お知らせ 青森 下北ワインファンド2015

2016年8月20日 12:00

青森県内の豪雪地域、むつ市川内町。


ここ、むつ市川内町袰川地区は、積雪が1.5mを超える青森県でも有数の豪雪地区です。

下北ワイン専用農園として18年目となった圃場で毎年つづく大雪による圧雪の地滑りで、ぶどう樹のほとんどが湾曲してしまいました。

でも、その生命力強く新芽を育み、次へ繋げてくれている。

/data/blog/archive/original/28846.jpg
(写真:フランス原産ぶどう品種のメルロ)

この記事だけを表示

2016年7月23日 17:00

第2ワイナリー<プレオープン>!!

青森県大鰐町(旧 青森ロイヤルホテル別館 地下1F、2F)に7月21日8時よりプレオープンしました。青森県のりんご生産量日本一は有名ですが、スチューベン(ぶどう)も全国生産量が日本一なんです。スチューベンは、青森県と同じ北緯41度のニューヨーク発祥のぶどうで酸味も残しながらショ糖を多く含み、糖度の高い黒ぶどうです。第2ワイナリーでは、青森県産に「こだわり」県産スチューベン・県産りんごなどを使用したワインを製造してまいります。 
≪お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。お待ちしております。≫

〒038-0223 青森県南津軽郡大鰐町大字島田字滝の沢100-9

お問合せ TEL:0172-55-8312  

この記事だけを表示

2016年7月23日 16:00

無農薬栽培に失敗したことのある圃場。

8年前、自然派ワイン(ビオワイン)が世界で注目されていたころ弊社でも無農薬に挑戦しました。

結果は大失敗。
この圃場全体に病気が蔓延し、この年ぶどう収穫はゼロ。


約2,000本のぶどう樹は弱り収穫量の回復まで5年かかりました。
日本は雨も多く完全無農薬は難しいです。

しかし、7年前から弊社は青森県特別栽培農産物(減農薬)を行っております。

この記事だけを表示

2016年7月23日 15:00

全圃場で7月12日から結実が始まりました。

これまでの新梢を伸ばす作業から、新梢とぶどうへ送られる養分の配分を考慮した作業「摘葉・敵房・摘心」で品質が決定する大事な時期への突入です。

この記事だけを表示

2016年7月23日 13:00

病害防除は、新梢直立性と風通しから!

伸びすぎた下草刈りと飛び出た新梢の誘引結束作業も終わろうとしています。新梢の特徴である「直立して育つ」性質を利用し、枝が重ならないように誘引することで全ての葉が日光を浴び、風の通りも良くなって病害の発生が軽減されています。

この記事だけを表示

2016年7月8日 13:00

ネットを張り巡らして害獣対策。

/data/blog/archive/original/28131.jpg

収穫時期になると甘い香りに近寄る小動物たちには、毎年収穫量の1~2割のぶどうを食べつくされてきました。

最近では、天然記念物の「日本カモシカ」の姿を現すようになり簡易ネットを張り巡らすことで防除しています。
この近くの森林にはクマも生息することが確認されていますが、まだ、ぶどうの味は知らないようです。

この記事だけを表示

2016年7月8日 08:50

新圃場の耕作地では植栽が始まりました。

今回はシャルドネです。

/data/blog/archive/original/28130.jpg

ただし、3,000本の注文に届いた苗木は500本?

苗木納入業者から接木に失敗したとの連絡が入り担当社員に落胆の声が!
プロでも難しいワイン用ぶどう樹の苗木管理。

日本では、すごく貴重な「ワイン専用ぶどう樹」だという事を再認識した一件でした。

この記事だけを表示

2016年7月1日 13:00

梅雨時期に入り日々伸びるぶどう枝(新梢)と雑草との戦い

農園全体への草刈りには、機械防除(乗用と手動の併用)でも2週間ほどかかります。

これと同時進行で行われているのが「飛び出た枝(新梢)」を支柱に沿って張り廻られている針金の内側へ入れ込む作業です。

/data/blog/archive/original/28128.jpg

この作業が遅れると柔らかい新梢は「風雨」の影響で根元から裂け落ち、剪定時期の結果枝選びに苦慮することになります。

/data/blog/archive/original/28129.jpg
 

この記事だけを表示

2016年7月1日 08:50

順調に生育しているライヒェンシュタイナー

日本では希少品種のライヒェンシュタイナーを醸造した白ワインが「2014ジャパン・ワイン・チャレンジ」にて金賞をいただくことができ、今ではワイン好き以外の方からも名を知られるようになった「下北ワインKanon(カノン)」。
その時の販売本数は720ml換算で6,255本でした。

その間(4年間)に新開拓し植栽されたこの圃場にはライヒェンシュタイナー約3,000本が順調に育っています。

/data/blog/archive/original/28127.jpg

 

この記事だけを表示

2016年6月24日 10:00

ホタテの貝殻を使用し酸性土壌の改良に挑む!

/data/blog/archive/original/27829.jpg

青森県で水産業の第一位はホタテです。
年間約7.6万トン(平成24年度)が水揚げされ国外へも出荷されています。
貝殻は全体の約5分の1だけが有効活用されるが、その他は廃棄物として処理されるのが現状です。
私たちは、その廃棄される貝殻を畑で役に立てようと購入し、土壌改良剤として利用。少しでも自然環境に役立てればと思っています。

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.