セキュリテニュース 未来経済新聞

未来経済新聞2016年7月25日 10:14

茨城県 「平成28年度 新たな資金調達支援事業」 事業者の皆様向け説明会のご案内

この度、茨城県と「平成28年度 新たな資金調達支援事業」 事業者の皆様向け説明会を開催する運びとなりました。

【日時】
・2016年8月2日 14時~16時 茨城県立健康プラザ
・2016年8月3日 14時~16時 TCI つくば研究支援センター

【参加費】
無料

【対象】
茨城県内の事業者のみなさま

詳細は以下、ご案内をご確認いただき、必要項目を記載の上、FAXにてご返信頂ければ幸いです。

皆様のご参加、こころよりお待ちしております。

/data/blog/archive/original/28527.jpg

/data/blog/archive/original/28528.jpg

/data/blog/archive/original/28529.jpg

この記事だけを表示

未来経済新聞2009年3月28日 22:58

システムの力


どうもこんにちは。
ミュージックセキュリティーズの影山です。

ちょっと時間が経ってしまいましたが
先日のセキュリテオープンセミナー
金曜の夜であるにも関わらず駆けつけてくださったみなさま
本当にありがとうございました。

その際にお話しさせていただいた内容ともつながるのですが
今日、ちょっと書いてみたいのは「システムの力」ということ。

大学時代、ゼミでジョン・トムリンソンの「文化帝国主義」という本を読みました。

えらく前置きが長く
でもそれだけ、何かを断定することに慎重で
とても好感を持って読んだことを覚えていますが
その本の主題は、世界中にマクドナルドがあり
コカ・コーラが飲めるという今日を、
どのように理解すればいいかということ。

ときにそれは、「アメリカによる文化の押し付けである」と
単純化されて話されてしまうこともあるように思うのですが
それは少し一面的であるように思います。

理解が間違っていたら
ぜひご指摘いただきたいとも思うのですが
ジョン・トムリンソンがその本を通じて語っていたのが
近代資本主義というシステムの力学とでも言うべきもの。

つまり、世界中にマクドナルドやコカ・コーラを普及させることを
推進している「意志」とは、一体誰のものなのか?

「各社の経営陣がそれを志向しているのだ」と語ってしまうのは
それはそれで分かりやすいわけですが
本当にそうなのでしょうか?

その要素はもちろんゼロではないと思いますが
各社の企業行動をより強く動機付けているのは
実はシステムそのものなのではないのかと思うのです。

ジョン・トムリンソンはそれを
「近代資本主義による発展の無目的性」と呼んでいます。

つまり、誰か個人の意志によってそれが実現されているというより
システム自体が持っている企業行動への期待感こそが
世界中にマクドナルドやコカ・コーラを普及させる
原動力になっているのではないか、という考え方です。

近代資本主義が企業に期待する成果とは
「できるだけ短期に、売上・利益を成長させること」と
捉えることはできないでしょうか。

とすると、やはりマクドナルドもコカ・コーラも
誰が望むともなく、
自然とフロンティアを目指さなければならなくなる。

結果、副産物として
各国・地域固有の文化が喪失されるリスクが生じてくる。

このような捉え方はできないでしょうか。

こうした考え方は
明確に非難すべき「悪者」がはっきりしない分だけ
むしろ対処が難しい、という面があるかもしれませんね。


ちょっと話が大きくなってきてしまいましたが(笑)
実はセキュリテのこれからを考えるとき
こうした物事の捉え方も必要なのではないかと
思っているのです。

ですが、ちょっと長くなってしまいましたので
この話のつづきは、また後日!

 

この記事だけを表示

未来経済新聞2009年2月16日 01:48

未来から経済を考える

どうもはじめまして。
ミュージックセキュリティーズの影山です。

セキュリテで取り組みたいのは
「未来から経済を考える」ということ。

通常はニーズから組み立てることが多いですよね。

でもその結果が、思いがけない未来をつくり出すことがある。

ワンルームマンションが増えることが
結果、まちの関係性を失わせることにつながってしまったり
携帯電話の普及が
子どもたちのコミュニケーションスタイルを変えてしまったり

もちろん因果関係はそんなに単純ではないにしても、ですね。

いい面でも、悪い面でも。
そして多くの場合、それらが意識的な選択でなかったとしても。

セキュリテに登場する「投資対象」は
それがつくり出す未来を想像したとき
それは応援したい!、共感できる!と思える事業であって欲しいと
願っています。

おいしいお米を安心して食べられるいう未来
連綿と引き継がれてきた森が健全に守られている未来
それぞれの地域の良さを活かした産業が元気である未来

大切なものを守るということは
希望のもてる未来をつくるということなのですよね。

みなさんは、どんな未来を思い描きますか?

このサイトを通じて、そんな議論を積み重ねていけたらと思います。
どうかこれから、よろしくお願いいたします。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス