お知らせ 日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド

2020年4月2日 20:00

「きれいな酸。そして、個性派ぞろい」 うちうち試飲会でソムリエさん

昨日、仕事を手伝ってもらっている大学ゼミ同期のアルコール大好き人間と、ゼミ同期の高校同窓の女性ソムリエの3人でうちうちの試飲会を行いました。
試飲したのは6本。輸入を決めている3本と、扱うかどうかを悩んでいる比較的低価格帯の3本です。

6本の総合的な評価は「どれも香りと酸味がしっかりある」。
そして、日本ではまず飲めないブドウ品種を使っていることに加え、ワイナリーによって香りと味の醸成のされ方が違うからでしょう、「個性派ぞろい」という評価も得ました。

「爽やかな香りで、酸味がしっかり。素直な果実味だけが感じられて雑味がなく、後口には酸だけが残ってきれいに終わっていく」「きんきんに冷やしたらおもしろいかも」
「バナナ的な要素が加わったリースリング系の香り。酸味と渋み、にがみのある味わいは香りとまったく違う。オイル香もあり、独特」「マニアックな人には受けそう」

「あんずのような香り。苦みがあり癖が強い一方で、すごくきれいな味わい。香りがすぐには開かず、置いていると酸味が穏やかになってよりおいしくなる」
「香りが強くて酸味もある」。しばらくしてもう一口飲んで「この娘、だんだん好きになってきた」

絵面が少し悪くてすみすみません。お皿に載っているのはバケットとフォアグラパテです。
ボトルはトカイ・アスーの6プットニョシュとケークフランコシュなどが入った赤です。
赤の方は「色も香りもいいし、スパイシーでおいしい。アニマル臭は好かれると思うし、バランスもよい。酸味を嫌がる人がいるかも」
そして、貴腐ワインのトカイ・アスーは「飲みやすく甘みもある。酸味がしっかりしているので甘いけど、すっきりしている」との評価でした。
白やロゼの時にはバケットが口直しにぴったりでしたが、トカイ・アスーにはフォアグラパテがベストマッチ。フォアグラパテは赤よりもはるかに貴腐ワインにマッチし、改めてこの組み合わせ(マリアージュ?!)の良さを感じた次第です。
そして、香りと酸味がしっかりしているという全体的な評価は、私がハンガリーワイン全般に感じていたことなので、同じような評価がなされてほっとしています。

 

この記事だけを表示

2020年4月2日 18:00

動画「誰も1人ではない」 ハンガリーの新型コロナ対策

私がハンガリーに3度目の渡航をしたのは、仕入れ先との交渉を進めないと輸入自体ができない状況にあったからですが、日本ではすでに新型コロナウイルスの感染者が増え始め、イスラエルなどが日本人の入国拒否を始めていました。「ハンガリーも日本人を入国拒否にするのではないか」。そんな懸念を覚え、駐日ハンガリー大使館に電話するなどして情勢を確認し、ハンガリーに入国したのが3月5日正午ごろでした。

当時はハンガリー国内に感染者は出ていなかったのですが、この日にイラン人留学生の感染が判明。翌日には日本人団体旅行客15人に咳などの症状が出て、病院に運ばれました。診断の結果、15人とも感染していないことが確認されましたが、そこからのハンガリー政府の対応は素早かったです。

WHOがパンデミック宣言を出した11日に非常事態宣言を出し、コンサートやイベントを禁止、大学は遠隔授業となりました。13日、知り合いのピアニストが出演したコンサートは規模が小さかったためぎりぎり開かれましたが、その後にピアニストらと入った格式あるレストランは100人規模のスペースがあるにも関わらず、客は私たちだけでした。そのうち午後3時以降のレストランやカフェの営業は禁止となり、薬局の中には1人ずつしか入れなくなって薬局前に列ができました。

街にほとんど人がいなくなった3月20日、私はブダペストを発ちました。その段階での感染者は70人程度でしたが、イタリア、フランス、スペインと急激に犠牲者が増加するなか、ハンガリーの感染者も増加。政府は3月28日から国民に外出制限を求め、職務上の義務や経済・農業・林業活動、通院治療やリフレッシュのための自宅近くでの運動などのほかは禁止され、工場の休業も相次いでいるようです。

4月1日現在の感染者は500人超。ハンガリーの人口は1000万人弱ですので、日本の人口で計算すると6000人を超えていることになります。ハンガリー政府の危機感は強く、3月30日には政府に広範な緊急措置命令権限を与える法案が可決されました。この動きは批判的に報じられました。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57458480R30C20A3000000/

オルバーン・ヴィクトル首相の「強権統治」はこれまでも批判されているところですが、この法律に対する批判が正鵠を射ているのかどうかは、あと何カ月かあるいは1年を超える時間を経ないとわからないでしょう。

ただ、オルバーン首相は割と粋なこともしています。

下の動画はオルバーン首相が発表したというビデオ「Egyetlen Magyar sincs egyedül(誰も1人ではない)」です。
もう1つ下の動画は、外出制限下のブダペストの様子とのことです。
すごくきれいな映像ですが、私がつい最近行っていた場所がこうなっていることに寂しさを覚えました。


 

この記事だけを表示

2020年3月31日 19:00

NAAR TOKAJI Hárslevelű száraz fehérbor 2018

みなさま、こんにちは。
株式会社La Baratの飯塚隆志です。
昨年5月末から3週間ほどハンガリーに行き、「トカイワイン、いけるんちゃうん」と思いながら過ごしてきました。そのうち、大学ゼミ同期が共感してくれ、本格的に輸入を目指して再訪したのが昨年12月。この3月には3度目の訪問を果たし、輸入に向けた環境はほぼ整いました。
ミュージックセキュリティーズさんのおかげでクラウドファンディングを立ち上げることまででき、さらには多くの方に共感していただけていること、大変ありがたく、幸せに思っています。

タイトルにしたNAAR TOKAJI Hárslevelű száraz fehérbor 2018は写真のボトルのワインです。

NAARさんは、トカイ・ワイン地区にあるワイナリーです。ですから、NAARさんのHárslevelű(ハールシュレヴェリュー)というブドウを使った辛口白ワインということになります。ちなみに、szárazは辛口、fehér borは白ワインを意味するハンガリー語です。 
Hárslevelűは白ワイン用のブドウで、フルミントとブレンドしてトカイワインに使われることの多い品種です。ハンガリーの国土のほとんどを占めるカルパチア盆地の原産で、トカイ地区を中心に栽培されています。
辛口なのですが、爽やかなきれいな香りがあり、味もきれいです。

なぜ、このボトルについて書いているかというと、食品検疫用の文書が初めて整ったボトルだからです。
輸入に向けたあれこれの準備のなかで最も苦労したのが、この文書集めでした。
できれば、年初に先行サンプル検査という形で食品検疫を済ませ、早々に輸入したい。
この思いが叶わなかったのは、ひとえに文書集めに苦労したからです。

ですが、文書は整いました。
まだ、1種類分だけですが、1つが整ったことで、他のボトルの文書もそう遅くないうちに整うと思います。
そうすれば、4月中に初荷を関空に持ってこれるのではないか。
そう期待しています。

早い段階で、次のよいお知らせをご報告できたらと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

この記事だけを表示

2020年3月28日 14:01

【募集開始のご挨拶】

みなさま

はじめまして。
株式会社La Baratです。

このたび、『日本と繋ぐ ハンガリーワインファンド』の募集を開始いたしました。

新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、東京五輪の延期が決まるなど、暗雲立ち込める
中ではありますが、いつまでもウイルスの蔓延状況が続くわけではありません。
東京五輪も来年の開催に向けた準備が始まっています。

世界中で航空便の運航停止が続く中であり、空輸コストの上昇が懸念されるところでは
ありますが、いつかは平時に戻ります。その時に向け、自社サイトの作成作業など、コ
ロナウイルスが蔓延する中でもできること、やらないといけないことに取り組んでいき
ます。そして、なるべく早く輸入を始めたいと思っています。

感染爆発を防ぐための外出自粛生活が求められるなか、ハンガリーワインの販売だけで
なく、ハンガリーの良さをお伝えすることで、ささやかな楽しみを提供することができ
たら、とても幸いに思います。

ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 La Barat
代表 飯塚 隆志
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.