セキュリテニュース 西日本支社

西日本支社2017年10月12日 16:00

【大阪】セキュリテ熊本地震被災地応援ファンドセミナー(11/2)

いつもご覧いただきありがとうございます。東京に続き、大阪で「セキュリテ熊本地震被災地応援ファンド」に参加の事業者さんとの交流イベントを開催いたします。

熊本の事業者さんが今度は大阪に集まり、熊本の被災地の現状や、復興に向けたプランを皆さまにお話しいたします。第二部の交流会では、事業者さん自慢の商品をご試食&試飲もお楽しみいただけます。参加費は無料です。

東京での開催レポートはこちら
 
日時
11月2日(木)19:00~21:00 (18:45開場)

会場
グランフロント大阪 うめきたSHIPホール 2階
住所:〒530-0011大阪府大阪市北区大深町4-1

参加費
無料 ※準備のため事前に以下のボタンからお申し込みの上、ご来場ください。
   

参加予定の事業者さんをご紹介


/data/blog/archive/original/38617.jpg

有限会社菓舗梅園(熊本川尻和菓子職人 菓舗梅園ファンド)


伝統茶席菓子を得意とし、繊細で個性的な上生和菓子が数多くあります。食すだけでなく、目でも愉しむ菓子が好評。被災し菓子製造工場を失いながらも地域活性化のための取り組みを多く続けています。ファンドの資金で店舗のリニューアルをし、地域菓子職人らと共に以前に増した活気ある街づくりを行います。

/data/blog/archive/original/38612.jpg
当日は職人による和菓子づくりの実演を予定されています。



/data/blog/archive/original/38440.jpg

千代の園酒造株式会社(千代の園酒造 熊本米「華錦」ファンド)


1896年熊本県山鹿(やまがし)市で創業。山鹿市(やまがし)は温泉も湧く豊かな土地。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で最高金賞を受賞したほか、鑑評会では数々の金賞受賞歴を持ちます。ファンドの資金で熊本県が開発した酒造好適米品種「華錦」(はなにしき)を使用した酒作りを行います。

/data/blog/archive/original/38616.jpg
当日は大吟醸エクセル、純米吟醸熊本神力、純米酒朱盃の試飲を予定されています。



/data/blog/archive/original/38437.jpg

通潤酒造株式会社(通潤酒造 新しい物語ファンド)


1770年九州のほぼ中央に位置する熊本県山都町(やまとちょう)にて創業。地元の米と水、人にこだわった酒造りをしてきました。ファンドの資金で伝統ある酒蔵を観光客向けに、試飲や物販スペース、ギャラリー等を併設した魅力的な施設に改装します。「蛍丸」は、通潤酒造の既存のファンの枠を越えゲームファンの方々にも人気の商品。


/data/blog/archive/original/38438.jpg
当日は純米吟醸の蝉、純米吟醸蛍丸を試飲いただける予定です。



/data/blog/archive/original/38615.jpg

株式会社ろのわ(「日本の食を守りたい」ろのわファンド)


熊本県内でいち早く米や穀物の有機栽培に取り組む。自社生産するすべての米・雑穀、加工品に「有機JAS認定」取得し全国的にみても非常に稀少。ファンドの資金で熊本地震により壊れた設備・機械の修理や液状化した田んぼや畑に暗渠(あんきょ)排水工事等を行います。
当日はお土産に雑穀米のスティックをプレゼント



/data/blog/archive/original/38441.jpg

高田精肉店(熊本にらの町 黒毛和牛にらメンコファンド)


熊本県内一のにら生産量を誇る熊本県上益城郡甲佐町(かみましきぐんこうさまち)で営業。地元のにらをたっぷり使用したメンチカツ「にらメンコ。」を製造販売し好評を得ています。熊本地震で社屋兼店舗は半壊し取り壊しとなりましたが、すぐに同町近隣へ移転し営業を再開。被災地の食品供給者として精力的に営業を続けています。
当日はにらメンコ、ご試食いただけます



/data/blog/archive/original/38614.jpg

有限会社広東(熊本阿蘇竹楽亭 竹あかりファンド) ※セミナー初参加


物質的な復興に加え、観光被災地には安心して観光客に戻ってきてもらうという、被災イメージ払拭のための復興があります。竹楽亭では旅館の名前に含まれている「竹」を用いて復興につなげるべく、旅館内の中庭に竹あかりを施し幻想的な竹楽亭をPR します。

/data/blog/archive/original/38613.jpg
▲竹あかり

 

プログラム

第1部:各社プレゼンテーション
第2部:各社ブースに分かれての交流会(ブースでは展示、試食・試飲等)

東京で熊本の事業者さんと交流できる貴重な機会となっていますので、ファンドの投資家様はもちろんのこと、熊本地震のことや、事業者さんに少しでも興味をお持ちいただけましたら、ぜひお越しください。皆さまにお会いできますこと、事業者さんと共にセキュリテスタッフ一同、楽しみにお待ちしております。
 

主催:ミュージックセキュリティーズ株式会社
協賛:三菱地所株式会社 

【ご注意事項】

※会場の都合上、人数多数の場合はお申込みの受付を途中で締め切る場合がございます。ぜひお早めにお申し込みください。
※イベント中、当社が組成・運営するファンドの勧誘を行う場合がございます。
※お申し込み後のキャンセルについてはこちらのフォームまでお問い合わせください。
※イベント内容は変更になる場合もございます。
※本イベントは一部、客席を含む会場内の映像・音声・写真等がインターネット等で使用されることがありますので、予めご了承ください。
※取得した個人情報は、イベント共催者・参加事業者に提供する場合がございます。
※やむを得ない事情によりイベントの開催を見合わせる場合もございます。その際は事前にご案内いたしますので、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。
※お問い合わせはこちらのフォームからお願いいたします。

この記事だけを表示

西日本支社2017年9月22日 19:00

有限会社凡のようか豚丼試食のご報告

みなさま、こんばんは。西日本支社です。

有限会社凡のようか豚丼を試食しましたので、ご報告いたします。
/data/blog/archive/original/37924.png
/data/blog/archive/original/37923.png
こちらの販売サイトでお買い求めいただけます。
<有限会社凡販売サイト>
http://bon-raice.com/shopping/

【スタッフの感想】
・たれの甘さに深みがあって、豚肉も柔らかくご飯が何杯もいただけます。
・レトルト1パックで1人前とは思えないほどの、ボリュームたっぷりの甘くて柔らかいジューシーな豚肉と、玉ねぎとお汁もたくさん入っていて、つゆだくで頂きました。大満足です!!蛇紋岩米もとても甘みのあるお米で、豚丼との相性は”バツグン”でした。

■『凡のようか豚丼ファンド』のご紹介■
本ファンドは、有限会社凡(ぼん)が運営する地元の飲食店の人気メニュー、兵庫県養父(やぶ)市の地域ブランドである八鹿豚(ようかぶた)を使った豚丼をレトルト加工し全国の食卓に届けるためのファンドです。

<【募集終了】凡のようか豚丼ファンド> 
https://www.securite.jp/fund/detail/2842

この記事だけを表示

西日本支社2017年9月22日 19:00

栄養価の高いトマトとトマトソースファンド 

みなさま、こんばんは。西日本支社です。


株式会社みつヴィレッジの八百ちゃんトマトの「アラビアータソース」を試食しましたので、ご報告いたします。
/data/blog/archive/original/38200.JPG
アラビアータは唐辛子の利いたトマトソースです。
完璧に仕上がったアラビアータソースを茹でたパスタにからめるだけですので、
下処理のオリーブオイル風味付けも、パスタへの味付けも不要、とても簡単にハイレベルのパスタが一品出来上がりました。

保存食品特有の後味もなく、また一つ美味しいものを知ってしまったというのが感想です。
フレッシュなトマトと厳選食材が生きています!
トマトの酸味と甘みしっかりしていて、唐辛子の辛みで食欲倍増です!

その他にも自慢のトマト使用のソースがあります。
/data/blog/archive/original/38201.JPG

こちらの販売サイトでお買い求めいただけます。
<販売サイト>
https://revillage.base.ec/

■『栄養価の高いトマトとトマトソースファンド』のご紹介■

トマトのハウス栽培でロボットによる効率化を取り入れ、土壌学を研究し「栄養価の高さ」という高付加価値で市場に新たなニーズを生み出しました。本ファンドは、新しいハウス建設のための設備投資費用を募集しました。
<【募集終了】栄養価の高いトマトとトマトソースファンド>
https://www.securite.jp/fund/detail/2865

この記事だけを表示

西日本支社2017年7月20日 14:15

よしかファーム糖度保証ミニトマトの試食のご報告

みなさま、こんにちは。西日本支社です。
よしかファーム糖度保証ミニトマトファンドのミニトマトを試食しましたので、ご報告いたします。
/data/blog/archive/original/36062.jpg
最近、スーパーの青果売り場ではたくさんの種類のトマトが並んでいて、どのトマトを買うか悩んでしまいますね。フルーツトマトもたくさん並んでいます。
よしかファームのトマトは、自動糖度選別機を用いて糖度毎に選別した糖度保証ですので、同じ甘さでハズレなしです。今回のトマトは糖度7でとても甘かったのですが、よしかファームでは糖度14までのトマト栽培を計画しています。
もし、近い将来お近くのスーパー・百貨店でみかけられたら、ぜひご支援をよろしくお願いいたします。
/data/blog/archive/original/36063.jpg
/data/blog/archive/original/36061.jpg
【スタッフの感想】
・封を開けた瞬間、とっても甘い香りが漂い「何のフルーツ?!」と思いました。
 トマトを毎日欠かさず食べている私ですが、本当にハズレなしの甘さです。
 トマトの酸味が少し...と思われる方にも、是非お勧めです!!

・これまで食べたトマト史上もっとも甘いと感じましたが、糖度14も栽培計画されているとお伺いし、
 この甘さの2倍ですか....もはや想像が出来ません。また実家でも美味しくいただき、母から妹夫婦にも渡りました。
 この甘さと美味しさはほかの誰かにも共有したくなる味です!

■『よしかファーム糖度保証ミニトマトファンド』のご紹介■
よしかファーム株式会社は、2016年から島根県吉賀町で高糖度ミニトマトの栽培に取り組みはじめました。土を使わない「アイメック(R)農法」を取り入れ、先進農業を実践しています。近年、女性を中心に高糖度ミニトマトの人気が高まる中、同社はトマトの糖度保証を行うことで、他社との差別化を図るブランド構築に挑戦しています。
本ファンドでは、糖度保証を行うための、自動糖度選別機(※)の購入費用を募集しました。

<【募集終了】よしかファーム糖度保証ミニトマトファンド> 
https://www.securite.jp/fund/detail/3326

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月27日 11:38

その② エナジーアルコールSPASA(スパサ)試飲のご報告

みなさま

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
西日本支社の渡部と申します。

先日、エナジーアルコールSPASAの試飲の記事がアップされましたが、私も後追いで頂きました!
時間は23時くらいでしょうか・・・夜に仕事が終わりかけのころに仕事でアイデアを思いつき、たまらず参考になりそうな本を読もうとしていたころに、こんな時こそ「SPASA」じゃないか!と思いまして、頂いてみました。
前回はみんな缶のまま飲んでいましたが、じっくり考えることをしたかったので、落ち着いて会議室にこもり、コップで頂きました。

/data/blog/archive/original/35413.jpg

以前は缶のまま飲んだこともあるんですが、コップに入れるとSPASAの香りがガツンと鼻にきます。
もちろん目が覚めるような感覚というのもありますが、どちらかというと落ち着きをもって考えたいことに集中できるという印象です。
アルコールが入っているので、そういった効果も感じることが出来るのかなと思いました・・・
(あまり飲みすぎると酔っぱらってしまいますので今日は控えめに 笑)

寝る前にエナジー系の飲み物を飲むのか?と疑問に思われるかもしれませんが、このSPASAはカフェインが入っていないので、特に気になりません。
また、甘味も強いので、たくさん飲まなくても満足感がとても高いです。
(甘いのが特に苦手という方は、氷を入れてちょっとソーダで割って飲んでもいいと思います)

「あともう少し頭を動かして、満足感を高めてから寝たいとき」・・・こういう時にもSPASAはとてもいい相棒になってくれると感じました。

このエナジーアルコールSPASAのファンドは今月末まで募集しております!

【百薬の長 栄養アルコールドリンクファンド】

特典で、1口につき6本のSPASAをお送りしますので、試しに飲んでみるか!という方もぜひご検討頂ければ幸いです。

/data/blog/archive/original/35415.jpg/data/blog/archive/original/35414.jpg

先日、SPASAの中川社長と一緒に山口県で事業者さん向けのセミナーに登壇してまいりました。
その際、中川社長が「絶対に成功させる事業なので、ぜひ応援してください!」と強くおっしゃいました。
さすがに登壇前にSPASAを飲まれたわけではないですが・・・(笑)

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
応援よろしくお願い致します!

「百薬の長 栄養アルコールドリンクファンド」はこちら

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月22日 19:00

いいね!あいち応援ファンド~地域をめぐる担当者が感じる魅力~

/data/blog/archive/original/35313.jpg

いつもセキュリテをご覧いただきありがとうございます。今回は愛知県の「いいね!あいち応援ファンド」の事業者さんについて、地域をめぐる担当者が感じる魅力をお伝えいたします。

/data/blog/archive/original/35315.jpg
・VALORE「メーカーズピア」店ファンド(ランド)


株式会社ランドが運営する店舗「VALORE」の魅力は、何といっても扱っている素材です。主にハーブティーやエッセンシャルオイルを扱っています。代表の阿部さんは次のようにお話されていました。「素材へのこだわりは、ランドが他社と差別化するための一番のポイントです。昨今、自然素材の製品を扱うところも増えてきていますし、大手もいます。その中で、ランドが大切にしてきたものが素材へのこだわりなんです。」

続けて、「私は、自分が感じたもの、目でみたもの、鼻で嗅いだものしか信用していません。1年に少なくとも10カ国以上は自分で回りますし、例えば、ラヴェンダーはフランス・プロヴァンスからの直輸入ですが、日本ではランドしか仕入れていないような仕入れ先もあります。そこに出向いて、毎年ラヴェンダーの収穫期である6月末から7月上旬にかけて、蒸留したラヴェンダーの品質を確認しています。」そのため、VALOREで扱うハーブティーやオイルには、極上の素材をふんだんに利用した製品が揃っています。

阿部さんのもう一つにこだわりとしては「マーシャンタイズの精神」がありますが、それはまた別の機会に。本ファンドの特典では、VALORE「メーカーズピア」店でご利用頂ける商品券(3,000円相当)の他に、投資家限定ハーブティーセット(2,000円相当)もお届け致します。是非、ご支援の程宜しくお願い致します。

/data/blog/archive/original/35375.jpg

・異国精肉店ザ・アミーゴスBBQファンド(ザ・フェニックス)

ザ・フェニックス代表の藤井さんは常々「日本には五感で楽しめるBBQ施設が少ないんです。ザ・アミーゴスがそのモデルを提供したい」とおっしゃっています。

ザ・アミーゴスは名古屋を拠点に20年にわたって精肉店を営んできました。現在は愛知県下に4店舗、岐阜県下に1店舗、三重県下に2店舗を展開していますが、数年前からは、既存店舗に併設する形でバーべキュー(以下、BBQ)BBQコートを開設し、お店の購入したお肉をその場でBBQできるとして好評を得て、この間BBQ運営に関する知見を蓄積してきました。

そして、2017年4月に開園するレゴランドに併設する体験複合施設Maker's Pierに、「お肉を楽しむ全てを!」をコンセプトに展開するレストラン「異国精肉店ザ・アミーゴス GRILL&BBQ」をオープンをするに至りました。

魅力はそのホスピタリティの高さ!日本でも数少ない上級のBBQインストラクターを複数名配置し、火の起こし方から肉の切り方はもちろん、BBQを楽しむための心構え等、ビギナーにも一から手取り足取り教えてくます。自然の中でBBQを満喫できる環境を用意し、BBQをファンを全国に増やしたいという強い目的を持って活動しています。

是非、本ファンドをBBQを楽しむきっかけにしてみてはいかがでしょうか。投資家特典として、1口につき、「異国精肉店 ザ・アミーゴス GRILL&BBQ」店及び、ザ・フェニックスのECサイトでご利用可能な割引券4,500円相当を1回お届けします。是非ご参加頂ければ嬉しいです!

/data/blog/archive/original/35318.jpg
・bo-bi第2弾マフラー型マスクファンド(くればぁ)


昨年、わずか10日間で満額募集に成功した「高機能マスクbo-biファンド」に続く第2弾ファンド。今回もデザインオフィスnendoとミュージックセキュリティーズの業務提携によるfinan=sense.のファンドになります。今回の対象商品の「マフラー型マスク」。開発のヒントは、株式会社くればぁの中河原さんが欧州に視察した時にみた光景にありました。

欧州では、日本のようにマスクをする習慣がなかったのです。一方、ファッションとしてのマフラーは着こなしていたため、両者の機能を併せ持った商品を開発すれば、くればぁの技術を欧州等にも広げることができるのはないか、と発送しました。今回のプロジェクトでも、デザインオフィスnendoの協力により、ファッション性と機能性が調和したスタイリッシュなマフラーに仕上がりつつあります。

くればぁは、その優れたフィルター機能を搭載した高性能マフラー型マスクの開発を実現し、愛知発・世界唯一の商品を目指しています。是非応援の程宜しくお願いいたします。


/data/blog/archive/original/35317.jpg
・オリーブ薬局 青パパイヤファンド(モリ薬局)


地域の調剤薬局がなんで青パパイヤ?? と初めは不思議に思いました。でも、社長の森さんのお話を聞いて3度納得。担当者が唸った3つの「なるほど!それは素晴らしい~!!」をご紹介します。

まず一つ目は青パパイヤの効用です。一般的に知られているパパイヤは熟した黄色いフルーツですが、熟す前に収穫した青いパパイヤは、青パパイヤと呼ばれ、酵素をはじめ、18種のアミノ酸やビタミンC、食物繊維やβ-カロテンなど、豊富な栄養成分が含まれます。そして、なんと葉の部分には果肉のおよそ3倍の酵素が含まれているとのこと。オリーブ薬局ではそこに注目して、パパイヤの葉とお茶をブレンドして非常に飲みやすい青パパイヤ茶を開発しました。なるほど!です。

二つ目は社会的意義です。青パパイヤ栽培によって、地方の耕作放棄地の解消や高齢者の雇用の受け皿、過疎地の活性化につなげたいという目標があるのです。パパイヤは日本でも簡単に育てることができ、災害や日照りに強く、露地栽培なのでイニシャルコストも多くはかかりません。過疎化が進んだ土地が青パパイヤの生産によって蘇えり、商品もたくさん売れれば、若い人材も集めることができ、農産物の出口づくりにもつながると。なるほど!!です。

そして最後は、つくった製品の売り方です。オリーブ薬局は愛知県内に4店舗を展開しています。薬局に来た方、お待ち頂いている方たちに、ご提案していきます。移動販売車でのジューススタンドは、薬局の駐車場にとめて、日替わり、週替わりで店舗を移動して販売する計画です。三つ目のなるほど!は、「なるほど、それなら売れそうですね!!!」でした。今回ファンドでは、パパイヤ類を使用した飲料類の開発仕入販売費用を募集します。ぜひご協力ください!

/data/blog/archive/original/35316.jpg
・豊橋木工 背すじを優しく守る椅子ファンド(豊橋木工)


豊橋木工は約70年の歴史を誇る、愛知発の国産家具メーカーです。主力製品は椅子、自社工場ですべての工程を行っているメイドインアイチ・メイドインジャパンの製品を製造しています。豊橋木工では、一つ一つの製品を時間をかけて仕上げるため、大手メーカーのように同規格の製品を量産することはできません。むしろ、一つ一つを丁寧に作れるからこそ、ユーザーの体型や年齢、ニーズに応じたきめ細やかや製品を製造するメーカーとして支持されています。

一番の特徴は、木材を薄くスライスした単板を何枚も重ねあわせ、圧力と熱を加えた型めながら接着することで形を作る「成形合板」の技術です。ドイツやその他の海外から仕入れた原材料を利用して、身体の形との相性が抜群な椅子を製造しています。滑らかで、長時間座っていても楽な椅子は、このような技術から生まれています。

本ファンドでは、豊橋木工の新商品「背中をピンと」正す「SEPINTO」(セピント)の原材料費を募集していますが、特典として、豊橋木工のECサイトで広く利用できる商品券(10,000円分)をお届け致します。是非、ご支援頂ければと思います。

/data/blog/archive/original/35314.jpg
・天然ハーブ センシンレン歯磨き粉ファンド(AGP化粧品)


AGP化粧品は、天然ハーブ「センシンレン」を原材料にした歯磨きペースト、サプリメントを開発・販売しています。「センシンレン」を多くの人に知ってもらいたいとの谷口代表と鈴木会長の熱量を感じました。私も歯磨きペーストを使用しています。個人の感想ですが、最初は独特の苦みに違和感がありましたが、使用するうちに口の中の爽快感がたまらなくなり、継続的に使用しています。口内炎になる頻度も以前と比べると減りました。
投資家特典として、『AGP TOOTH PASTE(センシンレン歯磨き粉)』をご送付いたします。


/data/blog/archive/original/35320.jpg
・砂職人が作る不思議な鉢ファンド(SRサービス)


SRサービスは、鋳物の町、愛知県西尾市で鋳物を作るときに使われる砂型を製造してきた技術力のある会社です。鋳物の製造工程で廃棄物として出る砂を再利用した製品も開発し、製造販売しています。再利用といっても、廃棄物の砂を独自のノウハウで精製後、固めて製品にしていきます。伴社長は、鋳物産業自体に直接関わる機会がない方にも広く知ってもらい、産業を活性化させていきたいと話しています。特典には、スタイリッシュな砂の植木鉢とアレンジメントフラワーを組み合わせた「デコハナ」を期間中1回送付します。


/data/blog/archive/original/35321.jpg
・住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンド(ルクラ)


在宅介護をしたいが、近隣の入居タイプ施設の空き室がない、マイホームを建てたばかりでリフォームに躊躇する、被介護者が同居を遠慮する等々、声を聞いた太田社長が、顧客の悩みを解決するために介護に特化したトレーラーハウスの開発を決意しました。「販売」と「レンタル」を事業化し、様々な顧客の家庭環境に対応した双方のプライベートをきちんと保てる個室の介護空間を提案していきます。


いかがでしたでしょうか。「いいね!あいち応援ファンド」ぜひじっくりお選びください。

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月22日 11:30

エナジーアルコールSPASA(スパサ)試飲のご報告

みなさま、こんにちは。西日本支社です。
昨日、百薬の長 栄養アルコールドリンクファンドの『エナジードリンクSPASA』を試飲しましたので、ご報告いたします。
/data/blog/archive/original/35296.jpg
ノンカフェインでアルコールが入ったエナジードリンクということで、めずらしい製品です。アルコール度数6%と、普段飲むビールと同じくらい。

どんな味かと飲んでみると、アルコールが入っているのを忘れるくらい飲みやすくリフレッシュできました。今朝の目覚めも良かったです。
/data/blog/archive/original/35295.jpg

【スタッフの感想】
・お酒がとても弱い私でもとにかく飲みやすく、とにかく目が覚める味わいでした!
ゴクゴクいけてしまう感じで...
ただ職場で頂戴したため、気合が入りすぎて家に帰りたくなくなってしまい危うく残業しそうになりました..
次回は社外で頂戴します!

・レッドブルみたいで飲みやすかったです。身体があったかくなってきて、バイタリティが生まれてくる感じでした。残業時等に活力をつける上でとても良いと思いました(ただし、アルコールが入っていますが笑。)

・おいしいです。アルコールはけっこう感じます。気分を上げたいときにはちょうどよいと思いました。

・爽やかな口当たりで、飲んだ後とても気分が良くなり、笑顔になっている自分に気付きました。

■『百薬の長 栄養アルコールドリンクファンド』のご紹介■
「自分の侍を呼び起こせ。」をコンセプトに、世界初のノンカフェインの栄養アルコールドリンク『エナジーアルコールSPASA』を開発。元気を出したいときはもちろん、リラックスしたいときなどにもぜひお試し頂きたい商品です。関東・関西の飲食店や小売店に販売しています。社会貢献活動にも力を入れ、アーティスト育成事業も行っています。本ファンドでは、商品の販路拡大のための資金を募集。「お酒を楽しみながらエナジーが補給できる」という画期的なエナジーアルコールSPASAが投資家特典となります。

<百薬の長 栄養アルコールドリンクファンド>
https://www.securite.jp/fund/detail/3142

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月20日 16:59

17社に総額1億7580万円を募集~滋賀銀行との取組~

セキュリテでは、今でこそ全国の60を超える金融機関と連携し、地域事業者様のためのファンドづくりを行っていますが、実はその一番初めは、今から6年前の2011年、滋賀銀行様との提携からでした。以来、滋賀銀行の皆さまとは日頃より密にコミュニケーションをとりながら、たくさんのファンドを募集してまいりました。
先日行われた第10回「しがぎんエコビジネスマッチングフェア2017in京都」では、これまでの取り組みの一部をパネル等でご紹介する機会をいただきましたので、本日はこちらのブログでも共有いたします。

/data/blog/archive/original/35204.jpg

このエコビジネスマッチングフェアには、弊社も大阪に西日本支社をオープンした2013年以降、3年連続でブースを出させていただいております。
毎年、ここで多くの事業者様にセキュリテの仕組みをご紹介する機会を得るだけでなく、これまでにお世話になった多くの滋賀銀行の支店の皆さまにも再会し、さながら同窓会のような雰囲気で、お互いに情報交換をしながら、パートナーシップを深めております。

/data/blog/archive/original/35205.png

さて、このような関係性の中で、現在、滋賀銀行からのご紹介とサポートをうけ、募集しているファンドが、こちらです↓↓↓↓

■□京都 「酒と魚とオトコマエ食堂」ファンド■□
https://www.securite.jp/fund/detail/3287

新規出店!京都駅徒歩1分。「北前船」ルートの魚介類で逸品郷土料理を提供。
京都の地で和食道を極めてきた株式会社すぎうらは、京都市内に4店舗、魚介類を中心した和食創作料理「四季の味 すぎうら」を運営しています。本ファンドでは、すぎうらの新店舗プロジェクトを応援します。京都駅近くに、すぎうらが長年の経験と目利きを活かした他産地消、郷土料理、日本酒をコンセプトにした「酒と魚とオトコマエ食堂」がオープンしております。本ファンドでは新店舗で扱う原材料の資金を調達します。


是非、すぎうらの新プロジェクトにぜひご参加下さい!
 

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月9日 19:32

(6月5日大阪)ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナーのご報告

みなさま、こんにちは。西日本支社です。

6月5日(月)に、西日本支社にアバコ貯蓄信用協同組合「Cooperativa de Ahorro y Cre‘dito ABACO」(以下、Abaco)のメンバーが日本を訪れ、「ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー」が開催されました!本日はその開催報告をさせて頂きます。

2013年にセキュリテで募集した「Abaco小さな農家応援ファンド」は、ペルーの日系人が設立したAbacoが、パートナーのNGO等と連携し、既存の金融システムではカバーできない地方の小規模農業生産者・事業者へ行う融資プログラムをサポートするためのファンドです。

/data/blog/archive/original/34863.jpg

本ファンドは、ミュージックセキュリティーズ株式会社と米州開発銀行(Inter America Development Bank, IDB)の多数国間投資基金(Multilateral Investment Fund, MIF)の連携による第1号ファンドです。IDB/MIFがAbacoの資本増強を行う一方(500万ドル=約5億円)、本ファンドは日本の個人による匿名組合出資にて小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムへの原資を提供するものです。

Abacoでは、金融システムの未発達により今まで資金調達が難しかった事業者に対して、技術支援を行うとともに融資を行い、設備を近代化し生産性の向上に貢献しています。その結果、雇用を創出し地域の発展を促しています。本ファンドの資金は、ペルーのAbaco(アバコ)を通じて、例えば、ここチチカカ湖でマスの養殖事業を行う事業者の支援に活用されています。

本セミナーでは、Abaco信用組合 組合理事ヘルマン・マツムラ氏より移民した日系人が始めたAbaco信用組合設立までの経緯やここまでのミュージックセキュリティーズとの出会い、そしてプロジェクトに至るまで道のりなど、多彩にお話を頂きました。

/data/blog/archive/original/34777.jpg
(左:Abaco理事 マツムラ ヘルマン氏)

ペルーにおいては、国として一定の経済力は備わったものの、金融サービスへのアクセスがまだまだ不十分であり、その仕組み自体の革新、組織化が大きな課題となっています。現状における高金利、生産性のない貸付や価格交渉力の不足の状況下で、事業展開を図らなければならない現状ついても言及されていました。

