ファンド詳細

受付中 RATTA RATTARRアートファンド

既存概念にとらわれないプロダクト製作事業を応援

一口金額31,500円 募集総額10,200,000円
事業者名株式会社チャレンジドジャパン 参加人数 19人
地域宮城県 仙台市
長野県 軽井沢
分野ファッション・工芸、小売
募集期間2018年1月26日~
2018年7月31日
シリーズ杜の都仙台応援ファンド
特典
■1口ご出資の方
オリジナルハンカチ(送料込3,000円相当)を1枚ご送付
■2口ご出資の方
オリジナルハンカチとクッションカバー(送料込み9,000円相当)をご送付
■3口ご出資の方
オリジナルストール(送料込み12,000~14,000円相当)をご送付
■4口ご出資の方
1口の特典と3口の特典をご送付
■5口ご出資の方
2口の特典と3口の特典をご送付
■6口お出資の方
1点物ランプシェード(送料込み33,000円相当)をご送付
■7口以上ご出資の方
6口の特典と、ご出資口数-6口分のハンカチorクッションカバーをご送付

詳細はページ下部投資家特典部分をご参照ください。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 RATTA RATTARRアートファンド
営業者 株式会社チャレンジドジャパン
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 10,200,000円 (340口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 31,500円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,500円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2018年1月26日〜2018年7月31日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 本匿名組合契約の資金を用いて増産を開始した日の翌月1日より3年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
第3回 会計期間開始日より3年後
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
19,615,385円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

RATTA RATTARRアートファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. 生産に関するリスク
本匿名組合事業の商品の生産については、原料の調達状況、設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21. 新商品に関するリスク
本匿名組合事業には新商品の生産及び販売が含まれます。当該新商品については、商品の研究開発スケジュールの進捗状況や研究過程における不慮の事故等により、開発が失敗に終わり、商品化できないリスクがあります。また、新商品の生産及び販売の体制構築、販路の拡大等に予想外のコストや時間を要する可能性があります。これらの結果、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/4134/売上明細.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立10年目の会社です。創業以来、障がい者就労支援及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. RATTA RATTARRブランド製品の生産
営業者は従前より製品の生産を行っており、既に生産に必要な原材料の仕入先、生産設備、生産技術を有しております。また、クリエイターやデザイナーなど必要な人員も確保しております。
b. RATTA RATTARRブランド製品の販売
営業者は従前よりデザイン製品の販売を行っており、既に販路を有しております。また、今後は常設販売店の拡大や過去に出店した百貨店での催事を通じて売上の拡大を図ります。
c. 新商品の生産販売
本匿名組合契約の対象事業には、新商品の生産販売が含まれます。この点営業者は、既に商品開発を進めており、新たなデザインの開発、新アイテムへの商品展開に向けて取り組んでいます。
 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×52.0%÷340口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×52.0%÷340口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×7.0%÷340口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)
/data/fund/4134/シミュレーション表.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2018年1月26日~2018年7月31日
2 会計期間 本匿名組合契約の資金を用いて増産を開始した日の翌月1日より3年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
第3回 会計期間開始日より3年後
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年12月31日現在)
/data/fund/4134/営業者概要.jpg


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年12月31日現在)
/data/fund/4134/取扱者外概要(株主三井住友).jpg
 
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • RATTA RATTARRアートファンド
『RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)』とはデザインとクラフトのブランドならびに軽井沢にあるアトリエの総称です。RATTA RATTARRを運営する株式会社チャレンジドジャパンは、これまで様々な障がいのある方の就労支援を行って参りました。当ファンドでは、RATTA RATTARRのブランド強化を目的として、原材料費を募集します。ご出資頂いた様には、口数に応じてRATTA RATTARR新作デザインの商品をお届けします。

本ファンド対象事業の魅力

RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)は株式会社チャレンジドジャパン(本社仙台市)が運営する事業所の一つ「ひゅーまにあ軽井沢」で生み出されるブランドです。独特な存在感を放つ商品の成り立ちや当事業の魅力をお伝えします。
 
RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)とは?RATTA RATTARRとはデザインとクラフトのブランドならびに軽井沢にあるアトリエの総称です。ここではクリエイター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)の相互補助関係によって制作が行われています。クリエイターは日々作品を描いたり、スウェーデン式の織機で織物を作っています。

既成概念にとらわれないプリミティブで無垢な感覚を持ったクリエイターと発見する力や応用する力をもったアトリエリスタ。両者が一体となり作品を制作することで、独自のデザインを可能にしています。
避暑地として知られる軽井沢の気候が相まって、どこかに北欧風デザインの意匠も感じられ、しかしそういった枠組みだけには収まらない個性をよく映した商品たち。RATTA RATTARRが特徴的なのは、クリエイターの独創性を最大限生かすため、定番のデザインを持たない点です。おおよそ四季に沿って展開する新商品は、毎回フレッシュなデザインを使用するため、シーズンごと新たな表情があります。「今回のデザインはどういったコンセプトだろう?」という高揚感を楽しめる商品です。

/data/fund/4134/8.jpg
【軽井沢のアトリエの様子】
豊かな自然に囲まれた環境の中で創作活動を行っています。手作業によって作られたデザインのため、描き手の癖やそれぞれが得意とするパターン、配色、形など、クリエイターの存在や息吹を感じられるのがRATTA RATTARRの魅力です。

/data/fund/4134/4.jpg
【クッションカバー】
柔らかな印象と無垢な曲線が織りなす模様はどのようなインテリアにも合いそうです。
 
クリエイターとアトリエリスタが作り上げるデザイン
クリエイターとアトリエリスタが作り上げるデザイン
RATTA RATTARRでは、作品を描き上げるクリエイター(障がい者)と、作品をデータ化し、トリミングや色味調整を行うアトリエリスタ(支援員)の相互補助関係によって作品を商品に昇華しています。アトリエリスタはクリエイターへ作品テーマや使用画材の提案を行います。クリエイターの個性や得手不得手を熟知したうえで提案を行うので、クリエイターは自身が持つ感性や個性を生かした制作が可能となるのです。

クリエイターは、自身に合致したピースを得て、自身の感性でもって残りのピースを組み合わせ、作品を完成させます。ひゅーまにあ軽井沢で働くアトリエリスタの一人である山﨑氏は、「こちらの意図とは違う反応が返ってくることがほとんどで、その偶然がとても面白い。私たちはそれを唐突の美と呼んでいます」と言います。クリエイターとアトリエリスタが日々、誤解やすれ違いを繰り返しながら共同作業することによって魅力的な作品を引き出すことが出来るのです。
 
RATTA RATTARRをより多くの方に
RATTA RATTARRは通常の卸販売以外に、百貨店での催事や、原画の展覧会等を行ってきました。特に百貨店での催事ではハンカチやミニスカーフ等の販売を行い、アーティスティックながらも日常的に使用することが考えられたデザインは多くの人々を惹きつけました。また柄数が多いのも特徴で、1シーズンのハンカチでは約50柄を展開しています。お気に入りのデザインを見つけていただくことができます。

/data/fund/4134/2.jpg
【日本橋三越本店での催事風景】

/data/fund/4134/3.jpg
【ハンカチやミニストールの展示販売】

/data/fund/4134/5.jpg
【原画の展示会】
2016年11月にルヴァン美術館で行われた展覧会の様子
 
RATTA RATTARRのクリエイターたち
RATTA RATTARRのクリエイターたち
力強かったり、心地よいリズムであったり、見たことのない色の組み合わせであったり。クリエイターたちの作品は、既成概念に侵されていない無垢な中に確かに「意思」を感じるものが多いのが特徴的です。

通所するクリエイターたちは皆、障がいのある方です。クリエイターは自身の作品が商品に採用されると、商品の販売額と製造数量に応じたロイヤリティを受け取ります。自分たちがつくったものが商品となり、消費者の手に渡る。そしてロイヤリティとして収入を得るということは、彼らの自立につながります。同時に自身が社会という循環の中に生きているという実感がクリエイターたちの自信となっています。

継続的な売上のためRATTA RATTARRでは消費者が本当に欲しい、商品自体に魅力があるから購入したいと思われるような一般市場で勝負できる魅力的な商品を目指しています。一時的なボランティア精神の購買では継続的な売上につながらないと考えるからです。

クリエイターとアトリエリスタが相互に関係を深め、アトリエリスタは作品のプロデュースを、クリエイターは更に自身の腕や感性を磨き、より良い作品をつくれるように。RATTA RATTARRというブランドには、彼らの熱い思いが潜んでいるのです。

/data/fund/4134/CJ8.jpg
【クリエイターの作品】
Title:ゆき・こおり
Artist:Yuki Sato
Size:395mm×295mm
Material:水彩紙
Tools:Acrylic paint
Year:2016.2
 
RATTA RATTARRを全国へ!増産にかける想い
当ファンドでは、商品を増産するための原材料費と新商品の開発費用を募集します。RATTA RATTARRが増産へ踏み切ったのは、より多くの方に商品をお届けするためです。今後事業を拡大し、ブランドの知名度がより高まることで、クリエイターの活躍の場や販路拡大へ繋がることが見込まれます。

そのためにはしっかり事業として進めることが大事です。安定した生産、売り上げはクリエイターの自立へとつながります。自立や自信を得ることで、さらに豊かな精神で作品制作に向かうことができます。RATTA RATTARRをビジネスとして確立させることで好循環を生み、福祉業界に新たな風を吹き込みたいと意気込みを語ってくれました。

今後の増産・販路を広げることにより事業規模を拡大していく予定です。具体的には、販売箇所を増やし、新しいアパレルアイテムの投入、高価格帯商品の追加、大手ファブリックメーカーへのデザイン提供、既に取引のある大手百貨店との関係強化など、事業拡大の施策を考案しております。

一見ハンディキャップと捉えられがちな部分が、反対にプラスに転換される可能性を秘めているのがアートです。クリエイターとアトリエリスタが相互理解を深めることによってアートとデザインが融合し、更なる力を発揮します。皆様からの投資はクリエイターの自立を支援いただけることとなります。福祉の現場から規制概念にとらわれない革新的なコミュニティの力を全国に発信し続け、業界に新たな風を吹き込む当事業の応援を、皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 

営業者紹介

株式会社チャレンジドジャパン2008年設立。仙台市に本社を有し、全国23拠点(2017年12月現在)の就労支援事業所にて、障がい者の雇用に係る事業を中心とした事業を行っています。
チャレンジドとは「Be challenged by god(神から挑戦することを与えられた人)」という障がいがあることを前向きに捉えた言葉であり、チャレンジドの「働きたい」という思いを叶えたい、それを全国のチャレンジドにお届けしたいといった思いを込め、社名をチャレンジドジャパンと命名しました。

株式会社チャレンジドジャパン:https://ch-j.co.jp/
RATTA RATTARR:http://rattarattarr.com/

代表者紹介

代表取締役 白石 圭太郎(しらいし けいたろう)/data/fund/4134/cj社長.jpg
東北大学経済学部を卒業後、メガバンクで法人融資業務を担当。2008年12月に大学時代の同級生らと「株式会社チャレンジドジャパン」を創業。2009年9月からは障がい者の就労支援事業所を運営開始。障がい者支援や福祉施設経営の充実に加え、福祉の中核で働く人材の育成にも力を入れる。東北大学大学院経済学研究科修士課程修了、社会福祉法人チャレンジドらいふ理事長も兼任する。
 

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う、デザインブランド「 RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)」事業であり、当該事業の売上金額に基づいて、損益の分配を行います

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/4134/資金使途.jpg
 

投資家特典

口数に応じた特典をファンド会計期間中に送付致します。特典の発送時期に関しましては、ファンド会計期間開始後に追ってお伝えします。
各口数に応じた特典内容に関しましては以下をご確認下さい。

■1口ご出資の方
オリジナルハンカチ(送料込3,000円相当)を1枚ご送付
/data/fund/4134/RRアイテム_ハンカチ.jpg
※柄は特典配送時期の新作のラインナップからお選び頂けます。画像はイメージです。

■2口ご出資の方
オリジナルハンカチとクッションカバー(送料込み9,000円相当)をご送付
/data/fund/4134/クッションカバー.jpg
【クッションカバー】
※柄は特典配送時期の新作のラインナップからお選び頂けます。画像はイメージです。

■3口ご出資の方
オリジナルストール(送料込み12,000~14,000円相当)をご送付
※シルクコットンorウールを選択いただけます。
/data/fund/4134/シルクコットンストール.jpg
【シルクコットンストール】

/data/fund/4134/左ウールS・右シルクコットン.jpg
【左:ウールストール 右:シルクコットンストール】
※柄は特典配送時期の新作のラインナップからお選び頂けます。画像はイメージです。

■4口ご出資の方
1口の特典と3口の特典をご送付

■5口ご出資の方
2口の特典と3口の特典をご送付

■6口お出資の方
1点物ランプシェード(送料込み33,000円相当)をご送付
/data/fund/4134/ランプシェード.jpg
※ランプシェードは全て手書きの1点物となりますので、発送までにお時間をいただく場合がございます。
※画像はイメージです。全て手作りの品となりますので、柄は1点ずつ異なります。

■7口以上ご出資の方
6口の特典と、ご出資口数-6口分のハンカチorクッションカバーをご送付
例:20口お申込の場合
ランプシェード1点と14個のハンカチorクッションカバー(ハンカチ10枚、クッションカバー4枚 等)
 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2018年2月2日 15:40初めまして

はじめまして。
当社のページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
『RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)』とはデザインとクラフトのブランドならびに軽井沢にあるアトリエの総称です。ここではクリエイター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)の相互補助関係によって制作が行われています。クリエイターは日々作品を描いたり、スウェーデン式の織機で織物を作っています。

RATTA RATTARRを運営する株式会社チャレンジドジャパンは、これまで様々な障がいのある方の就労支援を行って参りました。当ファンドでは、RATTA RATTARRのブランド強化を目的として、原材料費を募集します。ご出資頂いた様には、口数に応じてRATTA RATTARR新作デザインの商品をお届けします。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
HP→http://rattarattarr.com/

 


このファンドを申込む

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • お肉のファンド
  • 結果が早く見えるファンド
  • 「finan=sense.」特集
  • 	【ご奉仕価格】三陸プチ焼きほや (2月28日まで)