全量純米蔵

純米酒イベント2008年10月28日 17:26

諏訪酒造を訪ねて ~第2回酒蔵訪問記~

みなさん、こんにちは!

前回から連載を始めさせていただきました「酒蔵訪問記」。
第2回の今回は、前回と同じく鳥取県の「諏訪酒造」さんです!

諏訪酒造さんが位置するのは、鳥取県八頭郡智頭町。
地図はこちら。


この智頭町は、岡山県に接する県境の人口約一万人の町で、
町の93%は山林と自然に恵まれた場所でした。

江戸時代には鳥取藩最大の宿場町「智頭宿」として、
明治以降は良質な杉材に恵まれ、林業の街として栄えたそうです。

(画像:諏訪酒造公式WEBサイトより抜粋)


江戸時代に大庄屋や宿場問屋、明治以降は山林経営を行った
「石谷家」を中心に「諏訪酒造」など地元の名士たちによって、
古い町並みと地域文化が色濃く残されていました。

石谷家住宅


庭


1859年(安政9年)に創業した諏訪酒造は、
白と黒のモノトーンで統一されたシックな佇まいで、
隣には歴史を感じる当時のモダン様式の
蔵元のご自宅も並んでいました。


中に入ると1階はショップとなっており、
お酒のみならず、地元の名産が売っているコーナーも。
鳥取といえば「梨」、おいしそうですね。

(ピンボケですいません、、、)

 


こちらは、尾瀬あきら先生の「夏子の酒」コーナー。
「諏訪酒造」は、漫画「夏子の酒」の最終回で、
前杜氏の鳴川喜三相談役が話した「天のない酒造り」
という言葉が使用されました。

尾瀬あきらさん書き下ろしの諏訪酒造オリジナル書き下ろし画もあります。こちらからご覧いただけます。

さぁ、いよいよ中へ。

まず見せてくれたのが、こちらのピカピカの新品洗米機。

今年の造りから使用予定で、実は「神亀酒造」の
小川原専務が洗米機製造メーカーと一緒に
設計・開発をおこなったそうです。


こちらは麹室。

 

こちらは仕込みタンク。

上から見た写真はこちら。
こちらも神亀酒造の製造の指導のもと、神亀酒造さんと同じ方式に造り替えたそうです。


地域の文化・風土が色濃く残る街で、そして、
森の恵みの水によって醸される諏訪酒造の
「鵬」を始めとした純米酒、ぜひお楽しみください。

諏訪酒造蔵元、東田さんのインタビューのエントリーもありますので、
合わせてどうぞ!

https://www.securite.jp/news/zenryojunmaikura?a=14

蔵紹介ページはこちら
http://www.zenryojunmaikura.jp/kura/info/17

蔵公式ページはこちら
http://suwaizumi.jp/

 

 

ニュースカテゴリ
アーカイブス