ニュースリリース イベント

イベント2018年12月20日 11:43

パレスチナ難民支援と日本:今我々にできること

パレスチナ難民支援と日本:今我々にできること

UNRWA事務局長 ピエール・クレヘンビュール氏

去る12月4日、明治大学駿河台キャンパスにおいて、
国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)事務局長のピエール・クレヘンビュール氏による講演会がありました。

講演会の中では、「激動する中東:未曽有の危機と向き合うUNRWA」というテーマで、
パレスチナ難民の若者が日々困難な状況に直面している様子や、政治的解決の必要性、UNRWAの決して諦めない姿勢などについて熱く語られました。

1948年の第一次中東戦争、イスラエルの建国より、パレスチナの人々は故郷を追われ難民となり、
70年が経過した今もなお、老朽化した難民キャンプなどで厳しい生活を強いられています。
その数は世代を超えて540万人にのぼり、UNRWAは、それらパレスチナ難民に、教育、保健医療、社会福祉などの基礎的サービスを提供する国際機関として1949年に設立されました。

そのUNRWAの予算のほとんどは、日本を含む援助国の任意の拠出金によって賄われてきましたが、
今年、トランプ政権下の米国からの資金援助が突然大幅に削減され、UNRWAは未曽有の財政危機に陥りました。
日本を含む各国が拠出額を増やし、今年一年で赤字を減少させてはいるものの、来年以降も支援を必要としています。
クレヘンビュール氏は、「これは危機ではなく脅威である。人道的支援は政治化してはならない」と訴えます。

弊社は、このUNRWAが展開する「#尊厳を守る」キャンペーン(何百万人ものパレスチナ難民の権利と尊厳を守るための世界的な募金活動)に賛同し、自社運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」で寄付サイトを立ち上げ、本サイトで集まった寄付金を全額UNRWAへ送付させていただいています。ご協力、お願い致します。


https://www.securite.jp/unrwa
※およそ10万円でパレスチナ難民の子供を学校に1年間送ることができます。





 

この記事だけを表示

イベント2018年6月28日 14:10

【東日本大震災から7年】セキュリテ被災地応援ファンド第1号「斉吉商店ファンド」がプラス償還!感謝の気持ちを込めてサンクスパーティーを開催

 

斉吉商店ファンド償還&日本橋三越出店決定

これまでの感謝の気持ちを込めてサンクスパーティーを開催します

 

この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区)が運営する

インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ被災地応援ファンド」の第一号ファンドの一つで、

2011年4月25日に募集開始した「斉吉商店ファンド」が、償還を迎えます。

ファンド期間中は多くの皆さまのお力添えもあり、震災直後に立てたプランをすべて実現し、

事業計画を上回る売上実績でファンド期間を満了することができました。

そして、ファンド償還後の次のステージとして、この度かねてより目標としていた東京出店を、

日本橋三越出店という形で、皆さまにご報告できる運びとなりました。

つきましては、ご報告と感謝の気持ちをお伝えするため、

ささやかなパーティーを企画させて頂きましたので、是非ご参加ください。

          

イベント特設ページから

https://www.securite.jp/thanks

 

 

日時:2018年7月6日(金) 19時~21時(18時45分受付開始)

場所:新丸ビル10F 東京21cクラブ・コラボレーションスペース

http://www.egg-japan.com/club

対象:斉吉商店ファンドの出資者を含む、広く斉吉ファンの皆様

会費:2,000円(出資者様は無料ご招待)

定員:100名(定員に達し次第、締め切らせて頂きます)

お申込み方法:イベント特設ページからご応募ください

https://www.securite.jp/thanks

 

斉吉商店ファンド償還インタビュー

  

 

斉吉商店ファンドの概要

募集総額:10,000,000円     

参加人数:  400人

1口金額 :  10,500円(出資金 5,000円、取扱手数料 500円、応援金額 5,000円)

募集期間 :  2011年4月25日~2011年9月30日(約3週間で募集期間満了前に募集終了)

会計期間 : 2012年8月1日~2018年3月31日(新工場(仮設)での営業開始時点から5年8ヶ月)

分配総額 : 8,560円(1口あたり)

償還率  : 171.2%

※償還率は(1口あたり分配総額)÷(一口出資金額)で計算された数値となります。

※最終分配は、2018年7月末までに行われます。

 参考URL: https://www.securite.jp/fund/detail/166

 

セキュリテ被災地応援ファンド

セキュリテ被災地応援ファンドとは

東日本大震災の被災から立ち上がる事業者を一口10,500円の出資を通じて応援するファンドです。

2011年4月25日の募集開始以来、2016年3月までに北海道、岩手県、宮城県、福島県の38事業者の40ファンドの募集を行い、全国の述べ約29,200人から、およそ10億9000万の応援をいただきました。

参考URL: http://oen.securite.jp/



 

この記事だけを表示