セキュリテニュース

ファンドについて2019年11月7日 19:01

能登を小さな世界都市へ

皆さま、こんにちは。
気がつけば11月、日本海で水揚げされる魚貝に山の幸と、それぞれに旬を迎えた美味しい食材が出揃い始めました。
今日は石川県七尾市で、能登の活性化に挑む気鋭の日本料理人をご紹介します。

/data/blog/archive/original/47264.jpg

能登出身で数々の受賞歴を誇る料理人・川嶋亨さん。
日本料理人を父に持ち、幼い頃から料理人になるなら日本料理しかないと思っていたといいます。
「修行先には非常に恵まれていたと思います」という川嶋さんは、関西の修行先で数々の趣の異なる華やかな日本料理に触れてきました。
2013年には大阪のプロの料理人が集まる「食の都・大阪グランプリ」で、大阪から集まった約300人の料理人が競う中、若干27歳で総合グランプリに選出、2018年には日本最大級の若手料理人のコンテスト「RED U-35」で567名の中からファイナリストに選ばれゴールドエッグを獲得します。

/data/blog/archive/original/47265.jpg

/data/blog/archive/original/47268.jpg

確かな技術が認められ、輝かしい受賞を重ねる川嶋さんの頭から離れないものがありました。
それは、故郷能登の事です。
関西でみた一流の食材よりも優れた食材、都会では絶対に食べられない食材が能登にはあります。
しかし非常に価値のある原石であるにも関わらず、それらの食材が埋もれてしまい廃棄されているという現状があります。
なぜなら、作り手も消費者もその食材の良さを知らないからです。
もしその美味しさを知ってもらえたら、廃棄されることも減り、供給者である漁業者や農業者の収入増加にも貢献できるのではないか。
そんな想いが川嶋さんを帰郷の道へと導きました。

/data/blog/archive/original/47267.jpg

川嶋さんの夢は、能登を「小さな世界都市」にしたいというものです。
全国にもいい食材がありますが、能登には山の幸、海の幸が本当に揃っています。
足を運んでいただき、素材を生かした料理を楽しんで頂くことで、能登の魅力を多くの方に発信したいと考えています。
その為に、「一本杉 川嶋」を立ち上げることにしました。

本ファンドでは、この川嶋さんの挑戦を支援してくださる方を募っています。
一口金額10,500円の出資に対して、「一本杉 川嶋」でご利用可能なお食事券10,000円分をお届けいたします。
何よりも、お店に足を運んで頂き実際に料理を味わって頂きたい、そして能登の良さを全国の方に知っていただきたいと思っています。

/data/blog/archive/original/47266.jpg

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5407

一口金額 10,500円    
募集総額 2,500,000円
事業者名 川嶋亨    
参加人数 98人
地域   石川県 七尾市    
募集期間 2019年8月1日~2020年2月29日    
特典
1口につき、「一本杉 川嶋」でご利用可能なお食事券(10,000円相当)をお届けいたします。
お食事券のご提供は、5,000円分ずつ年1回、合計2回になります。
お届け方法・時期については別途ご案内致します。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5407   
ニュースカテゴリ
アーカイブス