セキュリテニュース 澤佐酒造 地酒ファンド

澤佐酒造 地酒ファンド2014年9月9日 20:29

澤佐酒造より投資家の皆様へメッセージが届きました。

澤佐酒造

先日、「澤佐酒造 地酒ファンド」は、おかげ様をもちまして、最大募集口数に達するお申込をいただき、受付終了となりました。
本ファンドにご参加いただいた、皆様に心より感謝申し上げます。
本日は、本ファンドの営業者である澤佐酒造合名会社からのお礼のメッセージをお届けします。
 
**************************

投資家の皆様へ
この度「澤佐酒造 地酒ファンド」へご出資いただきまして、誠にありがとうございます。
募集開始から多くの方にご出資いただけたことは、私たちのような小さな酒蔵の挑戦に暖かい応援のエールをいただけたようで感激いたしました。
 
皆様のご出資が集まった8月29日から、それを励みとして我々も安全で高品質なお酒造りの準備を始めさせていただいています。

そして多くの皆さんに知っていただくセールス活動にもより一層励んでいるところです。
来年1月の2年目「みのわ」の醸造に向けて9月13日には酒米「神の穂」の稲刈りを実施します。

昨年同様はさ掛けによる天日干し自然乾燥を行います。
来年4月には2年目純米大吟醸「みのわ」をお届けいたします。
楽しみにお待ち下さい。
 
「小さな酒蔵にしかできない大きな味わいの酒」を皆様にお届けする事業にどうぞご期待下さい。

澤佐酒造合名会社
15代目 澤 滋久

**************************
 
メッセージの中にもございましたが澤佐酒造では9月13日(土)に予定している稲刈りに併せて体験ツアーを企画しています。

詳細、お申込みにつきましては下記リンクより御確認ください。

※本イベントのお申込み、お問い合わせにつきましてはリンク先「お問い合わせはこちら」の、お問い合わせフォームよりお問い合わせ願います。

この記事だけを表示

澤佐酒造 地酒ファンド2014年8月28日 17:00

【募集開始致しました】澤佐酒造 地酒ファンド

澤佐酒造

【募集開始いたしました。】

間もなく募集開始の「澤佐酒造 地酒ファンド」の営業者よりご挨拶をいただきましたので、ご紹介いたします。

===========================

澤佐酒造合名会社
15代目 澤 滋久 ごあいさつ
 
伊賀地方の南西部に位置する名張市の中心部を流れる名張川の川沿いで、江戸時代寛政5年より日本酒の醸造を始めました。その頃の澤家は庄屋をしながら名張川の水流を利用した水車で菜種油の精製やお茶の加工などといった地元農産品の加工事業を行っていました。

酒造りも地元米の加工の一環として始めたようです。そんな経緯から創業以来、地元の米に拘っていましたが、近年の日本酒の高品質化の流れの中で他県の優良な酒米の使用も増えてまいりました。
結果として高品質なお酒が製造できるようになり、全国新酒鑑評会においても平成10年から平成16年までの7年間連続で金賞を受賞することが出来ました。

しかし、その間の売上は増えることがなく特に地元での売上は減少していきました。原因は日本酒離れと地元の皆さんの地酒としての誇りと酒蔵に対する関心が薄れたことだと気づかされました。
平成15年から杜氏として酒造りの現場に立つようになり、若い世代に飲んでもらいたい日本酒の開発に全力で取り組みました。

その結果「参宮旅街道アンプレヴュ」を発売しました。ドイツ語で「意外な-アンプレヴュ」の名前のとおりドイツの白ワインのようなテイストの純米吟醸酒を作り上げました。毎年増産しながら今日も弊社の人気商品として東京のフレンチレストラン「六本木農園」様をはじめとする料飲店様での取り扱いが増えております。

澤佐酒造 アンプレヴュ

新商品の開発で地元での需要を拡大したいと願っておりましたが、飛躍的な拡売とはならず、逆に地元以外での販売が拡大していきました。

平成22年頃より杜氏としての私の悩みは酒米の変化でした。夏場の高温により高温障害(収穫したお米が乾燥している)が年々進んで行くことでした。洗米から浸漬での苦労が増していきます。そんなお米に対する不満の中、一度米作りをやってみようと思い立ち、約3反の田んぼの田植えから圃場管理、田植えまでを経験してみました。毎日田んぼの水調整と畔の草刈り、無農薬の田んぼの草取りを経験して米作りの苦労が身に沁みたと同時に酒造りとの共通点から多くの気づきがありました。

澤佐酒造の地元の田んぼは面積が狭い田んぼが多く、米作りには効率の悪い場所だと思っていましたが、しかし大きな田んぼではできない水の管理ができること、お酒の発酵に必要なミネラル分はお米に含まれています。発酵に必要なミネラルを多くするため、田んぼの土壌作りが必要となり、大きな田んぼでは難しい事。など小さな田んぼの利点に気付かされました。

平成24年地元の地域づくり団体から地元で酒米を作りそれをお酒にして欲しいとの要望がありました。私としては渡りに船、とんとん拍子に話が進み、平成25年春には3反(4枚)の休耕田での酒造りが始まりました。

地元の米作りのプロ7名が酒米研究会として真剣に取り組んでくれました。そして最後の収穫には高温障害の対策として地域住民120名のボランティアによるはさ掛けによる自然乾燥を行っていただきました。一週間後、脱穀作業を行い20表近い三重県の酒米「神の穂」を収穫しました。

澤佐酒造澤佐酒造

翌年1月、一番酒造りに適した時期に純米大吟醸として醸し出されたお酒は「みのわ」と名付け、イラストレータ-千秋育子デザインのラベルと共に5月に発売しました。6月には1,200リットルのお酒は完売し、来年に向けての予約を開始しています。

澤佐酒造 みのわ 
 
地元の酒屋澤佐酒造の真の地酒を生み出す取り組みは始まったばかりです。酒蔵の裏手の田んぼには昨年の2倍近い酒米「神の穂」が刈り取りを待っています。清酒「みのわ」が生み出す地域と酒蔵の信頼関係を育てていきます。そして安心安全と信頼できる商品をより多くの地元の皆さん全国のみなさんに販売していきます。
 
本事業につきましてご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


【ファンドの詳細・お申込みについてはこちらから】
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=717 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス