被災地からのレポート 震災から4年。現在の課題と求められるもの

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 14:10

被災地からのレポート-2014年総集編-

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
各事業者固有の課題もあれば、地域の課題もあります。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。

▶37社のダイジェスト版を見るにはこちらをクリック

半数以上の事業者が「今年の方がよい」と回答する一方、ファンド募集当初に立てた計画に対しては、35%以上の事業者で遅れが生じています。
-当初の計画より進んでいない(13/37社)
-当初の計画より進んだ(8/37社)
-ほぼ計画通り(16/37社)



▶各事業者ごとの詳細は下記をクリックしてご覧ください。

丸光製麺(宮城県気仙沼市/製麺・販売)
八木澤商店 (岩手県陸前高田市/醤油・味噌・つゆ等の加工)
斉吉商店 (宮城県気仙沼市/小売、水産加工等)
アンカーコーヒー (宮城県気仙沼市/飲食店)
石渡商店 (宮城県気仙沼市/ふかひれ加工、製造)
ヤマウチ (宮城県南三陸町/鮮魚、魚介類の生鮮品販売等)
タツミ食品 (宮城県石巻市/わかめ・昆布の養殖・加工等)
津田鮮魚店(石巻津田水産) (宮城県石巻市/鮮魚の加工・小売等)
寒梅酒造 (宮城県大崎市/清酒製造)
及善商店 (宮城県南三陸町/水産加工・製造)
星のり店 (宮城県七ヶ浜/海苔養殖・加工)
菱屋酒造 (岩手県宮古市/清酒製造)
三陸とれたて市場 (岩手県大船渡市/地魚の加工食品開発等)
三陸味処三五十 (岩手県山田町/飲食業・食品加工)
伊藤 (宮城県南三陸町/水産加工)
マルセン食品 (宮城県南三陸町/かまぼこ製造・水産加工等)
酔仙酒造 (岩手県陸前高田市/清酒・焼酎製造)
御菓子司木村屋 (岩手県陸前高田市/菓子製造・販売)
のり工房矢本 (宮城県東松島市/海苔の加工・販売)
山元いちご農園 (宮城県亘理郡/いちご農園)
ヤマジュウ (北海道霧多布/水産加工)
いわ井 (岩手県陸前高田市/和雑貨等の販売)
盛屋水産 (宮城県気仙沼市/牡蠣・魚介の養殖等)
さんいちファーム (宮城県名取市/健康野菜の栽培等)(※)
佐藤造船所 (宮城県石巻市/船舶の製造・修繕等)

木村水産 (宮城県石巻市/水産加工)
大木代吉本店 (福島県西白河郡/清酒等の製造・販売)
KFアテイン (宮城県仙台市/塗料メーカー)
マルトヨ食品 (宮城県気仙沼市/水産加工)
東北とらやフーズ (宮城県石巻市/水産加工)
三陸オーシャン (宮城県仙台市/食品製造・販売)
歌津小太郎 (宮城県南三陸町/水産加工等)
ドラゴンフラワーズ (宮城県岩沼市/花壇苗生産等)
世嬉の一酒造 (岩手県一関市/清酒・ビール等の製造、レストラン業等)
藤田商店 (宮城県気仙沼市/水産加工)
鵜の助 (宮城県石巻市/わかめ・昆布の養殖・加工等)
矢部園(宮城県塩竈市/お茶等の製造・販売)
喜久盛酒造(岩手県北上市
/清酒製造


セキュリテ被災地応援ファンド
参加事業社の地域
















※ さんいちファームにつきましては、事業の継続が不可能となりファンドを終了したため、今回はアンケートを実施しておりません。

この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 13:59

大木代吉本店(福島県西白河郡/清酒等の製造・販売)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【大木代吉本店の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んでいない
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
今年の方がよい


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

当初の計画と比べると、蔵全体の工事完了時期が少し遅れております。修復工事内容の変更や工事業者の不足が原因です。ただし工事は引き続き行われており、2015年春には全ての工事が完了し、新たなスタートをきることができそうです。
震災前の旧酒蔵や設備と改修後の現在の蔵を比較すると、導線に配慮したコンパクトな立地施設になり、稼働率が高く、安全な職場環境、良酒醸出の環境等が格段に改善されました。


◆現在、直面している課題を教えてください。

原発・風評被害、販路の開拓

原発事故は未だマスコミを刺激し収束に至っておりません。
反面、弊社社長が陣頭指揮に立った酒造りは背水の陣が功を奏し、新たな顧客、酒類専門店との新規取引成立等需要開拓が徐々に増えております。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

資者の皆様との交流を深められる、「日本酒を愉しむ会」などの開催を希望致しております。
その際にはよろしくお願いいたします。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

法人税減税、金利の見直し等期待します。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

以前はボランティアで、蔵の修復活動の一部を出資者の皆様が引き受けてくださいました。
この1年では、直接お会いすることはなかったのですが、季節のお便りにあたたかいお言葉を添えてくださったり、また弊社にお越しくださってお酒の購入もしていただきました。
皆様が当蔵のことを忘れずにいてくださることを大変うれしく存じます。
今後は情報発信を積極的に行い、皆様とよりコミュニケーションを図っていきたいと考えております。


◆2015年の抱負を教えてください。

東日本大震災から4年、蔵の解体・修復工事全てが完了致します。
また当社はおかげさまで本年、創業150周年の節目を迎えましたが、復興という大きな意味をも持つ新たなスタートの年となりました。

数値的に見ると、2014年1月~12月の販売実績は約前年並みの100%でした。
福島県酒造業者の同期間の前年比は97%で低迷気味です。

当社が少し上昇した理由は料理酒の調味効果が重要となる各種アミノ酸含有量が従来より1.5倍増加し、本然の役割が評価されていること。また、徐々に酒類専門店開拓が効果となって表れてきていると存じます。 

これを機に企業として総合力を高めるように努力してまいります。
150年という永い間、酒造りを続けられていることへの感謝の気持ちと皆様に飲み続けていただいているという喜びを感じ、今後も美味しいお酒を提供していくという考えは変わらず、更に新たな環境でできる最大限のサービスもスタートできればと考えております。

----------------------------------------------------------------------------


この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 13:48

伊藤(宮城県南三陸町/水産加工)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【伊藤の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
ほぼ計画通り
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
昨年の方がよい


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

海外から仕入れる原料が、円安により2倍近い値上がりになりました。
それに伴い、価格転換を強いられ、販売先の販売数量の減少、価格転換が難しかった。
2月の低気圧により、原料生産量が減少して購入単価が高騰してしまい、利益率が減少しました。


◆現在、直面している課題を教えてください。

人材の確保、商品開発

円安により原料が高騰して販売がうまくできない製品が出てきています。
国産の商品販売に力を入れていきたい。
その為にも人材を確保していきたい。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

原料加工を行う時に、不要になり今まで捨てていた廃棄物があります。
この廃棄物に専門の先生に分析をお願いし、新商品開発のお手伝いをお願いできれば幸いです。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

いつもあたたかい励ましの言葉をいただき心から感謝しております。


◆2015年の抱負を教えてください。

今年震災会社前の土地の換地の申請がもうすぐ結果がでます。
工場の建設を行っていきたい。

  -----------------------------------------------------------------------

【商品を買って応援】

伊藤の塩うに セキュリテセット

宮城県南三陸産、豊かな海が育んだ旨みを一箱に凝縮。
伊藤の「塩うに」で、贅沢なひとときをお楽しみください。
5,650円(税込・送料込)


この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 13:00

ヤマジュウ(北海道霧多布/水産加工)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【ヤマジュウの場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んだ
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
ほぼ同じ


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

当初の計画と内容が変わっている。後ろ倒し。

2013年の夏に設備自体の復旧が完了。生産の環境(人的等)が整ったのが、2013年末。夏から年末の間に、売上が伸びた。12年よりはよかった。

2014年頭から本格的にセールス開始。ただし、お中元商戦には間に合わず。
ギフトセットが販売の中心。消費増税の影響が大きく、4月以降売上を大きく落とした。年末商戦は、2013年より14年の方がよかったが、消費増税時の凹みはカバーできなかった。


◆現在、直面している課題を教えてください。

資金調達、販路の開拓、時間・余裕がない

自分で全部やらなければならない状況がある。ホームページの改修、情報発信などが全然できていない。日頃、出資者の方への情報発信やウェブのことなども、現場で魚を切りながら考えているが、いざやろうとするとなかなかできない。
サケを切るのと塩を振るのは、なかなか他の人には任せられない。
商品開発は夜。通常業務の後にやる。時間と余裕がない。

資金調達:
金融機関からの借り入れが不可能な状況。売上が伸びてくると、その分、資金繰りが厳しくなる。

販路開拓:
津波で切れたお客様と、販売ルートの再構築をするために必要な出張が、行きたいけど、余裕がなく、行けていない。
ネットショップも拡充したいが、現状、対応できるスタッフがいない。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

商品を買ってもらう。
情報の拡散、口コミが広がって頂ければ有り難い。
ウェブ更新のサポートをアルバイト等で手伝ってくれる方が見つかると嬉しい。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

北海道からは、認定商品をもっているので、その点ではいろいろなサポートはもらえている。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

毎朝、応援ファンドのウェブサイトを見るのを日課にしている。
プライベートを含め、いろいろなことがあり過ぎて、何回も気持ちが折れそうになったことがあるが、これだけ多くの人に応援してもらっている、ということが支えになっている。
ろくに情報の発信ができない状態で、申し訳なくて、やるせない気持ちでも、少しずつ出資が増えていることに大きな力をもらっている。


◆2015年の抱負を教えてください。

やっとここまできて、すべての足元が固まった。
本当の意味で環境が整い、今年は本当の意味で復興元年。

実際には、事業が少し動き出した今、震災直後に比べても、非常にきつい状況。
遅れていた事業計画も、追いつくようにしないといけない。
自分で自分にプレッシャーをかけている。

復興に時間がかかっている分、出資をしていただいた方には、
申し訳ないと思っている。

今年次第で、乗れるかどうか。
乗っていければ、先も見えてくると思っている。
とにかく今年が勝負だ。

-----------------------------------------------------------------------

【商品を買って応援】

北海道きりたっぷ網元浜中丸セキュリテセット

「鮭と塩だけで何でこんなにうまいんだ」一切の添加物を入れずに、素材の味だけで勝負する。
5,190円(税込・送料込)



この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 12:54

のり工房矢本(宮城県東松島市/海苔の加工・販売)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【のり工房矢本の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んだ
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
ほぼ同じ


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

売上自体は昨年とそれほど変わらなかったが、内容には多少変化があった。
前の年までは、外に出て販売やPR活動をすることが多く、
それがこの1年で、業者さんとの取引につながった。
個人向けの販売に比べて、大きい取引につながり、良かった面もあるが、課題も残った。


◆現在、直面している課題を教えてください。

原材料の調達

原材料となる海苔は、海や気候など、自然の条件によって影響を受けるので、生産が安定しているわけではない。
今年の海苔についてはうまくいったが、安定した仕入れが課題だ。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

地元のアンテナショップで商品を買い取っていただいたりしているが、
安定した売り場が少ない。販路の紹介などがあると嬉しい。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

東松島全体をしっかりPRができるアンテナショップが欲しい。
生産者が自らPRをしていくのには限界もある。
アクセスもよく、駐車場もあり、東松島全体のPRができる
アンテナショップをつくったり、PRを行うための補助があるといい。
新規の販売ルートにつながるような取り組みがあると嬉しい。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

ウェブ等から、のりをお買い上げいただく方がいるのは嬉しい。


◆2015年の抱負を教えてください。

これまでにやってきたことで少しずつ注目を浴びるようになってきた。
その人達をがっかりさせないように、しっかり努力していきたい。
海苔の仕入れについては妥協しないようにやっていきたい。
最近、海苔のパッケージに、東松島のキャラクターのイート&イ~ナが描かれたものも使っている。海苔だけでなく「東松島」をPRしていきたい。

  -----------------------------------------------------------------------

【商品を買って応援】
のり工房矢本 セキュリテセット

生産者の思いを乗せた、のり工房矢本の“美味い”海苔を皇室御献上の海苔の産地、旧矢本町大曲浜から直送します!
2,100円~(税込・送料込)


この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 12:50

三陸とれたて市場 (岩手県大船渡市/地魚の加工食品開発等)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【三陸とれたて市場 の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んでいない
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
今年の方がよい


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

漁業生産基盤において、大型定置網等の生産回復は実現しましたが、漁船漁業等の小規模漁業者の生産回復が遅れ(多くが廃業?)、マーケットに特定の魚種だけが単調に水揚げされる環境に変わってしまいました。
現在、生産者と直接の原料供給体制を強化しており、船上からの品質管理教育を始め、徐々にこれが機能を始めてきたところです。
(船上脱血神経〆処理や、ストレス抜き活魚水槽の整備等)
現在、生産者、当社、都内著名ホテルと二人三脚にて利便性高い商品規格の策定ならびに本格生産に向けたパイロットラインの展開を進めており、今後は、対最終消費者向けに多様な商品が提供できるものと期待しているところです。


◆現在、直面している課題を教えてください。

人材の確保、原材料の調達

復興特需における一過性の雇用増大により、域内賃金が暴騰しており、また、人材も建設業等に大きく偏り、漁業生産基盤の屋台骨が削がれる事態が多方面で顕著化し、頭を悩ませています。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

漁業、食品加工業、地域振興関連に、都市部の人材が流れ込みやすくなるプラットホーム作りが必要だと考えております。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

各セクター、関係者が、同時並行的にそれぞれの業務範囲で仕事を進めている現状は、現場において重複する雑多な業務に多くの時間を割かれ、縦割りの隙間に落ち込むような事態が多発している状況です。
また、現行法では想定もしていないような事態に直面することも多く、ひとつ問題を解決すれば、その先で問題が更に増えるなど、気が休まらない状況が続いています。
国や行政機関との進捗や課題の共有をより一層進め、先導モデルだからこそ発生する問題の打開策を、政策、法整備へと反映させていければと思うところです。


◆2015年の抱負を教えてください。

都内著名ホテルの調理場を、産地側に一部機能移転し、「おかかえ産地」としての新たなBtoB加工流通モデルを作り上げる事を目標とします。
また、生産基盤が安定しましたので、上記サービス性を付与した下処理済魚介や、漁師料理等の凍結惣菜商品を小売市場に向けて本格販売していくことを計画しています。

----------------------------------------------------------------------------

この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 12:44

ドラゴンフラワーズ (宮城県岩沼市/花壇苗生産等)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【ドラゴンフラワーズの場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
ほぼ計画通り
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
ほぼ同じ


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

小売店舗への販売は概ね計画通りでしたが、植栽工事工事用の需要が予想以上にあり、生産ロスの少ない販売が出来ました。


◆現在、直面している課題を教えてください。

資金調達、販路の開拓、商品開発

本年度より地元で生産直売の営業を行うため、商品アイテム数の増加が必要となるので、商品構成及び作付のローテーションの再構築が課題です。
また、昨年に引き続き植栽工事ようの作付を行う予定で、こちらにおいても商品提案及び作付のローテーションの再構築が課題です。
販路の開拓については、昨年に試験的に行った個人向け通販を増やしていくと共に、関連業者と連携して小売店への販売も強化していきます。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

個人向けの通販PRや販売促進をお願い致します。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい


花や緑をより多くの人々や場所にお届けしたいので、さまざまな情報の提供をお願い致します。またそれらを繋いだり、こちらからの発信を繋ぐ取り組みを期待します。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

震災直後からボランティアを通じてお付き合いさせて頂いている、出資者の方に何度も足を運んでもらい、今まで以上に繋がりを感じる事が出来ました。


◆2015年の抱負を教えてください。

震災後に目標にしていた施設面積に昨年末に到達し、今年は再スタートを切るつもりでおります。
7月にオープンする生産直売所や都市緑化向けのアイテム生産等の新しい試みも既に進めておりますので、昨年以上の生産量、販売量を目指していく所存です。


----------------------------------------------------------------------------


この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 12:36

KFアテイン (宮城県仙台市/塗料メーカー)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【KFアテイン の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
ほぼ計画通り
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
今年の方がよい


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

売上は計画通りで進んでいるが、原材料費、加工賃の負担が大きく経常利益はマイナスのままである。


◆現在、直面している課題を教えてください。

資金調達、人材の確保、原材料の調達

資金繰りはマイナスが大きいことからかなり大変である。借入に関してもマイナスの影響からなかなか思うように借入ができない。また、原材料に関してもこれ以上の削減は厳しい現状である。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

売上は順調に伸びていることから自社製造が出来れば加工賃、送料等の経費が削減できると考える。
今後、追加のご支援を頂き、工場建設を実現したい。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

国に施策である津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金に申請中。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

出資者の方から応援メールをよく頂戴します。
また、大学との共同研究開発の橋渡しをして頂きました。
お蔭様で、現在産学官の連携がスタートしました。


◆2015年の抱負を教えてください。

商品知名度も全国に広がって参りました。着雪防止、雪滑り塗料はどこにもない商品です。メーカーとして雪=アテインとなれるよう、いやなります。
また、新商品開発も進んでおります。除雪車だけでなく雪対策すべてに使用できる商品を作りたいと思います。
今後とも、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。


-----------------------------------------------------------------------

【商品を買って応援】



KFアテイン 雪王スプレー缶

ちょっとだけ自分で塗装してみたい、を可能にした日本初雪すべり塗料!
2,600円(税込・送料込)

この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 11:44

八木澤商店(岩手県陸前高田市/醤油・味噌・つゆ等の加工)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【八木澤商店の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んでいない
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
昨年の方がよい


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

復興応援の物販での売上が、極端に減少したため。
昨年実績を下回る結果となった。


◆現在、直面している課題を教えてください。

資金調達、販路の開拓

業績不振のため、計画していた資金調達が頓挫している。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。


自力本願で被災企業の看板を 外して商売していきます。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。


嵩上げ後の街づくり、新規事業の立ち上げ支援。補助金制度の継続。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

奇跡の醤が出来上がり本来の八木澤商店の味を取り戻せた事をお伝えできたこと。それを購入した出資者の方がフェイスブックなどで情報発信してくれました。


◆2015年の抱負を教えてください。

自社の存在意義を深堀りし、次のイノベーションに繋げる。

  -----------------------------------------------------------------------

【商品を買って応援】

八木澤商店のセキュリテセット 丸むらさき・気仙味噌セット
3,600(税込・送料込)

この記事だけを表示

震災から4年。現在の課題と求められるもの2015年3月3日 10:24

佐藤造船所 (宮城県石巻市/船舶の製造・修繕等)の場合

東日本大震災から4年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 
【佐藤造船所の場合】
 
◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んでいない
 
(b)昨年に比べると、いかがですか。
昨年の方がよい


◆その原因や昨年との違いなど、具体的に教えてください。

施設設備の復旧が進まず、仕事の依頼も、内容によっては受けることができず、お断りせざるを得ない状況が続いている。
漁業者については、震災前と同様の通常のサイクルに戻っている。


◆現在、直面している課題を教えてください。

資金調達、行政との交渉

この1年間をかけて、施設設備の復旧工事について、行政と一進一退を繰り返しながら、交渉してきたが、今般、ようやく合意にいたった。

しかし、内容は、当初予定したいた計画とは大きく異なり、費用も多くかかることから、これからは資金調達が課題になってくる。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

去年も書いたが、官民の枠を超え、現状に即した中長期を見据えた支援を、できる限り迅速に行ってほしい。


◆2015年の抱負を教えてください。

震災から丸4年が経ち、ようやく施設復旧についての目処が立ちました。
まもなく現在ある施設の解体工事も始まります。
1日も早く復旧させ、事業を進めていけるよう最善を尽くしてまいります。

----------------------------------------------------------------------------


この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス