セキュリテニュース

ファンドについて2019年3月1日 18:02

伏谷商店「名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド」近日募集開始

/data/blog/archive/original/44966.jpg

2015年9月に「ニッポンの提灯 あかりファンド」を募集し、大変人気を博した伏谷商店(愛知県・名古屋市)が、いよいよ次なるファンドに挑戦します。

伏谷商店は日本伝統の名古屋提灯を今も変わらず手で作り続ける職人集団です。しかし、提灯をはじめ、長年に亘り地元の方々の日常用品として愛されてきた伝統産業製品は、残念ながら今では認知度も下がり、職人の高齢化によって大きな分岐点を迎えています。

そのような伝統産業の凋落の中で、名古屋の若手職人たちが、「個々の力は微力でも、お互いに協力しながら伝統産業を盛り上げていこう」という熱い思いを持って集結しました。それが、「名古屋伝統工芸 技者(わざもん)衆」です。

/data/blog/archive/original/44962.jpg

そして、2018年12月、「わざもん衆」の中でも中心的な役割を果たしている伏谷商店が、名古屋の円頓寺商店街に伝統工芸のセレクトショップ「わざもん茶屋」をオープンしました。「毎日の生活と密接につながってこそ伝統工芸」という考えのもと、名古屋提灯の綺麗なデザイン、落ち着いた雰囲気のあかりの中で、伝統の職人たちが手づくりした、いろいろな工芸品を楽しんでいただけるお店です。

1階のショップスペースに加え、2階には抹茶や和スイーツを楽しめるカフェを備え、今後は全国から職人を招き、扇子、ちょうちん、友禅染め、香り袋、木工、絞りなどの工芸ワークショップなども予定しています。また、夜の営業では、提灯の灯りだけでお酒を楽しむ企画や、名古屋の舞妓さんと楽しむお座敷遊びのエンターテインメントなども考えています。

/data/blog/archive/original/44960.jpg

今回、新たに募集する「名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド」では、「わざもん茶屋」で販売する伝統工芸品の仕入れ費用等を募集します。投資家特典には、「わざもん茶屋」で使用可能な優待券をお送りしますので、投資をきっかけに、是非昭和のレトロな雰囲気の残る人気の商店街、円頓寺商店街に多くの方に足を運んでいただければ幸いです。

本ファンドの募集開始のお知らせを、ミュージックセキュリティーズから、いち早く受け取りたい方は、ぜひ以下のフォームよりご登録ください。募集開始になりましたら、当社の会員向けメルマガに先駆けて、真っ先にメールにてご案内いたします。
 

本ファンドの募集開始通知をご希望の方はこちらへ登録してください




※ ご登録いただいたメールアドレスは、「名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド」の募集開始のご案内の送付のみに使用します。(その後、セキュリテへの会員登録やファンドへのご出資を頂いた場合には、この限りではありません。)

※ 伏谷商店の第1号ファンド「ニッポンの提灯 あかりファンド」は、2017年に償還しています。
 
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1
  • デザインで輝く美しいものづくりファンド
  • 「日比谷音楽祭」制作プロジェクト
  • MIKADO LEMON Sparkling lemon sake