リード
・キャリーケース          
・飼育メモ
(生年月日・病歴・ワクチン歴など)
・ペットシーツ
・タオル
・新聞紙              
 
 
 
災害時には、大きな混乱が予想されます。
 
ワンちゃんや猫ちゃんが安全・安心な生活を送れるように日頃から準備しましょう!!
 
 
 
IMG_5540
 
院長
水越健之

2018年5月5日 06:30動物看護師の上田です

初めまして。
 
私は動物看護師の上田 佳毬夜(うえだかぐや)といいます。
 
よろしくお願いします。
 
私はこの4月から正社員として働かせていただくことになりました。
 
念願の動物看護師になれたこと、嬉しく思います。
 
以前までは学校に行きながらアルバイトととして1年半くらい働かせていただいていましたが、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
今回は私が今頑張っていることについて話させていただこうと思います。
 
 
 
私が今頑張っていることは勉強です。
 
先輩方に教えてもらったり、教科書や動物看護師専門の雑誌を見たりして勉強しています。
 
ueda2
 
アルバイトの時とは違い正社員になるとお仕事の範囲も広くなります。
 
これからできるようにならないといけないもの、信頼されるような動物看護師になるために勉強しています。
 
まだ始まったばかりで分からないことやできないこと、疑問が多いのですが、先輩方のような動物看護師になるため頑張っています。
 
IMG_7556
 
命に関わるお仕事ですので、今まで以上に責任感をもつことと、たくさんの知識を身につけるだけでなく、行動できるようになりたいと思います。
 
まだ得意なことと言われるとこれといってありませんが、これから「これが得意です!」と自信を持って言えるように日々勉強をしていこうと思います。
 
IMG_7557
 
ちなみに学生時代に頑張っていたことは勉強はもちろん、学校のわんちゃんたちの変化に気付いてあげれるように観察することや担当犬と一緒にするセラピーを頑張っていました!
 
 
 
まだまだ未熟ですが、信頼されるような動物看護師になるため努力していきます。
 
これからもよろしくお願いします!
 
 
 
ueda
 
動物看護師
上田
 

2018年5月3日 06:30獣医師の因野です

獣医師の因野です。
 
獣医師5年目となりました。
 
そろそろ将来のことを考え始めないといけないなと思う、今日この頃です。
 
まずは、この4年間はほとんど旅行に行く機会がなかったので、今年こそは海外旅行に行こうと画策しています。
 
 
 
得意な分野・頑張っている分野は何か?
 
一言でいうと内科です。
 
外科、つまり手術といったら一見派手で凄いようにも感じますが、やっぱり内科です。
 
 
 
なぜ内科に魅力を感じるか。
 
検査が好きだからかもしれません。
 
検査結果からどういう状態かを考え、治療を選択するというプロセスが好きです。
 
また、薬の作用を考え、どういう目的でどういう薬を選択するかを考えるプロセスも好きです。
 
そして、一つ一つの知識は深くなくても、幅広く見られるようになりたいというのも理由の一つです。
 
なので、内科全般幅広く、だけど一部の分野に関してはより専門的な知識をつけたいと思っています。
 
 
 
内科が関連する分野は数多くありますが、その中でも特に、救急、循環器(心臓)、腫瘍に興味を持っています。
 
きっかけは、ただ単純に出会うことが多く、自分が勉強しないとダメだと感じたからです
 
 
 
現在は獣医循環器学会と獣医がん学会に所属して専門的な内容を勉強したり、その他興味のあるセミナーに参加して勉強したりしています。
 
また、それらの分野の知識を深めるために、検査のレベルも上げようと努力しています。
 
主に血液検査の解釈、エコー検査やレントゲン検査などの画像検査の技術、採取した細胞がどういうものなのかを診断する知識などです。
 
inno1
 
 
 
そして、日頃の診療に関しては、
 
・検査や処置はできるだけ負担をかけない
 
・必要な検査を実施する(何となくでは検査をしない)
 
・説明は簡潔に分かりやすくする
 
を心がけています。
 
 
 
今後も積極的にセミナーに参加し、新しい知識を取り入れていきたいです。
 
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
b2d3ecb3a55cc4b19df8d3ec2888ab0b-300x300
 
獣医師
因野
 

2018年5月1日 06:30リクルートツアー in 鹿児島&山口

院長の水越です。
 
またまたリクルートに行ってきました。
 
今回は鹿児島と山口です。
 
何度もリクルートに行っているので、顔と名前が一致する学生さんが増えてきました。
 
僕のことも覚えてくれている学生さんも増えてきたようです。
 
たぶん、良いことなんだと思います。
 
そして、今回のツアーでは嬉しいこともありました。
 
 
 
初日は鹿児島です。
 
鹿児島は学生さんとの懇親会だけ参加しました。
 
鹿児島の居酒屋では、芋焼酎を銘柄を指定せずに注文すると、「三岳」が出てくるんです。
 
プレミアムというほどの高級焼酎ではないですが、まあまあいい焼酎です。
 
大阪では考えられません。
 
 
 
そして、鹿児島の学生はよく飲みます。
 
お酒が好きな人に悪い人はいない(こともないかな・・・) 。
 
 
 
本音で喋っていたら、なんとなく人柄が見えてきます。
 
僕と合いそうか?
 
うちのスタッフと合いそうか?
 
そういうことも、なんとなく分かります。
 
そして、この学生さんは合いそうだと思ったら、一点集中でラブコールを送ります。
 
 
 
そういう意味で、説明会よりも、懇親会の方が重要なんです。
 
S__15769665
 
 
 
今回は大学主催の説明会があったため、他の団体も懇親会をしていたようです。
 
人数は少なかったですが、いい学生さんが集まってくれました。
 
 
 
二日目は、山口です。
 
僕の母校です。
 
今回も、勤務医の左と一緒に参加しました。
 
彼も山口大学出身です。
 
 
 
山口は説明会と懇親会に参加しました。
 
 
 
山口のリクルートは、半分OB会です。
 
僕がお世話になった先生、僕が学生時代の先輩や後輩が教官になっていたり、企業側の人間として、リクルートに参加している同級生や後輩がいたり。
 
ホームゲームなので、リクルート活動はかなり有利です。
 
 
 
IMG_2107
 
そして、今回は、去年からラブコールを送り続けていた山本くんから、就職希望の返事をもらうことができました。
 
それだけで、来た甲斐がありました。
 
ホッとしました。
 
山本くんは、左と同じ外科の研究室に所属しています。
 
即戦力として期待しています。
 
特に、オペ室やCTでは中心として活躍してくれると思います。
 
 
 
来年度の採用は、あと1名の予定です。
 
良い人材に巡り合えるように、リクルート活動を続けていきます。
 
 
 
mizukoshi
 
院長
水越健之

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド
  • セキュリテSIB
  • ゆっくりいそげ
  • 【期間限定】旬!めかぶ漬2019