アクティビティ

私達セキュリテスタッフの日々の活動をリアルタイムにお伝えします。

スタッフは皆様に、より良い魅力的なファンドをお届けすべく、日本全国を駆け回ってがんばっています。
ファンド組成担当員だけでなく、内勤スタッフの声もお聞きいただければ幸いです。

セキュリテストア2017年6月21日 12:30

丸光製麺ストア商品リニューアルに伴う一部商品入れ替え

いつもセキュリテストアをご利用いただきありがとうございます。この度セキュリテストアでは、東北のファンド事業者であり、セキュリテストアでいつも美味しい商品を提供してくださっている丸光製麺さんの商品を一挙リニューアルいたします。


▲昨年はセキュリテナイトにも登壇いただき、新商品プロジェクトを発表。

敬子専務いちおしの意外な商品や、人気の冷やし中華のセットもパワーアップして登場予定です。

/data/blog/archive/original/35244.jpg
夏の人気商品「丸光製麺夏のスペシャルセット」


それに伴い、現在販売中の以下のセットは一時の販売休止となります。長年購入してくださったみなさま、誠にありがとうございました。

/data/blog/archive/original/35253.jpg
丸光食品はっとセキュリテセット
一つずつ手でちぎり、ちぎった断面につゆが染み込む、お召し上がり方いろいろのはっと。

/data/blog/archive/original/35252.png
海鮮ふかひれ生らーめんセット
はっと、天ぷらうどん、醤油ラーメンや塩ラーメンなど人気者の3種類のセット

これらの商品をまたみなさまにお届けできるよう、準備をしてまいりますが寂しいことに一時のお別れとなりますので、ぜひ今の間にお買い求めいただければ幸いです。(海鮮ふかひれ生ラーメンはリニューアル後も販売予定です)

/data/blog/archive/original/35251.jpg
▲自家製天ぷらが、ふわぁ~と広がる 鰹だしのきいたオリジナルつゆと、ふわふわもちもちうどん。天ぷらうどんはセキュリテストアでは一時販売休止となります。

リニューアルは6月末~7月初旬を予定しており、随時セキュリテのWEBサイトやFacebookTwitterでもお知らせいたします。今後とも丸光製麺をどうぞよろしくお願いいたします。

追伸:セキュリテストアでは近日、夏のお中元特集も予定しています。ぜひ楽しみにお待ちください。

セキュリテストアはこちら

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月20日 16:59

17社に総額1億7580万円を募集~滋賀銀行との取組~

セキュリテでは、今でこそ全国の60を超える金融機関と連携し、地域事業者様のためのファンドづくりを行っていますが、実はその一番初めは、今から6年前の2011年、滋賀銀行様との提携からでした。以来、滋賀銀行の皆さまとは日頃より密にコミュニケーションをとりながら、たくさんのファンドを募集してまいりました。
先日行われた第10回「しがぎんエコビジネスマッチングフェア2017in京都」では、これまでの取り組みの一部をパネル等でご紹介する機会をいただきましたので、本日はこちらのブログでも共有いたします。

/data/blog/archive/original/35204.jpg

このエコビジネスマッチングフェアには、弊社も大阪に西日本支社をオープンした2013年以降、3年連続でブースを出させていただいております。
毎年、ここで多くの事業者様にセキュリテの仕組みをご紹介する機会を得るだけでなく、これまでにお世話になった多くの滋賀銀行の支店の皆さまにも再会し、さながら同窓会のような雰囲気で、お互いに情報交換をしながら、パートナーシップを深めております。

/data/blog/archive/original/35205.png

さて、このような関係性の中で、現在、滋賀銀行からのご紹介とサポートをうけ、募集しているファンドが、こちらです↓↓↓↓

■□京都 「酒と魚とオトコマエ食堂」ファンド■□
https://www.securite.jp/fund/detail/3287

新規出店!京都駅徒歩1分。「北前船」ルートの魚介類で逸品郷土料理を提供。
京都の地で和食道を極めてきた株式会社すぎうらは、京都市内に4店舗、魚介類を中心した和食創作料理「四季の味 すぎうら」を運営しています。本ファンドでは、すぎうらの新店舗プロジェクトを応援します。京都駅近くに、すぎうらが長年の経験と目利きを活かした他産地消、郷土料理、日本酒をコンセプトにした「酒と魚とオトコマエ食堂」がオープンしております。本ファンドでは新店舗で扱う原材料の資金を調達します。


是非、すぎうらの新プロジェクトにぜひご参加下さい!
 

この記事だけを表示

西日本支社2017年6月9日 19:32

(6月5日大阪)ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナーのご報告

みなさま、こんにちは。西日本支社です。

6月5日(月)に、西日本支社にアバコ貯蓄信用協同組合「Cooperativa de Ahorro y Cre‘dito ABACO」(以下、Abaco)のメンバーが日本を訪れ、「ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー」が開催されました!本日はその開催報告をさせて頂きます。

2013年にセキュリテで募集した「Abaco小さな農家応援ファンド」は、ペルーの日系人が設立したAbacoが、パートナーのNGO等と連携し、既存の金融システムではカバーできない地方の小規模農業生産者・事業者へ行う融資プログラムをサポートするためのファンドです。

/data/blog/archive/original/34863.jpg

本ファンドは、ミュージックセキュリティーズ株式会社と米州開発銀行(Inter America Development Bank, IDB)の多数国間投資基金(Multilateral Investment Fund, MIF)の連携による第1号ファンドです。IDB/MIFがAbacoの資本増強を行う一方(500万ドル=約5億円)、本ファンドは日本の個人による匿名組合出資にて小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムへの原資を提供するものです。

Abacoでは、金融システムの未発達により今まで資金調達が難しかった事業者に対して、技術支援を行うとともに融資を行い、設備を近代化し生産性の向上に貢献しています。その結果、雇用を創出し地域の発展を促しています。本ファンドの資金は、ペルーのAbaco(アバコ)を通じて、例えば、ここチチカカ湖でマスの養殖事業を行う事業者の支援に活用されています。

本セミナーでは、Abaco信用組合 組合理事ヘルマン・マツムラ氏より移民した日系人が始めたAbaco信用組合設立までの経緯やここまでのミュージックセキュリティーズとの出会い、そしてプロジェクトに至るまで道のりなど、多彩にお話を頂きました。

/data/blog/archive/original/34777.jpg
(左:Abaco理事 マツムラ ヘルマン氏)

ペルーにおいては、国として一定の経済力は備わったものの、金融サービスへのアクセスがまだまだ不十分であり、その仕組み自体の革新、組織化が大きな課題となっています。現状における高金利、生産性のない貸付や価格交渉力の不足の状況下で、事業展開を図らなければならない現状ついても言及されていました。

「適切な金融サイクルの構築こそが今後欠かせない要素であり、ファイナンスの重要性を説き、国内外でのペルー成長促進する経済活動こそが我々の挑戦です。」

今後も「Abaco小さな農家応援ファンド」で実現できたことも事例に、ペルーの農産物や漁業産品の豊富さを国内外にアピールし、生産事業者に対して上質な資金調達をサポートする金融機関となっていきたいと力強くお話されていました。

/data/blog/archive/original/33997.JPG

質疑応答では、ペルーのインフレ事情について言及があったり、ファンドの詳細や分配指標等について非常に鋭い質問も参加者より問いかけられました。日本と比べて事業にかかる金利はどれくらいなのか、という質問も出ました(極端な例でいえば日利8%、一般的には金貸しの年利は50%、本件ミュージックセキュリティーズで集めた資金でのAbaco信用組合のファイナンシングでは年利16%で実施されています。)

「世界的にマイクロファイナンス業界でいえば年利20~30%がスタンダードな水準と言えるが、マイクロ投資の普及が進むペルーのなかでもこれ(本ファンド)は非常に功利な例だと言える。」(成田MIFスペシャリスト談)

他にも、当社代表の小松よりはペルー現地訪問の報告も行われました。

ファンドにおけるマスの養殖事業支援で、実際に現地雇用がどのように創出されているかの事例、近々東北へも行って感じた日本の技術が現地事業にも必要ではないか、マスの養殖協業、日本への輸入など事業展開も日本で出来る可能性についても触れました。

/data/blog/archive/original/33996.JPG
(現地事業者と 右:小松)

以上が「ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー」の開催のご報告となります。

当日は多くの方にお越しいただきました。改めてご参加いただいたみなさまに、感謝申し上げます。
 

この記事だけを表示

自治体事業2017年6月5日 18:00

「若狭小浜へのふるさと投資」より魅力的な営業者を紹介します!

こんにちは、ファンドの組成営業を行っています佐々木です。
 
本日は現在募集中で私が担当させていただいた
「若狭小浜へのふるさと投資」のファンドをご案内させて頂きたいと思います。
ファンドのページには載せていない担当者から見た社長の人柄などの内容も少しだけ追加しています。
是非ご覧になっていただき、投資いただけますと幸いです。
 
■□小浜の伝統若狭塗箸フナイワークスファンド■□
「株式会社フナイワークス」は、福井県小浜市で65年間お箸の製造業を営んでおり、
伝統工芸品である『若狭塗箸』をはじめ、時代の流れに寄り添った数多くのお箸を展開し続けています。社長自身もアイデアを考え、これまで「3D野菜のお箸」として販売しています。このお箸、画像だと分かりにくいのですが、実際に持ってみると3Dということもあって、非常に精巧に野菜の形まで作られていて驚きました。
/data/blog/archive/original/34756.png
↑3D野菜のお箸
現在は「オーダーメイド塗箸メーカー」として全国・海外にも販路先を持つお箸の老舗です。全国の人にあまり知られていない箸のことを発信したいという箸への思い入れが非常に強い船井社長。担当者が面談した際にも最終電車を危うく逃してしまいそうになるほど様々なお箸を手に取って話に熱中していました。
/data/blog/archive/original/34761.JPG
↑船井社長
是非この事業をご支援下さい。
 
https://www.securite.jp/fund/detail/3138
 
■□SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド1■□
■□SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド2■□

サバ料理だけで勝負し、業界に革命を起こしたSABAR。そして、江戸時代に京都へ極上のサバを献上し続けた歴史を持つ「サバの聖地」福井県小浜市。かつては鯖で名が通っていた小浜も現在はほとんど漁獲がなくなってきてしまいました。そんなサバを愛する2者がタッグを組んで、「小浜鯖復活プロジェクト」を立ち上げました。
/data/blog/archive/original/34765.jpg
↑本ファンドの仕組み
この仕組みを通して、漁師、養殖業者、小浜市、SABARなど皆が幸せになれる取り組みに注力していきたい右田社長。この仕組みを広げるためには生産者の漁師や養殖業者だと中々変えられないため、投資家皆様の1口の出資が大きな意義があると言っていた右田社長。社内でもファンドを盛り上げるためのチームも作り、その熱意が伝わってきます。
この仕組みを広めるためにサバの宣教師として今日も全国各地で事業への思いを伝えています。
/data/blog/archive/original/34763.jpg
↑右田社長
是非この事業をご支援下さい。
 
SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド1:https://www.securite.jp/fund/detail/3140
SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド2:https://www.securite.jp/fund/detail/3141
 
 
■□若狭塗箸海外販路プロジェクトファンド■□
「カワイ株式会社」はこの地で70年以上、若狭塗箸を中心としたテーブルウェア商品の企画・製造・販売を手掛けています。/data/blog/archive/original/34767.jpg
↑日本の伝統色で彩ったシリーズは、最近のヒット商品。売り切れになるほど人気。
そして今、この日本の箸が海外から注目を集めています。
その海外からの注目度の高さを肌で感じているのが、カワイ株式会社の河合功一社長。ここ数年、海外の展示会に出展するたびに、人気の高まりを感じていると話します。今回の「若狭塗箸海外販路プロジェクトファンド」は、同社の本格的な海外進出を応援するファンドです。
/data/blog/archive/original/34760.jpg
↑台湾での展示会の様子
担当者がまず面談で会社に伺ったときに驚いたのが壁一面に広がるお箸とその商品が自社の企画で日々作っているということに驚きました。
/data/blog/archive/original/34752.JPG
↑河合社長と壁一面に広がる自社製品
また、担当者が鎌倉へ行った際にもお店の店頭にカワイさんのお箸が置いてあり、お店の人に伺うと、海外に来る人からも好まれているということを聞き、カワイさんの商品力の強さに驚きがありました。
是非この事業をご支援下さい。
 
https://www.securite.jp/fund/detail/3168
 
■□若狭の恵 ひまわりの里 お米ファンド■□
太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりを有機肥料として活用し、化学肥料は不使用、農薬の使用量を通常の半分以下に抑えた「ひまわり米」。生産しているのは、福井県小浜市のメガファーム「株式会社若狭の恵」です。
/data/blog/archive/original/34753.JPG
↑ひまわり米
人手不足や高齢化に直面していた地域の農業を将来へとつなげるため、地区内の農地を集積して効率的な生産を行っている同社。特に力を入れているのが、「ひまわり米」を始め化学肥料や農薬の使用を極力抑えた特別栽培米です。
/data/blog/archive/original/34759.JPG
↑有機肥料としてのひまわり
今回の事業に熱意を注いでいる前野社長。担当者が面談に行った際にも、こちらから話をする前に、社長から大量の資料と熱のこもったプレゼンを受け、それだけで時間がだいぶ過ぎてしまいました。それほど事業に熱意をもって取り組んでいるのが前野社長です。また、面談時にせっかく訪問をしたのでひまわり米を買おうと思い、前野社長に伺うと、作付面積も広いので買えるかと思いきや、もう既に完売とのことに驚きました。
是非この事業をご支援下さい。
 
https://www.securite.jp/fund/detail/3254
 
全てのプロジェクトはこちらよりご確認頂けます。
【若狭小浜へのふるさと投資】
https://www.securite.jp/obama/
 

この記事だけを表示

自治体事業2017年6月1日 11:36

『チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト』の魅力的な営業者を紹介します!

平素より大変お世話になっております。
本日は「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」をピックアップし、各営業者の魅力をお届けしたいと思います。

/data/blog/archive/original/34769.jpg
▲6/5追記:「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」のポスターがただいま福島市、郡山市のバスや飯坂電車の車両内に掲載されています。地元のみなさまはもちろん、それ以外の方も福島県にお出かけの際はぜひ探してみてくださいね。

日本を襲った未曾有の大災害から6年。福島も大変大きな被害を受けました。当時のことについて「もうダメかもしれないと思ったこともありました」そう、何名かの営業者が言っていたのが印象に残っています。それでも諦めることはなく着実に、歩み続けてきた、そんな営業者の皆さんは今、更なる躍進を志し投資家の皆様の応援を募っています。

----------------------------------------------------------
現在募集中のファンドを紹介いたします。
----------------------------------------------------------

■□会津木綿はらっぱファンド2017■□ 
/data/blog/archive/original/34680.jpg
「染色」を担当していた先代社長の急逝により一度は廃業を決意。しかし、その後新法人を立ち上げ、以降順調に生産・売上げを回復。
当ファンドでは先代の急逝より機能が停止し、外注を行っている「染め」の復活のための設備改修費を募集します。

福島県の伝統素材である『会津木綿』を昔ながらの織り機で生産する株式会社はらっぱ。
代表の小野大成さんは伝統を守ることに理屈はいらないと言います。
先代が健在の頃は、『染めから織り』までを一貫体制で行う唯一の工場でした。
かつては30社ほどあった会津木綿工場ですが、現在はわずか2社。そのうちの1つであるはらっぱが『染めから織り』までの一貫体制を復活させることは、伝統の継承という意味でも大きな意味を持つのです。

様々な色の糸を重ねることによって生まれる特徴的な縞模様は会津木綿の特徴でもあります。現在外注を行っている「染め」の復活により糸の表現色が増えると、オーダーメイドのような少数生産も対応可能となるそうです。

投資家特典には、使いこむほどに風合いと愛着が生まれる会津木綿製品(コースター、ランチョンマット、カード入れ)をお届けします。
写真で見るよりも複雑で不思議な色味を是非お楽しみ下さい。


■□ファーストヘルステックインソールファンド■□
/data/blog/archive/original/34664.jpg
日本ではまだなじみの薄いオーダーメイドインソールの業界に参入。
当ファンドの資金でコンフォートシューズのアンテナショップオープン等、販路拡大に向け事業展開を図ります。

足に悩みを持つ方それぞれに合わせたインソールで足の悩みを解決したい。その一心でインソール業界に参入した熊田社長。信念は創業より変わりません。
医療機関の診断書があれば患者の金額的な負担が小さくなることを考え、医療機関への営業を続けてきました。現在では20の医療機関と提携をしており、今後も拡大していく予定です。有用性が医療機関より認められ、健康を足から支える縁の下の力持ちのような存在のファーストヘルステックのインソール。
「足の裏が健康に影響していることをもっと多くの人に知ってもらいたい。いつか、皆さんがマイインソールを持つことが当たり前となれば。」と熊田社長は語ります。

今回は、インソールに加えて靴にもオーダーメイドを導入し、より足に優しい靴の提供、また、提携医療機関の病院の近くに新たな店舗を構えるための資金を調達します。

投資家特典にはファーストヘルステックオリジナルインソール(既製品)をお届けします。


■□カレーチャーハンおにぎり専用米ファンド■□
/data/blog/archive/original/34661.jpg
福島の米を再興したい思いから、震災後積み上げてきた米分析のノウハウを生かし開発した新商品「料理専用米シリーズ」の生産・販促費用を募集します。

福島県本宮市で120年以上前から農業を営む御稲プライマル株式会社。
今回は、震災後より研究を続けている米の『分析』の力を用いて開発した、料理専用米の販売にかかる広告宣伝費、原材料費を募集しています。
料理専用米の主な販売先は飲食店等の法人向けですが、今回、投資家の皆様に応援を頂き、お声を頂ければという想いからファンドに挑戦しました。

今回投資家特典にもなっているカレー専用米・チャーハン専用米・おにぎり専用米は、それぞれの料理に適した米の配合を行っており、調理法の提案も行います。
また、投資家特典の三五八は東北地方の伝統的な「三五八漬け」の麹漬け床として有名ですが万能調味料としても優秀です。麹調味料としても是非ご利用下さい。


■□高速走行用放射線測定器ファンド■□
/data/blog/archive/original/34659.jpg
福島県にて放射線測定器の開発・製造・販売を行う株式会社日本遮蔽技研。
徒歩での測定より生産性250倍の放射線測定器の製造費用を募集するファンドです。

福島県で放射線測定器の校正、レンタル、販売を行っている株式会社日本遮蔽技研。現在、売上を順調に伸ばしている成長企業です。
現在の放射能測定は人が徒歩でポイントを巡りながら測定をしていますが、日本遮蔽技研が開発した高速サーベイであれば、時速50キロの速度で走行しても徒歩で測定する際と変わらぬ精度で測定可能です。
担当者の平山さんは、放射線測定の効率化が成されることによって、避難区域解除後の居住地域や、県内の仮保管場所に現在置いてある放射線汚染物質輸送後もスピーディーに測定が行えるので、福島の安全性の証明に繋がると話してくれました。

こちらのファンドは、9口までのご出資の場合は投資家特典はございません。10口以上ご出資頂いた方にはPM2.5測定器をお届けします。


■□水中用放射線測定器ファンド■□
/data/blog/archive/original/34658.jpg
福島県にて放射線測定器の開発・製造・販売を行う株式会社日本遮蔽技研。
水中用新製品の製造費用を募集するファンドです。

こちらのファンドは日本遮蔽技研が行う水中用放射能測定器のファンドです。
今回日本遮蔽技研が開発した放射能水中測定器ポセイドンは放射線測定器とGPSとカメラを組み合わせた製品で、ため池など水場の除染作業において威力を発揮します。

高速走行サーベイ、水中測定器のどちらの開発のどちらにも共通する想いは『高効率で精度の高い測定が行われることで、安全性の証明に役立つ』というものです。
また、こうして収束に向けた様々な技術の開発を行う福島だからこそ、ロボット技術が発展し、いずれはロボット技術の集積地として発展する可能性が期待されます。

こちらのファンドも、10口以上ご出資頂いた方にはPM2.5測定器をお届けします。9口までのご出資の場合は投資家特典はございません。



”苦境というのも言い様。そこにしかないチャンスだってあります”
”この、今の福島でしかできないことがあると思うんです”

そう、おっしゃっていた営業者もいました。
営業者の皆さんは、福島や地元に対する愛情はもちろん、地に足の着いた事業を行う”営業者”として、お客様のため、事業の業界のため、家族のため、自分のため。この業界は、地域は、自分が牽引していくのだという気概に溢れていました。
こういったパワフルな営業者こそが、結果的に福島をリードしていくのではないでしょうか。

福島県で活躍する営業者の更なる成長の応援を、どうぞよろしくお願いいたします。



全てのプロジェクトはこちらよりご確認頂けます。
【チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト】

 

この記事だけを表示

西日本支社2017年5月26日 15:17

「クラウドファンディングセミナー(主催 但馬銀行)」が始まりました!

皆さん、こんにちは。西日本支社の周でございます。

先ほど、「クラウドファンディングセミナー(主催 但馬銀行)」が始まりました!

/data/blog/archive/original/34527.JPG

本セミナーは但馬銀行(兵庫県豊岡市)の主催で行われるセミナーで、兵庫県内における中小企業者の活性化や県民等からのふるさと投資の促進を図ることを目的として開催されています。

現在、西日本支社の杉山がセキュリテの仕組みについてプレゼンテーションをしています。次に、ひょうご産業活性化センター様のプレゼンテーションをされた後、兵庫県内のファンドご利用事業者の皆様のプレゼンテーション、試食会等があります。

今後とも兵庫県をはじめ、事業者様のお手伝いをさせて頂けるように取り組んで参ります。

----------------------------
主催:㈱但馬銀行
後援:兵庫県、(公財)ひょうご産業活性化センター
日時:平成29年5月26日(金)15:00~17:30頃
場所:但馬銀行 神戸支店 4Fセミナールーム
(神戸市中央区加納町4-3-17)
参加費:無料
内容:
第 1 部(対象:企業経営者の方 15:00~)
・クラウドファンディングの仕組みと活用メリットについて
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社 西日本支社長 杉山 章子
(参考 きらりひょうごプロジェクト特設サイト)

・キラリひょうごプロジェクトの概要について
(平成 29 年度の募集時期については現時点で未定となっております。)
講師:(公財)ひょうご産業活性化センター 北内 はるか氏
(参考 平成28年度きらりひょうごプロジェクト紹介ページ)

・取組事例のご紹介
(有)花房商店(豊岡市) 「但馬HANAFUSA伝統糀ファンド」
(株)大浦ミート(加古川市) 「大浦ミートの加古川和牛ファンド」/「大浦ミートの志方牛ファンド」

第 2 部(対象 個人の方 16:30~)
・クラウドファンディングの仕組みと投資メリットについて
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社 西日本支社長 杉山 章子

・取組事例のご紹介
(株)カネニ(香美町) 「目利きの極意 カネニ柴山がにファンド」
マルヤ水産(株)(香美町)「香住の誇り「香住ガニ」PRファンド」
(株)井澤商店(稲美町) 「あなたが選び美味しい米農家ファンド」   
(有)りんどう(加古川市)「鉄板焼割烹りんどう レストランファンド」

・交流会(取組事例の事業者による試食会を予定しています。)

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月22日 13:28

5月26日(金)クラウドファンディングセミナーin神戸のご案内 

本日は、5月26日(金)に神戸で開催される「クラウドファンディングセミナー(主催 但馬銀行)」のご案内でございます。

/data/blog/archive/original/34295.png
(画像をクリック頂くとPDFでご覧頂けます。)

本セミナーは但馬銀行(兵庫県豊岡市)の主催で行われるセミナーで、兵庫県内における中小企業者の活性化や県民等からのふるさと投資の促進を図ることを目的として開催されます。
但馬銀行内でのご案内ページはこちら

このイベントは、クラウドファンディングのご利用を検討されている方を対象に、クラウドファンディングの活用方法や事業のPR手法、個人の方を対象に投資メリットなどをわかりやすく解説し、地域経済の活性化や地域ブランド力の強化を図ることを目的としています。実際の利用事業者の生のお声を聴くことができる貴重な機会となりますので、ご関心のある方は是非ご参加頂ければと思います。

参加費は無料となります。場所はJR三ノ宮駅前の但馬銀行神戸支店になります。参加予定事業者及び詳細は下記をご覧頂ければと思います。なお、お申込み期日が明日23日(火)までとなっておりますので、誠に申し訳ございませんが参加をご検討の方はお早目にお申込みを行って頂ければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

----------------------------
主催:㈱但馬銀行
後援:兵庫県、(公財)ひょうご産業活性化センター
日時:平成29年5月26日(金)15:00~17:30頃
場所:但馬銀行 神戸支店 4Fセミナールーム
(神戸市中央区加納町4-3-17)
参加費:無料
内容:
第 1 部(対象:企業経営者の方 15:00~)
・クラウドファンディングの仕組みと活用メリットについて
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社 西日本支社長 杉山 章子
(参考 きらりひょうごプロジェクト特設サイト

・キラリひょうごプロジェクトの概要について
(平成 29 年度の募集時期については現時点で未定となっております。)
講師:(公財)ひょうご産業活性化センター 北内 はるか氏
(参考 平成28年度きらりひょうごプロジェクト紹介ページ

・取組事例のご紹介
(有)花房商店(豊岡市) 「但馬HANAFUSA伝統糀ファンド
(株)大浦ミート(加古川市) 「大浦ミートの加古川和牛ファンド」/「大浦ミートの志方牛ファンド

第 2 部(対象 個人の方 16:30~)
・クラウドファンディングの仕組みと投資メリットについて
講師:ミュージックセキュリティーズ株式会社 西日本支社長 杉山 章子

・取組事例のご紹介
(株)カネニ(香美町) 「目利きの極意 カネニ柴山がにファンド
マルヤ水産(株)(香美町)「香住の誇り「香住ガニ」PRファンド
(株)井澤商店(稲美町) 「あなたが選び美味しい米農家ファンド」   
(有)りんどう(加古川市)「鉄板焼割烹りんどう レストランファンド

・交流会(取組事例の事業者による試食会を予定しています。)

参加申込み:
以下の必要事項をご記入の上、下記のFAXまたはEメールにてお申込み下さい。

①会社名
②お役職(第2部の個人向けセミナーのみの参加希望の場合は不要)
③お名前
④参加希望セミナー(下記のいずれかを選択して下さい)
「1部・2部・両方」
FAX:0796-24-4831
Eメール:houjin@tajimabank.co.jp

※申込み・イベント内容についてのお問合せ先
(株)但馬銀行 法人営業部
TEL:0796-24-2133
※ 定員に達し次第、締め切ります。
 

この記事だけを表示

セキュリテストア2017年5月19日 15:00

【6/18(日)は父の日】日本酒やおつまみ、定番のビールからこたわりのオーダーシューズまで

今年の6/18(日)は父の日です。セキュリテストアの人気商品、日本酒やおつまみ、定番のビールからこたわりのオーダーシューズまで。父の日にぴったりのギフトを提案いたします。


夏の定番ビール

/data/blog/archive/original/33982.jpg
地ビール飛騨ギフトセット

白川郷のお米を使ったヴァイツェンタイプのホワイトビール、一番人気の飛騨ブラックをはじめ、各種セットを用意いたしました。飛騨高山の生きた酵母の味わいをお楽しみください。


/data/blog/archive/original/33987.jpg
いわて蔵ビール セキュリテセット

蔵ビールは室温で活発に発酵させることによって風味豊かでビタミン等微量栄養素の富むビールを醸造し、その風味や栄養素を損なわないよう、ろ過、殺菌を一切行っておりません。 新鮮で健康的なビールをお楽しみ下さい。



海鮮グルメ

/data/blog/archive/original/34027.jpg
職人の技!塩うにと南三陸産水だこのセット

シンプルに塩だけで生うにの素材の味を最大限に引き出した濃厚な塩うにと、ひと手間加えて塩ゆですることによって身が引き締まり旨みが凝縮されたお刺身用水だこのセット。タコの食べ方を知り尽くしている地元ならではの調理方法で生とは違った食感も楽しめ、旨みと甘みが口中に広がります。


/data/blog/archive/original/33978.jpg
石巻厳選金華セット

石巻で40年、魚屋一筋津田鮮魚店の“目利き”で選んだ、世界三大漁場『金華山沖』の〆さばと銀鮭。石巻港で水揚げ・加工された自慢の味を直送します。


/data/blog/archive/original/33984.jpg
鯖や自慢の本格鯖寿司 トロさばと焼きさばのセット

「作り立ての美味しさをご家庭に。」皆様により美味しく召し上がっていただく為届いたその日が消費期限です。青森県八戸前沖さばのみを使用。旧来の鯖寿司(さばすし)のすっぱい、パサパサしているという概念を変える自慢の逸品。


/data/blog/archive/original/33983.jpg
斉吉商店 金のさんまと海鮮丼詰合せ

斉吉商店が創業時から使用している秘伝の返したれでじっくり味付けした「金のさんま」と、気仙沼水揚げの透き通るピンク色のびんちょうまぐろ、斉吉特製醤油で漬けたいくら、北海道産の帆立、新鮮なたこ、三陸のとろとろめかぶが入った「海鮮丼」の詰め合わせ。


/data/blog/archive/original/34002.jpg
及善商店 蒲鉾詰合せセキュリテセット

第46回全国かまぼこ品評会において「農林水産大臣賞」を受賞。厳選したタラと、三陸産の高級魚キンキを使用し、代々続く技法で、1枚1枚丁寧に焼き上げた厚焼きの笹かまをはじめとした豪華詰め合わせセット。


珠玉の日本酒

/data/blog/archive/original/33985.jpg
小鼓 桃黒節度(ももくろせっと)

やさしい風合いの「路上有花 桃花」と力強くスッキリとした味わいが特徴の「路上有花 黒牡丹」。西山酒造場の代表銘柄「小鼓」より2種類の純米大吟醸のセットです。


/data/blog/archive/original/34001.jpg
神亀酒造 ひこ孫セキュリテセット

蔵で三年以上熟成してから出荷している亀酒造の銘酒「ひこ孫」。燗にすると膨らみが出て、食中酒としてはさまざまな肴に合います。純米吟醸と純米酒のセットです。


/data/blog/archive/original/34025.jpg
寒梅酒造 鶯咲セキュリテセット

柔らかな口当たりと、ふくよかな米の旨み。飲み飽きしない瑞々しい味わいの純米酒2本セット。鶯咲(おうさき)の銘に、復興を目指す地元・大崎への想いを込めて。


/data/blog/archive/original/33988.jpg
・【セキュリテ限定】燗して旨い!!地酒セット

舩坂酒造店を代表する銘柄の2本セット。熱燗にすることで旨みが広がる、味わい深いお酒です。


特別な体験を贈る

/data/blog/archive/original/33981.jpg
世界で一足のオーダーシューズ

自分だけの靴との出会いをプレゼント。近江八幡の職人が作る国産のオーダーシューズです。贈り物としてご購入の際は「商品券」をご指定先へお送りします。セキュリテでは正規価格の10%OFFでご提供中。


/data/blog/archive/original/34024.jpg
動体視力トレーニングメガネ「Visionup(ビジョナップ)」

スポーツがすきな方にぴったりの贈り物。プロアスリートも注目する、世界初の動体視力トレーニングメガネ。ウォーミングアップや基礎練習で装着していただくだけ。別メニューは不要です。


いかがでしたでしょうか。ぜひ、みなさまのお父様にぴったりのギフトをセキュリテストアでお探しいただければ幸いです。

セキュリテストア商品一覧

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月18日 15:30

(6/1東京・6/5大阪) ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー

いきなりですが、海のようなこの写真、どこだと思いますか?
/data/blog/archive/original/34003.JPG

/data/blog/archive/original/33997.JPG

正解は、チチカカ湖です! 
初めて琵琶湖を見たとき、「海みたい」と思いましたが、なんとこのチチカカ湖は、琵琶湖の12倍の大きさがあります。

2013年にセキュリテで募集した「Abaco小さな農家応援ファンド」では、ペルーのAbaco(アバコ)を通じて、例えば、ここチチカカ湖でマスの養殖事業を行う事業者を支援しています。

先月末にはミュージックセキュリティーズの社長の小松が、現地を訪れ、現状の視察や今後の展開について相談してきました。

/data/blog/archive/original/33996.JPG

そして今回、ペルーからAbacoのメンバーが来日するのに合わせ、ペルーの事業のことやAbacoのファンドのことなどを皆さまに知って頂くためのセミナーを企画しました。
Abacoのプレゼンや小松のペルー報告を聞けるのは、この機会だけです!準備中の新しいファンドについても少しだけお話いたします。
多くの方のご参加をお待ちしております。

●主なプログラム
・ペルーにおけるAbacoの挑戦(逐次通訳):Abaco理事 マツムラ ヘルマン
・小松のペルー訪問記~マス養殖事業者を訪ねて:ミュージックセキュリティーズ代表 小松 真実

●参加費無料

●東京セミナー
日時:2017年6月1日(木)18:00‐19:00 (受付開始:17:45) 
会場:ecozzeria(エコッツェリア) 「3×3 Lab Future(さんさんラボ フューチャー)」内サロン
住所:東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階(大手町駅(C10出口)より徒歩約2分)
アクセス:http://www.ecozzeria.jp/about/accessmap.html

●大阪セミナー
日時:2017年6月5日(月)18:00‐19:00 (受付開始:17:45)
会場:グランフロント大阪タワーA 13階 ミュージックセキュリティーズ西日本支社
住所:大阪府大阪市北区大深町4-20(南館13F) (大阪駅直結)
アクセス:http://www.grandfront-osaka.jp/access/

<開催案内のチラシ>
以下の画像をクリックすると、PDFでご確認いただけます。
/data/blog/archive/original/34310.png


--------------------------------------------------------------


「Abaco小さな農家応援ファンド」の営業者アバコ貯蓄信用協同組合をはじめとする事業者、提携金融機関、自治体、投資家の方、当社代表小松などは以下のセミナーにも参加致します。是非併せてご参加ください。詳しくはこちら。

◆IDB/JICA共催セミナー「共感性に支えられた新たな金融手法:中南米地域における活用の可能性」◆
・東京セミナー:2017年6月1日(木)13:30~16:00
・仙台セミナー:2017年6月2日(金)09:30~12:00
・大阪セミナー:2017年6月5日(月)09:30~12:00

 

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月16日 19:28

(東京・仙台・大阪)セミナー「共感性に支えられた新たな金融手法」のご案内

セキュリテをご活用いただいている事業者や提携している金融機関、連携して事業を行っている自治体、投資家の方など、セキュリテの大切なパートナーが多数参加するセミナーをご案内いたします。
東京、仙台、大阪の三都市で開催されますので、ぜひお近くのセミナーにご参加ください。

また、本セミナーのためにペルーから来日する「Abaco小さな農家応援ファンド」の営業者、アバコ貯蓄信用協同組合のメンバーをゲストに、セキュリテ主催イベントも開催しますので、併せてご参加ください。東京は6月1日、大阪は6月5日のいずれも18時からです。詳しくはこちら。
 

米州開発銀行(IDB)及び国際協力機構(JICA)による共催セミナーのご案内
「共感性に支えられた新たな金融手法:中南米地域における活用の可能性」

JICA中南米部と、中南米地域の地域開発金融機関である米州開発銀行(IDB*1)の多数国間投資基金(MIF*2)は、中南米地域における地場中小零細企業支援に向けたマイクロ投資クラウドファンディングの将来的な活用可能性について共同調査を実施しました。 *1 IDB:Inter-American Development Bank、*2 MIF:Multilateral Investment Fund

日本国内では「ふるさと投資」の一環として共感性に着目した新たな資金調達手段であるマイクロ投資クラウドファンディングへの認知が広がりつつありますが、今般、上記共同調査の報告書 「Empathy Driven Funding : New Frontier of Financing Small Businesses」が完成したことを受け、マイクロ投資クラウドファンディングを中南米地域における経済社会開発促進のために活用できる可能性はあるか、また、日本の中小零細企業が中南米地域におけるビジネスを検討する際にどのような活用の可能性が考えられるかなどについて、理解の一助として頂けるよう、IDBアジア事務所との協力でセミナーを下記の通り開催致します。
東京セミナー及び東北セミナーにおいては、日本国内のマイクロ投資クラウドファンディングプラットフォームを活用して資金調達を行い、ペルーにおけるマイクロクレジット原資として活用しているABACO信用組合理事から中南米における実際の活用事例についても紹介頂く予定です(逐語通訳)。

※参加費無料・要事前申込

<セミナー概要>
◆講演
・中南米地域の中小零細企業を取り巻く金融環境(MIFスペシャリスト)
・マイクロ投資クラウドファンディングの可能性(JICA中南米部参事役)
・ペルーにおけるABACO信用組合の挑戦*(ABACO信用組合理事)*東京及び東北のみ
◆パネリスト(ファシリテーター:MIFスペシャルアドバイザー)
・東京セミナー
ミュージックセキュリティーズ社/マイクロ投資クラウドファンディングで資金調達経験のある事業者/マイクロ投資クラウドファンディング個人投資家
・東北セミナー及び関西セミナー
ミュージックセキュリティーズ社/マイクロ投資クラウドファンディングで資金調達経験のある事業者の方/自治体関係者/金融機関関係者

/data/blog/archive/original/33960.jpg
◆ABACO理事のマツムラさん(左)とミュージックセキュリティーズ代表の小松(右)◆

<日 程>
●東京セミナー
日時:2017年6月1日(木)、13:30~16:00
場所:イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA
東京都中央区京橋3-7-1 (銀座線京橋駅 2番出口直通)
◆丸山珈琲社長の丸山健太郎さんがパネルディスカッションに参加します!◆
/data/fund/2279/7.jpg

●東北セミナー
日時:2017年6月2日(金)、09:30~12:00
場所:TKPガーデンシティ仙台勾当台 ホール5
宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1 (市営南北線 勾当台公園駅 公園出口 5分)
後援:河北新報社、岩手県、宮城県、福島県、仙台市
◆寒梅酒造の岩崎真奈さんがパネルディスカッションに参加します!◆











●関西セミナー
日時:2017年6月5日(月)09:30~12:00
場所:グランフロント大阪 タワーC 8F RoomC01
大阪府大阪市北区大深町3-1(北館8F) (大阪駅・梅田駅中央北口)
https://www.kc-space.jp/accessmap/conference/towerc.html#jump
後援:大阪府、奈良県、兵庫県
◆田代珈琲の田代和弘さんがパネルディスカッションに参加します!◆


<参加申し込み先>
<セミナー地域名、お名前、所属、人数>をメール 5rtsa[at]jica.go.jp  までご連絡ください。([at]を@に変えてお送りください)

<開催案内のチラシ>
以下の画像をクリックすると、PDFでご確認いただけます。
/data/blog/archive/original/33897.jpg

<お問い合わせ>
独立行政法人国際協力機構(JICA)中南米部 担当:竹内 ℡03-5226-8179/5rtsa[at]jica.go.jp
 

この記事だけを表示