セキュリテからのお知らせ 2014年02月

被災地応援ファンド 2014年2月2日 18:47

三陸味処三五十 (岩手県山田町/飲食業・食品加工)

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 

【三陸味処三五十の場合】

◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。
(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか。

当初の計画より進んでいない

(b)昨年に比べると、いかがですか。
ほぼ同じ
 

◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。
1. 進んだこと:震災から三年を経ようとする現在に至り、市街地形成の計画が示された
2.進まなかったこと:計画は示されたが検討段階のため不安がある


◆現在、直面している課題を教えてください。
資金調達, 所有している土地の再利用計画が不透明


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

行政の計画が一定の確実性を帯びて明示されない限りは問題点も明らかにはならず、相談もできません。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

当事業所の商品を継続的に購入して下さっており、感謝すると共に心が安らぎます。


◆2014年の抱負を教えてください

・新商品の開発とそれに伴うサイドビジネスの強化(既に試作は終了)。

・支援プロジェクト参加による別事業を成功させる。

 

→他の事業者のアンケートを見るにはこちら

→「震災から2年。現在の課題と求められるもの」はこちら


----------------------------------------------------------------------------
【ファンドで応援】 三陸味処三五十と同じ岩手県のファンドはこちら!
八木澤商店しょうゆ醸造ファンド (1口1万500円)募集中!
https://www.securite.jp/fund/detail/219

【商品を買って応援】セキュリテセット
https://www.securite.jp/store/




 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド 2014年2月2日 18:13

いわ井 (岩手県陸前高田市/和雑貨等)の場合

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。

【いわ井の場合】


◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか。
当初の計画より進んだ。

(b)昨年に比べると、いかがですか。
今年の方がよい。

 

◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。

進んだ点は酒類部門で地酒酔仙のラインナップが充実し販売機会を逃すことが少なくなったことや、
料飲店・宿泊施設の復活・新設が進み、その流れに乗り、売り上げを伸ばすことができた事です。

進まなかった点はお客様の層がより地元(周辺市町を含む)にシフトしてきたのに、
震災前に地元のお客様に喜んでいただいていた日頃実際に手に取ってみることのできない品物や、
技術の展示会などの催事やホームページの大幅な見直しが忙しさにかまけて進まなかったことです。


◆現在、直面している課題を教えてください。

土地の確保, 販路の開拓, 商品開発

土地の確保に関しては、都市計画がようやく少しずつ示されてきたので、これから具体的に
本設店舗をどこに、どのような形で建設するのかを検討しなくてはなりません。

販路開拓/商品開発に関しては、商圏人口が今後もより減少することから商圏外への販売を拡充させることが課題です。
そのためにもオリジナルの商品を充実させたいと思います。


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

出資者の皆様には店や商品を一人でも多くの方に紹介していただければ幸いです。
貴社には、商品開発のノウハウやデザインなどの面で支援いただければありがたいです。

 

◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、
関わり方等、あれば教えて下さい。

同じ被災地でも事情がそれぞれ違います。
あえて言わせていただければ、一律の制度に地元が合わせるのではなく、
地元に制度を合わせていただきたい。
地域の実情に合わせた制度づくりが本当の平等なのかなと思います。
フェアであれば不満は出ません。

◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

遅ればせながら特典でお送りした奇跡の一本松の絵手ぬぐいですが、
「大事に飾っています」と、たくさんの方々からお手紙やお葉書、メールを頂戴いたしました。
思い切って作ったオリジナルの品だった事もあり本当にうれしかったです。
また、ご来店して下さった方と神戸での震災の経験もふまえて、
この町の将来のことを語り合えたことや、私たちが知らない被災地のことや、
私たちが気付かないこの町の良いことを教えていただいたこと、
そして帰り際に笑顔で「また来ます」と言って下さったこと、印象深く心に残っています。


◆2014年の抱負を教えてください。

新しい街づくりの計画がいよいよ始まります。
今年は中心市街地への本設店舗出店の決断の年となります。
じっくり考え勇気を持って決断できればと思います。

iwai

 

→他の事業者のアンケートを見るにはこちら
→「震災から2年。現在の課題と求められるもの」はこちら

この記事だけを表示

被災地応援ファンド 2014年2月2日 18:12

三陸とれたて市場 (岩手県大船渡市/地魚の加工食品開発等)の場合

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。


【三陸とれたて市場の場合】


 ◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか。
当初の計画より進んでいない。

(b)昨年に比べると、いかがですか。
今年の方がよい。


◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。

・施設整備の遅れによる生産体制整備の繰り伸ばし
・漁業生産環境の機能回復の遅れ(公的補助金の切れる2年後に向けた漁業基盤整備等の付帯業務の増加)

 

◆現在、直面している課題を教えてください。

人材の確保, 販路の開拓, 商品開発

求人に対しての応募が管内全域に極端に低下しており、人材確保が難しい。
年度末の加工食品の小売開始に向けた業態転換作業を進めているところです。(ブラッシュアップの段階)


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。

・漁業権の健全行使が行える環境整備
・垂直統合を行いやすくするための各種政策の必要性


◆2014年の抱負を教えてください。

いよいよ小売に向けて、生産体制を確立しつつあります。
ようやく出資特典の対応も可能になりました。
飛躍の年です。何とか安全に離陸ができれば・・・。

 


→他の事業者のアンケートを見るにはこちら
→「震災から2年。現在の課題と求められるもの」はこちら

----------------------------------------------------------------------------
【ファンドで応援】セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)まだまだ募集中です:
http://oen.securite.jp/ 

【買って応援】セキュリテセット:
https://www.securite.jp/store/

 


 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド 2014年2月2日 17:31

星のり店 (宮城県石巻市/漁業・水産加工)の場合

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。

 

【星のり店 の場合】

 

◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか

当初の計画より進んでいない。

(b)昨年に比べると、いかがですか。

ほぼ同じ。

 


◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。

規模拡大が図れない

 


◆現在、直面している課題を教えてください。

人材の確保, 原発・風評被害, 販路の開拓, 商品開発

 

商品開発:塩のり・味付け海苔など、直販を開始して20年を経過しているが、

販売数量が震災前とあまり変わらない。

類似品、模造品が多数出回っているのも一つの理由であると思う。

現在、市場に流れていない新しい海苔の食べ方を模索中だが、

製造に追われなかなか、新商品開発までいかない。

 


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

日本全国、海苔生産者は販売を入札制度に頼らざるを得ない状況です。

その入札へ大手問屋が宮城海苔への入札に25年秋から参加しないことになりました。


理由―原発の隣県で生産された海苔は消費者から拒否されるということ。

この現象と同じことが直販をしていても感じ取れる。


宮城・東北の食べ物は安全です。

アピールしていただければとてもありがたいです。


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、

関わり方等、あれば教えて下さい。

上記の件を国、行政で真剣にとらえてほしい。



◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

出資者様とはメール等での交流が主ですが、当店を訪ねて下さる方が

昨年もたくさんいらっしゃいました。

初対面なのですが、以前から知り合いだったような、久しぶりという思いで、

その時その時、感動と、ありがとうの気持ちで元気をいただきます。

 

星のり


◆2014年の抱負を教えてください。

「 食はいのち 」

異物を混入しないー食べ物をつくる上でこれは当たり前のこと。

本当の安全、安心は海苔を育て(海)、加工する過程で一切、薬品、添加物を使わないこと。

20年間継続してきた無酸処理養殖を推進する事。

 

星のり

 


(→他の事業者のアンケートを見るにはこちら)
(→「震災から2年。現在の課題と求められるもの」はこちら)

 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド 2014年2月2日 16:53

のり工房矢本 (宮城県東松島市/海苔の加工・販売)の場合

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。

 

【のり工房矢本の場合】

 

◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか

当初の計画より進んだ。

(b)昨年に比べると、いかがですか。
ほぼ同じ。


◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。

震災時は事業を起こすにあたって、どれくらい復興出来るのか予測出来ないくらい被害が甚大だった。

 


◆現在、直面している課題を教えてください。

養殖業は復活したが、協業の難しさに直面をしている。

生産にあたって役割分担や人材不足、製品への情熱の違いなどの問題が、

海苔の生産の段階で起きている。

また、のり工房の加工場は現在仮設工場なので、加工場を再建したい

 


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、

関わり方等、あれば教えて下さい。

自宅は昨年再建出来たので、敷地内に加工場を再建したいと思っている。

国の助成事業による養殖業の復活なので、再建のための六次産業の申請及び助成が受けられない。

全額自己資金による加工場の再建になりそうです。

 

矢本

 


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

HPからのご注文を頂いております


◆2014年の抱負を教えてください。

 

大曲浜の未来はわからないけれど、今出来る事を一生懸命一歩ずつ進みたい。

 


(→他の事業者のアンケートを見るにはこちら)
(→「震災から2年。現在の課題と求められるもの」はこちら)


----------------------------------------------------------------------------

【商品を買って応援】

のり工房矢本 セキュリテセット

生産者の思いを乗せた、のり工房矢本の“美味い”海苔を皇室御献上の海苔の産地、

旧矢本町大曲浜から直送します!

買って応援セキュリテセットはこちら:https://www.securite.jp/store/

 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド 2014年2月2日 14:36

盛屋水産(宮城県気仙沼市/漁業・水産加工)の場合

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。
 

【盛岡水産の場合】
 

◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか

当初の計画より進んだ。

(b)昨年に比べると、いかがですか。

今年のほうが良い。


◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。

養殖は筏も増え、牡蠣の生育も順調。

自社の牡蠣処理場の設置、ワカメ塩蔵加工、海産物4種(かきぼん、さらちゃん、ムール姉さん、

ほやベビー)の製造販売など、計画していなかったことが進んだ。

一方でホタテ貝の貝毒による長期の出荷規制があり、自然相手の収入の制限はある。

盛屋水産

 


◆現在、直面している課題を教えてください。

人材確保に通じるが、忙しくなるにつれ事務、営業(販路開拓)ができる人が欲しい。


人材確保:「つなかん」の料理を切盛りできる人材がほしい。

事務、販路開拓を担ってくれる人材がほしい。


販路開拓:製造計画が立てられるよう、安定した販路の開拓が必要。

現在はどのくらい作ればいいのか、作ったら作ったで賞味期限までに

売り切るためにはどうしたらいいか、困っている状況。

 


◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。

課題と関係ないですが、訪ねて来てくださることは本当に嬉しく励みになります。

 


◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、

関わり方等、あれば教えて下さい。

特にありません。

 

◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。

加工品の販売先に困っている時にウェブページで販売をしていただき、

実際に出資者の方々に購入していただいたこと。

出資者の方々からお便りや年賀状をいただいたり、「つなかん」に遊びに来ていただいたりして、

見守ってくださっていることを感じること。

 

◆2014年の抱負を教えてください。

・「つなかん」のお風呂をなんとかしたい。

現在の家庭用から、早く大人数の宿泊にも対応できるような形にしたい。

現在大工さんの順番待ち。


・加工商品の販路開拓。計画が立てられるような安定販路を確保したい。

 

盛屋水産

 


(→他の事業者のアンケートを見るにはこちら)
(→「震災から2年。現在の課題と求められるもの」はこちら)


 

この記事だけを表示

被災地応援ファンド 2014年2月1日 15:00

佐藤造船所(宮城県石巻市/造船)の場合

東日本大震災から3年。
被災地の37社の事業者に現状と課題、必要としていることは何かを聞きました。
今私たちに求められているもの、できることは何でしょうか。

【佐藤造船所の場合】

◆この1年間を振り返り、事業全体の進捗を教えて下さい。 

(a)ファンド募集時に作成した事業計画に比べ、いかがですか
当初の計画より進んでいない。

(b)昨年に比べると、いかがですか。
ほぼ同じ。


◆進んだこと、進まなかったこと、その原因など、具体的に教えてください。
施設設備の復旧に於いては、前年同様に目で見える形では進んでおりませんが、
原形復旧がままならない中で、現状ある環境に即し、計画がより具体的に検討がなされてきております。
しかしながら、現状での新たな設備の設置に於いては、
改めて行政・近隣の各漁協支所の許可並びに承認を頂く必要があり、一旦は、
その計画案に許可を頂きましたが、その後、更に自然に配慮した改良案を提示したところ、
白紙に戻され現在、交渉中であります。
震災から3年が経過しようとする中で、防潮堤の遅れが今日に影響しておりますが、
行政から当所に対して防潮堤工事等に伴う具体的な内容等(営業補償も含め)が
まだ提示なされていない状況です。



◆現在、直面している課題を教えてください。
資金調達, 施設復旧に係わる許認可。
最優先課題:施設復旧に係わる許認可→資金調達 
 

◆課題の中で、出資者もしくは弊社がお役に立てそうなことがあれば教えてください。
特にありません。

 
◆今後、事業を進める上で、国や行政、金融機関や企業、個人等から期待する施策や取り組み、関わり方等、あれば教えて下さい。
官民の枠を超え、現状に即した中長期を見据えた支援。


◆この1年、出資者とのつながりの中から起きたことで、何か印象に残っていることはありますか。
10月26日 バスツアーで当所に来て頂いた事です。ありがとうございます。
また、共に元気でお会いできることを願っております。


◆2014年の抱負を教えてください。
震災から事業の早期復旧復興に向け、3年が経過しようとしている中、
これまで多くの皆様方より多大なお力添えを頂き、今日を迎えることが出来ておりますこと、
心から感謝申し上げます。本当にありがとございます。
お陰様で、昨年同様この現状ある環境下の中で、直面する課題に常に心身共に最善を尽くしてこれましたのも、多くの先人達を初め、皆様の温かい支えがあったからです。
私達は、昨年もお伝えしました様に単なる震災からの復旧復興ではなく、この震災を契機に、
これまでのあらゆる価値観を見直し、確認できた事を最大限活かすという観点に立ち、
この事業の柱となる設備の復旧復興に全力を注ぎ、どんな現状を押し付けられようとも、

決して揺らぐことのない場づくり、仲間づくりに繋げてゆき、多くの仲間と共に力を合わせ、
これまで通り、理念の遂行実現に最善を尽くし、「あらゆる命を輝かせ一つと成す」。
この真髄を誇りと使命をもって伝えていきます。

私達は、決して諦めません。人生と云う航海に於いて自分と云う心と、
時間と云う命を懸けて正々堂々、課題に向き合っていきます。
多くの皆様、私達にとっても昨年以上に心身共に健康で充実した一年に成ります事を信じております。・・・想いは、必ず形になります。

いつか必ず多くの仲間の皆様と共に元気でお会いできることを願っております。

ありがとうございます。


 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.