ファンド詳細受付中

岡山湯原温泉 ペット同伴旅館作りファンド

「ペットも大切な家族」大型犬と泊まるペットオーナー夢の旅の実現を応援

一口金額21,600円 申込状況受付中
地域岡山県 真庭市 参加人数 19人
分野観光・宿泊 募集総額5,260,000円
募集期間2017年1月31日~
2017年4月28日
シリーズ晴れの国「岡山県」
特典
・ご本人様及びご家族様のお誕生日前後30日間にペット同伴宿泊施設対象施設「YUYA」ご利用の際宿泊料金(1泊2食付き)を半額。

・トラベルシリウスグループ(湯原温泉・蒜山高原・関金温泉エリア)の2年間の
投資家優待パスポートを進呈
 ・宿泊施設20%OFF (参考:1泊2日12,000円の場合、9,000円になります。)
 ・温泉施設50%OFF (参考:入浴料800円の場合、400円になります。)


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 岡山湯原温泉 ペット同伴旅館作りファンド
営業者 有限会社トラベルシリウス
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 5,260,000円 (263口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 21,600円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,600円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2017年1月31日〜2017年4月28日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2017年10月1日~2019年9月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2018年9月30日
第2回 2019年9月30日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
72,954,231円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

岡山湯原温泉 ペット同伴旅館作りファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

12. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

13. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

14. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

15. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

16. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

18. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

19. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2017年8月までにYUYA(湯原国際観光ホテル2階)の改装を完了できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

20. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

21. 店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者が、本匿名組合事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者が、本匿名組合事業の業態のままでは事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について

事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/2934/事業計画.jpg



(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立29年目の会社です。創業以来、温泉旅館の経営及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a.宿泊施設の改装
事業計画達成には、宿泊施設の改装が必要になります。この点営業者は、すでに改装に着手しており、一部施設は先行して営業を行っております。
b.利用者の確保
事業計画達成には、利用者の確保が必要になります。この点営業者は、長年の実績に基づく温泉旅館経営のノウハウを有しています。大型犬を同伴して宿泊が可能な高級温泉旅館という特徴を生かし、周辺の宿泊施設と差別化を図ることで利用者を確保する計画です。
 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×7.21%÷263口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×7.21%÷263口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)−リクープ売上金額(税抜))×1.51%÷263口×1口

 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)
/data/fund/2934/分配シミュレーション.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2017年1月31日~2017年4月28日
2 会計期間 2017年10月1日~2019年9月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 2018年9月30日
第2回 2019年9月30日
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2016年12月31日現在)
/data/fund/2934/営業者の概要.jpg


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2016年12月27日現在)
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 岡山湯原温泉 ペット同伴旅館作りファンド
ペットと一緒に旅館へ泊まることの難しい現在において、岡山県真庭市に位置する「湯原国際観光ホテル菊之湯」にて、「ペットも大切な家族」という想いのもと、小・中型犬だけでなく、大型犬や猫など他のペットでも同じ部屋に一緒に泊まりたい、そんな飼い主の方の夢の旅を叶える温泉旅館づくりを目指すファンドです。                            

本ファンド対象事業の魅力

西の横綱にランクされる名湯。中国地方の温泉のトップランナー、「湯原国際観光ホテル菊之湯」/data/fund/2934/SUNAYU.jpg

トラベルシリウスが運営する「湯原国際観光ホテル菊之湯」は、岡山県県北の真庭市、湯原温泉郷にあります。湯原温泉郷は「露天風呂番付」で西の横綱にランクされる名湯で、目の前を流れる旭川を眺めながら温泉に浸かることができるかけ流し温泉「砂湯」は、宿から歩いてすぐの所にあります。

平成18年の開業以来、地元の山海料理の数々が堪能できる宿として、スタッフのアットホームなおもてなしを大切に営業してきました。また、過去には天皇陛下もご宿泊された由緒あるホテルでもあります。この「湯原国際観光ホテル菊之湯」を運営するトラベルシリウスは、昭和53年に開業。岡山県湯原で一軒の旅館からスタートしました。
 
以来40年近くに渡り中国エリアを中心に、「宿泊温泉事業」を事業の柱として、「旅行バス事業」、公園やスポーツ施設運営を行う「観光交流事業」など、計20を超える施設、事業を運営しています。
 
平成21年からは、これらの経験、蓄積された運営ノウハウを生かし、地方自治体の宿泊施設、温浴施設の指定管理を開始し、経営再建のお手伝いも行っています。

「すべての家族へ温泉旅を」届けたい/data/fund/2934/DSC_6588.jpg

これまでの40年近く、トラベルシリウスが事業を通して真摯に向き合ってきたもの、それは旅における「家族と過ごす時間」の大切さと、「家族旅」における私たちスタッフをはじめ、旅館や旅そのものが果たすことのできる役割についてです。
 
トラベルシリウスは、「すべての家族へ温泉旅を」を、コンセプトに掲げ、全スタッフが一丸となって家族で過ごす旅先の時間を、より特別な時間にしていただこうと取り組んできました。例えば、小さな赤ちゃんがいらっしゃるご家族でも、安心して旅を楽しんでいただけるように、赤ちゃんが楽しめる専用のエリアを設け、怪我をされないように設備を整えました。
 
その結果、中国エリアで初めて、子ども連れでも安心して過ごすことができる「ウエルカムベビーの宿」に認定されました。これらは全て、「家族と過ごす旅の時間」が、特別な時間に、特別な思い出になって頂きたい、そんな願いからです。


「ペットと一緒に旅をする」高いハードル/data/fund/2934/写真➃.jpg

そして今、日本人にとっての旅が、時代によって様々に変化する中、新しい家族旅のカタチが生まれています。それが「ペットと一緒に旅をする。」そんな家族旅のカタチです。これまでペットを飼っている人が旅に出るということは、大切な家族であるペットと離れ離れになる。という、苦痛を伴うものでもありました。
 
「一緒に旅行へ行けない」「車中泊をさせなければいけない」
 
大切なペットを預けて旅行に出かけた場合、旅の途中で「元気にしてるかな?」と、心配になることもあるでしょう。私たちは飼い主の方のそんな問題を解決したい、という想いから、これまでも、数年前より、岡山県下では先陣をきって、積極的にペットとの同伴宿泊を受け入れてきました。
 
それでも現在は、小・中型犬との同伴宿泊の受け入れが主で、大型犬や猫など他のペットの受け入れの実現までには至っておらず、施設面でも、サービス面でも非常に高いハードルがあるのが現状です。

ペットと一緒に過ごす温泉旅をすべてのペットオーナーへ/data/fund/2934/写真⑤.jpg

トラベルシリウスは創業以来、家族における旅の在り方。を考え、時代とともに変わる家族のカタチに向き合ってきました。
 
「ペットも大切な家族の一員」
 
そう考えるからこそ、大型犬も含めたペットたちと同じ部屋でくつろぎながら一緒に思う存分、家族旅を楽しんで頂きたい。「すべての家族へ温泉旅を」を掲げるトラベルシリウスにとって「ペットと過ごす温泉旅」を、お客様に楽しんでいただけるようになるという課題は、とても重要なものです。
 
そこでトラベルシリウスは、全国的にも希少である大型犬と同伴宿泊可能な旅館を目指し、別邸YUYA(ゆや)を2016年12月に開業しました。
 
別邸YUYAは、「湯原国際観光ホテル菊之湯」の2階フロアの全面をペット同伴で宿泊可能とする新しいコンセプトの宿としてリノベーションし、現在客室3室でお客様を迎え入れ始めたところです。オープンしたばかりでようやく「空間」が揃い、必要最小限の環境が整ったところで、まだ改装が出来ていない客室もあります。
 
そのため本ファンドでは、お客様により快適に過ごして頂くため、そしてよりたくさんのペットオーナーの皆様にご利用頂けるようにするため、さらなる施設とサービスの拡充を目指すための資金を募集します。
 
具体的には、まだ改装が出来ていない残りの客室のリノベーション費用の一部や、ペットとオーナーが館内でくつろぐことのできるパブリックスペース(プレイルーム)の費用、またその場所に必要なサービスグッズの購入などです。
 
本ファンドを通してご縁をいただける皆さまからお力をお借りし、利用者やファンの方の声を施設や運営に活かすことで、温泉宿ではこれまでにないペット総合サービスの充実した宿泊施設になることを目指します。
 
この投資で別邸YUYAを皆さまと共に完成させたいと願っています。

旅はその時代の家族を映し出す/data/fund/2934/写真⑥.jpg

昔から日本人にとっての「旅」は、その時代の「家族」のカタチを反映してきました。そしてトラベルシリウスはその家族を考える場が「旅館」であると考えています。一方、2020年のオリンピックを控え「ホテル」が全国的に増加傾向にある中、「旅館」は減少傾向にあります。
 
トラベルシリウスは、日本人にとっての家族と一緒に過ごす時間、家族を考える大切な機会が減っているのではないかと、考えています。人生においても、私たちが家族と過ごす時間は確実に減っています。たとえ同じ空間にいても、スマートフォンの画面を見ていたり、テレビを観ていたりといった形です。
 
そのような中で、家族での会話が増えたり、感動を一緒に共有する、人生においてかけがえのない家族との時間になる体験を提供できるのが、「旅」だとトラベルシリウスは信じています。
そしてまずは「ペットも大切な家族」という考えのもと、小・中型犬だけでなく、大型犬や猫、その他のペットと一緒に「温泉旅」を楽しんでいただくことができるように変わることで、今の時代の「家族」の時間を考える、家族との時間を大切にする、一つのカタチを実現したいというのが、トラベルシリウスの考えです。。
 
本ファンドをきっかけに、家族を考えることのできる場である「旅館」を増やし、日本人における「家族」の時間を増やしていきたいと考えています。
 
ぜひ皆さんのお力をお貸しください。

営業者紹介

有限会社トラベルシリウストラベルシリウスは、岡山県・鳥取県を中心に、総合リゾート事業を展開「宿泊温泉事業」を核として、「旅行バス事業」、「観光交流事業」を展開する観光リゾートの総合商社です。運営施設での飲食業も含め、観光と旅に関わるサービスをトータルに実践・開発しています。

/data/fund/2934/トラブルシリウス 会社ロゴ .png

社名の由来
旅館創業後に、バス送迎サービスをはじめたことをきっかけに、会社設立時にバス事業・旅行事業を開始。旅館だけでなく、「旅」を通じた総合観光サービスで地域を元気にしていくことを目指すため、「旅」という意味のトラベルに、「観光」という光輝くものを観るという意味で、太陽を除く地球上から見える最も光り輝く恒星「シリウス」を合わせた。
人生の中で旅という時間は感動的で心と記憶に深く刻まれる瞬間であり、お客様の旅が私たちのサービスを通じて最も輝く瞬間であってほしいという意味も含まれている。
 
【会社沿革】
昭和53年(1978年) 旅館菊乃家開業
平成元年(1988年)  会社組織、有限会社トラベルシリウス設立開業。旅館業、保険代理店、バス・レンタカー事業を中心とした業務開始。
平成5年(1993年)  第2種旅行業開業
平成7年(1995年)  ゆばらの宿米屋開業
平成9年(1997年)  一般旅客貸切バス業開業
平成11年(1999年) 湯原憩の家七福を管理運営
平成18年(2006年) 湯原国際観光ホテル菊之湯開業
平成21年(2009年) 貸別荘Vira de YUBARA 開業
平成22年(2010年) 上郡ピュアランド山の里指定管理開始
ファミリーイン大山セカンドホテル開業
平成23年(2011年) 朝霧温泉ゆ・ら・ら、ハイランドマウンテン、北山健康温泉、多目的スポーツ施設すぱーく出雲指定管理開始
平成24年(2012年) 淡路東浦サンパーク、うかん常山公園石の風ぐるま指定管理開始
              コンサル事業、株式会社シリウスリレーションズ起業。
平成25年(2013年) 一棟貸し別荘ホテル 4 LINES SPACE 開業
平成26年(2014年) ホテル蒜山ヒルズ、快湯館、蒜山スポーツ公園指定管理開始
              分社化(株式会社イコール)
              奥津温泉米屋倶楽部奥津開業(株式会社イコール)
平成28年(2016年)  ゆばらの宿米屋別邸KAEDEオープン
              湯原国際観光ホテル菊之湯別館YUYAオープン
              柚子の宿千里園開業(株式会社イコール)
              稲荷山健康センター開業(株式会社シリウスリレーションズ)
 
【参考ウェブサイト】
・会社ウェブサイト (http://www.travel-sirius.jp/) 有限会社トラベルシリウス
・グループ店舗紹介サイト  (http://www.omotenashi-onsen.com/) おもてなし温泉リゾート
・湯原国際観光ホテル菊之湯サイト (http://www.yubara-kikunoyu.com/

代表者・担当者紹介

代表取締役 池田博昭(画像左側)/data/fund/2934/写真⑦.jpg /data/fund/2934/写真⑧.png

2010年 有限会社トラベルシリウス 代表取締役就任
2013年 株式会社シリウスリレーションズ 代表取締役就任
倒産した温泉地一番の大型旅館を買収後、わずか1年で経営を立て直し、初年度から黒字化。その後、行政管理の公共施設の経営を立て直し、次々と黒字化に成功。
自社独自チャンネルからの集客企画と、徹底した経費削減、人材育成ノウハウを有し、地域づくりにも精通する。現在、湯原町旅館協同組合理事長、真庭市観光連盟理事も務める。


ペット同伴ファンドプロジェクトリーダー(取締役) 芦田倍芳(画像右側)

2001年入社。営業部長、支配人を経て、2010年取締役就任。
現在は、経営企画、店舗統括管理などを行う。今回のペット同伴プロジェクトは2年間の構想を経て実現。今後更なる事業拡大を推進し、企業ブランドを構築することを目標としている。
この観光産業、リゾート産業で働くスタッフへ、この仕事の意義、やりがいや夢を与え、後に、未来の子どもたちがなりたい仕事トップ5にあげてくれるようになることを最終目標に掲げる。


代表者メッセージ
私たちは、創業から一貫して「どのようにすればお客様のお役に立てるのか」ということを大切にしてきました。

世界最古のホテルは、この日本にあり、その歴史は1300年を数えます。そのホテルは「温泉旅館」です。1300年の時代の変化がある中で、この産業は時代時代にあった役割を果たしてきました。湯治、旅籠、旅館と、その時代に求められるニーズに応えつつ、その根源にある文化を守り続けてきました。そして今、観光産業は、大きな変革の時を迎えようとしています。

民泊、インバウンドもさることながら、余暇の過ごし方そのものの変化と、旅に求められる価値そのものを見直す時が来たように感じています。私たちのミッションは、「旅と温泉文化の未来を創造し続ける」ということです。

インバウンド増加という中で、国内旅行は緩やかながらも減少を続けています。また、国内旅行で大きなシェア率を誇る「家族旅行」は、2003年統計より、2015年には最も低い水準となっています。実は、人口減少という中でも、家族世帯数は増加を続けており、世帯規模が縮小し、未婚化・晩婚化・離婚の増加による「単身世帯」の増加や、「夫婦のみのディンクス世帯」・「一人っ子世帯」が増加しています。

つまり、家族という形態も細分化されている中で世帯数も増えており、家族旅行に行く機会が増加してもおかしくない状況ながらも、その家族旅行が減少をしているのです。
これは、経済的理由もさることながら、家族の余暇の時間や、行きたくてもいけない旅のハードルが存在していると私たちは考えています。その事は、今もなお、余暇に求めるもので変わらぬ1位が「温泉旅行」であるということが示しています。

家族というあり方が細分化され、シングル親家族、介護親と子の家族、ペットと暮らす夫婦家族、赤ちゃん連れ家族、ジェンダーマイノリティ夫婦など、それぞれの家族がストレスなく、豊かな余暇を過ごし、家族との思い出と感動を共有する場所を提供していくことこそ、私たちが貫いてきた「どのようにすればお客様のお役に立てるのか」という信念に向き合い、新たな時代の旅と温泉文化の創造につながるのだと確信しています。

「旅」は人生における物語の大きな役割を果たします。その旅に誰と一緒に行くのか?という事はとても大切であり、その大切な人と過ごす時間に温泉旅館という、いわばコミュニケーションを深める最高の場所にしていくことが、私たちが提供すべきサービスだと考えています。

「すべての家族に温泉旅を」を実現するために、この湯原温泉ペット同伴ファンドは大きな挑戦への一歩となります。皆さまと共に、旅と温泉文化を後世に残し、皆さまをその素晴らしい旅と温泉文化へお招きしたいと思います。何卒ご支援の程宜しくお願い致します。

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う、YUYA(湯原国際観光ホテル2階)事業のことです。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。
 

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/2934/資金使途.jpg

投資家特典

※本特典は、ペット連れでない家族、おひとり様でもご利用いただけますのでご安心ください。
※ご利用に際しては、本特典の注書きを熟読してください。

A.ご家族の旅・記念日旅行特典
 ご本人様のお誕生日前後30日間に、今回のファンド対象施設である「YUYA」ご利用の
 場合は、誕生日の方の宿泊料金(1泊2食付き)を半額に致します。
 なお、本ファンドの資金を用いて改修するYUYAのお部屋(和を重視した部屋タイプ/料金23,000円相当の予定)でもご利用頂けます。

例 
 YUYA客室スタンダード 23,000円 ⇒ 11,500円税別
 /data/fund/2934/特典Aスタンダード.png

 YUYA客室スイート   37,000円 ⇒ 18,500円税別
 /data/fund/2934/特典Aスイート.png


B.ご家族の旅・料理グレードアップ特典
 ファンド対象施設「YUYA」へご利用の場合
 ・大人料理グレードアップ 
   基本コースのステーキを「国産黒毛和牛ステーキ」へ
   グレードアップ無料。
 /data/fund/2934/特典B.jpg
 
・小人料理グレードアップ
   基本コースのお子様料理(12歳まで)に、ワンドリンク(ジュース)を無料で。


C.ご家族の旅・同伴ペット特典
 ファンド対象施設「YUYA」へ、ペット同伴宿泊の場合
 ・ペット宿泊料金(2,000~5,000円)を1匹対象に、2年間無料に致します。
 /data/fund/2934/特典C.png


D.ご家族の旅・応援特典
 トラベルシリウスグループ(湯原温泉・蒜山高原・関金温泉エリア)の2年間の
 投資家優待パスポートを進呈
 /data/fund/2934/特典D.jpg

・宿泊施設20%OFF (参考:1泊2日12,000円の場合、9,000円になります。)
・温泉施設50%OFF (参考:入浴料800円の場合、400円になります。)
(利用可能施設は下記のとおりです)
  ・湯原国際観光ホテル菊之湯(旅館)
  ・ゆばらの宿米屋(旅館)
  ・ホテル蒜山ヒルズ(ホテル)
  ・国民宿舎SEKIGANE BASE(ホテル)2017年4月開業
  ・せきがね湯命館(温泉施設)
  ・蒜山やつか温泉快湯館(温泉施設)

E.ご家族の旅・アクセス特典
 岡山駅より直行無料送迎バス便(季節便)を無料でご利用いただけます。
 /data/fund/2934/特典E.png

(ご予約について)
※ご予約は、旅館へ直接お電話またはメールでお願い致します。
・0867-62-2111
・kikunoyu@yubara-kikunoyu.com(YUYA担当 黒田)
※GW・お盆・年末年始については、対象外となります。通常の休前日は対象となります。(休前日は早期に満室になる場合がございます)
 
(注1) ご利用可能期間は2017年10月〜2019年9月を予定しております。
(注2) Aについては、1年間で該当者1名につき1回の利用が出来ます。
(ご利用30日未満に誕生日に該当する場合に限ります。なお、ご利用時は、誕生日がわかる証明書が必要です。)
(注3) B~Dについては、2年間いつでもご利用いただけます。
(注4) B〜Dについては、同伴者の方にも適用されます。
(注5) Eについては、期間中はいつでもご利用いただけます(季節限定便になりますので、HPで運行日を必ずご確認ください。)
(注6) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注7) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注8) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。

このファンドを申込む

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス