お知らせ 奈良公園 鹿と共生 雑貨づくりファンド2018年09月

2018年9月14日 21:00

声にださない“がんばれ”

皆さま、こんばんは。

大型台風の被害状況が、各地から聞こえてきたかと思っていると
想像もしなかった北海道の大地震。

大切な人や、ものや、日常生活、
さまざまなものを一瞬で失くされた方々が多く
かけるべき言葉がみつからないままです。

何もできない自分、
日常の中で、ふと、その事実自体を忘れてしまいそうになる自分、
もどかしくて、ふがいなくて。

同じような気持ちを持っていたときがありました。

もう3年半ほど経つのでしょうか、熊本を襲った地震です。
知人がいたこともあり、連絡がついたときは本当にほっとしました。
しかし、伝わってくる現地の惨状は耳を疑うようなものでした。

何もできないけど、気持ちは向いているから、応援するから。
そんな思いをどうしても伝えたくて
ちょうどその時に立ち上げた寄付金付きのノート(ノーモ)にも
急遽仲間入りさせました。



「何か役に立てるのならフリーで使ってください」という方の写真サイトがあり、
阿蘇の雄大な風景画像を拝借させていただきました。
奈良公園に暮らす「ゆにしか」たちが、遠く離れた熊本に一生懸命気持ちを届ける様子です。
私だけでなく、奈良の人々、それだけでなく色んな方々のエールを代弁しているつもりです。
私にとって、とても大切な一冊です。

“微力”とはこういうことですね。
でも、何かの力にはなれると信じています。
心の中で「がんばれ、がんばれ」と誰かにエールを送ること、
それが大事だと思っています。





 

この記事だけを表示

2018年9月1日 20:00

9月、新しい気持ち。

皆さま、こんばんは。

明け方から大雨となった9月のスタートです。

私たちのファンド募集期間ですが、
当初ひとつの区切りとして8月末を設定していました。
が、まだまだ皆さまの応援をいただきたく、
来年2月末まで延ばしていただきました。
さらに気持ちをひきしめて、新しい気持ちで、
いま進めていることに向き合っていきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

少しずつ形になってきた“奈良公園おさんぽ袋”
製作会社さまとやりとりをしていく中で
最初は考えていなかった仕様がどんどん出てきます。

持ち手として結ぶのに長さが足りない!結びにくい!
じゃぁ、コットンテープを縫い付けてみよう…
というのもそうです。

そして今回は、かや生地の縫製方法を変えてみました。

下の画像は普通のかやふきんです。端はロックミシン仕上げ、薄い生地を重ねて作るので等間隔でミシンをかけています。


当初の予定では、このまま使おうと思っていました。
でも、実際にあずま袋にしてもらうと…


かやふきんは最初“のりづけ”されていますので、
すぐ使っていただきたい袋にするには、一度洗いをかけてもらいます。
すると、端の部分がどうも落ち着かなくて、
何本もあるミシン目部分の縮み率が高くなるようで、???な感じです。

そして提案していただいたのが“袋縫い”です。
  
字の通り、重ねた生地を中表で縫い、ひっくりかえして袋状にしたものです。
こうすると生地をおさえるためのミシン縫いが不要になり
端も表面もすっきりした感じになります。

当たり前ですが、美しいものは手間がかかります。(もちろんコストも)
でも、やっぱり気持ちにすとんと落ちるものが作りたいので、
こちらでお願いすることにしました。

あとは最大の難関、“色”ですね。気持ちに落ちる色、探しています。
どうぞ楽しみにしていてくださいね。がんばります。


 

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.