セキュリテニュース

ファンドについて2019年6月28日 12:30

自分の人生の手綱を自分で握る

 
 
 
皆さま、こんにちは。今日は予定を変更して、「LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1」について、今一度ご紹介させてください。
「経済的な理由で悲しい思いをする子どもをなくしたい、勉学を諦める子どもをつくりたくない」という思いから、マイクロファイナンスの道へ進んだMJI ENTERPRISE Co., Ltd.(以下MJI)の CEO 加藤侑子氏。
その人柄と事業内容が多くの人の心を動かし、現在ファンドへの参加者は440人以上にのぼっています。
しかし、短い募集期間の中で、まだまだお伝えできていない事もあります。
できるだけ皆さまに、この取り組みに込められた想いや活動内容を知って頂きたく、この記事をお届けします。
 
マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドシリーズの調査を担当している特定非営利活動法人Living in Peaceが、加藤侑子氏にインタビューをしました。
 
===========================
 /data/fund/4884/加藤さんと子供たち.jpg
 
ーー現在ミャンマーのマイクロファイナンス機関MJIでCEOを務めているとのことですが、そもそもどのような経緯でミャンマーに行くことになったのでしょうか?
 
 
加藤:高校生の頃、タイのチェンマイへ交換留学に行った経験から、将来アジアで働きたいと漠然と思っていました。
 
高校を卒業して日本で働き始めたのですが、その思いが忘れられず、2012年にアジアへの投資を検討している日本の会社がマネージャーとして現地に行ける人を募集していると聞いて「これだ!」と思い手を上げました。
アジアで働きたいという強い思いがあっただけで、当時はマイクロファイナンスについても知りませんでしたし、自分がCEOになるとも思っていませんでした。
 
当時、その会社はカンボジアかミャンマーで金融事業か不動産事業への投資を検討しているとのことで、最終的に私はミャンマーに行くことになりました。
この時まで私はミャンマーに行ったことはなく、そういえば交換留学でチェンマイに行った時、ホストファミリーが「あちら側がミャンマーだ」と川の対岸を指差していたくらいの印象でした。
 
最近はヤンゴンの街も賑やかになりましたが、私が初めてミャンマーに行った頃は軍事政権から民主化への移行期で、街灯も少なく今のヤンゴンとは比較できないくらい暗く静かな街でした。
とりあえずミャンマーに行き、市場調査を開始することと並行して、ミャンマーで会社設立をすることになりました。ミャンマーでの手続は苦労の連続で、行政の担当官が人によって言うことが違うこともよくありましたね。
 
 
(MJIの借り手と直接会話する加藤氏)
 
 
ーー聞いているだけでも、とても大変そうですね。
 
 
加藤:そうですね。苦労は多かったですが、不思議と苦になりませんでした。
お料理で例えると、レシピをちゃんと見て材料を揃え計量して料理する人だと大変かもしれませんが、私はそこにある材料を使って目分量で料理するタイプで、大変さはありましたが逆に面白さとやりがいを感じる毎日でした。やばい、面白いみたいな(笑)
 
 
ーーミャンマーで金融事業か不動産事業を検討していたところ、最終的にマイクロファイナンス事業をすることになったのは、どういう経緯だったのでしょうか?
 
 
加藤:調査を続ける中、ミャンマーのマイクロファイナンスの第一人者で、MJIの現アドバイザーでもあるウーミンスエ氏に出会ったことがきっかけです。私は彼に出会うまでマイクロファイナンスを知らなかったのですが、彼の指南を受け、自分たちでも調査をしていくうちに、マイクロファイナンスはミャンマーにおいて成長の可能性があると考えました。
 
また、私は幼い頃に経済的な理由で家庭崩壊、大学進学を諦めた経験があるため、自分と同じように、経済的な理由で悲しい思いをする子どもをなくしたい、勉学を諦める子どもをつくりたくないという思いがずっとありました。
マイクロファイナンスを知った時に、子どもの頃の思いが甦り、「私の天職はこれだ!」と、自分のしたかったこと、事業モデルとしての可能性、双方にとって意味がある事業だと感じました。日本の親会社にマイクロファイナンス事業とその可能性について説明し、ミャンマーにおいてマイクロファイナンス事業の許認可取得に着手しました。
 
 
ーーミャンマーで生活されてもうどのくらい経つのですか?
 
 
加藤:2012年11月頃から出張ベースでミャンマーに来ており、そろそろ6年でしょうか。先ほどお話しした通り、アジアで働きたいという思いでここまできたので、当初からミャンマーという国に特別な思い入れがあったわけではありませんが、今はミャンマーという国とここで生活する人々が自分の人生の一部だと思っています。
ここまでやったら終わりということがない仕事なので、いつも目の前の仕事に取り組んでいるうちに、CEOになってしまったという感じです。
 
 
(MJI社内の2016年 アニバーサリーイベントにて)
 
 
ーー期せずしてミャンマーで、しかもCEOを務めているとご苦労もあるのではないでしょうか?
 
 
加藤:次から次へと様々なことが起きますが、それほど文化の違いは感じていません。もちろん生活環境は日本と異なり、停電も多いし、掃除をしても虫が室内に入ってくるし、水道の水も濁っているし…と日々の生活に不便もあります。
 
私としてはミャンマーに来ても、CEOになっても、自分が大きく変わったとはそれほど感じておらず、ちょっとミャンマー語が上達したかなくらいの変化です。一方で、スタッフや顧客の客様への愛着や感情はとても深くなっていると感じます。
創業当時から働いてくれているスタッフがいるのですが、考え方や文化の違いで意見が分かれることもあるけれど、良いことも悪いことも伝えてくれる素直な人で、いつも助けてもらっています。
 
 
ーー今後、MJIはどのような目標を掲げているのでしょうか?
 
 
加藤:現在MJIの支店は、ヤンゴンやバゴーを中心に7つあります。ミャンマーでもマイクロファイナンス機関は増加しているものの、多くはヤンゴン市内に集中しており、地方の農村部にはまだ十分に行き届いていない状況です。
ミャンマーは多民族国家で、長く生活をしていると多くの民族の方と知り合うし、スタッフの出身も様々です。彼らから出身地の話を聞いたり、地方を視察しに行くと、マイクロファイナンスサービスが行き届いていない場所、本当にマイクロファイナンスサービスを必要としている人たちに出会います。そうした人たちにサービスを届けられるよう、地方の農村エリアで支店開設を目指したいです。
 
また、マイクロファイナンスはお金を融資し、返済してもらうことを基本としていますが、お金だけの支援では役に立てないことがあることも、開業して数年間で実感しています。
現在ミャンマーのマイクロファイナンス市場では、スタッフの育成、顧客のファイナンスリテラシー向上などがとても重要です。自分の人生の手綱を自分で握る、マイクロファイナンスがそのきっかけになれるのではと私は考えています。
 
最近問題となっている多重債務についても、複数箇所から収入を超えるお金借りるとどういうことになるかを、スタッフの説明やCSR活動を通じて顧客の皆様に伝えています。
ただお金を貸すのではなく、家計や事業の状況、家族構成も理解した上で、今は借りない方がよい、こういうときのために貯金した方がよいと助言をすることも必要だと思っています。家族何代にもわたって顧客の皆様とその家族の未来、資産を守る、農村のプライベートバンカーのような存在をMJIは目指したいと思っています。
              
 【LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1の詳細・お申込みはこちら

 
 
 一口金額:31,500円
募集総額:51,000,000円
事業者名:合同会社quarante
参加人数:446人
地域:海外 ミャンマー
分野:ファイナンス
募集期間:2019年3月31日~2019年6月30日 
シリーズ:マイクロファイナンス
特典:  
・現地スタディツアー(顧客の生活・ビジネスの様子、スタッフが働く姿を現地で実際にご覧いただけます。)※航空費、宿泊費、移動費、食費等、ツアーにかかる費用は匿名組合員のご負担となります。また、開催時期は未定です。
 
・モニタリングレポートMJIの財務状況の報告とMJIの顧客やスタッフの紹介がついた電子レポートをご覧いただけます(認定NPO法人Living in Peace作成)。
  
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ファンドの注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
フィールド調査日記1
 
フィールド調査日記2
 
フィールド調査日記3
 
フィールド調査日記4
 
フィールド調査日記5
 

 【LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1の詳細・お申込みはこちら

 

 
ニュースカテゴリ
アーカイブス