アクティビティ 被災地応援ファンド

私達セキュリテスタッフの日々の活動をリアルタイムにお伝えします。

スタッフは皆様に、より良い魅力的なファンドをお届けすべく、日本全国を駆け回ってがんばっています。
ファンド組成担当員だけでなく、内勤スタッフの声もお聞きいただければ幸いです。

被災地応援ファンド2016年7月13日 14:00

セキュリテ被災地応援ファンド「425祭2016 in 陸前高田」開催報告

こんにちは、ミュージックセキュリティーズ西日本支社の神谷です。
4月23日(土)から24日(日)にかけてセキュリテ被災地応援ファンド「425祭2016 in 陸前高田」が行われました。425は4月25日の425で、5年前の2011年のこの日にセキュリテ被災地応援ファンドの募集が開始されました。425が「For復興」と読めるので、2011年当時、地元の被災企業のいち早い復興のため応援ファンド立ち上げに尽力してくれた宮城の仲間や事業者さんとこの日を最初のファンドの募集日に決め、準備をしたのでした。 

あの日から5年が経過しますが、毎年この日に東北でイベントを開催してきました。
(今年は25日が平日であるために休日である23日、24日の開催となりました。)

「425祭」としては、一昨年、昨年に次ぎ、3度目の開催になります。425祭の基本コンセプトは「おもてなし」。「みんなが遊びに来てくれる楽しい企画を考えて、私たちでおもてなしをしよう!」という事業者の皆さんからの発案で、実現いたしました。 (425祭を始めた経緯はこちらをご覧ください。) 


/data/blog/archive/original/27696.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造にて記念撮影。事業者さん、参加者の方、全員集合です。)


本日はご参加できなかった皆さまのために開催レポートをお届けさせていただきます。
今回のプログラムは、「425祭 in 陸前高田」と銘打っていますが、初日は岩手の一ノ関駅に集合し、一関市にある「世嬉の一酒造株式会社」に向かい、その後に陸前高田市にある「お菓子工房 木村屋」さん、「陸前高田 いわ井」さんに伺い、夜は箱根山テラスにて交流会が行われました。
2日目は大船渡市にある「酔仙酒造」さんの工場を見学した後、事業者様と投資家様で「これからの陸前高田について」をテーマに互いに意見交換をするワークショップを行いました。その後、「三陸とれたて市場」さんに伺い、最後は「八木澤商店」さんの工場を見学して、一ノ関駅で解散、という盛沢山のプランでした。

行程中の詳細については、既に参加者の方がブログに掲載されておられますので、ぜひそちらをご覧ください。

~~~【参加者レポート】~~~~~~~~

 「"いい投資"探検日誌 from 新所沢」
     425祭 in陸前高田レポート

  (1) 1日目:世喜の一酒造〜木村屋〜いわ井〜箱根山テラス
  (2) 2日目:箱根山テラス〜酔仙酒造〜三陸とれたて市場〜八木澤商店
 
 「宮城を一生楽しむ!日記」 被災地応援ファンド「425祭」2016 in 陸前高田
  応援ファンド発案者の一人、宮城県庁の山田さんのブログです。
  1日目の夜に行われた交流会について詳しく書かれています。

 「居場所と出番のあるまち」425祭2016in陸前高田に参加して

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/data/blog/archive/original/27697.jpg
(ツアー1日目 夜、箱根山テラスでの交流会にて。写真左から、弊社社長の小松、木村屋の木村社長、弊社の杉山、いわ井の磐井社長、酔仙酒造の金野氏、弊社の猪尾。)
 


私は、普段は西日本支社にてファンド組成業務に従事しており、主に関西圏の事業者様のファンド組成をお手伝いする仕事に関わらせていただいております。
被災地応援ファンドにはいままで業務としては直接かかわる事はありませんでしたが、以前から投資家様向けのIR等で東北の状況を見聞きしておりました。また私自身が神戸で生まれ育ち、中学生の時に阪神淡路大震災を体験した経験から一度、東北に訪問してみたいと以前から思っておりました。
そして今回「425祭」に同行し、陸前高田を訪問する機会をいただきました。 
 
今回、ツアーに同行して、事業者様の店舗・工場等を見学しつつ、事業者様や投資家様に様々なお話しを伺わせていただきました。
事業者様からは、震災当時のことや、震災からこれまでにあったこと、そして現状の問題点やこれからの課題、今後のビジョン等についてのお話しを伺いました。また、投資家様にも被災地応援ファンドにどういった想いで出資をされたのかについてなど、いろいろなお話しを伺いました。
その中で、ある事業者様が「津波でお店も商品も、全部なくなったけど。人との繋がりだけは残った、、、」とお話しになられたのがとても印象に残りました。
また投資家の方々が「顔の見える人に投資して、応援をしたかった。」、「また来年も来て、東北がどう変わっていくのかを見たい。」と仰られておられたのも、印象に残りました。
それらを聞いて改めて「被災地応援ファンド」というものがどういったものなのか、ということを考えさせられました。
これからは、このツアーを通じて感じた事・気づいた事を活かしてファンドの組成をしていこうと思います。

来年度のツアーについてはまだ詳細は決まってはおりませんが、「石巻あたりで開催をしようか」といったような話もでておりますので、ぜひ来年も楽しみにお待ちください! 




■関連情報
「震災から5年。現在の課題と求められるもの」(更新予定) 
特集ページ: http://oen.securite.jp/after/4/ 
レポート(PDF):ダウンロードはこちらから
 


以下、ツアー中の撮影した写真や動画を掲載させていただきます。

【1日目:世嬉の一酒造】

/data/blog/archive/original/27699.jpg
(ツアー1日目、世嬉の一酒造。佐藤社長のご挨拶。)


/data/blog/archive/original/27700.jpg
(ツアー1日目、世嬉の一酒造。修繕中の蔵を見学。)
 

/data/blog/archive/original/27701.jpg
(ツアー1日目、世嬉の一酒造。お肉とお餅のコラボレーション「酒屋バーガー」!)
 


【1日目:陸前高田 いわ井】 

/data/blog/archive/original/27702.jpg
(ツアー1日目、陸前高田 いわ井。磐井社長による嵩上げ工事の説明。)


/data/blog/archive/original/27704.jpg
(ツアー1日目、陸前高田 いわ井。仮設店舗にて。)


/data/blog/archive/original/27703.jpg
(ツアー1日目、陸前高田 いわ井。磐井社長による酔仙酒造の「雪っ子」の説明中。)



【1日目:木村屋】

/data/blog/archive/original/27717.jpg
(ツアー1日目、木村屋。木村屋店内。)
 


(ツアー1日目、木村屋。木村社長のご挨拶。)
 


 【1日目:箱根山テラス】
1日目の夜は、陸前高田にある箱根山テラスにて、本ツアーのメインイベント、おもてなしの宴が開催されました。
425祭の目的の一つは、ファンド利用事業者の皆さまが投資家の皆さまの資金で再建し製造できるようになった商品やサービスを存分に現地で、投資家の皆さまにお楽しみ頂くことです。
酔仙酒造さんの微炭酸のShuWaWaで乾杯のあとは、酔仙酒造さん自らの燗づけによる純米酒を振舞って頂きました。
お料理は、箱根山テラスさんのプロデュースのもと、八木澤商店さんの醤油、味噌、丸光製麺さんのうどん、斉吉商店さんの金のさんまや生つみれ、藤田商店さんのタコに、シラウオや山菜、クレソンなど陸前高田の地元で採れた食材が組み合わされ、心のこもった一品たちがずらーと並びました。
デザートには、木村屋さんがさっき焼き上げたできたてのバームクーヘン、アンカーコーヒーさんのドーナツとコーヒー、山元いちご農園さんのいちご。
最後に、いわいさんからは、サプライズのお土産も頂き、おもてなし尽くしの幸せの時間となりました。
生産者の皆さまと、作って頂いた商品を一緒に、生産地で、お話をしながらいただくことは、やはり、最高です!
事業者のみなさま、本当にありがとうございました!


/data/blog/archive/original/28488.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて。)
 

/data/blog/archive/original/28492.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会料理。)


/data/blog/archive/original/28493.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会料理。)


/data/blog/archive/original/28490.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会料理。)


/data/blog/archive/original/28491.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会料理。)


/data/blog/archive/original/28487.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。)


/data/blog/archive/original/28489.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、酔仙酒造の金野社長による乾杯のご挨拶。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、斉吉商店の斉藤和枝さんのご挨拶。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、宮城県庁の山田さんのご挨拶。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、斉吉商店の斉藤かなえさんのご挨拶。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、酔仙酒造の金野泰明さんのご挨拶。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、陸前高田いわ井の磐井社長のご挨拶。)



(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて、木村屋の木村さんのご挨拶。)


/data/blog/archive/original/27722.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。交流会にて)


/data/blog/archive/original/28489.jpg
(ツアー1日目、箱根山テラス。ご協力いただいた事業者様、ありがとうございます。)
 
 
/data/blog/archive/original/27705.jpg
(ツアー2日目、箱根山テラス。朝食。)



 【2日目:酔仙酒造】
 
/data/blog/archive/original/27720.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。蔵見学。)
 

/data/blog/archive/original/27706.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。)
 

/data/blog/archive/original/27709.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。)


/data/blog/archive/original/27707.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。)
 

/data/blog/archive/original/27708.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。)
 

/data/blog/archive/original/27711.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。)
 

/data/blog/archive/original/27710.jpg
(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。)



(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。八木澤商店の河野社長)



(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。酔仙酒造の蔵人:金野泰明さん)



(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。酔仙酒造の金野社長)



(ツアー2日目、酔仙酒造。ワークショップ。木村屋の木村社長)



 【2日目:三陸とれたて市場】
 
/data/blog/archive/original/27712.jpg
(ツアー2日目、三陸とれたて市場。三陸とれたて市場の内田充俊さんのご挨拶。)



(ツアー2日目、三陸とれたて市場。三陸とれたて市場の内田充俊さんのご挨拶。)
  
 ​

 【2日目:八木澤商店】

/data/blog/archive/original/27713.JPG
(ツアー2日目、八木澤商店。河野社長のご挨拶。)



(ツアー2日目、八木澤商店。河野社長のご挨拶。)


/data/blog/archive/original/27714.JPG
(ツアー2日目、八木澤商店。工場見学。)


/data/blog/archive/original/27715.JPG
(ツアー2日目、八木澤商店。工場見学。)


/data/blog/archive/original/27716.jpg
(ツアー2日目、八木澤商店。記念撮影。)


以上です。

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2016年6月10日 11:00

この週末は「新しい東北マルシェ」にGo!丸光製麺、のり工房矢本、御稲プライマルが出展します!

復興庁では平成28年6月を「東北復興月間」とし、様々な企画が行われています。
その一環として、今週末、6月11日(土)・12日(日)には、「東日本大震災の被災地で「ストーリー」を持って復興に携わっている生産者などが、東北のおいしいもの・特産品等を販売」する「新しい東北マルシェ」が開催されます。

そこには、「セキュリテ被災地応援ファンド」や「はじめっぺ ふくしま」ファンドを活用されている事業者様3社も参加されます!
入場は無料。出展者と来場者が交流できるエリアもありますので、皆さま是非お誘い合わせの上、お越しください。

【セキュリテからの参加事業者】
・丸光製麺
・のり工房矢本
・御稲プライマル

【日程】2016年6月11日・12日 13:00〜16:00

【場所】3331 Arts Chiyoda コミュニティスペース1F
    (アクセスはこちらでご確認ください。

/data/blog/archive/original/27751.png

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2016年1月17日 23:59

復興のキーワードは、世間体を捨て協力を仰ぐこと

阪神淡路大震災から21年を迎える今日、ここ最近の国内外の多くの災害のことを考えて一日を過ごしました。

その中で、宮城県の塗料メーカー、KFアテイン株式会社のことを、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思いました。

現在、KFアテインでは、「新社屋実現のため【雪王販売2000本達成】へのご協力のお願い」というのを、投資家の方を中心に実施しています。

簡単に説明をすると、KFアテインが新社屋を建設するためには、銀行融資が必要なのですが、融資を受けるために銀行から提示された条件が、【12月、1月の売上の合計が600万円を超すこと】なのです。そのために今できることが、セキュリテセットで販売している「雪王」という商品を売ることなのです。

詳細については、ぜひ川又社長のメッセージ KFアテインのブログをご覧頂きたいと思います。

12月に「
KFアテイン雪滑り塗料ファンド」の投資家の皆さんに第一報のご案内をしたところ、
メールや電話、お手紙で「雪国ではないが応援したい」、「これぐらいしか出来ないけど」、「他に使える用途はない?」、「自転車のフレームに塗ろうかな~」等々、大変多くの反響を頂きました。 

中でも、最近増えているのが、「商品は不要だが協力したい」とのご連絡です。本当に有難いお申し出です。その場合は、ご購入ページの「その他連絡事項」欄に「商品は寄付」とご記載くださいお買い上げ頂いた商品を、KFアテインが選定した先に寄付させていただきます。 

-----------------------------------------------------------------------------
【KFアテイン 雪王スプレー缶】セキュリテセット
KFアテイン 雪王スプレー缶
【詳細・ご購入はこちら】 https://www.securite.jp/store/detail/477
 
・1本 (420ml)
2,600円(税・送料込み)

・1本 (420ml) x 6本
15,000円(税・送料込み)
※通常価格より600円OFF!さらに「かんたんWAX」(税込600円)を一本プレゼント。合計1,200円もお得です!

※上記セット以外に、大口でのご購入や販路をご紹介いただける場合には、KFアテインまでご連絡ください。
(ご連絡先:ウェブ http://www.attain-wax.com/contact/ または 電話 022-355-2701)
-----------------------------------------------------------------------------

話は変わりますが、最近セキュリテでは、会計期間が短いファンドを何度かご紹介してきました。短いファンドには短いなりの魅力や面白さがあると思います。しかし、その対極にあるのが、会計期間が10年にも及ぶ、被災地応援ファンドを始めとする長期のファンドです。

長期であるということは、それだけ長く寄り添い、苦楽を共にするいうことです。その間には、嬉しいことだけでなく、様々な困難な出来事も起きます。その時に、事業者さんがまず頼れる存在、それがセキュリテの投資家であってほしいなと私は思います。セキュリテの投資家は、事業を一緒につくっていく仲間なのです。


KFアテインにとっては、投資家の皆さんはまさにそういう存在になっています。

社長の川又さんはブログにこう書いていました。
今回の取り組みで売上では計り知れない人の温かさ、優しさ、強さを感じる事が出来ました。私だけでなく弊社社員一同、これから皆様方に頂いたご支援、ご縁を何かに形でつないで行けたらと思います。」

ちょうど数日前に、「阪神大震災からの完全復活。ファンと夢を実現する会社」という記事で、神戸の靴メーカーベルを紹介しました。最後に、ベルの社長、高山さんの言葉を、KFアテインの川又さんと社員の皆さんにお贈りし、いつも応援して下さる皆さんに、私からも販売協力のお願いをしたいと思います。
 
-----------------------------------------------------------------------------
復興のキーワードは、世間体を捨て協力を仰ぐこと
 
資金的な問題を抱えたまま幾度と無く困難を乗り越えられたのも、社員を含め家族、仕入先、他事業に関わるすべての人の助け、協力があったからです。

東北でも震災後3年、4年と経ってから、同じような境遇にあう企業の方がたくさんいらっしゃると思いますが、良い意味で「あらゆる人を巻き込んで突き進む」という強い意思で挫けずあきらめないでほしいのです。

日本人は「遠慮」や「世間体」「恥じらい」などをどうしても持ってしまいますが、ビジネスで本当にやりたいことが世の中の役に立つなら、革命を起こすようなことなら、そのようなためらいは捨て、協力を積極的に仰いでください。その勇気と行動力があれば、再建・復興は必ず、そして早く達成されます。

今回のファンドで私たちが協力を仰ぐこともまた、まだまだ果たすことができずにある大きな夢と社会への貢献を自負しているからなのです。 

(ブログ記事[やさしい靴工房ベル]阪神・淡路大震災からの歩みより抜粋) 
-----------------------------------------------------------------------------

私は、強い意志と明確な目標を持って一心不乱、セキュリテセットでも「雪王」を売る川又さんとKFアテインの皆さんの姿に、この高山さんの言葉を思い出しました。こういう姿勢の先には、絶対に成功があるはずです。

KFアテインの新社屋実現という夢のため、ぜひご協力をお願いします!
品質は間違いない商品です。雪国のご友人へプレゼントしてもいいと思います。また、どこかまとめて販売していただけそうな先の情報などもお待ちしております!


雪王スプレー缶の詳細・ご購入はこちら
 

ミュージックセキュリティーズ・杉山 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2015年6月2日 11:00

セキュリテ被災地応援ファンド「425祭 2015 in 南三陸」開催報告

こんにちは!ミュージックセキュリティーズ西日本支社の杉山です。
4月25日(土)から26日(日)にかけてセキュリテ被災地応援ファンド「425祭2015 in 南三陸町(ふぉーふっこうさい、と読みます)」が行われました。425は4月25日の425で、この日はセキュリテ被災地応援ファンドの募集開始日です。425が「For復興」と読めるので、2011年当時、地元の被災企業のいち早い復興のため応援ファンド立ち上げに尽力してくれた宮城の仲間や事業者さんとこの日を最初のファンドの募集日に決め、準備をしたのでした。

あの日から4年が経過しますが、毎年この日に東北でのイベントをしてきました。「425祭」としては、昨年に次ぎ、2度目の開催になります。425祭の基本コンセプトは「おもてなし」。「みんなが遊びに来てくれる楽しい企画を考えて、私たちでおもてなしをしよう!」という事業者の皆さんからの発案で、実現したのです。 (425祭を始めた経緯はこちらをご覧ください。

425
(2011年4月24日にセキュリテ被災地応援ファンドの記者会見を行った気仙沼のアーバンマリアチャペルにて)

本日は、ご参加できなかった皆さんのために、開催レポートをお届けします。 今回のプログラムは、「425祭 in 南三陸」と銘打っていますが、初日は、一ノ関駅に集合し、陸前高田、気仙沼から南三陸町に入り、夜はさんさん商店街でおもてなしの宴、翌日は、南三陸の歌津地域を見学した後、福興市に行き、最後は再びさんさん商店街で最後の買い物をして、くりこま高原で解散、という盛沢山のプランでした。行程の詳細については、既に参加者の方がブログに掲載されているので、ぜひそちらをご覧ください。

【参加者レポート】
「"いい投資"探検日誌 from 新所沢」 425祭 in 南三陸レポート
※(1)陸前高田編 (2)気仙沼編 (3)南三陸編 があります。
「宮城を一生楽しむ!日記」 被災地応援ファンド「425祭2015」!
※応援ファンド発案者の一人、宮城県庁の山田さんのブログです。
「うさぎ屋カフェ」 425祭2015in南三陸町
※その1とその2があります。
「Minority Report」 425祭 2015
※1日目と2日目のレポートがあります。
「居場所と出番のあるまち」セキュリテ被災地応援ファンド425祭に参加

私はセキュリテ被災地応援ファンドが立ち上がって以降、2年間はセキュリテ被災地応援ファンド担当として、自分のリソースのほとんどをこのファンドに注いできました。しかし、2013年6月に大阪に西日本支社をオープンさせて以降は、私は西日本支社に注力するかたちになっていました。正直、大阪からみる東北は、地理的にも心理的にも大分遠いことを感じていました。

そんななか、今回、西日本支社のスタッフの久保さんを425祭スタッフとして連れていけたことは、とても嬉しいことでした。初めての東北だったそうです。これまで営業報告のブログをアップしたり、電話で対応したり、間接的にしか知らなかった事業者の皆さまと直接お会いし、お話が聞けました。また、現地をしっかり自分で見てきたことで、今後、ミニ説明会等、関西でも投資家の方からお問い合わせ等あった際にも、しっかりと自分の言葉でお伝えすることができることでしょう。
425
(写真右から、西日本支社の久保、社長の小松、私、取締役の猪尾。425祭は会社を挙げての取り組みです)

皆さまと2日間、とても濃いお付き合いをさせていただく中で、被災地応援ファンドの役割、当社が事業者や出資者の皆さまにできること、すべきこと等、あらためて考えさせられ、いろいろ気付くことができました。さっそくできるところから取り組んでいきたいと思います。

来年度については、八木澤商店の河野社長からの「陸前高田で!」という有難いご提案や、参加者の方からは、「バス2台、100人規模で!」という声もいただきました。確かに、人数については、少人数の良さもありますが、多くの方に来ていただければ、多くの交流が生まれるだけでなく、経済効果も生まれます。(現状でも既に皆さん、たくさんお買い物していただいていますが…)せっかく多くの事業者さんが関わってくださるので、そうしたおもてなしに、参加者の方でもお返しできるような催しになればいいな、と思いました。来年は早めに告知をしますので、今からぜひ楽しみにお待ちください! 

425
(おもてなしの宴後の記念撮影。事業者さん、参加者の方、当社スタッフ、全員集合です。)

■関連情報
「震災から4年。現在の課題と求められるもの」
特集ページ: http://oen.securite.jp/after/4/
レポート(PDF):ダウンロードはこちらから
 

この記事だけを表示