セキュリテニュース

イベント2016年5月9日 18:00

ふるさと投資セミナーin京都 開催のご案内

いま、資金の大都市から地方への流れや地域内での循環、住民による直接的な資金提供のしくみとして「ふるさと投資」が活用されています。

この度、ふるさと投資に関するセミナーを京都で開催することとなりました。
当日は、ふるさと投資活用事例としまして、有限会社インザムードの三好社長と株式会社甚松の井上社長にもお話しいただきます。

本セミナーは、どなたでもご参加いただけます。
試飲・展示・交流タイムもありますので、この機会にぜひご参加ください。

【開催概要】
日時 2016年5月26日(金) 17:00~19:00(16:30受付開始)
場所 京都信用金庫 本店 京信ホール
(〒600-8005京都市下京区四条通柳馬場東入立売東町7番地)
定員 50名 参加無料
主催 公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター、ミュージックセキュリティーズ株式会社、京都信用金庫
後援 京都市

【プログラム】
開会のご挨拶 京都信用金庫

京町家まちづくりクラウドファンディング支援事業について
公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター

ふるさと投資の仕組みについて
ミュージックセキュリティーズ株式会社西日本支社長 杉山 章子

ふるさと投資活用事例紹介
京都 「ル・スール」 陶器ファンド 有限会社イン・ザ・ムード 代表取締役 三好 富博氏
シェリー樽7年熟成 「甚松」ファンド 代表取締役 井上 太市郎氏

質疑応答
試飲・展示・交流タイム

下記よりセミナーのご案内チラシがダウンロードできます。
(裏面にお申込み用紙がございます)
/data/blog/archive/original/26950.jpgセミナーのご案内.pdf

「ふるさと投資セミナー in 京都」開催のお知らせ(京都信用金庫ホームページ)
http://www.kyoto-shinkin.co.jp/whatsnew/n16-0040.htm

【お申し込み方法】
申し込み書に記入いただきFAXまたは、Emailにてご送付ください。
FAX075-255-2904
Email ksb-841-02@abeam.ocn.jp

【お問い合わせ先】
京都信用金庫 企業成長推進(担当:満島)
TEL 075-211-2111(平日9:00~17:00)
E-mail ksb-841-02@abeam.ocn.ne.jp

この記事だけを表示

イベント2016年5月9日 17:35

キラリひょうごプロジェクトセミナー開催のご案内

兵庫県では、2015年度に地域の金融機関や商工会議所等の協力のもと、地域ブランドとして成長・飛躍を目指す県内中小企業者のビジネスプランの中から、11件のビジネスプランを優れたプロジェクトとして「キラリひょうごのオンリーワン応援事業」(キラリひょうごプロジェクト)に選定いたしました。

本セミナーでは「キラリひょうごプロジェクト」の魅力をご紹介するとともに、同プロジェクトで取り組むふるさと投資(投資型クラウド・ファンディング)の仕組み等を紹介いたします。  

今回は、「キラリひょうごプロジェクト」に選定された募集中ファンドの2事業者にスポットを当て、ご登壇いただき、本プロジェクトの魅力、プロジェクトに懸ける想いなどをお話しいただきます。  

当日は、プロジェクトのブースを設け、事業者の方と直接お話しいただいたり、商品の展示や試食もお楽しみいただけます。

この機会にぜひご参加ください。

キラリひょうごプロジェクトセミナーのご案内.pdf

【開催概要】
「キラリひょうごプロジェクトセミナー」
投資型クラウドファンディングを活用したふるさと投資で兵庫県の企業を応援しよう!
日時 5月16日(月)18時30分~20時00分(18:15受付開始)
場所 ビジネスプラザひょうごホール
(兵庫県神戸市中央区雲井通5-3-1サンパル7階)
JR三ノ宮駅、阪神・阪急地下鉄三ノ宮駅 徒歩5分
参加費 無料
定員50名
主催 兵庫県、公益財団法人ひょうご産業活性化センター、ミュージックセキュリティーズ株式会社

【当日のプログラム内容】
1.ひょうごふるさと応援。成長支援事業の紹介/兵庫県
2.「キラリひょうごプロジェクト」募集中ファンドの紹介
・職人が握る、作る 松葉寿司ファンド/有限会社松葉寿司
/data/blog/archive/original/27025.jpg・ペットとおでかけ豊岡製鞄ファンド/株式会社オーエフティー/data/blog/archive/original/27026.jpg・ふるさと投資(投資型クラウドファンディング)の仕組みについて/ミュージックセキュリティーズ株式会社
※交流会(商品の展示・試食も予定しています)

お問合せ先:ミュージックセキュリティーズ株式会社
担当:山崎・玉木・久保 E-Mail:info_kinki@securite.jp
TEL:06-6485-7397

下記のフォームよりお申込みください。

 

この記事だけを表示

お知らせ2016年5月9日 16:03

沖縄そばのイノベーション、冷凍熟成の沖縄そばの営業が好評です。

/data/blog/archive/original/26932.JPG

みなさま、こんにちは。
東京本社のイノオです。
 
今日は、「もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド」
投資家の皆様からお問合せ頂いた内容や
営業者であるアルマリゾートの棚原社長へのインタビュー、
最近の営業状況などをまとめてお届けします。
 
本ファンドでは、約50%弱の申込状況ながらも、
残り資金は営業者自身がリスクを取り、
別の方法で資金調達を実施し、ファンド対象事業である
新規飲食店事業と製麺事業の2つをそれぞれ2015年8月と9月
に開始致しました。
 
しかし、それでもあえて募集期間を延長したのは、
営業者である棚原社長として、
沖縄の本部町の会社が全国の皆様とのつながりを広げ、
少しでも多くの方に本部町に関心もっていただき、
本部町にお越し頂きたいという想いからでした。
 
ファンドは100%に至らなくても必ず成立致しますので
ご安心ください。
 
今回は、投資家の皆さまからお伺いしたご質問も踏まえ、
「もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド」の内容と共に、
その魅力、紹介してまりいます。
 
ぜひ、アルマリゾートの棚原社長の人生を
掛けた挑戦、ぜひ、ご覧になってみてください。
 
------------------------------------------------------------------
 イノオ:
 
棚原社長、本日は宜しくお願いします。
 
 
棚原社長:
 
宜しくお願いします。
 
 
イノオ:
 
まず最初に本ファンドの対象事業について少しわかりにくい、
という声がありまして、会社名はアルマリゾートで、
ファンドは沖縄そばだけど、特典は宿泊券もついてきて、と。
 
このあたりを改めて整理してお伝えしたいと思っています。
 
 
棚原社長:
 
はい。アルマリゾートとしては現在以下の3つの事業を行っています。
 
1.宿泊事業(沖縄県本部町)
2009年開始。6棟14部屋のコンドミニアムホテルの運営を行っています。
 
2.飲食店事業
(1)まーす家(沖縄県本部町)
2013年開始。昼の営業は「沖縄そば もとぶ熟成麺」、夜の営業は「炭火焼肉 牛歩もとぶ店」
として2016年3月よりリバーシブル店舗としてリニューアルオープンで営業中。
 
(2)沖縄そば処 もとぶ熟成麺(沖縄県豊見城市)
2015年8月開始。沖縄の新名所ウミカジテラス内にオープンした沖縄そば専門店。
 
3.沖縄そばの製麺事業(沖縄県本部町)
2016年1月開始。本部町唯一の沖縄そばの製麺所。
 
 今回、ファンドの資金使途は、2(2)の新店舗の設備資金と
3の製麺工場の設備資金に使用させていただきます。
そして、投資家の皆様には、2の飲食店2店舗分と製麺事業の
5年間分の売上から分配致します。
 
ファンド資金はまだ満額に達してはいませんが、
残り資金は自社で調達したことで、新店舗と新工場はおかげさまで
立ち上げることができました。
 
/data/blog/archive/original/26942.jpg
リニューアルオープンしたまーす家
 

/data/blog/archive/original/26947.jpg
那覇空港から車で15分の新名所、ウミカジテラスに2015年8月にオープンした新店舗。
 
/data/blog/archive/original/26936.jpg

/data/blog/archive/original/26935.jpg
製麺工場
 
 
 
イノオ:

なぜ、「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」の新規飲食店事業と
製麺事業を始めようと考えたのでしょうか。
 

棚原社長:
 
沖縄そばの熟成技術の開発に成功したことが大きなきっかけでした。
 
この熟成技術によって、当社の麺には2つの強みが生まれました。
 一つは、麺の旨みとコシがでたことです。
一般的な沖縄そばは、これまで熟成を30分程度しか行ってこなかったため、
粉っぽくコシがないのが特徴でした。
それを当社では一晩行うことで、コシがでるだけでなく旨みも格段に上がりました。
 
もう一つは、賞味期限が一般的には4-5日のところを120日まで伸びました。
食品添加物を加えることなく、熟成に冷凍技術を活用することによって
実現できました。
 
これにより、ご利用頂く飲食店にとっては麺の品質が向上する上に、
廃棄ロスがゼロとなり、物流回数も減るためコストも下げることが可能となりました。
 

 
イノオ:
 
それは分かりやすいメリットですね。
ただ、なぜ、いままで、沖縄そばではこうした熟成や冷凍が行われて
こなかったのでしょうか。
 
 
棚原社長:
 
熟成についてはあまりそういった概念が沖縄そばに関してはなかったのかもしれません。
 
私はいったん沖縄を離れて、香川県に30年間住み、讃岐うどん事業に携わったことで
学んでいた讃岐うどんの熟成技術を、沖縄に戻って飲食店事業を始めたときに応用しよう
と自然と思うようになりました。
 
また冷凍も昔から利用はされていました。ただ解凍するとすぐにちぎれてしまうなど
の問題もあり質が下がってしまう問題があり、解決されないままになっていました。
 
当社は、品質を上げるための熟成方法や冷凍方法の試行錯誤を繰り返し、
偶然の産物も重なって、今の方法にたどり着きました。
この方法は特許も申請する予定であり、発想は簡単ですが一朝一夕にみなさんが
できるものではないかと思っています。
 
 
イノオ:
 
今回、スーパーマーケットトレードショーで、
新工場で製造した麺の試食・営業をされましたね。
その反響はどうですか?
 
/data/blog/archive/original/26949.JPG
 
 
棚原社長:
 
出展した甲斐があり、以下のような反響がありました。
 
・広島県の沖縄料理店「ゆんたく」様(3店舗):
  3月より取引開始

・広島県の食品通信販売会社「クローバープロジェクト21」様:
  取引オファーがあり準備中です。

・千葉県 「沖縄そば ゆいまーる」と取引開始

・沖縄・大阪の飲食事業グループ「海援隊グループ」様:
  「沖縄そば もとぶ熟成麺」のFCの加盟店オファーがあり準備中
 
・地元本部町(もとぶちょう)のホテル8施設の内4施設
  契約済みで他ホテルとも契約進行中

 本部町のおそば屋さん6店舗、町外で「大宜味シークヮーサーパークレストラン」と契約、
 本部町道の駅 かりゆし市場、ウミカジテラス47ストアーでもとぶ熟成麺の販売を開始しています
 
やはりみなさま、麺のコシと長期保存を評価してくださっています。
 
また、この麺は、直営店である「まーす家」や「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」
でも使用開始始めたことにより売上も伸び始めています。
 
 
イノオ:
 
確かに、さきほど私も頂いたのですが、
今まで頂いてきた沖縄そばよりもシコシコ感があり
全然違う印象でした。美味しかったです。

 /data/blog/archive/original/26948.JPG
 
 
棚原社長:
 
ありがとうございます。
 
 
イノオ:
 
それでは少し定量的に事業計画についてお話しを聞かせください。
 
今回、投資家のみなさまに投資金額を分配することができる
損益分岐売上は5年間の平均で約8,000万円/年、
事業計画売上は5年間の平均で約1億500万円/年です。
 
それに対して、2014年平均実績は約5,400万円/年でした。
 
実績からこの計画まで売上を伸ばすための施策を教えてください。
 
 
棚原社長:
 
はい。まず、2014年実績売上は「まーす家」だけのものです。
「まーす家」については実績からは微増を計画しています。
今年3月には夜の営業を強化するために昼は沖縄そば、夜は焼肉として
リニューアルを行いました。
 
ウミカジテラスの「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」については
実はウミカジテラス内の約20店舗の飲食店の中でも売上は
トップで好調です。季節変動はありますが、昨年は8月1日の
グランドオープンでシーズン途中からでしたので
今年はもっと売上を伸ばせると考えています。
 
そして、製麺事業ですが、事業計画の5年間の平均は約1800万円
としています。麺は一食60円(一般的な沖縄そばは一食56円)
で販売予定ですので、販売食数は年間30万食、月2.5万食です。
 
一方、飲食店では月1,500~2,000食使用するのが一般的なため、
毎月定期的に販売する飲食店が約17店舗あれば実現できる計算
となります。
 
このうち、既に7店舗は契約確保しており、まだまだ営業は
伸ばしていける見込みです。
 
 
イノオ:
 
本部町は、美ら海水族館を抱え、沖縄県内では断トツの年間400万人以上の
観光客が訪れ、さらに、80店舗も沖縄そばのお店がある一方で、
製麺所は一つもなかったので、十分潜在的な可能性がありますね。
 
大変楽しみです。
 
改めてですが、ファンドを利用しようと考えたきっかけを教えてください。
 
 
 
棚原社長:
 
本部町は人口13,500人の小さな町のアルマリゾートは社員十数名
の小さな会社ですが、全国のこの沖縄や本部町、沖縄そばが
好きな方と直接つながって、長いお付き合いの関係となって、
ぜひ、本部町にも遊びに来ていただきたいと思ったからです。
 
 
イノオ:
 
だから投資家特典にも、ファンドの対象事業とは直接関係ない
宿泊券が入っているのですね。

/data/blog/archive/original/26945.jpg
ファンドの投資家特典としてついているアルマリゾートが運営している
コンドミニアムホテルの部屋からの眺望

 
本部町には、美ら海水族館の他にも、「備瀬のフクギ並木」など
素晴らしい場所がたくさんありますよね。私も大ファンです。
 
当社の投資家の方の中には、沖縄が好きで、将来、移住を考えて
いて、そのための地元の方との関係づくりのために投資をしている
という方もいらっしゃいました。
 
投資をして本部町に行く際には、ご連絡すれば社長やスタッフの皆様
との交流もできるのでしょうか。
 
 
棚原社長:
 
もちろんです。ぜひともご連絡を頂ければと思います。
いろいろと本部町の地元の人ならではの本部の楽しみ方なんかも
お教えできると思います。
 
 
イノオ:
 
最後に投資家の方へメッセージ、動画でとらせてください。
 
棚原社長:
あんまり得意じゃないんだけど、、、がんばります。



もとぶ熟成麺 沖縄そばファンドの詳細・お申込みはこちら
 

この記事だけを表示

イベント2016年4月27日 10:25

【水俣】甘夏ネロリ花摘みツアー2016(5/3・4)

【2016年4月27日 更新】

ネローラ花香房の森田です。
この度の熊本地震発生に際して、多くの皆様からのご心配や
お見舞いのご連絡に心より感謝申し上げます。

熊本県の南端、鹿児島県との県境に位置する水俣市にある本社作業所は、
幸いに大きな被害を受けることはありませんでしたが、
熊本市にあります事務所およびスタッフは被災し、
今も余震が続いていることもあって、多くの被災者同様に、
自宅の破損に加え深夜の大地震の恐怖に怯えながらも業務を行う
厳しい状況が続いております。

被災地と同じ熊本県内にある水俣からは緊急物資の支援だけでなく、
弊社事業であるオーガニックアロマを避難者の心身のサポートに役立てたいと
被災者支援活動を進めているところです。

例年5月初めに実施しております「甘夏ネロリ花摘みツアー」も
甘夏の花摘み体験だけでなく
今年は、ご講演いただく正プラス株式会社代表の稲本正様のご提案で
日本産オーガニックアロマクラフトを作って被災者に届け
ハンドマッサージや足浴を行うボランティアツアーに変えることになりました。

ゴールデンウィーク中にもかかわらず、熊本だけでなく、
九州全体への旅行が躊躇される中で、
被災者や被災地に寄り添うツアーにできればと願っております。

また、遠方からおいでの皆様のご都合に合わせて、
お昼にも送迎バスを出す等、
集合時間は柔軟に対応したいと存じます。


これからでもぜひ、ご参加ご検討いただけますようお願い申し上げます。

お申込みは、下記URLより、お願いいたします。

https://ssl.shopserve.jp/-/neroli-hana.com/enq/enquete.cgi?PAGE=2&SHOPURL=

ネローラ花香房 代表 森田惠子


【2016年3月15日 更新】


みなさま、こんにちは。
水俣 甘夏みかん花のネロリファンド】の事業者であるネローラ花香房の森田と申します。

2016年も早ふた月が過ぎ、春の気配と共に ネロリ芳香成分の原料である、甘夏ミカンの花咲く季節が近づいてまいりました。

甘夏ミカンの「花」の芳香成分である「ネロリ」を製品化している弊社では 新鮮なネロリの香りを体験していただきたいと、毎年開花の時期い 「甘夏ネロリ花摘みツアー」を開催しています。



今年は、【飛騨の森 クロモジファンド】の事業者であり、国産クロモジ精油で有名な「正プラス(株)」様とのコラボレーションで 「甘夏ネロリ花摘み体験&森のアロマ堪能宿泊ツアー」を開催することになりました。

森林保護や木質アロマの普及では国内第一人者の 稲本正さんの全面協力により実現しました。

ネロリファンドとクロモジファンドの出資者の皆様には 参加費1割引きでご参加いただけます。
この機会に、照葉樹の若葉がさわやかな五月の九州においでになりませんか?



☆開催日時 宿泊ツアー
 2016年5月3日(祝)10時~
 2016年5月4日(祝)~15時
 
☆主なスケジュール
5月3日(日帰りツアー&宿泊ツアー1日目)
午前 花摘み体験
昼食 地域の食材を使ったお弁当(お茶・お菓子付き)
午後 甘夏ネロリのお話しとアロマクラフト作り
オーガニックマルシェ
(雨天の場合は香りとアロマを楽しめる企画をご用意しております!)
18:00~ 稲本さんの国産アロマのお話と交流食事会
(宿泊ツアー以外の方は事前に事務局にお申込みください。別途費用がかかります。)
 
5月4日(2日目 宿泊ツアー参加者のみ)
午前 稲本正さんと歩く、環境省かおり風景100選に
選ばれた水俣「大学山の照葉樹林」の森歩きツアー
昼食 水俣市久木野地域交流センター愛林館で地元ランチ
午後 稲本正さんと沢畑館長による
「森のアロマ」トークショー
 
☆参加費用
宿泊ツアー  お1人様23,000円
【現地移動バス・宿泊・食事(朝1回・昼2回・夕1回)】
☆定員になりしだい締め切りますので、お早目のご予約をおねがいします。
 
  詳細とお申し込みは下記URLよりお願いいたします。
(お申し込みの際には備考欄に、「MSファンド出資者」とご記入ください。
http://www.nerola.jp/nerori/hanatsumi.html


なお、まだ認知度の高くない国産ネロリについて、 多くの方に知っていただくために、 今回の花摘みツアーを大きなきっかけにしたいと スタッフ、サポーター一同で準備を進めております。

照葉樹の若葉薫る五月の九州水俣へ
皆様ご友人をお誘いの上、ぜひご参加いただけますよう 心よりお待ち申し上げております。

※花摘みツアーを含めて事業状況については随時こちらも更新しておりますので、
併せてご覧ください。
Facebook URL: https://www.facebook.com/nerolajp/?fref=ts


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
株式会社ネローラ花香房
代表取締役 森田 惠子
熊本県水俣市浜松町4-100
Ter:0966-84-9707,Fax:0966-84-9708
ショッピングサイト URL: www.neroli-hana.com
コーポレートサイト URL: www.nerola.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事だけを表示

西日本支社2016年4月26日 17:30

水俣ネロリ花摘み&熊本地震被災者支援プログラム組込ツアー(5/3・4)

【2016年4月27日 更新】
集合時間と集合場所について
遠方からもお越しいただけるように、
13時にJR 九州新幹線「新水俣駅」にお迎えすることも可能となりました。
別途対応可能です。
ご要望の方は申込フォームの備考欄にご記入ください。


東京からお越しになる場合
例:羽田-福岡便(飛行機)
  福岡空港からJR博多駅へ(地下鉄で2駅 15分ほど)
  JR博多駅から新幹線で新水俣駅
 (通常は1時間で着きますが本数を減らして2時間みてもらったほうがいい)
  



【2016年4月26日 更新】
みなさま、こんにちは。
西本支社の久保です。

この度は、熊本県で発生した大規模な地震により、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

熊本県益城町に当社支店を開設させていただいたこともあり、
少しでもお役に立ちたいと考えております。

本日は、セキュリテ利用事業者である岐阜県高山市の正プラスと
熊本県水俣市のネローラ花香房の共同企画である
水俣ネロリ花摘み&熊本地震被災者支援プログラム組込ツアー(5/3・4)をご案内します。

震災前より企画されておりましたが、内容を一部変更し、
アロマを被災地に届ける被災者支援プログラムを組み込みました。

度重なる大きな地震にかろうじて逃げてきた避難者の疲労はピークに達しています。
少しの間でも疲れた心と体を癒してもらいたいと考えています。

4月27日に九州新幹線も全線開通予定です。
水俣市は被害も小さいですが、これからGWにかけて
被害が少ない地域を含めて熊本県内全域のホテルのキャンセルが相次いでいます。
ツアー自体もキャンセルが続出しています。
アロマに関心がない方でも、来ていただく事が熊本県の応援・支援に繋がります。

バスの都合上、30名様の枠がございます。
皆様の参加とご協力をお願いいたします。

---------------
ネローラ花香房 森田さんからのメッセージをご紹介

ネローラ花香房の森田です。
熊本地震に際して、皆様のご支援、励ましに感謝しております。
水俣の本社作業所は大きな被害は受けなかったのですが、
熊本事務所とスタッフが被災しており、ネローラ花香房として
被災者支援の活動を開始しています。

/data/blog/archive/original/26716.jpg

被災地で抗菌作業もある甘夏ベルガモット蒸留水の爽やかな香りの
足湯とミカンのはちみつの香りのネロリのオイルマッサージの
ボランティアを行ってきました。
アロマで少しでも心身のリラックスと励ましに繋がればと思います。
是非皆様のご参加、ご協力をお願いします。

---------------

水俣ネロリ花摘み&熊本地震被災者支援プログラム組込ツアー

熊本の被災者支援プログラムを組み入れております。
ファンドに出資頂いていない方も大歓迎です。
皆様のご参加とご協力をお願いいたします。

■開催日時 宿泊ツアー
 2016年5月3日(祝)10時~
 2016年5月4日(祝)~15時
 ※集合時間について、遠方からもお越しいただけるように、
  お昼の13時からの参加も大歓迎です。
  申込フォームの備考欄にご記入ください。

■集合場所
 ・JR 九州新幹線「新水俣駅」正面口
 ・水俣市 ちくりん公園駐車場
  どちらか
  ※申込フォーム内でお選びいただけます。 

■参加費用 
 宿泊ツアー  お1人様23,000円
【現地移動バス・宿泊・食事(朝1回・昼2回・夕1回)】 

■追加定員
 30名

【イベントの詳細・お申込みはこちら】
https://www.securite.jp/news/securite?a=1421&mail=R20160426-1
※ツアーの変更後のスケジュールはまだ更新されていません。
更新され次第、こちらでもアップさせていただきます。
 

この記事だけを表示

お知らせ2016年4月26日 12:05

早稲田大学ラグビー蹴球部を応援して、限定特典をゲットしよう!

「早稲田大学ラグビー蹴球部の決意表明会見」開催報告

420日、早稲田大学ラグビー蹴球部の決意表明会見が、
同大学内にて開催され、今季使用する新ユニフォームも初披露されました。
 
今回発表された「早稲田大学ラグビー蹴球部 BE THE CHAIN PARTNER FUND」は、
デザインオフィスnendoと弊社MS共同のクラウドファンディング
finan=sense.(ファイナンセンス)」の取り組みです。
 
早稲田大学ラグビー蹴球部は、2018年創部100周年を迎え、
山下大悟・新監督の新しい体制のもと、「日本一奪還」を目標に掲げています。
 
身体能力強化のための資金調達および応援コミュニティ形成を目的として、
購入型クラウドファンディングを行います。

/data/blog/archive/original/26619.jpg
決意表明会見の様子です。山下大悟・新監督がご説明されています。
 
/data/blog/archive/original/26620.jpg
スローガンは「BE THE CHAIN(鎖になれ)」
選手やスタッフ、ファンの皆さまが、強固な鎖となり、日本一を目指します。
 
/data/blog/archive/original/26621.jpg
「日本一奪還」の目標のためには、フィジカル・ストレングスの強化が最重要課題です。
トレーニング、合宿施設、日本を代表する専門家、及び寮での食材等のより一層の充実が必要不可欠です。
 
/data/blog/archive/original/26622.jpg
弊社代表の小松がクラウドファンディングの仕組みをご解説いたしました。
大学スポーツとしては初めて、クラウドファンディングで強化資金を募ります。
 
/data/blog/archive/original/26623.jpg
金融とデザインを融合した新サービス「finan=sense.(ファイナンセンス)」。
 こちらを活用して、ユニフォームや応援グッズのデザインと、資金調達を行います。
 
 
ついに、新ユニフォームのお披露目です。
 
今回デザインを手がけたのは、世界が尊敬する日本人デザイナー、
デザインオフィスnendo代表の佐藤オオキ様です。早稲田大学建築学科出身です。
 
/data/blog/archive/original/26624.jpg
/data/blog/archive/original/26625.jpg
/data/blog/archive/original/26626.jpg
こちらが新ユニフォームです。早稲田伝統カラーのエンジと黒のボーダー柄です。
さまざまな工夫がデザインに盛り込まれています。
 
/data/blog/archive/original/26627.jpg
両腰のⅤ字は、スクラムを組んだ際に、早稲田の「W」の文字として浮かび上がます。
 
/data/blog/archive/original/26628.jpg
また、スローガンの「BE THE CHAIN」が、襟裏にしっかり刻まれています。
 
/data/blog/archive/original/26629.jpg
アシックスの尾山CEO、アシックスジャパンの西前代表、共立メンテナンスの石塚会長、nendoの佐藤代表、
早稲田ラグビーの島田部長、山下監督、桑野主将、早稲田大学の堀名誉教授、弊社代表小松。
一丸となって「
BE THE CHAIN」を掲げます。
 
 
早稲田大学ラグビー蹴球部のご活躍を応援すべく、
 「早稲田大学ラグビー蹴球部 BE THE CHAIN PARTNER FUND」にぜひご賛同くださいませ。 
一方的な寄付とは異なり、ご支援頂いた皆様にはnendoデザインの新ユニフォームのレプリカジャージなど、
素敵な商品や特典をお送り致します。
 
/data/blog/archive/original/26630.jpg/data/blog/archive/original/26631.jpg
/data/blog/archive/original/26632.jpg/data/blog/archive/original/26633.jpg
nanacoカード、マグカップ、ハングリー・ベアのぬいぐるみ、レプリカユニフォームなど、
お送りする商品はご支援額に応じて異なります。
 
何卒よろしくお願い致します。
 
・ファイナンセンス公式「早稲田大学ラグビー蹴球部 BE THE CHAIN PARTNER FUNDサイト:
・早稲田大学ラグビー蹴球部公式 「BE THE CHAIN」特設サイト:
http://www.wasedarugby.com/files/user/special2016/index.html

 

この記事だけを表示

西日本支社2016年4月22日 17:11

地域の宝を次世代に繋ぐ-私が県内4000㎞を歩いて気づいたこと-

/data/blog/archive/original/26675.JPG
(テニスプレーヤー原田武一選手)

みなさん、こんにちは。
西日本支社の周です。

今日は、「なぜ私は「旧原田邸」を引き継いだか」というテーマで、
有限会社くまの辻さんから伺った内容をご報告しようと思います。
やや長文とはなりますが、是非ご笑覧頂ければ幸いです。

-------------------------
ー今回のプロジェクトはファンド資金を活用して、「旧原田邸」を「ジャム工房」などに改装するプロジェクトです。そもそも、「旧原田邸」の持ち主であった原田武一さんはどういう方だったのですか?

辻さん:今回のクラウドファンディングは、地域の宝を次世代に繋ぐ仕事です。

今回のプロジェクトの舞台は「旧原田邸」ですが、実は原田家は国内外でいろんな商売を手掛け財を成した旧家なんです。その原田家の当主で、戦前戦後とテニスプレイヤーとして、世界で活躍したのが、原田武一さんです。世界シングルランキングの最高位は7位。岡山県で最初のオリンピック選手として、1924年のパリオリンピックに出場しています。全豪、全仏、全米、ウィンブルドンでも活躍し、世界中にファンがいたそうです。国別対抗のデビスカップには、選手としても監督としても出場しています。

現役引退後も倉敷市酒津のこの場所に住み、岡山三菱自動車販売の初代社長になりました。テニスでは、ジュニアの育成に力を入れ、原田杯を開催しました。この大会は、後にクルム伊達公子選手や錦織圭選手など世界へ羽ばたくジュニアが一番に目指す大会になったんです。今も、全日本ジュニア大会として原田さんのスピリッツが生き続けているんです。

旧原田邸は明治23年に建てられた母屋に蔵や長屋門を構え、500坪の敷地内にはテニスコートもあったんですよ。

ーファンド資金は「旧原田邸」の改装費用に利用される予定ですが、このプロジェクトはどのような形で始まったんですか?

辻さん:ある時、この建物、いえ、土地ですね、土地が売られることになり結果として建物が潰されることを聞いたのがきっかけです。

ニュースを聞いてすぐに感じたことは、「旧原田邸」に限らず、これが戦後ずっと繰り返された瞬間的な経済活動の縮図だということなんです。こんな大きな家を維持管理しながら活用したり住むことって、家主にとって経済的負担が大きすぎます。増して、相続のタイミングになれば税金の対象として子孫にのしかかってきますしね。

人は誰も、生まれ育った生家やふるさとを愛する気持ちは、いつの時代も変わることはないでしょう。しかし、地方創生と叫ばれながら、地域の宝を守り繋ぐ仕組みも制度も地域にはないんです。一部の中心市街地活性化事業や商店街などには、いろんな省庁からの補助金制度がありますけど・・。

2年前、この「旧原田邸」の運命も不動産業者に渡り、家屋を潰して更地にして分譲地や投資の対象としてアパートを建てる計画などが持ち上がっていました。残念ながら、この家を活用する買い主がいなかったんです。今の時代の経済的活用方法として、分譲地やアパートにすることは決して悪いことではないと思います。しかし、地域の歴史文化、日本らしさ、地域の命を生かし繋げるには、この場所、この建物、この原田家を残さないといけないと思っています。

ーなぜですか?

辻さん:私は、これまで倉敷市、総社市、玉野市の全ての小学校区を自ら企画・出演した「朝ぶら」という番組で歩いて巡りました。延べ3000~4000㎞歩いています。

ー4000㎞!

はい、12年間の番組放送では、学区を三巡し、延べ300近くの小学校区を巡ったことになります。その中で、地域の宝にたくさん触れてきました。昔ながらの土や木をふんだんに使い、匠の技や粋な暮らしぶりを伺わせる日本家屋。その土地ならではの素材や技術力を生かしたものづくりなどです。

しかし、地域ならではの街並みやものづくりも昔のものとなり、寂れ朽ちるのを待つだけになっているのが現状です。一方、そこには地域の本質、地域の命がまだ息をしているんです。代わりがきかない、唯一無二な大切なふるさとがそこにあると思うんです。

その命を感じ、地域を次の時代に繋ぐことが今求められていると思います。学区を三巡するたった12年の間にも、地域の宝が次々と潰され、命を消されてきたのを沢山この目で見てきました。昔であれば、大きな家、地主、商家、旧家などは代々家を継ぐこと、地域を継ぐことが当たり前でした。更にお宮や寺を守ったり、地域の旦那としてリーダー的役割を果たして来たんです。

しかし、戦後、農地解放により地域の財力は分散しました。地域の宝をその家だけの負担にし続ける今までのやり方では、地域の宝、日本の宝は時代時代の瞬間的な消費経済の名の元に潰され、地域も時代も消費され続けるでしょう。

ーそのような中、今回のプロジェクトはどのような意味を持つのでしょうか。

地域の宝を「みんなで支える仕組み」を作る、「旧原田邸」プロジェクトはその新しいチャレンジなんです。どんな時代になっても、地域の宝となる場所を地域の素材を生かしたものづくりの場所として、これからの時代と繋がって行く。その時代で、地域の宝に経済的自立をさせて行く「仕組み」を作って、次世代に繋ぐチャレンジをします。

昨年の2月、原田武一さんのご子息から「旧原田邸」を引き継ぎました。みんなで地域の宝を支える仕組みづくりを、ぜひ皆さんとご一緒にしたいですね。

小さくともメーカー、酒津ブランドとしてしっかり全国に発信して経済的自立を計り、原田邸をものづくりの拠点として、地域のまちづくりにチャレンジしていきたいと思います。

ーありがとうございました。
---------------------------
【ファンドの詳細・お申込みはこちらから】
https://www.securite.jp/fund/detail/1366

この記事だけを表示

自治体事業2016年4月22日 14:27

京町家まちづくりクラウドファンディング支援事業がスタート

京町家まちづくりクラウドファンディング支援事業がスタートしています。
/data/blog/archive/original/26650.jpg京都市と(公財)京都市景観・まちづくりセンターによる、京町家の改修・活用を目的とした支援制度「京町家まちづくりクラウドファンディング支援事業」が、事業者の募集を行っています。

インターネットを経由して、多数の投資家から少額ずつ資金を集める「クラウドファンディング」の仕組みを利用して、京町家の改修・活用を行う事業者に対し、クラウドファンディングの初期費用負担や、クラウドファンディングを通じた投資により、資金面での支援が行われます。京町家は、京都の歴史的な景観の基盤を構成し、伝統的建築様式と生活文化を伝えるものとして、京都の活力や魅力を高めるうえで不可欠なものです。

一方、京都市内の京町家は京町家まちづくり調査(H20,21)では約48,000件の存在が確認されましたが、年間約2%すなわち、約1,000件ずつの割合で減少しているという調査結果が出ており、京都が京都であるために、その保全が必要になってきています。

京町家まちづくりクラウドファンディング支援事業では、京町家を保全し活用してくれる事業者を募集しています。また、クラウドファンディングを通して改修資金を集める事で、京町家保全を幅広い方に担って頂くことも狙いの一つです。

詳しくは(公財)京都市景観・まちづくりセンターのHPからダウンロード出来る募集要項をご覧下さい。
(URL:http://kyoto-machisen.jp/information/others/20160411/

◆応募を検討される事業者向けに説明会を開催します(要事前申込)
日時:平成28年4月26日(火)午後1時30分~午後3時
場所:京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム
(所在地)京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
「ひと・まち交流館 京都」地下1階  
申込先:公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター(担当:上田・平山)
TEL:075-354-8701 

 

この記事だけを表示

お知らせ2016年4月15日 10:13

システムメンテナンスによるサービス一時停止のお知らせ

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
システムメンテナンスによるサービス一時停止のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

4月17日(日)18時~4月18日(月)5時頃にかけて、システムメンテナンスのため、セキュリテの全サービスをご利用いただけません。

ご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

リニューアル後には、改善した機能面なども改めてご案内をさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

※メンテナンス内容は予告なく変更となる場合がございます。
詳細につきましては、ホームページにて最新情報をご確認ください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネット決済の振込先・振込金額の自動入力機能が一時的にご利用いただけなくなります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

ファンドやセキュリテストアの商品購入時の銀行振込に、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行のネット決済をご利用頂いた皆様には、各金融機関と当社とのシステム連携により、振込先、振込金額の自動入力機能をご利用頂けておりましたが、リニューアル後、約1か月程度は本機能がご利用いただけなくなります。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セキュリテマイページ等一部URLが変更となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

リニューアルに伴い、マイページ等一部の普段からご利用頂いているページのURLが変更となります。
「お気に入り登録」等によってURLをご登録頂いている場合は、大変お手数ですがリニューアル後のサイトにアクセスいただき、再度、「お気に入り登録」を行って頂ければ幸いです。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
利用規約が一部変更となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

リニューアルにあわせ、反社会的勢力の排除条項など、当社の利用規約を一部変更いたします。
変更後の内容につきましては、リニューアル後の当社ウェブサイトにおいてご確認ください。

ご不便をおかけいたしますが、今後ともよろしくお願いいたします。


ミュージックセキュリティーズ株式会社

この記事だけを表示

西日本支社2016年4月12日 18:33

「僕はこの景色を守りたいんです。」プロジェクトを始めたきっかけ



こんにちは。
西日本支社の周です。
 
先日、「古民家のお菓子工房ファンド」の有限会社くまさんを
訪ねて倉敷に行ってきました。
 
生まれてはじめての倉敷、且つ滞在時間もそこまで長くはなかったのですが、
くまの代表の辻さんとお会いして、歴史のこと、水のこと、旧原田邸のこと、
様々伺うことができましたので、簡単にご報告しようと思います。

年間300万人が訪れる「水の町」倉敷。人気の「水辺のカフェ」


本ファンドで応援するプロジェクトである「旧原田邸」があるのは倉敷市酒津。
酒津を含めた「倉敷美観地区」は、年間観光客数が300万人を超える人気スポットです。
倉敷川沿いに白壁の町並みや日本最初の私立西洋近代美術館「大原美術館」が建ち並び、
そこから生まれる美しくも懐かしい雰囲気が観光に来た人々を癒します。
(私も散歩していた時、とても心地よい気持ちになりました。。)

ところで、「酒津」という地名に含まれる「津」という言葉。どこか海を連想させませんか? 
岡山県倉敷市には他にも、児島、玉島、水島など、「島」が付く地名がとても多くあります。
これはその昔、今の倉敷市があった場所が海であったことに由来しているのです。
いまでも倉敷市内に沢山の「○○緑地」が遍在しているのはそのためです。

「水」

辻さんによれば、「水」は倉敷の人々にとって切っても切れないキーワードだそうです。
倉敷に住む人間は、文字通り「水」を大切にしてきました。
「水」が育む景色を大切にしてきました。倉敷が「水の町」と呼ばれるのはそのためです。
有限会社くまでは既に、旧原田邸から徒歩圏内の場所で「水辺のカフェ 三宅商店酒津」を
営業しています。本町通りにある元祖「三宅商店」に続く2店舗目のお店です。

(三宅商店 酒津 水辺のカフェ)
http://www.miyakeshouten-sakazu.com/


(春の水辺のカフェ周辺)


(秋の水辺のカフェ)


(人気商品の桃パフェ。)


(私が伺った平日の午前中にも、若い女性の2人組、年配の男性、家族連れ等が
店内で食事をとっていました。川を眺めながら飲むコーヒーは最高でした。)

すぐ近くには「配水池」があり、文字通り倉敷の水源になっている場所です。
「水辺のカフェ」は元祖「三宅商店」と違って、近隣の駐車場から少し歩かないといけません。
(と言っても150メートル程度ですが。。)

お店に歩く途中で、水や緑と言った自然に触れ合ってその美しさに気づいたり、
水辺を散歩する人と挨拶を交わしたり、、店内には入れば、エアコンのない
店内で窓から入る風の心地よさを楽しんだり、地元の農家さんから
頂いた果物やお米で作る季節メニューを楽しんだり、、倉敷の魅力を
身体で満喫していただきたいと辻さんは言います。




(川を挟んで面する散歩道。春の桜、夏の蛍、秋の紅葉等、季節に応じて別の姿を見せます。)


(夏には家族連れで川遊びをしたりすることもあります。)

アパートへの建て替え計画があった「旧原田邸」を買い取る


今回のファンドの資金でオープンするジャム工房「旧原田邸」は、
戦前に活躍したテニスプレーヤー原田武一氏が居住した邸宅です。
(最高で世界シングルランキング7位まで上り詰めました。)

「水辺のカフェ」からは徒歩圏内のところにあります。約1500平方メートルの
敷地内に、木造2階の母屋と蔵、木造平屋「長屋門」があり、
長屋門をジャム工房に、母屋と蔵はオフィスや倉庫として改装するプロジェクトが進んでいます。







もともとは、明治期の建築で老朽化した旧原田邸が売り出された時、
更地にした上でアパートを建てる計画があることを代表の辻さんが知ったのがきっかけです。
なんと、辻さんは聞くや否や、すぐに神戸市に住む原田氏の子息を訪ねて行ったそうです。

その時、旧原田邸の外観を可能な限り保存する形で改装すること、
景観に溶け込む形で地域と共存させることなどを熱く語りました。
その結果、「地元で父を広く知ってもらえるのはありがたい」と
快諾されこのプロジェクトが始まりました。


(長屋門の入口の作りを説明する辻さん)

僕はこの景色を守りたい

私が現地を訪ねた時、辻さんが熱く語っていたことがあります。

「僕はこの景色を守りたいんです。」


(辻さんが守りたい景色。旧原田邸の裏にあり、水辺のカフェと旧原田邸をつなぐ方角へと伸びる裏庭です。
その景色は何より周りの景観に溶け込んでいて、陽のあたりも素晴らしく美しいものでした。)


「水辺のカフェ」から「旧原田邸」を訪れる時、あるいは逆でも、
観光客はこの景色に触れることができる場所です。

「たかが景色一つ、と思われる方もいらっしゃいますが、
これが倉敷の原風景で財産ですし、ここからビジネスにも結びつけられると考えています。」 



このプロジェクトは、古民家の再生の他に、地域資源の保護と
地域活性化の性質を併せ持ったプロジェクトになります。

とても生き生きして楽しそうな様子でこのプロジェクトを語る
辻さんが印象的でした。

ぜひ、多くの方にファンドを通じて、くまのファン、倉敷のファンになっていただき、
ご自身の足で倉敷を訪ねてみてほしいと思います。

水辺を散歩し、「水辺のカフェ」で一息ついた後に「旧原田邸」で
お買い物というコースも面白いかもしれません。あるいは、美観地区本町通りにある
元祖「三宅商店」まで少し足を伸ばすのもありかもしれませんね。
(「三宅商店」はカフェが併設されていて、夏には満席が続き
1日500人が訪れる人気スポットでもあります。)

(三宅商店 倉敷 町屋喫茶)
http://www.miyakeshouten.com/

特典には全ての店舗で利用可能な「商品券」(10,000円相当)か
ジャム等の詰め合わせセットが用意されています。

ぜひ、くまの取り組みへのご支援よろしくお願いいたします。

【ファンドの詳細・お申し込みはこちらから】
https://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=1366 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス