ニュースリリース ファンド募集・告知

ファンド募集・告知2019年3月5日 11:28

「吟壌果実を味わう農園カフェファンド」満額調達のお知らせ

3月1日より募集開始しました「吟壌果実を味わう農園カフェファンド」は、
皆様のおかげをもちまして、即日満額に達しましたのでお知らせいたします。

本ファンドの事業者である「フルーツファームカトウ」は、土にこだわり高品質な林檎や桃を栽培しており、この度、自社の農園の建物を改装してカフェを開業することとなりました。
皆様からのお預かりした資金は、自社の果物を調理して提供する事業を開始するために使わせていただきます。



今回の満額調達を受けて、事業者様からお礼のメッセージが届いていますので御一読ください。

【御礼】

この度は『吟壌果実を味わう農園カフェファンド』事業に
ご賛同いただきまして誠にありがとうございます。

当ファンドはお陰様をもちまして即日完売いたしました。
沢山のご応募をいただき心より感謝申し上げます。

早速、カフェ開業に向けて準備を着々とすすめて参ります。

また農園の季節の様子や状況を定期的にアップしてまいりますので
楽しみにご覧いただければと思います。

今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2019年3月5日 11:00

「やきとりひびき 彩の国黒豚生ハムファンド」満額調達のお知らせ


3月1日に募集開始した「やきとりひびき 彩の国黒豚生ハムファンド」は、
皆様のおかげをもちまして、即日満額に達しましたのでお知らせします。




本ファンドの事業者である「株式会社ひびき」は今回、埼玉県の名産「彩の国黒豚」を使用した生ハムの製造販売を開始します。
日疋代表は「埼玉県には農・工・商がバランスよく存在し、誇れるものがたくさんあるが、県民ですら気付いていない場合があるのです」と言います。「彩の国黒豚」もその一つであるとか。
埼玉県は、すき焼きは豚肉、という家庭も多い豚肉文化の土地。埼玉県が誇る彩の国黒豚を生ハムに加工することで、肥育農家への価値還元を生み出し、埼玉県を内外より盛り上げる事業の1つにしてゆく予定です。
今回の満額調達を受けて、事業者様から皆様へ御礼のメッセージが届きましたので御一読ください。


【即日完売! 大変ありがとうございました。頑張ります】

みそだれ やきとりひびき 日疋好春でございます。
この度も皆様に私達の事業を応援していただきまして誠にありがとうございます。
特に今回は募集開始とともに完売となり私どもも驚きと地元皆様からの期待の大きさに責任を新たにした次第です。
今回のプロジェクトは約10年前に一度 断念した地元で100年間大切に育てられてきた純粋黒豚「彩の国黒豚」で生ハムを作るという案件です。
募集要項にも記載させて頂きました通り、困難と長い年月のかかる取り組みですが、皆様のお力とご声援を頂き、ぜひ成功させたいと考えております。
どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。
この度も大変ありがとうございました。

 

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2019年2月25日 18:45

「豊國酒造 スパークリング日本酒ファンド」満額調達のお知らせ

平素より弊社サービスをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

先週22日金曜日の夜に募集開始をご案内いたしました豊國酒造 スパークリング日本酒ファンド」は、皆様のおかげをもちまして翌日に満額募集達成いたしましたこと、ご報告と御礼を申し上げます。

本ファンドは、福島県会津若松駅から車で30分程度の場所にある豊國酒造合資会社のawa酒※の拡大に係る費用を応援するファンドになります。
約150年事業を営んでいる同社が、昨年より新たに始めた瓶内二次発酵のスパークリングawa酒。
市場にはどちらかというと瓶に炭酸ガスを充てんするスパークリング日本酒が多い中で、本商品は瓶内で再度発酵させるという過程を経るため、非常にくちどけが良く、飲んでいて気が付いたらあっという間になくなってしまう、そんなお酒です。

※awa酒とは、awa酒協会が認定した特別なスパークリング日本酒です。厳格な基準のもとで製造されており、美しい透明な泡が沸き立ちます。​
/data/blog/archive/original/44893.jpg


皆様へのお礼と、今後の展望や事業内容など、改めて今月8日に下記のイベントで直接お話をしていただきます。是非お知り合いの方にもお声がけの上、お越しいただけますと幸いです。

【3/8(金)】「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」セミナー&交流会2019

参考:豊國酒造 スパークリング日本酒ファンドファンドページ

引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2019年1月4日 13:03

【米作りから酒を醸す 赤磐雄町ファンド】満額終了のお知らせ


【米作りから酒を醸す 赤磐雄町ファンド】は満額終了致しました。



12月18日より募集を開始しました【米作りから酒を醸す 赤磐雄町ファンド】は、12月27日をもって満額終了致しました。
ご出資頂いた皆様、誠にありがとうございました。

本ファンドの事業者である利守酒造は、2018年(平成30年)7月の西日本豪雨災害で大きな被害を受け、
社屋はもとより、生命線である屋外の冷蔵設備が破壊され使用できない状態となりました。
本ファンドで募集した資金は、この西日本豪雨の被災をきっかけに、新たな低温貯蔵・熟成できる貯蔵庫の改良設置の為に使わせて頂きます。

ご出資頂いた皆様には、1996年(平成8年)備前焼大甕で醸造した純米大吟醸酒720ml1本をお送りいたします。
投資家様に味わって頂くために蔵内にて熟成した非売品ですので、どうぞご賞味ください。

そして、出資をご検討されていた皆様、次の機会がありました時には参加をお待ちしておりますので、
ひきつづき、ご支援の程よろしくお願い致します。

 

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2018年12月19日 14:30

【純米酒 諏訪泉再生支援ファンド】満額終了のお知らせ

 

 

【純米酒 諏訪泉再生支援ファンド】は満額終了致しました。



12月14日から募集受付を開始した【純米酒 諏訪泉再生支援ファンド】は、当日中に満額に達しました。 
ご出資頂いた皆様、誠にありがとうございました。

本ファンドで募集した資金は、酒米の購入費用として使用させて頂きます。
ご出資頂いた皆様には、会計期間中に純米吟醸「杉の雫」新酒、ファンド期間3年目の秋には、熟成酒をお送り致しますので、是非ご賞味下さい。

そして、出資をご検討されていた皆様、次の機会がありました時には参加をお待ちしておりますので、
ひきつづき、ご支援の程よろしくお願い致します。

なお、現在募集中の日本酒のファンドを以下にご紹介します。
ご興味ある方は、是非ご参加ください。



【米作りから酒を醸す 赤磐雄町ファンド】


 
一口金額 52,500円 募集総額 15,000,000円
事業者名 利守酒造株式会社 参加人数 141人
地域 岡山県 赤磐市 分野 食品製造、酒
募集期間 2018年12月18日~
2019年12月31日
シリーズ 晴れの国「岡山県」
特典
1996年備前焼大甕で醸造した熟成純米大吟醸酒(非売品)720ml × 1本

 

 

【千代の園酒造 熊本米「華錦」ファンド】


 
一口金額 10,800円 募集総額 12,600,000円
事業者名 千代の園酒造株式会社 参加人数 360人
地域 熊本県 山鹿市 分野 食品製造、酒
募集期間 2017年4月18日~
2019年3月31日
シリーズ セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
特典
1口につき熊本「華錦」で造った新銘柄の原酒720ml 2,000円相当(送料・税込)もしくは相当分の特典を1回送付します。
 
 

【通潤酒造 新しい物語ファンド】


 
一口金額 10,800円 募集総額 31,500,000円
事業者名 通潤酒造株式会社 参加人数 369人
地域 熊本県 上益城郡 分野 食品製造、酒
募集期間 2017年3月31日~
2019年3月31日
シリーズ セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド
特典
本ファンドのために特別に仕込んだ「純米吟醸酒 蝉(720ml)」を1口につき1本贈呈します。

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2018年11月30日 16:00

【チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト】農業・漁業、介護従事者の負担を減らす『富樫縫製 サポートスーツファンド』募集開始

農業・漁業、介護従事者の負担を減らす『富樫縫製 サポートスーツファンド』、
一口2万から「セキュリテ」で募集開始

”福島の復興・創生を応援” 福島県と共同で行う「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」



ミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区)が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」では、『富樫縫製 サポートスーツファンド』の募集を行っております。
本ファンドの事業者である株式会社富樫縫製(福島県 二本松市)は、1970年の創業以後、数十年大手繊維会社などの縫製依頼を受けて、スポーツウェア全般や介護ベッドなどを手掛け、「鉄以外はなんでも縫える」をモットーに事業を進めておりました。 今回、農業、漁業、介護従事者の作業負担軽減や、姿勢矯正が出来るサポートスーツの量産化の為、1口2万円(税・手数料抜き)で資金を募集します。
 
◆『富樫縫製 サポートスーツファンド』募集ページhttps://www.securite.jp/fund/detail/4834

/data/blog/archive/original/44196.jpg

■サポートスーツの開発に至った経緯
かねてより縫製業界の縮小傾向や下請けからの脱却という課題を感じていた株式会社富樫縫製は、自社技術によるサポートスーツ開発を2017年より行ってきました。代表の富樫氏が雪かきの際、雪が重くて持ち上げられず、自身の力の衰えを感じたことをきっかけに、自社が持つ縫製技術を活かしたサポートスーツ開発に乗り出しました。
 
■株式会社富樫縫製のサポートスーツの特徴
一般的なサポートスーツには、①締め付けの調整が容易でなく作業時にしか着られず手間がかかる、②作業負担を大幅に軽減させようとすると一部を機械化する必要があり重量が大幅に増え価格も上がってしまう、といった難点があります。
①を同社の縫製技術で解決し、作業服の装着感覚に近い、軽量(450グラム)で着脱が容易なサポートスーツに仕上げ、②は大手繊維会社からの多くの受託実績によって実現した、炭素繊維の安定的な仕入れにより解決しています。反発力が強く、重量が鉄の4分の1、強度が10倍の炭素繊維を使用し、一般的なゴム製のサポートスーツと比べて、軽さと姿勢維持力に秀でたスーツとなっております。

 /data/blog/archive/original/44197.jpg

■事業に込める想いと資金使途についてー株式会社富樫縫製様からのメッセージ
この度、ファンドを通して皆様からいただく資金で、手作業での製造から量産化を可能にするためプレス機を購入させていただきます。本事業を通して少しでも皆様の作業負担や腰痛軽減、姿勢矯正のご支援が微力ながら出来ればと思っております。ご支援の程宜しくお願い致します。
 
募集概要
・一口金額:21,000円(内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,000円)
・募集総額:5,000,000円
・事業者名:株式会社富樫縫製
・地域:福島県 二本松市
・募集期間:2018年11月30日~2019年6月30日
・特典:1口につき、会計期間中に使用が可能な自社オンラインサイトで使えるサポートスーツ5000円割引
・ファンド募集ページ:https://www.securite.jp/fund/detail/4834
・分配:ファンドの分配については、事業の累計売上金額に応じた変動制の仕組みを採用しており、事業計画上は2年後の償還率が108.1%(源泉徴収後)となっております。

なお、本ファンドは、福島県と当社が共同で行っている「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」における、ふくしま復興・創生ファンドの一つとなります。ぜひ福島県および福島の想いある企業様への温かい応援をお待ちしております。
*セキュリテ「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」: https://www.securite.jp/fukushimaken


【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報 
メールアドレス: pr@musicsecurities.com

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2018年10月19日 10:17

【岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018】満額終了のお知らせ

【岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018】は満額終了致しました。



10月17日から募集受付を開始した【岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018】は、受付開始後15時間で満額に達しました。 
ご出資頂いた皆様、誠にありがとうございました。
そして出資をご検討されていた皆様、次の機会がありました時には参加をお待ちしておりますので、
ひきつづき、ご支援の程よろしくお願い致します。

満額達成の御礼


出資者の皆様へ
 
この度は、岡山の地酒 白菊酒造ファンド2018へご出資を賜り、誠にありがとうございます。

第4回のファンドとなります今回も多くの方々からご出資いただく事ができました。
また、特に今回は募集開始後わずか15時間ほどで満額調達出来ました。募集スピードの驚きとともに皆様から大変なご注目を頂いている事を痛切に感じ、より気の引き締まる思いでございます。いつも応援いただき心より感謝と御礼を申し上げます。
 当蔵は岡山の地酒蔵として、地元の米、水、技の三位一体の酒造りこそ本来の地酒の姿ととらえ、特に原料米へのこだわりは全量地元岡山県産のお米の使用に切り替えてまいりました。又、仕込水は県内を流れる3大河川の高梁川水系の恩恵を受けた伏流水、そして伝統ある備中杜氏の技術といった造り酒屋にとって素晴らしい環境のもとで 明治19年来130有余年にわたり日本酒を醸しつづけてまいりました。

 今回のファンドは今までのお米へのこだわりへの総仕上げとして、当蔵の使用酒米のすべてを岡山県産の高品質な米から確保し、さらに当社で復活させた酒米をご紹介する事によって弊社の独自性と酒質のさらなる向上、希少な酒米の増産に向けた安定栽培等を目指します。ご支援頂きました皆様のご期待に応えてそれら原料米を用いてより美味しいお酒を醸し、岡山のお米の良さを皆様に広く知って頂きたいと思っております。白菊酒造で使用する岡山県産酒米「雄町」「山田錦」「朝日」は、従来通り県内の高品質な米を産出する優良地区からの調達を行います。今回はその3種類にさらに当社が復活させ、自社保有する「造酒錦(ミキニシキ)」と「白菊」の酒米を加えて5種類の酒米のラインナップとなります。そこで本ファンドによる資金を今までと同様に高品質な酒米の購入に使用させて頂くとともに、希少な酒米「造酒錦」「白菊」の調達と栽培の拡大、安定供給等に向け有効活用させて頂こうと思っています。会計期間は2019年1月からスタートいたしますがこの資金を充分に活用させて頂き、新年度の酒造りに向け皆様のご支援のもとご期待に応える様、全社一丸となって良酒の醸造、製品の拡売に邁進致します。

今後とも引き続き皆様方のご協力、ご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
2018年 10月18日
白菊酒造株式会社
代表取締役 渡辺秀造


 

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2018年9月14日 19:06

震災で熊本県最古の酒蔵が損壊。日本一の酒蔵観光施設を目指す【通潤酒造新たな物語ファンド】の出資者が300人を突破

【通潤酒造新たな物語ファンド】の出資者が300人を突破

~震災からの復興、新たな挑戦~


1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」が組成する「通潤酒造 新しい物語ファンド」の出資者が、この度300人を超えました。
通潤酒造は、2016年の熊本地震で熊本で一番古い酒蔵含む11棟の蔵が損壊、酒4,000リットル分を失うなど大きな被害を受けました。本ファンドは、寛政四年(1792年)創建の寛政蔵をリノベーションし、観光拠点として内外から人の集う観光酒蔵へ、地域復興のシンボルとして再生させるためのファンドです。

【通潤酒造 新しい物語ファンド】 https://www.securite.jp/fund/detail/3266
/data/blog/archive/original/43546.jpg


インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」が組成する「通潤酒造 新しい物語ファンド」の出資者が、この度300人を超えました。通潤酒造株式会は、敷地内になる寛政四年(1792年)創建の寛政蔵をリノベーションするための費用の一部として、2019年3月31日まで、総額31,500,000円の出資を皆様から募っております。

2016年4月12日に起きた熊本地震から約2年5か月がすぎ、多くの募金や支援が行われています。当社が運営する「セキュリテ」でも「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」として被災から立ち上がろうとする事業者を出資を通じて応援しています。

「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」の出資者は自ら選んだ企業へ応援の気持ちをお金に託す、返済義務のない寄付金が半額、出資金が半額で、元本保証のないあたたかな投資です。これにより、一刻も早い事業の復興を願う事業者の背中を後押しし、出資者は長期にわたり復興を見守るシステムとなっています。

「通潤酒造 新たな物語ファンド」は「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」の一つとして2017年3月31日に立ち上がりました。約一年間で260名を超える出資があり、一度は募集を終了しましたが2018年8月8日、コンセプトの明確化などにより募集を再開しました。通潤酒造は、2016年の熊本地震で熊本で一番古い酒蔵含む11棟の蔵が損壊、酒4,000リットル分を失うなど大きな被害を受けました。本ファンドは、寛政四年(1792年)創建の酒蔵をリノベーションし、観光拠点として内外から人の集う観光酒蔵へ、地域復興のシンボルとして再生させるためのファンドです。

世界に向けて発信できる日本一の酒蔵観光施設を目指すため、これまで以上のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


◆インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」とは
セキュリテは、1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォームです。
※インパクト投資とは、経済的なリターンを求めるだけではなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題に対して皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。


【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報
メールアドレス: pr@musicsecurities.com​​

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2018年9月3日 11:54

大分発の大分のためのクラウドファンディング「sandwich (サンドイッチ)」、プロジェクトオーナー募集開始


大分発の大分のためのクラウドファンディング、「sandwich (サンドイッチ)」に名称決定
~プロジェクトオーナー募集開始~



大分合同新聞社(代表取締役社長:長野景一)が、株式会社大分銀行(頭取:後藤富一郎)およびミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実)と業務連携契約を締結した平成30年10月に開始予定の購入型クラウドファンディング(※1)について、名称を決定しましたので、お知らせします。
※本業務提携に関して詳細はこちら: https://www.securite.jp/news/release?c=4

 /data/blog/archive/original/43370.png
※クラウドファンディング「sandwich(サンドイッチ)」ロゴマーク

名称は「sandwich(サンドイッチ)」。
キャッチコピーは「夢をはさみ、希望をはさみ、明日をつくる。」です。
 
大分合同新聞社では、本事業の提供を通じ、大分県内の魅力あるプロジェクトの事業化支援等により、地域経済の活性化に貢献して参ります。また、平成30年10月の開始に向け、プロジェクトオーナーの募集を開始します。
Twitter、Facebookでの情報発信も随時行ってまいります。

1. 名称・キャッチコピー
名称     :sandwich(サンドイッチ)
キャッチコピー:夢をはさみ、希望をはさみ、明日をつくる。​


2.本事業の概要
運営者   :有限会社大分合同新聞社 代表取締役社長 長野景一
取扱時期:平成30年10月上旬(予定)
Facebook:https://www.facebook.com/sandwichcrowd/
Twitter : https://twitter.com/sandwichcrowd

◆サービス特徴や詳細に関してはこちら
ウェブサイト https://sandwichcrowd.com/


/data/blog/archive/original/43373.png
/data/blog/archive/original/43374.png
※1:購入型クラウドファンディングとは
事業者がインターネットを通じて小口支援金の提供を募り、プロジェクトに賛同した支援者が、支援金額に応じた商品やサービスを受け取る仕組み


【本プロジェクトに関するお問い合わせ先】
大分合同新聞社マーケティング統括局内 sandwich事務局
・電話: 097-538-9642
・メールアドレス: info@sandwichcrowd.com​

【当社へのお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社
広報担当  pr@musicsecurities.com

この記事だけを表示

ファンド募集・告知2018年8月9日 11:04

働く保護者を支える保育園を作る。【働く親の「困った」に応える保育園ファンド】募集受付開始

【働く親の「困った」に応える保育園ファンド】募集受付開始
 働く保護者を支える保育園を作る~



この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区、以下MS社)が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」で、【働く親の「困った」に応える保育園ファンド】の募集受付が開始されました。オフィス併設、病児保育も行う、働く保護者を支える保育園を作るファンドへのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

 

働く保護者を支える保育園を作る【働く親の「困った」に応える保育園ファンド】

 

本ファンドの事業者である「株式会社FiveBoxes」は現在、岐阜県可児市にて保育園と併設したシニアフィットネス施設等を運営しています。

今回、愛知県名古屋市につくる「たけのこ保育園」にはオフィスを併設し、保育園に子どもを預けた保護者が安心して働ける環境をつくります。 また、病児保育を行うので、子どもの急病時も預けることが可能です。 

今回皆さまからお預かりした資金は、この「たけのこ保育園」の内装に係る費用に使用させて頂きます。

 

本ファンドの事業者「株式会社FiveBoxes」が運営する、岐阜県可児市の「りんご保育園」
保育園の隣にはシニアフィットネス施設が併設されています。

 

 

一口金額:21,000円

募集総額:20,000,000 円         

事業者名 : 株式会社FiveBoxes

地域:愛知県名古屋市

分野: 教育、福祉

募集期間 :2018年8月8日~2019年1月31日

特典:50口以上ご出資の場合、ご自身でフランチャイズで保育園を開業したい方の開業支援及び加盟金を無償に致します。                     

ファンドURL:  https://www.securite.jp/fund/detail/4658

 

保育所とオフィスの併設によって生まれる効果 

 

本ファンドの事業者である「FiveBoxes」の運営する保育園の特徴は、保育園とオフィスが隣接する複合保育園です。従業員が無料で利用できるため、同じ収入でも可処分所得が高く、たくさんの応募者が集まります。

母数が多ければそれだけ優秀な従業員を採用できるようになり、結果、会社にとって大きな利益が生まれます。

 

働く保護者を支える病児保育 

 

病児保育とは、入院治療を必要としない範囲の病状で、病状の急変が見られない子どもを一時的に預かる制度です。 通常の保育園では、子どもが発熱状態にある場合は預かることができない場合が多いのですが、「たけのこ保育園」は病児用の個室を用意し、看護師を常時配置します。

また、提携医も存在するため、病気の子どもをお預かりすることが可能です。 

 

働く保護者にとって、子どもの急な病気は、欠勤をしなければならなかったり業務に影響が発生するなど、

仕事面での悩みの種となっています。病児保育の体制を整えている「たけのこ保育園」は、働く保護者が安心して仕事を行うことに特化した保育園です。 

 

 

事業者様からのメッセージ

   

株式会社FiveBoxes 

 

私たちは、保育園事業を行いたい、という訳ではなく、社会福祉を通して光の当たらない人たちの支援を行っていきたいと考えています。 そのためにはまず、現在の日本の遅れた社会福祉を発展させなければと考えます。

地域によって必要とされる保育園や併設施設のタイプは変わってきますから、地域によって何の機能を集約させるかは変わってきます。

「たけのこ保育園」はオフィスとの併設となりますが、今後、複合した社会福祉施設のモデルを確立し、フランチャイズ化を図っていきたいと考えています。全国的に当事業のモデルが普及し、社会福祉を成長させてゆくことが最終的な目標です。 

 

今後は保育園と資格取得のための施設を併設した保育園など、地域に沿った保育園や併設施設の展開を考えています。社会に広く関係し、今後の働き方の改革にも繋がる当事業を応援して頂けますと幸いです。 

 




ミュージックセキュリティーズ株式会社
広報/加藤 ・藤田 TEL:03-5948-7301
 
 

この記事だけを表示