「適切な金融サイクルの構築こそが今後欠かせない要素であり、ファイナンスの重要性を説き、国内外でのペルー成長促進する経済活動こそが我々の挑戦です。」

今後も「Abaco小さな農家応援ファンド」で実現できたことも事例に、ペルーの農産物や漁業産品の豊富さを国内外にアピールし、生産事業者に対して上質な資金調達をサポートする金融機関となっていきたいと力強くお話されていました。

/data/blog/archive/original/33997.JPG

質疑応答では、ペルーのインフレ事情について言及があったり、ファンドの詳細や分配指標等について非常に鋭い質問も参加者より問いかけられました。日本と比べて事業にかかる金利はどれくらいなのか、という質問も出ました(極端な例でいえば日利8%、一般的には金貸しの年利は50%、本件ミュージックセキュリティーズで集めた資金でのAbaco信用組合のファイナンシングでは年利16%で実施されています。)

「世界的にマイクロファイナンス業界でいえば年利20~30%がスタンダードな水準と言えるが、マイクロ投資の普及が進むペルーのなかでもこれ(本ファンド)は非常に功利な例だと言える。」(成田MIFスペシャリスト談)

他にも、当社代表の小松よりはペルー現地訪問の報告も行われました。

ファンドにおけるマスの養殖事業支援で、実際に現地雇用がどのように創出されているかの事例、近々東北へも行って感じた日本の技術が現地事業にも必要ではないか、マスの養殖協業、日本への輸入など事業展開も日本で出来る可能性についても触れました。

/data/blog/archive/original/33996.JPG
(現地事業者と 右:小松)

以上が「ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー」の開催のご報告となります。

当日は多くの方にお越しいただきました。改めてご参加いただいたみなさまに、感謝申し上げます。
 

この記事だけを表示

西日本支社2017年5月26日 15:17

「クラウドファンディングセミナー(主催 但馬銀行)」が始まりました!

皆さん、こんにちは。西日本支社の周でございます。

先ほど、「クラウドファンディングセミナー(主催 但馬銀行)」が始まりました!

/data/blog/archive/original/34527.JPG

本セミナーは但馬銀行(兵庫県豊岡市)の主催で行われるセミナーで、兵庫県内における中小企業者の活性化や県民等からのふるさと投資の促進を図ることを目的として開催されています。

現在、西日本支社の杉山がセキュリテの仕組みについてプレゼンテーションをしています。次に、ひょうご産業活性化センター様のプレゼンテーションをされた後、兵庫県内のファンドご利用事業者の皆様のプレゼンテーション、試食会等があります。

今後とも兵庫県をはじめ、事業者様のお手伝いをさせて頂けるように取り組んで参ります。

----------------------------
主催:㈱但馬銀行
後援:兵庫県、(公財)ひょうご産業活性化センター
日時:平成29年5月26日(金)15:00~17:30頃
場所:但馬銀行 神戸支店 4Fセミナールーム
(神戸市中央区加納町4-3-17)
参加費:無料
内容:
第 1 部(対象:企業経営者の方 15:00~)
・クラウドファンディングの仕組みと活用メリットについて
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社 西日本支社長 杉山 章子
(参考 きらりひょうごプロジェクト特設サイト)

・キラリひょうごプロジェクトの概要について
(平成 29 年度の募集時期については現時点で未定となっております。)
講師:(公財)ひょうご産業活性化センター 北内 はるか氏
(参考 平成28年度きらりひょうごプロジェクト紹介ページ)

・取組事例のご紹介
(有)花房商店(豊岡市) 「但馬HANAFUSA伝統糀ファンド」
(株)大浦ミート(加古川市) 「大浦ミートの加古川和牛ファンド」/「大浦ミートの志方牛ファンド」

第 2 部(対象 個人の方 16:30~)
・クラウドファンディングの仕組みと投資メリットについて
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社 西日本支社長 杉山 章子

・取組事例のご紹介
(株)カネニ(香美町) 「目利きの極意 カネニ柴山がにファンド」
マルヤ水産(株)(香美町)「香住の誇り「香住ガニ」PRファンド」
(株)井澤商店(稲美町) 「あなたが選び美味しい米農家ファンド」   
(有)りんどう(加古川市)「鉄板焼割烹りんどう レストランファンド」

・交流会(取組事例の事業者による試食会を予定しています。)

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス