お知らせ 奈良公園 鹿と共生 雑貨づくりファンド2018年10月

2018年10月27日 20:00

ブランドロゴのお話。

皆さま、こんばんは。

今日から正倉院展が始まりました。
先立って興福寺の落慶法要、一般公開も始まりましたので
しばらくは賑やかな秋の奈良公園です。

『奈良公園お散歩袋』ですが、
やっと進められる色に落ち着きました。本当にやっと、です。
まだこれから、生地を染める→縫う→洗いをかける(未決定)→包装と
何段階もありますが、何だかベースができると少し落ち着きます。

そんなことを横目に、実はロゴだけは一番に完成していました。



ブランド名は「しかのせ」といいます。 …鹿の背…です。
昔むかし神様を奈良の地におつれするのに
乗っていただいた背中です。
そんなありがたい背中をもつ奈良の鹿たちに、尊敬の気持ちをこめてつけました。

そして下にあるアルファベットですが
「ドーデュールスバーク」と読みます。(カタカナ日本語ですが)
ノルウェー語で「鹿の背」です。
日本の鹿に近い種類が、あえていえば「ドーデュールス」だそうです。

ここでなぜノルウェーがいきなり出てきた?と思われますよね。

主人方の叔父さんで、ノルウェーの方と結婚されて
かれこれ奈良を離れて50年ほどになる方がいらっしゃいます。
フットワークの軽い方で、まるで隣の家から来るみたいに
ふらっと年に1~2回日本に帰られます。
その叔父さん(デザイン関係をされています)に、
これこれこういうことをするので、こんな感じのロゴを考えてください!
ノルウェー語で鹿の背って何て言うんですか?などなど
気軽にお願いしてみたところ、「え~堪忍してぇ」と言いながら
即日メールで送ってくださいました。
そして「何でノルウェーなん?」と聞かれました。

前から北欧デザインに何故か和に通じるものを感じていて好きなのもありますが、
第一は叔父さんへの尊敬でしょうか。まだ海外、それも北欧なんて遠い所に
50年も前に渡った勇気を称えたいですし、遠くなった故郷奈良との繋がりを
何か残してもらえればと思ったからです。(本人に伝えると照れていました)

若干こちらで鹿の目を優しくしたり、文字を入れ込んだりで、完成しました。
(のせしかって読めへん?とノルウェーから突っ込まれましたが…
最初のイメージが左からだったので、そのままにしました)

こんな風に、全てのものが、色々な力をかりて出来上がっています。
ひとりずつ応援してくださる皆さまの力も、
本当にありがたくて、嬉しくて、感謝の毎日です。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

(ちなみに袋につけるタグも、さっさと出来ています。)




 

この記事だけを表示

2018年10月12日 20:00

『角きり』終りました。

皆さま、こんばんは。

前回のブログが『角きり』始まります。でしたので
やはり『角きり』終りました。と締めないと落ち着かないなぁと思いました。

初日は始まる2時間前くらいに、突然のどしゃぶりがあり心配しましたが、
あと2日間は汗ばむほどのお天気でした。


3日目、晴れ渡り気持ちのいい空です。


始める前には春日大社様によるご祈祷が行なわれます。
鹿苑に静寂と神聖な時間が流れます。

神事が終ると、一気に活気づきます。
鹿苑に大ベテランから新人さんの勢子さん方が入場し、
血気さかんな雄鹿が3頭放たれます。
打ち鳴らされる太鼓の音、勢子さんの声、観客の拍手や歓声。
残念ながら外のブースで待機する私たちは、
その様子を音で想像するしかありません。
それでも一年に一度のこの行事を、十分わくわく楽しんでいます。


用意したチャリティーノート。
この雄鹿さん、それはそれはイケメンですよね。もう雌鹿目線です(笑)
チャリティーノートも徐々に皆さんに知っていただくようになり
お客様の声に、とても励まされた3日間でした。


ブースを片付けての帰り道、見上げた空は秋の訪れ。

翌日、角を切られた雄鹿たちが鹿苑から出て行く様子が
奈良の鹿愛護会様のブログにアップされていました。
あんなにオラオラだったみんなが、なんだかとぼけた感じで
思わず笑ってしまいました。
http://naradeer.com/blog/

この記事だけを表示

2018年10月4日 20:00

『角きり』始まります。

皆さま、こんばんは。

いきなりですが訂正とお詫びです。
前回のブログで『熊本地震』のことを書かせていただいたのですが
【3年半前】とあるのは間違いで、正しくは【2年半前】です。
一度保存したものを読み直したときに気がつき
訂正したつもりでした…
数日前に目を通したときに訂正がきいていないことに愕然としました。
当時被災された方にとっては大事は年月です。
本当に申し訳ありませんでした。心よりお詫びいたします。

今年の気象はいったい…
毎週末、台風がきているような気がします。(実際来てますよね)
前の21号のあとに春日大社にいったところ
「わぁぁ」という様な状態でした。




このような光景が森の中の至る所で見られ
それはそれはショックでした。

春日さんにお参りをすませ、森の惨状にかなりどーんと落ち込んでの帰り道
大仏殿の横を下ってきた所でふと足を止めました。


思わず見とれてしまった、立派な角の雄鹿の悠然とした佇まい。


少し離れた後ろ側では、彼の縄張りの雌鹿たち(だと勝手に思っているのですが)が
のんびり過ごしています。

どんな嵐が来ても動じず、自分の大切なものは自分一人で背負って守っているような、
野生の強さ、美しさに、「おっとこまえー」と心の中で叫びました。
人間も見習わないと!(と自分にいいきかせ)

ブログタイトルにありますように、鹿苑では『角きり』が行なわれます。
6(土)~8(月・祝)の3日間です。
人間と鹿の身体をはった真剣勝負です。
私たちも、角きりデザインのノートの新作を用意して
例年のようにブースで販売します。
お天気が心配ですが、どうぞ「かっこいい雄鹿」さんたちに会いに来てくださいね。





 

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.