セキュリテニュース 2014年06月

旧セキュリテニュース2014年6月30日 19:46

新宿小田急百貨店の催事に出店します(7月16日~22日)!

昨日募集を開始し、わずか半日で売り切れてしまった
【中山酒造ファンド】の営業者である中山酒造株式会社が
7月16日~22日まで新宿小田急百貨店で行われる、
「三重の物産展」に出店いたします!




※画像をクリックして頂くとPDFにて案内がご覧いただけます


プロジェクト概要でもご紹介させて頂いております、
「白米城」 や海外で賞もとっている15年間ねかせた古酒
「琥珀城 15年熟成酒」等もご購入いただけます。

200年の歴史を持つ酒蔵が作る伝統的な日本酒、また新しい
日本酒の楽しみ方。
是非皆様に現物をお手に取っていただき、その味を確かめて
頂ければ幸いです。

是非皆様この機会に一度足を運んでみて頂ければ!





この記事だけを表示

旧セキュリテニュース2014年6月30日 14:29

どっさり10,000円分のおいもスイーツをお届け!

みなさんこんにちは。

おいもスイーツです。

 

いつも応援頂きありがとうございます!

 

この度、【神戸おいもスイーツファンド】では、投資家特典をリニューアル!しています。

おいもの素晴らしさをみなさまにもっとお伝えするには・・とのかねてからの思いがあり、まずは投資家のみなさまに色々なおいもスイーツを味わって頂きたいとの思いからです。

 

すでに出資頂いています投資家の方々も含め、

1口につき10,000円分の「特選おいもスイーツセット」をお届け致します!

 

お届けする内容は

安納焼き芋

安納干し芋

紅はるかの干し芋

おいも屋さんの作った安納芋スイートポテト

安納芋のプチスイートポテト

安納芋のチーズとろとろスイートポテト

安納芋のたい焼き

・・・など各1パックもしくは数パックずつです。

 

おいも おいも屋さんの作ったスイートポテト

 

安納芋たい焼き安納芋のたい焼き

 

安納焼き芋

 

在庫状況により内容が変更になることはありますが、色々な味を楽しんでいただければ幸いです。

出資手続き完了後の7月初旬と12月中旬の2回に分けてお届けします。(5000円分×2回)

詳しくは下記リンクのファンド詳細からご確認ください。

 

特典発送該当月である、7月お届けの投資家特典「特選おいもスイーツセット」はただいま準備中です。

ご希望の皆様はお早いお申し込みをお願いいたします。(すでにご出資、手続き完了の皆様は発送対象です。)

(※なお、生ものですので生産・在庫状況等により7月初旬の発送が多少遅れる場合もございます。)

 

 

【ファンドの詳細はこちら】

https://www.securite.jp/fund/detail/512

この記事だけを表示

旧セキュリテニュース2014年6月30日 13:05

HALクリエイター ゲームファンド

6月30日より募集開始致しました。
ご参加、宜しくお願い致します。

お申し込みはこちら
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=654 

この記事だけを表示

イベント2014年6月30日 10:50

【6月30日加筆修正】御中野酢 6月と7月の催事出店情報


ミュージックセキュリティーズの神谷です。

伊勢熊野にて、昔ながらの巨大な木桶を使った「静置発酵法醸造酢」にこだわり続ける酢の蔵元・御中野酢の6月・7月で予定されている催事情報が届きました!


6/11~17 梅田阪急百貨店B2

6/18~24 日本橋三越百貨店B1

6/25~7/1 横浜高島屋ファームB1

【追加】7/2~7/8 三越銀座店B3階

7/11~13 水戸京成百貨店B1グロッサリーと、7Fギフト会場に同時出店
→【修正】7/11~13 水戸京成百貨店7Fギフト会場に出店

7/16~22 新宿小田急百貨店本館11F

7/23~29 横浜高島屋百貨店B1

7月迄予定されている百貨店催事は上記の様になっております。

他にも伊勢神宮 内宮おかげ横丁に、

6/14・15・21・22
7/12・13・19・20・21・26・27

を出店予定です。


催事では御中野酢の伝統ある熟成酢から現代の食生活に合わせたデザート酢まで、さまざまなお酢を試飲いただけます。

会場の近くにお住まいの方は、足をお運びいただければ幸いです。


この記事だけを表示

被災地応援ファンド2014年6月29日 18:17

被災地応援ファンド 募集中事業者インタビュー第2回 鵜の助編

「セキュリテ被災地応援ファンド」募集中の事業者インタビュー第2回は、

前回から北上して、石巻の十三浜にある「鵜の助」さんです。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

ワカメご飯の素やこぶ巻など、漁師が加工品づくりまで挑戦。

そのために必要なのが加工品工場と冷蔵庫。
 

猪尾

西條さん、ご無沙汰しております。4人(代表西條武さん、阿部慶昭さん、西條満さん、佐藤博さん)でお出迎え頂きありがとうございます。

よろしくお願いします。

 
 

西條さん

よろしくお願いします。

 

猪尾

まずは、事業の進捗状況を教えてください。

 

西條さん

個人への直販は進み全体売上の30%まで増えました。

ただ事業計画通りには進んでいません。

特に、加工品の工場を設立予定だったのですが、その設立手続きや工場の建設が遅れてしまい、まだできていません。

 

猪尾

加工品の工場が必要な理由は何ですか?

 

西條さん

いま、我々は、ワカメや昆布を中心に、

それを塩漬けにしたり、洗ったりして出荷しています。

 

 

 

ただ今後はこれらにもっと手を加えて、ワカメご飯の素や昆布巻きなどの加工品にしてもっとお客さんの食べやすい状態でお届けしたいと思っています。そうすることで、私どもの収益性があがり、利益も増えます。

 

猪尾

なるほど。その加工品を作るために工場が必要なんですね。

 

西條さん

そうなんです。ただ、昨年からこの工場の準備をしていたのですが、

国からの補助事業の手続きや建設会社の人手不足や資材・人件費の高騰で建設が随分遅れてしまっています。

そういう状況でしたので、実はファンドで集まった資金はまだ一切使えていません。

 

猪尾

ファンドの資金使途予定はこちらでしたよね。

それぞれ状況を教えてください。

 
 

西條さん

加工場関連で整地と建設を合わせて2000万円を予定しています。

養殖棚は新たにこれからホタテ用を設置予定です。

これらは全てこれから使う予定です。

既に4000万円募集させて頂いているうち、97.2%(624日現在)まで出資して頂いていまして、あと約110万円のところまで来ました。

 

今から募集する資金は新しい冷蔵庫の購入資金に充てさせて頂きます。
 

西條さん

今使用している冷蔵庫は震災後、コンテナに冷蔵庫機能を付けたものを寄贈頂いたものです。それは大変有難かったのですが、同じ電気代でも2倍くらいの容量を冷やせる機能のものもあり、加工品を扱うようになると、現状ではこの容量では足りないため、これから出資して頂くために必要な資金は冷蔵庫の購入資金にさせて頂きます。

(現在の冷蔵庫)

 

(中にはワカメと昆布がぎっしり)

 
 

猪尾

新しい加工場はいつ頃、建設予定ですか。

 

西條さん

この秋には建設開始したいと思っていますが、いかんせん、

なかなか、スケジュールが読めない状況です。

来年3月には完成させて、加工品の出荷を行いたいと思っています。

 

猪尾

楽しみですね。ファンドの資金が使われて、加工場が建設され、新しい冷蔵庫の購入ができ、そして鵜の助さんから新しい美味しい加工品が来年には出荷されてくる、ということは、出資者の方にとってもとても楽しみだと思います。

 

西條さん

はい。いま、どんな加工品をつくるのか、いろいろと試行錯誤中です。

ぜひ、出資者のみなさんからご意見をもらいたいと思います。

改めて具体的なタイミングになりましたらご相談させてください。

 

株式会社化して約2年。やっぱりやってみてよかったです。

猪尾

はい。また、体制についても最後にお伺いさせてください。

震災前はお一人ずつで家族と共にやってきたかと思いますが、

震災後は、4人で一つのグループ、会社となってやってこられました。

会社設立からは約2年ちかくとなりますが、実際に震災前と比べては

いかがでしょうか。何かデメリットなどは見えてきたでしょうか。

 

西條さん

今のところデメリットはなく、メリットしかないですね。やってよかったと思っています。ちょっと他のメンバーにも聞いてみましょうか。

 

阿部さん

そうですね。いまは、事務や経理全般を代表、加工場作業関係を満(西條満さん)、そして、沖関係の作業を俺と博(佐藤博さん)という感じで分担していて、とても効率がいいです。あと何よりも心強いというか、他の作業は任せられる、という気持ちがあるので、自分の作業に専念できますし、とてもいいです。

 

猪尾

当初の予定通りですね。それでは実際に漁業者の方でこうした株式会社化は進んでいるんでしょうか。

 

西條さん

少しずつでてきているそうです。

この十三浜では、30軒の漁師がいて、10軒は震災後に辞めて、20軒のうち、鵜の助は4軒集まり会社化、あともう5軒が集まって株式会社化しています。

残りの約10軒は個人でやっているという状況です。

十三浜ではまだないですが、他のところではもっとたくさんの人数が集まって株式会社化したところは途中で分裂したところなどもあるようです。

4人くらいがちょうどいいのかもしれません。

 

猪尾

そうですよね。ただ株式会社化すればいいという話ではないですね。

人ですから信頼関係や役割分担などやり方が重要ですね。

今日はありがとうございました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

鵜の助の4人の漁師さんたちは、昨年お会いしたときよりも、

よりチームワークが強まっているように感じたのが印象的でした。

一軒が家族でやっているよりも、数軒が集まり株式会社化して、

分業した方が効率が良くなる、理屈上は誰でも言えることです。

 

でも、それを実行に移して、成果を出していくことの方が本当に重要だと痛感しました。

 

2つの事業方針①漁協への卸販売から直接販売へのシフト、そして、②加工品へのシフトを着実に歩みだしています。あとは、残り資金が集まれば、冷蔵庫も購入でき、

加工品工場も今年度には稼働見込です。

 

ぜひ、みなさま、応援をお願いします。

https://www.securite.jp/fund/detail/328

この記事だけを表示

被災地応援ファンド2014年6月28日 20:30

被災地応援ファンド 募集中事業者インタビュー第1回 矢部園茶舗編


みなさん、こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの猪尾です。

震災から3年と3か月。

今回は、東北にお伺いし、現在も「セキュリテ被災地応援ファンド」を
募集中の事業者の方々に、いまの状況をインタビューしてきました。

全力で駆け抜けていらっしゃる被災地の事業社の皆様、
お伺いする度に、新たな挑戦、取組をされており、
毎回、本当に逆に学びやエネルギーをこちらがもらってしまいます。

そのみなさんのエネルギー、熱量を少しでもみなさんにお伝えしたく、
インタビューの一端をお送りします。

第1回目は、宮城県塩釜にある「矢部園茶舗」代表の矢部さんです。

--------------------------------------------------------------------------


猪尾

矢部さん(矢部園茶舗代表)、今日はよろしくお願いします。

矢部さん

よろしくお願いします。
 

猪尾

久しぶりに塩釜にお伺いしました。

今日は、矢部園さんの事業の状況と、塩釜のこと、両方を伺いしたいと思っています。

まずは矢部園さんの事業の状況を教えてください。
 

矢部さん

はい。震災からは33か月程度たちますが、ファンド募集時に立てた

事業計画通りには推移できてはいません。昨年とは同程度で推移はしています。
 

猪尾

いまの取り組んでいる課題は何でしょうか。
 

矢部さん

当社は卸し販売と直接販売がありますが、地元向けの卸し売上が

伸びないため、いま注力しているのは、個人向けの直接販売です。

東京などのイベントにお伺いして当社のお茶を提供させて頂く機会なども

増えてきておりまして、そこで知って頂き、気に入って頂いた方が購入

して頂ける様にWEBサイトでの販売を強化していきたいと思っています。
 

猪尾

被災地応援ファンドで募集した資金の使途にも通販サイトの制作費が入っていましたよね。
 
 
 

矢部さん

はい。いま、セキュリテ被災地応援ファンドでは応援金(寄付金)を含めて、2050万円募集しています。そのうち、83.6%までお申込頂き、あと336万円(624日現在)
までになりました。

集めさせて頂いた資金は、伊達茶の製造費は使用させて頂いております。

これから集めさせて頂く資金は、まさに、一番注力しているホームページおよび
通販サイトのリニューアル費用に使用させて頂く予定です。
 

猪尾

WEBサイトは既にありますよね。こちらをどのよう変更するのですか。
 
 

矢部さん

決済方法や購入しやすくなるように全面的にリニューアルをする予定です。

商品の特徴や生産者の方のご紹介など、
情報発信をもっとできるようにしていきたいと思っています。
 

猪尾

いま、力を入れている商品は何ですか?
 

矢部さん

資金使途にも入っている「伊達茶」ですね。

 

香料なども使っているお茶も多いですが、伊達茶には純粋にお茶と水だけのお茶です。

年間5,000キロ取れるお茶畑が石巻市にあります。全国の北限のお茶です。

当社が取り組み始めて12年になるのですが、このお茶は一生懸命作って美味しいお茶なんですが、あまり知られておらず、安く販売されていました。

唯一のお茶農家佐々木さんは、子供が3人いて、
誰かにお茶農家を継いでもらいたいと思っていました。

だから僕は、いいお茶を作ったら高く買い続
けてあげて、
子供たちがお茶農家を続けたくなるようにしてあげたい。

その思いから当社で始めました。

最初は試行錯誤の繰り返してで作っては捨てなどをしていました。

3年前に伊達茶という名前に変えました。

これは生産者表示がされている全国でも唯一のお茶です。 

通常は大量に生産するため、複数のお茶農家のお茶葉で作りますが、
伊達茶は佐々木さん1軒ですので、佐々木さんをパッケージにご紹介させて頂いています。
 

猪尾

今後は通販を伸ばしていきたいということですが、卸販売先としては

どのようなところがあるのでしょうか。
 

矢部さん

飲食店や旅館などに卸させて頂いています。

ちょっと自慢なのですが、石川県にある有名な旅館「加賀屋」の
特別の客室「浜離宮」のお茶としても当社のお茶をご利用頂いています。
 

猪尾

ありがとうございます。それでは塩釜のことについてもお伺いさせてください。

せっかく震災後、復旧・修復して建てた現在の店舗を壊すということを伺いしました。

なぜでしょうか。
 

矢部さん

塩釜のこの海岸通り地区には57人の地権者がいます。

この地権者が力を合わせて、新たに街を作り直す

プロジェクトをやっています。

 

多くの被災地の街づくりは行政主導でやり、行政が作った

プランを地権者に承認を求めるやり方が多いです。

 

でもその街づくりがしばらくたって失敗したとしても、

住民は行政のせいにしても、それからでは行政は責任を

とってくれるわけではありません。

 

僕たちはそれはやりたくない。自分たちの未来は自分たちでつくる。

 

だから地権者主導で街づくりをすることを選びました。

20126月に準備組合を設立して66回の理事会、35回の

商業部会をやってきました。

 

毎週水曜日、みんなで集まって、喧々諤々の議論を

してきました。胸ぐらをつかみあうような険悪な雰囲気も

たくさんありました。

 

でも議論を重ねて重ねて、いまやっとこの模型のような

街づくりで行おうというところまで合意するところまできました。


 

猪尾

この街のプランはどういうコンセプトで考えたのでしょうか。
 

矢部さん

塩釜には、奈良時代から東北を守ってきた塩釜神社という

素晴らしい神社があります。

僕たちは、この神社から駅までつながる物語をつくり、

神社の門前町という街を作り上げることにしました。

子供たちにこの街の歴史と文化を伝えていってもらえるようにしたいと思っています。

 

そして、一番重要なのはお金を作り出す街です。

この真ん中にあるのが、広場を囲んで2階建ての店舗が並ぶ

商店街を作り、滞在型、コミュニティが生まれるような街にしたい

と考えています。
 

猪尾

この街を作り上げるためには、今ある店舗を壊さないといけないということでしょうか。


 

矢部さん

そんなんです。

自分の店舗もそうですが、被災して、その後数千万かけて

修復した店舗がたくさんあります。

塩釜には全国からお客さんを呼んでいる、年間3億円を売り上げるような寿司屋さんもあります。ここも壊すことになりました。

 

理事会でもたくさん議論しました。

 

街づくりは絶対に片手間ではうまくいかない。

ツギハギでは絶対にダメなんです。

いまのこの街は、僕たちだけの街ではない。

100年後、200年後の子供たちから預かっている街だと話しました。

そのためにも、いま、自分たちの利害だけで考えてはダメだと。

次の世代の人たちが使いやすい街を目指そうと話しました。

そしてみんなの意見がやっとまとまりました。
 

猪尾

おそらく、全国の商店街で街を魅力的に作り直そうと思っても、

こうしたそれぞれの利害が対立して、やりたくてもやれないといところが

たくさんあると思います。

それを乗り越えて、前に進もうというこのエネルギーは本当にすごいです。
 

矢部さん

被災地は、頑張っていますとか、もういらないんです。

絶対に形にしないといけないんです。

覚悟なんです。

ですから、被災地応援ファンドに出資していたみなさまには

この街にぜひ大切な人たちと一緒に遊びに来てほしいと思います。

今日はありがとうございました。 


--------------------------------------------------------------------------

矢部さんの街づくりへの情熱、本当に印象的でした。

塩釜という街が魅力的な街にならないと、自分たちの商売もうまくいかない。

そのために57人の地権者最年少ながら、すごいエネルギーで
街づくりを引っ張っていらっしゃいました。

セキュリテ被災地応援ファンドにご出資いただき、
矢部さんとお付き合い頂く10年間は、日本全国にとっても、
地権者主導の街づくりとして、
最先端の新たな取り組みであり、挑戦の連続ですが、
本当に貴重な時間であると痛感しました。

「矢部園伊達茶ファンド」あと、17%、300万円ちょっとまできました。

ぜひ、みなさん、ご一緒してください。

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=372

被災地応援ファンド 募集中事業者インタビュー第2回 鵜の助編はこちらです。
https://www.securite.jp/news/oen?a=2462

この記事だけを表示

イベント2014年6月27日 19:08

セキュリテナイトin大阪開催報告!

みなさま、こんにちは。

先日、25日(水)に大阪富国生命ビル内にある、アサヒ ラボ・ガーデンにて
セキュリテナイトin大阪を開催いたしました。

東京以外での開催は今回が初めてでしたが、多くの方にご参加頂きました!
誠に有難うございました!

まず初めに、アサヒ ラボ・ガーデンの加藤支配人にご挨拶いただきました。
セキュリテナイト大阪セキュリテナイト大阪


では、早速第1部の様子をご紹介します!

第1部ではファンド事業者の3分プレゼンテーションを行いました。
今回、ご参加いただいた事業者はなんと19社!
それぞれの事業に対する想いなどを語っていただきました。
セキュリテ大阪セキュリテ大阪


弊社杉山からは、西日本支社オフィスで毎週開催している、
ミニ説明会の案内をいたしました。
7月は火曜日と木曜の15:00~16:00・19:00~20:00で
開催を予定しております。
(詳しい内容は近々ご案内させていただきます。)
セキュリテナイト



第2部では各事業者のブースを設置し、交流会がスタート。
事業者を囲んで美味しいアサヒビールと美味しいこだわりの軽食を
楽しんでいただきました。

北摂ワインズ株式会社からはおしゃれなフォカッチーノ
セキュリテナイト大阪セキュリテナイト大阪
株式会社SABARからは鯖のオードブル
セキュリテナイト大阪
株式会社まかない計画からは高級米「米風土」でにぎったおにぎりや
大山鶏のから揚げ、こだわりのサラダもご用意いただき、
ドレッシングは株式会社北海道バイオインダストリーのドレッシングをご用意!
セキュリテナイト大阪セキュリテナイト大阪
その他にも各ブースで試食もご用意!
株式会社まんてんからはごまのいい香りがするごまサブレ
セキュリテナイト大阪
有限会社篠ファームからは辛くてやみつきになる篠ソース
セキュリテナイト大阪
おいもスイーツからはとろとろスイートポテトを人数分ご用意いただきました!
セキュリテナイト大阪


コスメブースも充実しておりました!
熊本県からお越しいただきました株式会社ネローラ花香房のブースでは
ディフューザーから甘夏みかん花のいい香りが!
セキュリテナイト大阪
株式会社ユーティホールディングスより98%アロエ成分でできている
潤いたっぷり保湿ジェルを実際に試供。
セキュリテナイト大阪
正プラス株式会社からは爽やかで奥深い森の香りの
クロモジシャンプーをお配りいたしました!
セキュリテナイト大阪

セキュリテナイトではさまざまな事業者の商品を実際に手に取って
試していただけるところが醍醐味ですね。


その他のブースもご紹介します!
知育玩具「nocilis(ノシリス)」のキュリオ・ファースト 2シリーズ商品が、
高いデザイン性と新規性が評価され「グッドトイ2014」に選ばれた
有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所
セキュリテナイト大阪
株式会社せのやからは全国各地のこだわりの商品がずらり!
セキュリテナイト大阪
奈良からお越しいただいた株式会社J-rootsからは奈良の古代衣装を
身に纏い華やかでした!
セキュリテナイト大阪
長野県からお越しいただきました高澤織物株式会社では
上品で爽やかな色のストールをご用意いただき、
驚きの手触りを確かめていただきました。
セキュリテナイト大阪セキュリテナイト大阪


有限会社re・makeの岡山さんのブースや
セキュリテナイトの翌日にファンド募集を開始した、
株式会社南天苑の山﨑さんのブースでは常に参加者の笑顔が見られ、
事業者の皆様も参加者も非常に楽しまれている様子でした!
セキュリテナイト大阪セキュリテナイト大阪


沢山の事業者と参加者の皆様にご参加いただき、誠に有難うございました!

今回のセキュリテナイトにご参加いただけなかった方も、
是非次の機会にご参加ください!

皆様にご支援いただいている事業者と会って直接事業の話を聞いていただける、
そんな場をこれからもどんどん企画してまいります!
どうぞ宜しくお願いいたします!
セキュリテナイト大阪

今回お借りしたスペースは、梅田の東通商店街の横にある大阪富国生命ビル4Fにあるアサヒ ラボ・ガーデンです。
普段は一般開放されており、どなたでもご利用いただけるスペースです。
飲食物持ち込み可能でWi-Fiも使えるので梅田でお買い物をして
少し休憩するにはおすすめのスポットですね。
是非ご利用ください!

アサヒ ラボ・ガーデンの詳細はこちら:
http://www.asahigroup-holdings.com/research/labgarden/index.psp.html

------------------------------------------------------------------
【セキュリテナイトに参加した事業者のファンドの詳細・お申込みはこちら】

この記事だけを表示

旧セキュリテニュース2014年6月27日 18:15

本日開店!看板メニューは「菊乃井」の親子丼と「祇園さヽ木」のカツカレー

みなさん、こんにちは。

「まかないテーブル レストランファンド」を担当している大塩です。 

この度は「まかないテーブル」大阪・肥後橋店のグランドオープンに先立ちまして、先日記者の方を呼んでのプレスレセプションが行われましたので、そのご報告をさせて頂きます!


 

すごい人の数です。

その注目の先は…



全日本・食学会の理事のこの3人。

左から理事長の門上武司さん、団長の村田吉弘さん(菊乃井)、理事の佐々木浩さん(祇園さゝ木)。

今まで公表できませんでしたが、まかないテーブルの看板商品である、「まかない丼」のレシピを考案しているのは、村田さんと佐々木さんだったのです。

日本の「お米と米農家を守りたい」というまかないテーブルの信念に共感し、このプロジェクトに参加されました。まずは門上理事長のご挨拶をご覧下さい。



(画像をクリックすると別画面で動画が始まります)

続いて、1912年(大正元年)の創業以来、100年もの歴史と伝統を受け継いできた老舗料亭「菊乃井」の三代目社長村田吉弘さんが、「大山鶏の京風親子丼」の開発秘話を話されました。

【京都の懐石料理 菊乃井】
http://kikunoi.jp/

 
(画像をクリックすると別画面で動画が始まります)


そして、2年連続ミシュランガイド2つ星を獲得し、毎月変わる〆ご飯で話題の「祇園 さゝ木」の店主佐々木浩さんが「鳥取県産和牛の京風カツカレー丼」の開発秘話を話されました。


(画像をクリックすると別画面で動画が始まります)

【京都、八坂通の京料理、割烹 祇園 さゝ木】
http://gionsasaki.com/

【GION SASAKI SHIME NO GOHAN】
https://www.youtube.com/watch?v=rBdnac3uXKE




その後、お待ちかねの「まかない丼」の試食会。



関西の人気グルメ情報誌「あまから手帖」編集顧問でもある門上さんの舌がうなります。






大山鶏の京風親子丼
柔らかい大山鶏の上に、贅沢に黄身が乗り、「菊乃井」直伝のお出汁がなんとも言えない絶妙の味わいでした。




鳥取県産和牛の京風カツカレー丼
ルーにはお出汁やすりつぶした野菜が入っており、何も具が入っていません。これは「”ご飯”を楽しんで頂きたい」という思いから、「カレーとご飯」、「カツとご飯」そして「目玉焼きとご飯」というように独立して食べられる新しい「カツカレー丼」を開発されたそうです。是非一度みなさんも召し上がって下さい。


また、本日は撮影用に「鳥取県産和牛のまかないすき焼き」もありました。





これらの内容を盛り込み、近日中に募集ページをリニューアルする予定です。

日本最高の料理人による「まかない丼」を食べて、日本の農家を応援する「まかないテーブル レストランファンド」にみなさんも是非ご参加下さい。

【ファンドの詳細・お申し込みはこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/569

この記事だけを表示

旧セキュリテニュース2014年6月27日 10:30

旬の食材を使ったご昼食と事業説明会を終えて 古根村氏より皆様へ


皆様へ

先日は、事業説明会および食事会にご参加頂き、誠に有難うございます。ゆっくり過ごしていただけましたでしょうか。

今回は、皆様に福松の泉質、料理という強みを知っていただきたいと思い、事業説明会および食事回を開催いたしました。

離れの宿にも、源泉を使用し、車いすの方でも不便なく入浴できるお風呂を造ります。料理も、皆様に召し上がって頂いたような、地産地消で心を込めたものをお出しします。

ご理解して頂ければ幸いです。

今後も、投資家の皆様と直接お話しできる機会を増やし、より一層努力していきたいと 思っております。宜しくお願い致します。

この度は、遠いところをご足労いただきありがとうございました。


旅館福松  古根村拓哉

開催のご報告はこちら:ユニバーサルデザインの宿のもつ潜在的需要

この記事だけを表示

旧セキュリテニュース2014年6月27日 10:29

タイで高まるオーガニック野菜への関心!



先週、チェンマイ リンピンマーケット主催でのオーガニック野菜に関する
セミナーに本ファンドの営業者であるA.W.E.の代表である柳澤氏がスピーカー
として出席されました。

柳澤氏より当日の様子を伺いました!
会場はリンピンマーケット内の飲食店で行なわれましたが
チェンマイに在住されます日本人の方々に応募されましたところ
100名以上の方から参加希望と寄せられたそうですがお
店に入れる人数ぎりぎりの55名の方がいらしたそうです!
 
その参加者の中には、チェンマイ日本人会会長、
チェンマイ日本人ロングステーイクラブ会長、
チェンマイ日本領事婦人などを始め多くの方が出席されました。
 
やはり皆様、タイでの農作物に対しての食の安全性を心配され
今企画に大変興味をお持ちなのですね。
当初の予定では1時間だったそうですが、出席者からの
質問が予想以上に多く結果1時間半に及ぶ事となり
途中でA.W.E.の野菜を使ったジュース、サラダなどが出され、
出席者の方々も満足されていたそうです!


今回は主に「慣行農業と循環農業の違い」「何故慣行農業が普及したのか?」
「化学肥料と有機肥料の違い」「タイに置ける農業の実態」
「今後マイフードが目指す農業」などの説明を柳澤氏がされ、その後参加者からの
質問というかたちのセミナーでしたが、司会進行役の方や主催者の方々も
その反響の良さに驚かれ日本人会からも次は日本人会専用でセミナーを
開きたいとのオファーも頂いたようです。
 
又、オーガニックを研究しA.W.E.の事業にもご協力して頂いています
チェンマイ大学の教授、モデル農場を設立します地主さんにも参加して
いただいたようです。
A.W.E.の今後の取り組みや、このファンドを通して現在設立が進んで
いるモデル農場の取り組みも出席者の皆様にご紹介頂きました。 

出席者の方々は、特に体験農業が出来るオーガニックモデル農場に
凄く興味をお持ちで、子供さん連れのご家族やタイ農家の人が一緒に
オーガニック野菜を種蒔きや収穫を体験しながら学び収穫野菜を現地販売、
そしてバーベキューなどをして現地で食べれる楽しい農業作りにとても
共感してくださったようです。

このようなイベントを通し、日本の無農薬野菜、さらにA.W.E.のビジネスモデルが
タイ国内でも、多くの人々に伝わっています!




タイで作る無農薬有機野菜ファンド、募集中!詳細はこちら:


タイで作る無農薬有機野菜ファンド 契約農家のインタビューはこちら:
http://www.musicsecurities.com/blog/general/b10765a31010

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 働く親の「困った」に応える保育園ファンド
  • 通潤酒造 新しい物語ファンド
  • 超音波けんこうアルファ ファンド
  • 【夏季限定】完熟いちごジェラート3アイテムセット