被災地からのレポート 喜久盛酒造

喜久盛酒造2015年12月14日 12:00

【日本酒マニアック博】大阪・梅田にて12月28日より




激レア!喜久盛酒造のカップ酒が28組のクリエイターと奇跡のコラボ!

12月28日より大阪・梅田LOFTにて開催される【日本酒マニアック博】であの「タクシードライバー」を世に送り出した喜久盛酒造が複数のクリエイターとマニアックにコラボレーション!オリジナルのカップ酒というスタイルで震災からの再建を応援します!ここでしか買えないオリジナルデザインのカップ入り純米酒は間違いなくレア度が高いことでしょう。日本酒ファン注目のイベントです。

【イベント詳細】
会場:ロフト梅田店

近年盛り上がりを見せる日本酒ブームを日本酒にまつわる文化的側面やアート・ポップカルチャーなどマニアックな視点でおくる「日本酒マニアック博」を開催!

■会期:12月28日(月)~2016年1月13日(水)最終日午後6時閉場
■入場料:300円(小学生以下無料)/学生・ロフトアプリユーザ200円

チャリティ・デザインカップ酒展

異色の地酒「タクシードライバー」を生み出した喜久盛酒造の震災からの再建を28組のクリエイターがデザインしたカップ酒で応援!会期中、各種限定60本をチャリティ販売!◎各種1本:税込888円※なくなり次第終了

<参加クリエイター>
今井トゥーンズ(イラストレーター)/KYOTARO(ドローイングアーティスト)/KEN THE FLATTOP(イラストレーター)/黒田潔(イラストレーター)/福田透(イラストレーター)/五月女ケイ子(漫画家/イラストレーター)/安斎肇(イラストレーター)/ニシワキタダシ(イラストレーター)/conix(イラストレーター)/青木俊直(漫画家)/KAMI(グラフィティアート)/福井利佐(切り絵作家)/テリー・ジョンスン(イラストレーター)/湯村タラ(イラストレーター)/ひびのこづえ(コスチュームアーティスト)ツバキアンナ(現代浮世絵師)/早川鉄兵(切り絵作家)/多田玲子(イラストレーター)/Saki Murakami(デザイナー)/THE ME(アートディレクター)/ミック・イタヤ(ビジュアルアーティスト)/土屋秋恆(水墨画家)/愛☆まどんな(嫌われない程度に愛されたい女流美術家)/伊藤桂司(グラフィックアーティスト)/かくたみほ(写真家)/O’Sige(グラフィティ)/大日本タイポ組合(タイポグラフィ集団)水野しず(イラストレーター/モデル)※順不同/敬称略




 

この記事だけを表示

喜久盛酒造2015年12月4日 11:00

【タクシードライバー】27BY初しぼり



平成27年12月2日、27BYタクシードライバー1号のしぼりが実施されました。
まずは届きたての写真をご紹介いたします!













早く飲みたいですね~!
数量限定で生原酒を販売予定です。詳細をお待ちください!

2015.12.7追記:生酒の販売について
火入れをしていない搾りたての生タクシードライバーの販売ですが、
セキュリテセットの配送手段では品質を維持したままお酒をお手元に
お届けすることが困難であると判断し、今回の販売は見送りとさせて
いただきます。大変申し訳ございませんが、何卒ご了承いただけます
ようお願い申し上げます。

 

この記事だけを表示

喜久盛酒造2015年12月1日 11:00

【27BY】しぼり始めてます!



いよいよこの時期がやってまいりました。先週より喜久盛酒造では27BYのお酒をしぼり始めております。ますます活気づいている蔵の様子をドンドンご紹介してまいりま~す♪











みなさまお待ちかねのタクシードライバーも間もなく初搾りの予定。なんと!数量限定で【生しぼりタクドラ】を限定発売する予定です!どうぞお楽しみに! 



 

この記事だけを表示

喜久盛酒造2015年10月9日 10:00

【BY27】酒造りが始まりました



喜久盛ではBY27の酒造りが始まりました。さっそく蔵の様子を激写しますのでどうぞご覧ください!




チェ・ゲバラが洗米しています。





まだまだ続きますよ~。乞うご期待!


 

この記事だけを表示

喜久盛酒造2015年4月1日 19:00

タクシードライバー仕込み日記

タクシードライバー仕込み四号を搾っている最中、喜久盛酒造の本社から持ってきた醪ポンプが突然壊れました。







移転先の蔵に残されていた手動式ポンプを発見!




釜のお湯で試運転してみると、どうにか使えそうだった為、タンク2本分のお酒はこれで搾りました。いい運動になりました。

この記事だけを表示

喜久盛酒造2015年3月18日 17:00

今日の搾りの様子です

みなさまこんにちは。

おかげさまで仕込みは順調・・・と言いたいところですが、
釜&竈の損壊→修復と醪ポンプの破損という想定外のトラブルが立て続けに発生しました。一時的に仕込みをストップし、今週から再開したところでございます。


今日は長野県で『十九』を醸す尾澤酒造場様からお借りした醪ポンプでタクシードライバー仕込み六号を搾りました。
 



当初は三月いっぱいまでだった仕込みも甑倒しが五月頭になりそうで、もうしばらく多忙な日々が続きそうです。どんなアクシデントが発生したのか、破損の状況を次回以降でご紹介してまいります。


▼タクシードライバーが飲める!セキュリテの被災地応援イベント▼
【3月21日(土)開催】 震災から4年~東北の食を楽しむランチ&トークイベント~
https://www.securite.jp/news/oen?a=2734


▼引き続きファンドでの応援をお願い致します▼
【ファンドの詳細・お申込はこちら】

https://www.securite.jp/fund/detail/715
 

この記事だけを表示

喜久盛酒造2015年2月27日 11:33

品質も販路も評価も好調。あとは、安定生産する製造環境。

ミュージックセキュリティーズの猪尾です。
 
昨年から新しい蔵で本格的な製造を再開した岩手県・北上の喜久盛酒造。
 
12月半ばに初めて出荷を行ってから2カ月半が経過しました。

 
 
ここまでの状況を藤村社長から伺ってきましたので以下の被災地レポート、
ぜひご覧ください。
 
-新しい杜氏に新しい蔵での酒造り。品質はどうですか?
 
杜氏ともかなりいい関係で酒造りができていますし、
結果としてはとてもいいお酒ができていると思います。
 
実際に、タクシードライバーの売れ行きは昨年よりも早く、昨年はタンク1本分
を販売するのに3ヵ月かかったのに、今年は既に翌月には完売状態となっています。
 
12月に製造したタンク2本分は1月中に完売。今月出荷分も2/3は予約が入っています。


-すごいですね。その販売好調の理由は何でしょうか。
 
商品の独自性と着実にリピーターや既存のお客様からの口コミが広がってきた成果
だと感じています。
 
タクシードライバーは岩手県産の「かけはし」というお米を使用しており、
冷でも燗でのどちらでも楽しめるお酒を目指しています。
食事にも合わせやすいという評価を頂いています。
 
また、今年に入っても県外の取引先の酒販店が増加しており、
以前はこちらから営業が多かったですが最近は先方から
依頼が増えてきました。
 
お客様からの評判を知って頂いて取引を始めてくださる酒販店が増えています。

 
-とてもいい循環になっていますね。では、今一番困っていることは何でしょうか。
 
今回、出資者の皆さまの資金でバーナーや製氷機など購入もし設備補強は行った
のですが、まだまだ使用できると思っていた米を蒸す釜が割れてしまいました。
 
現在の酒造所は、前の蔵である白雲が平成24年まで製造していた設備が多く
残っていたのでその設備も多く使用しているのですが、製造量が白雲より当社は
だいぶ多く、大丈夫だと思っていた設備が色々と不具合がでてきており、
その修理を行いながら、現在製造を行っています。
 
釜の応急処置の修繕も20万円、買い替えもこの後必要で約100万円
くらいかかる見込みです。
 
 
-それは厳しいですね。そのためにもファンド資金が重要ですね。
では、最後に出資を検討している皆さまにメッセージをお願いします。
 
 
まずご出資頂いた皆様、本当にありがとうございました。
みなさまの資金は既に設備は人件費などに使用させて頂いており、
おかげさまでタクシードライバーを出荷することができました。
 
いま、ご出資を検討してくださっている皆様には,
まずタクシードライバーを飲んで頂きたいと思います。
 
震災から4年の間にいろいろありましたが、やっといい体制で
あとは安定していい酒を生産していく環境作りまでになりました。
 
本ファンドは10年間のお付き合いとなりますが、
地酒業界に新しいブランドを刻むつもりで取り組んでまいります。
ぜひ、ともに10年間、その広がりを一緒に歩んで頂ければと思います。

-ありがとうございました。

 
本ファンドも残りあと10%、130万円までとなりました。
 
品質も販路も評価も揃ってきて、あと必要なのは、
安定して生産するための製造設備とその購入資金。
ぜひ、みなさま、応援をお願い致します。

【ファンドの詳細・お申込はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/715
 

この記事だけを表示

喜久盛酒造2014年12月25日 13:39

年末のご挨拶

2014年8月より募集を開始いたしました。
おかげさまでファンド募集開始にあたり、作成した事業計画を順調に遂行しております。
今年10月より廃業した蔵をお借りして酒造りを開始し、12月20日に新酒の初出荷を行いました。

蔵を借りることができたこと、
また蔵で造る日本酒を全て純米酒にするという同じ思いを持つ
杜氏を迎えることができたことで、昨年よりも順調に復興が進みました。

現在抱える課題は、「資金調達」および「販路の開拓」です。
設備投資は十分させていただきましたが、新酒の出荷が軌道に乗るまでは
運転資金がまだ潤沢な状態ではありません。
今後もファンドの募集を続け、必要な資金を集めていきます。
また、今後は県外にもっと販路を見付けたいと考えております。

2015年は、年度内に製造した商品を完売し、
翌年度の増産に繋げていきたいと思います。

本数限定で出資者の方々に販売しましたタクシードライバーもすぐに完売いたしました。
みなさまの応援と期待の表れと思い、身が引き締まる思いです。
今後とも喜久盛酒造およびタクシードライバーへの応援のほどよろしくお願いいたします。

喜久盛酒造五代目蔵元
兼 代表取締役社長
藤村卓也


この記事だけを表示

喜久盛酒造2014年12月1日 12:43

新蔵での酒造りを開始!12月には新酒販売予定!!

震災の影響で酒蔵が半壊、醸造機器も損壊する
大きな被害を受けた喜久盛酒造。

今年10月に隣接する花巻市の酒蔵に移転して酒造りを開始しました。
喜久盛酒造の看板商品となった、「純米生酒」のタクシードライバーを仕込んでいます。
壱號は12月初旬から搾りを開始し年内の販売を目指しています。








===============================================
「喜久盛酒造仕込み蔵移転ファンド」のお申込み・詳細はこちらから
https://www.securite.jp/fund/detail/715

この記事だけを表示

喜久盛酒造2014年11月21日 14:56

今年10月より移転して酒造りを開始。まだまだ機材が必要です。



今年2014年、10月より自主廃業した株式会社白雲の仕込み蔵を
使用させていただき、酒造りを開始しました。
また、盛川泰敬杜氏を新たに迎えました。

蔵で造るすべての日本酒を純米酒に切り替えるという意志を
藤村社長と共に抱え、蔵一丸となって今年の酒造りが始まりました。
喜久盛酒造の新しい看板商品となったタクシードライバーの仕込みを現在進めています。

酒造りが始まりながらも一部の機材が足りていません。
 
被災により酒蔵が半壊となるなど大きな被害を受けた喜久盛酒造。
蔵を移転しましたが、酒造りのための機材が一部足りていない状況です。
今月11月も、もろみの温度管理の必要に迫られ製氷機の購入を行いました。
ファンドの資金を活用して機材の購入を行い、
主力となる「タクシードライバー」を造るとともに、
新しく岩手県産の米を使用した純米酒を造ります。
 
========================================================================================
「喜久盛酒造仕込み蔵移転ファンド」の詳細・お申し込みはこちらから
========================================================================================

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス