セキュリテニュース

ファンドについて2019年11月14日 19:00

ペルーのサーモンを食べる会を終えて

皆さま、こんにちは。
「ペルーのサーモンを食べる会」が、先日盛会にて終了しました。
今日は、ご参加頂けなかった方にも会の様子を少しでも知って頂きたく、ここにご紹介します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

11月5日ペルー料理店にて、「アバコ」とアバコの融資先である「ピシス」(サーモン養殖業者)がファンドの紹介をしました。
イベントには17人の方にご参加いただき、ピシスのサーモンを使った料理2品を含むペルー料理5品を食べていただきました。

/data/blog/archive/original/47400.jpg
【サーモンのセビーチェ】

/data/blog/archive/original/47404.jpg
【サーモンのソテー】

/data/blog/archive/original/47401.jpg
【中央)アバコ ミヤシロ氏】
アバコのミヤシロ氏からは、アバコが日系移民によって設立された話や、今回のファンドでピシスのような地方の漁業・農業従事者に資金を届けたいという思いを聞くことができました。

/data/blog/archive/original/47403.jpg
【ピシス ビクター氏】
ピシスのビクター氏からは、自社単体ではなく周辺の地域で家族経営をしている養殖業者や加工工場で働く人とも関係性を構築することで、地域と一緒に成長するビジネスモデルについて紹介して頂きました。

/data/blog/archive/original/47402.jpg
説明後の質疑応答の場では、参加者の方から「今回の料理で出てきたトウモロコシなどの農業従事者にアバコが融資しているか」という質問があり、アバコでも農業従事者への融資は実施しているとの返答がありました。
その他にもペルーの主要産業についての質問など活発な意見交換が行われ、楽しいながらも内容の濃い有意義な時間になりました。

また、イベント後のアンケートには、「サーモンが肉厚でおいしかった」「アバコのスタッフの人柄が素晴らしかった」「初めてのペルー料理がおいしかった」等のコメントをいただき、実際に料理を食べてもらったりアバコやピシスの人と対話することで、よりペルーを身近に感じて頂けたと思っています。

【ファンドの詳細はこちら】
https://www.securite.jp/fund/detail/5339

/data/blog/archive/original/47399.jpg
一口金額 31,500円    
募集総額 51,000,000円
事業者名 Cooperativa de Ahorro y Crédito Abaco(アバコ貯蓄信用協同組合)
参加人数 124人
地域   海外 ペルー    
募集期間 2019年7月11日~2019年11月30日        
特典   本ファンドに投資家特典はございません。

「Abacoペルーの生産者事業拡大ファンド」は、ペルーの地場中小零細事業者へ資金を届け、成長を後押しするファンドです。
募集の締切日が11月30日に迫っておりますので、ご興味のある方はお早めにお申込みください。

【ファンドのお申し込みはこちら】
www.securite.jp/fund/order/step1?f_id=5339
ニュースカテゴリ
アーカイブス