全量純米蔵 2010年08月

純米酒イベント2010年8月23日 13:38

純米燗 夏の宴@リーガロイヤル東京

みなさん、こんにちは!

 

本日は昨日リーガロイヤルホテル東京にて開催された

「純米燗 夏の宴」の情報をアップしたいと思います!

 

毎年恒例となりましたリーガロイヤルホテルでの燗酒の会ですが、

参加蔵数は26蔵にのぼり、純米酒ファンにとってはたまらない会となっておりました。

 

オープニング

(オープニングの状況)

 

松花堂弁当

(松花堂弁当)

 

私はといえば、後に友人の結婚式の2次会が入っていたため、

「1時間半ですべての蔵のお酒を試飲し、ツイッターにアップする」

という厳しいノルマをクリアすべく奮闘しておりました (×o×)

(ツイッターについては、アカウント名@ms_securiteを要チェック!)

 

本日はたくさん飲んだお酒の中で、印象に残ったものを紹介していきたいと思います。

 

まず、トップバッターは岩手県川村酒造の「YOEMON」です。

 

川村酒造

 

よ右衛門

 

左端の通常の「酉与右衛門(よえもん)」は何度か頂いたことがあるのですが、

この「YOEMON」は初めて飲みました。

酸が適度に立っていて、美味!!

会で配られた解説書によると、地元岩手限定販売しており、

地元産の酒米「吟ぎんが」を使用しているようです。

 

次に、同じく東北地方、宮城県の萩野酒造「日輪田」。

 

萩野酒造

 

日輪田

 

やっぱり阿波山田錦はおいしい!素直にそう思わせてくれるお酒でした。

コクというか、味の深さはやっぱり山田錦なんでしょうかね (^_^)b

 

三つ目は本ブログを読んでいただいている方にはおなじみ、

福岡の旭菊酒造の「綾花(あやか)」。

 

旭菊酒造

 

綾花

 

5月に火災で蔵を全焼されましたが、復興に向けてがんばっていらっしゃいます。

(義援金、本当に喜んで頂きました!ご協力いただいた方、ありがとうございました!!)

 

だからというわけでは全くなく、この「綾花」、本当においしいです!

名前のとおり優しい味で、ずっと飲んでいても飽きないお酒だと思います。

毎日の晩酌にはもってこいなのではないでしょうか。

 

そして、大トリは、迷いましたが兵庫県田治米の「竹泉 幸の鳥(こうのとり)」!

田治米

 

コウノトリ

 

これも初めて見る銘柄でした。飲んだ瞬間は優しい味でしたが、

その後徐々に適度な酸が感じられ、切れの良い後味に感じました。

 

兵庫県はコウノトリの野生復帰に取り組んでおり、

このお酒の原料米もコウノトリが住める環境作りプロジェクトの一環で

栽培された無農薬の酒米のようです。

蔵元HP:http://www.chikusen-1702.com/freepage_40_1.html

 

まだまだ紹介したいお酒がたくさんあるのですが、本日はここまで。

みなさんも次回は是非会場に足を運んで、純米燗を思う存分楽しんでください!!

 

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス